後処理プロセス に関する公開一覧

後処理プロセス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「後処理プロセス」の詳細情報や、「後処理プロセス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「後処理プロセス」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(433件中)1/22ページ目

  1. 【課題・解決手段】本開示は、組織標本を分析する方法に関する。一実装において、上記方法は、組織サンプルを取得する工程と、上記組織サンプルの細胞下区画のコントラストを高めるため、上記サンプルを造影剤としての1つ以上の蛍光物質に晒す工程を含む。上記組織サンプルは、約200nmから約400nmの波長であって、上記組織サンプルの表面下へ所定の深度のみ透過するよう選択される波長を...

    蛍光剤による染色後に紫外線励起を利用した蛍光顕微鏡検査によって組織内の撮像深度を制御するシステムおよび方法

  2. 【課題・解決手段】炭素複合体の製造方法が、炭素複合体を形成するために、炭素と結合剤で構成される結合体を約350℃〜約1200℃の温度及び約500psi〜約30,000psiの圧力において圧縮することを含み、該結合剤が非金属、金属、該金属の合金、若しくはそれらの組み合わせを含み、該非金属がSiO2、Si、B、B2O3、及びそれらの組み合わせから成る群から選ばれ、前記金属...

    炭素複合体及びその製造方法

  3. 【課題・解決手段】架橋されたセルロースを形成する方法は、架橋剤を、含有される過剰の水が少量か皆無の(例えば、25〜55%の固形分の)セルロース繊維の水性混合物と混合すること、得られた混合物を固体85〜100%に乾燥させること、次いで乾燥させた混合物を硬化してセルロース繊維を架橋させることを包含する。システムは、約25〜55%の固形分を有する未結合セルロース繊維の水性混...

    改質された繊維、方法、およびシステム

  4. 【課題・解決手段】両親媒性ブロックコポリマーは、ポリ(フェニレンエーテル)ブロックまたはポリ(フェニレンエーテル)コポリマーブロックと親水性のブロックまたはグラフトとを含む。両親媒性ブロックコポリマーを製造する方法は、ポリ(フェニレンエーテル)またはポリ(フェニレンエーテル)コポリマーの存在下に親水性エチレン性不飽和モノマーを重合して、両親媒性ブロックコポリマーを製造...

    両親媒性ブロックコポリマー;その組成物、膜、および分離モジュール;ならびにその製造方法

  5. 技術 太陽電池

    【課題】レーザを利用する太陽電池のコンタクト開口形成方法を提供する。【解決手段】裏面コンタクト型太陽電池の製造方法は、単結晶基板の上方に多結晶材料層を形成する段階、多結晶材料層の上方に誘電材料積層体を形成する段階、レーザアブレーションによって、誘電材料積層体内に複数のコンタクト開口を形成して、コンタクト開口それぞれの内部に多結晶材料層の一部を露呈させる段階と、複数のコ...

    太陽電池

  6. 【課題・解決手段】ポリ核酸をフィルターに吸着させること、フィルターを水非混和性溶液で洗浄すること、及びポリ核酸をフィルターから溶出することを含んでなる、ポリ核酸の精製方法が開示される。本発明の方法は、精製RNA又はDNAを調製するために使用することができる。

    核酸の精製方法

  7. 【課題】フォトリソグラフィプロセスの間、空隙を介在させることなく、フォトレジスト層に電場及び/または磁場をかけるための装置及び方法を提供する。【解決手段】基板支持表面134を有する基板支持体138と、基板支持体に組み込まれ、基板支持表面上に配置された基板を加熱するように構成された熱源132と、基板支持表面とほぼ垂直な方向に電場を形成するように構成された電極アセンブリ1...

    フィールドガイドによる埋設式露光、及び露光後ベークプロセス

  8. 【課題】ウェーハを放射カットする方法を提供する。【解決手段】本方法は、二つのトレンチの低パワーカットの段階と、これに続くき裂の高パワーカットの段階を備える。単一のパルス放射ビームが、少なくとも一方のトレンチをカットするための第一のパルス放射ビームと、き裂をカットするための第二のパルス放射ビームとに分割される。カットストリートに沿ったカット方向においてウェーハにき裂をカ...

    ウェーハをカットするための方法及びデバイス

  9. 【課題・解決手段】本発明は、ポリオールエステル製造における副流からポリオールエステルが富化された生成物流を得る方法であって、ポリオールを、3〜20個の炭素原子を有する直鎖状または分岐状脂肪族モノカルボン酸と反応させ、形成する水を除去し、そして未反応の出発化合物を分離した後に、水蒸気処理を行って揮発性の副流を形成させ、そこから水蒸気での更なる処理によりポリオールが富化さ...

  10. 【課題・解決手段】本発明にて、硫化アルキル置換ヒドロキシ芳香族組成物の過塩基性塩を開示するが、これは、(a)約250より高い全塩基価(TBN)を有する硫化アルキル置換ヒドロキシ芳香族組成物の過塩基性塩を供給すること;及び(b)硫化アルキル置換ヒドロキシ芳香族組成物の前記過塩基性塩を、約190℃から約250℃の範囲の温度で空気を用いてスパージングすること、を含む方法によ...

