広がり に関する公開一覧

広がり」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「広がり」の詳細情報や、「広がり」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「広がり」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(254,136件中)1/12,707ページ目

  1. 【課題・解決手段】半導体モジュール(100)は、半導体素子(1)と、半導体素子(1)を第1面に搭載し、半導体素子(1)と電気的に接続された配線基板(2)と、配線基板(2)における第1面の反対側の第2面と対向するように配線基板(2)を搭載した放熱基板(3)と、放熱基板(3)のダイパッド領域部(9)上に形成され、配線基板(2)と放熱基板(3)との間に介在して配線基板(2)...

    半導体モジュールおよびその製造方法

  2. 【課題・解決手段】インクジェット法による画像形成に用いられ、標準酸化還元電位が−1.65Vより貴である金属元素を含み、平均円相当径が10nm以上500nm未満であり、平均厚さに対する平均円相当径の比である平均アスペクト比が3以上である平板状金属粒子を含有するインク組成物、インクセット、画像形成方法、及び印刷物。

  3. 【課題・解決手段】PESIイオン源において、測定対象である肝臓(101)の上に溶媒供給部(8)を載置し、探針(6)の先端が該溶媒供給部(8)を通過し肝臓(101)に刺入されるように該探針(6)を上下させることで、その先端に試料を採取する。溶媒供給部(8)は、円筒形状体(80)の底面開口に遮液性の上部膜体(81)が張設された容器部と、スペーサを介して上部膜体(81)と略...

    質量分析装置及び該装置を用いた生体試料の分析方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、位相格子5とFPD4との距離をタルボ距離にする必要は無いことに注目した。位相格子5とFPD4との距離は、より自由に設定できるのである。とはいっても、自己像が位相格子5を十分に大きく拡大したものとなっていないと、自己像の検出ができない。自己像が元の位相格子5に対してFPD4上でどの程度大きく拡大されるかは、拡大率X2/X1で決定される。そこで...

    放射線位相差撮影装置

  5. 【課題・解決手段】蓋体(110)を有する容器(100)と、蓋体(110)を貫通する正極端子(210)と、正極端子(210)に接続された正極集電体(220)とを備える蓄電素子(10)であって、蓋体(110)と正極端子(210)とは、蓋体(110)と正極端子(210)との間に配置される中間部材(500)とともに一体化されており、正極端子(210)は、容器(100)の外方に...

    蓄電素子及び蓄電素子の製造方法

  6. 【課題・解決手段】第1端辺および前記第1端辺に対向する第2端辺を有するシート状の陽極体と、前記陽極体の表面に形成された誘電体層と、前記誘電体層の表面に形成された固体電解質層と、前記固体電解質層の表面に形成された陰極引出層と、を有するコンデンサ素子、および、陽極端子を備え、前記陽極体が、表面がエッチングされ、前記第1端辺側にある第1領域と、表面がエッチングされず、前記第...

    電解コンデンサ

  7. 【課題・解決手段】非水系二次電池の低温特性を向上可能な、非水系二次電池電極用バインダー組成物、非水系二次電池電極用スラリー組成物、非水系二次電池用電極を提供すること。低温特性が良好な非水系二次電池を提供すること。酸基含有単量体単位を含む水溶性重合体と水とを有し、水溶性重合体の酸基含有単量体単位の含有割合が、5質量%以上70質量%以下であり、水溶性重合体のうち、慣性半径...

  8. 【課題・解決手段】搬送される基材フィルムに塗工液を塗工する工程と、前記基材フィルムに塗工された前記塗工液の一部を掻き取る工程と、を含む、複層フィルムの製造方法であって、前記掻き取る工程が、前記基材フィルムの搬送方向に対して同じ向き又は逆向きで回転する第一ロールによって、前記基材フィルムに塗工された前記塗工液の一部を掻き取ることと、前記第一ロールの軸方向の一側に設けられ...

    複層フィルムの製造方法及び製造装置

  9. 【課題・解決手段】熱電変換モジュール(1)は、複数の熱電変換素子(10)と、複数の熱電変換素子(10)を封止する封止部材(22)と、を備える。熱電変換素子(10)は、Y軸方向において交互に配列してなる複数の第1熱電変換部と複数の第2熱電変換部とを有する。第1熱電変換部における、−Z方向側の端部および+Z方向側の端部のうちの少なくとも一方が、隣り合う他の第2熱電変換部の...

    熱電変換モジュールおよび熱電変換モジュールの製造方法

  10. 【課題・解決手段】青色蛍光発光層(34B)が副画素(3B)と副画素(3G1)とに共通に設けられ、緑色蛍光発光層(34G)が副画素(3G1)と副画素(3G2)とに共通に設けられ、赤色発光層(34R)が副画素(3G2)と副画素(3R)とに共通に設けられており、対向面間距離(DBG)がフェルスター半径以下であり、副画素(3G2)では緑色蛍光発光層と赤色発光層とがセパレート層...

    表示装置およびその製造方法

  11. 【課題・解決手段】顔に被せたフェイシャルシート200の上から更に被せて使用するマスク型振動マッサージ装置100は、マスク上の顔面とは反対側に向かって膨らんで振動付与体300が設置される振動呈示部13と、当該振動呈示部13とは異なる部位において顔面に向かって膨らむ膨らみ部12とを備え、振動呈示部13がフェイシャルシート200に接触せず、膨らみ部12がフェイシャルシート2...

    マスク型振動マッサージ装置

  12. 【課題・解決手段】上側の第1圧縮機構部の第1シリンダ室内および下側の第2圧縮機構部の第2シリンダ室内にそれぞれ潤滑油を最適に供給し、圧縮機の効率が向上する。ロータリ圧縮機は、電動機と、駆動軸と、第1圧縮機構部と、第2圧縮機構部と、潤滑油貯蔵部と、を備え、第2偏心部には、駆動軸の中心に対して第2ピストンの最大偏心位置を基準0度として0度から駆動軸周り回転方向の位相を正と...

    ロータリ圧縮機および冷凍サイクル装置

  13. 技術 発熱部材

    【課題・解決手段】高温かつ長時間の使用が繰り返されても、体積抵抗率が変化しにくい発熱部材を提供する。基材部12上に形成された薄膜ヒータ部13を、TixOy(但し、0<y/x<2.0を満たす。)を含む溶射皮膜からなるものとすることで、ヒータとして好適に使用される体積抵抗率を有し、かつ所定の温度変化や温度保持が繰り返されても体積抵抗率が変化しにくい発熱部材11とする。

    発熱部材

  14. 【課題・解決手段】物体側(11)から像面(5a)に向かって順番に、全体として正の屈折力の第1のレンズ群(G1)と、全体として負の屈折力の第2のレンズ群(G2)と、開口絞り(St)と、全体として正の屈折力の第3のレンズ群(G3)とから構成される撮像用の光学系(10)を提供する。第3のレンズ群(G3)は、最も物体側(11)に配置された正の屈折力の絞り側レンズ(L7)と、最...

    撮像用の光学系および撮像装置

  15. 【課題・解決手段】本開示に係る光伝送システムは、複数の伝搬モードが伝搬する数モード光ファイバを伝送路としたモード多重光伝送システムであって、伝搬モード数が2以上の光ファイバを含む光ファイバ伝送路(83)と、少なくとも1組のモード間のモード結合を起こす複数のモード変換器(91)と、を備え、複数のモード変換器(91)の設置間隔のばらつきが光ファイバ伝送路(83)の伝送路長...

    光伝送システム

  16. 【課題・解決手段】本開示の一実施形態に係るフラットパネルスピーカは、フラットパネルと、フラットパネルの裏面に配置された複数の加振器とを備えている。複数の加振器は、当該複数の加振器によりフラットパネルに振動を発生させたときに音声周波数全体において最も振動し易い箇所を避けて配置されている。これにより、フラットパネルに対して大きな定在波が発生し難くなる。

    フラットパネルスピーカおよび表示装置

  17. 【課題】 安価で実用的な身体冷却用の循環液体路部材を提供する。【解決手段】 循環液体路部材1は、液体が循環する液体路3を環形に構成した環形液体路20と、前記環形液体路20の内側に設けられた開口部21と、前記液体路3の熱交換面積が広くなるように前記液体路3の長さを大きくするように形成された蛇行部24と、前記環形液体路20の外縁側から前記蛇行部24を切り離すように設け...

    身体冷却用の循環液体路部材

  18. 【課題】塗装金属板の塗膜膨れ幅を精度よく測定できる塗装金属板の塗膜膨れ幅測定装置を提供すること。【解決手段】表面にきずをつけ、腐食環境下で腐食を生じさせた塗装金属板の塗膜膨れ幅を測定する塗膜膨れ幅測定装置であって、サンプル台と、撮像手段と、前記塗装金属板の表面を少なくとも2方向から照明可能な照明手段と、前記塗装金属板の塗膜膨れ幅を算出する演算手段と、を備え、前記演算手...

    塗装金属板の塗膜膨れ幅測定装置および塗装金属板の塗膜膨れ幅の測定方法

  19. 【課題】 常温下での好適なシール性を有しつつ、加熱調理時の蒸気抜き適性を有し、かつ、裂け性に優れたシーラントフィルムを提供する。【解決手段】 一方の表層がヒートシール性の内層(A)であり、他方の表層が外層(B)であるシーラントフィルムであって、前記内層(A)が、プロピレン系ブロック共重合体樹脂(a1)を樹脂成分中の90質量%以上含有し、前記外層(B)が、プロピレン...

  20. 【課題】実際に基板を乾燥処理する前に、基板に形成された凸状パターンが倒壊する可能性を予測することが可能な、基板処理方法を提供する。【解決手段】まず、凸状パターン25を有する基板Wを準備する。次に、基板W上に形成された凸状パターン25の倒壊しやすさの指標であるパターン倒壊発生指標を求める。次に、このようにして求められたパターン倒壊発生指標に基づいて、複数の基板乾燥技術の...

    基板処理方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12707