  11. 【課題・解決手段】本発明は、受信された伝送ブロックデータに対してビットレベルチャネル再符号化を行い、さらに前記符号化されたデータと多重化されたデータチャネルのアンテナデータに対してチャネル推定を行い、チャネル推定データを取得することと、前記チャネル推定データを使用して符号化されたデータを、再構成ユニットを単位としてデータチャネル再構成を行うことと、取得された再構成デー...

    データチャネル干渉キャンセル方法およびシステム

  12. 【課題・解決手段】ここに、開示されるのは、(a)主要量の1種以上のII種ベースストック、及び(b)(i)約100〜約250の全アルカリ価(TBN)を有するアルキル置換ヒドロキシ芳香族カルボン酸の1種以上のアルカリ土類金属塩、及び(ii)1種以上の高過塩基性アルキル芳香族スルホン酸又はそれらの塩、を含む洗浄剤組成物;を含む船舶用ディーゼルシリンダー潤滑油組成物であって、...

  13. 【課題・解決手段】ここに、開示されるのは、(a)主要量の1種以上のI種ベースストック、及び(b)(i)約100〜約250の全アルカリ価(TBN)を有するアルキル置換ヒドロキシ芳香族カルボン酸の1種以上のアルカリ土類金属塩、及び(ii)1種以上の高過塩基性アルキル芳香族スルホン酸又はそれらの塩、を含む洗浄剤組成物;を含む船舶用ディーゼルシリンダー潤滑油組成物であって、 ...

  14. 【課題・解決手段】本発明は、オレフィンオキシドの製造プロセスからの排水として得られた水性混合物M1における全有機体炭素(TOC)を低減する方法であって、前記TOCを低減する方法が、(a)1〜16個の炭素原子を有する少なくとも1種の酸化物を含む前記混合物M1を、吸着剤と接触させ、前記吸着剤で、酸化物の少なくとも一部を吸着する工程;(b)水性混合物M2を前記吸着剤から分離...

    廃水中の全有機体炭素を低減する方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、次の:A) 出発物質の混合物を製造し、− ここで、出発物質は第1の成分と、第2の成分とを有し、− ここで、第1の成分は、アルミニウム、ケイ素、周期表の第2主族の少なくとも1つの元素及びランタノイドの少なくとも1つの元素及びこれらの組み合わせを有する群から選択され、− ここで、第2の成分は、酸素及び/又は窒素を有し、B) 混合物を、...

    蛍光体の製造方法、蛍光体及びオプトエレクトロニクス素子

  16. 【課題】プラズマ処理チャンバの為の電気的に対称なグラウンドパスまたはリターンパスを設ける方法および装置を提供する。【解決手段】チャンバ本体102内に配設され、対抗電極となるように構成された基板サポート104、及び、シャワーヘッドアセンブリ103において、基板サポート104を少なくとも垂直方向に移動しつつシャワーヘッドアセンブリ103との間の距離Dを調節して、電気的結合...

    プラズマ処理チャンバのための高周波リターンデバイス及びプラズマ処理システム

  17. 【課題・解決手段】本発明は、(a)100℃で2.8〜3.6cSt(mm2/s)の動粘度および104〜130の粘度指数を有する潤滑粘度の油、(b)硫黄またはリン部分でさらに官能化されている1.2〜5.0wt%の少なくとも1種のホウ化分散剤、(c)少なくとも110ppm〜700ppmのカルシウムをもたらす量で存在するカルシウム含有清浄剤、(d)360〜950ppmのリンを...

  18. 【課題・解決手段】本発明は、ヨウ素化X線造影剤の調製方法、特にその主要中間体に関する。より具体的には、本発明は、イオホルミノールの調製プロセスにおける主要中間体である、1−ホルミルアミノ−3,5−ビス(2,3−ビス(ホルミルオキシ)プロパン−1−イルカルバモイル)−2,4,6−トリヨードベンゼンを含む化合物混合物の調製のための後処理方法に関する。さらに、本発明は、X線...

  19. 【課題・解決手段】膜の親水性を増す方法を、本明細書に開示する。ポリアニリンもしくはそのコポリマーならびに1つ以上のゲル抑制剤を含む膜を、1つ以上の親水性回復剤で処理し、それにより、膜の親水性を増す。また、開示された方法によって生成された膜も開示する。また、本明細書に開示する1つ以上の膜を含む、製造の物品を本明細書に開示する。この要約は、特定の技術分野における探索を目的...

    ポリアニリン膜ならびにその用途および方法

  20. 【課題・解決手段】本発明は、クエン酸を、少なくとも1種のポリアルコールを使用して、且つ場合によりポリカルボン酸成分を使用して重縮合することによって得ることのできる分枝ポリエステルの、食器用洗剤、清浄剤、洗浄剤、又は水処理用製剤中の添加剤としての使用、及びこのような分枝ポリエステルを含有する混合物に関する。本発明はさらに、疎水的に修飾された分枝ポリエステルの使用、及びこ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 22