ブドウ球菌 に関する公開一覧

ブドウ球菌」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ブドウ球菌」の詳細情報や、「ブドウ球菌」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ブドウ球菌」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(8,007件中)1/401ページ目

  1. 【課題・解決手段】核酸誘導型ヌクレアーゼ、ガイド核酸及びターゲティング可能なヌクレアーゼシステム並びに使用方法が本明細書に開示される。操作された天然に存在しない核酸誘導型ヌクレアーゼ、ガイド核酸及びターゲティング可能なヌクレアーゼシステム並びに使用方法が本明細書に開示される。ターゲティング可能なヌクレアーゼシステムは、再帰的な遺伝子編集方法及び追跡可能な遺伝子編集方法...

    核酸誘導型ヌクレアーゼ

  2. 【課題・解決手段】受容体チロシンキナーゼ様オーファン受容体1(ROR1)ポリペプチドに特異的に結合するROR1抗体及びその使用を記載する。特に、単離されたモノクローナル抗体、並びにがんの検出、防止、及び処置を含む複数の応用におけるその使用を記載する。

    ROR1抗体

  3. 【課題】黄色ブドウ球菌α毒素に結合する抗体及び断片の組成物、製造方法及び使用方法を提供する。【解決手段】精製/単離抗体又は抗体の断片であって、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)α毒素ポリペプチドに免疫特異的に結合し、且つ(a)ある特定のアミノ酸配列を含むVH CDR1;(b)ある特定のアミノ酸配列を含むVH CDR2、及び(c)ある特定...

    黄色ブドウ球菌(Staphylococcus  aureus)α毒素に特異的に結合する抗体及び使用方法

  4. 【課題】核酸のインビボ送達のために、並びにインビボ治療使用に好適な核酸−脂質粒子組成物のために有利である脂質を含む陽イオン性脂質及び脂質粒子、加えて、これら組成物を製作する方法、並びに例えば、種々の疾患状態を治療するために、これら組成物を使用して核酸を細胞に導入する方法を提供する。【解決手段】式XXXIIIまたはXXXVIIIで表される構造を有する脂質、又はその塩若し...

    治療薬を送達するための新規な脂質及び組成物

  5. 【課題】ST2抗原結合タンパク質の提供。【解決手段】抗体を含む、ヒトST2に結合する抗原結合タンパク質に関連する組成物および方法を本明細書に記載する。具体的な実施形態において、本開示は、完全ヒト抗ST2抗体、ならびにその誘導体および多様体を提供する。さらに、そのような抗体および抗体断片、多様体、ならびに誘導体をコードする核酸も提供される。また、自己免疫性疾患および炎症...

    ST2抗原結合タンパク質

  6. 【課題】免疫調節剤として有用な化合物を提供する。【解決手段】式(I)または(II)を有する化合物(その立体異性体および医薬として許容可能な塩を含む): 【化1】(式中、R、R1、R2a、R2b、R2c、R3、R4、R5、R6a、R6b、R6c、m、nは、本明細書に定義されている通りである)を提供する。かかる化合物の調製および使用に関する方法、並びにかかる化合物を...

    大員環免疫調節剤

  7. 【課題・解決手段】細胞療法用のT細胞を調製するための方法、該方法によって作製される組成物、および対象へ該細胞を投与する方法が提供される。特に、本開示は、操作されたT細胞、例えば、遺伝子操作された受容体、例えば、操作された(組換え)TCRおよびキメラ抗原受容体(CAR)などの遺伝子操作された抗原受容体、または他の組換えキメラ受容体を発現する、操作されたT細胞の調製に関す...

    遺伝子操作された細胞を調製するための方法および組成物

  8. 【課題・解決手段】一部の態様では、FcRnへの結合の増大およびin vivoにおける投与後の半減期の増大を示す変異体またはバリアントFcドメインが提供される。Fcドメインをグリコシル化抗体または非グリコシル化抗体に含めることができる。変異体もしくはバリアントFcドメインまたは変異体もしくはバリアントFcドメインを含むポリペプチドを使用するための方法も提供される。一局...

    血清中半減期の増強のための操作された抗体FCバリアント

  9. 【課題・解決手段】本発明は、一部は、PD−1またはPD−L1を結合する物質ならびに診断薬および治療薬としてのそれらの使用に関する。本発明は、PD−1またはPD−L1結合物質を含む医薬組成物および種々の疾患の治療でのそれらの使用にさらに関する。

    PD−1およびPD−L1結合物質

  10. 【課題・解決手段】本発明は、一部は、CD8を結合する物質ならびに治療薬および診断薬としてのそれらの使用に関する。本発明は、CD8結合物質を含む医薬組成物および例えば、癌などの種々の疾患の治療でのそれらの使用にさらに関する。

    CD8結合物質

  11. 【課題・解決手段】本発明は、一部は、Clec9Aを結合する物質ならびに診断薬および治療薬としてのそれらの使用に関する。本発明は、Clec9A結合物質を含む医薬組成物および種々の疾患の治療でのそれらの使用にさらに関する。

    CLEC9A結合物質およびその使用

  12. 【課題・解決手段】受容体チロシンキナーゼ様オーファン受容体(ROR1)に選択的に結合する抗原結合ドメインを含むキメラ抗原受容体(CAR)及びその使用を記載する。CARを含むT細胞及びがんの処置におけるその使用についても記載する。

    ROR1  CAR  T細胞

  13. 【課題・解決手段】受容体チロシンキナーゼ様オーファン受容体1(ROR1)及びT細胞受容体(TCR)のCD3サブユニットに選択的に結合する二重特異性抗体、その産生及びその使用を記載する。がんの処置における二重特異性抗体の使用も記載する。

    ROR1及びCD3に対する二重特異性抗体

  14. 【課題】ヒトβクロトーを含むβクロトーに結合する新規抗体を含む結合タンパク質及びその使用方法の提供。【解決手段】(i)ヒトβクロトーに結合し、(ii)FGF19様シグナル伝達及び/又はFGF21様シグナル伝達を誘導し、かつ(iii)βクロトーとの相互作用をFGF19及び/又はFGF21と競合しない、特定のアミノ酸配列を有する抗体又はその断片を含む、結合タンパク質の提供...

    結合タンパク質及びその使用方法

  15. 【課題】コロニー刺激因子1受容体(CSF1R)に結合する抗体で疾患を治療する方法の提供。【解決手段】コロニー刺激因子1(CSF1R)に結合する抗体の有効量を関節リウマチを有するヒト被験者に投与し、有効量が0.2mg/kgから10mg/kgの間、又は1から10mg/kgの間、又は1から5mg/kgの間である、方法。

    コロニー刺激因子1受容体(CSF1R)に結合する抗体で疾患を治療する方法

  16. 【課題】1つには、薬物動態が改善され、免疫原性が低減された、リゾスタフィンを提供すること。【解決手段】例えば、対象中または対象上における微生物感染を治療するために、脱免疫化リゾスタフィンを含む組成物及びその使用方法が、提供される。

    脱免疫化リゾスタフィン及び使用方法

  17. 【課題】抗原およびIL−21を含むワクチンの提供。【解決手段】抗原およびIL−21を含むワクチンが本明細書に開示される。また、対象における免疫応答を増強するための方法も、本明細書に開示される。方法は、ワクチンをそれを必要とする対象に投与することを含んでもよい。

    抗原およびアジュバントとしてのインターロイキン−21を有するワクチン

  18. 【課題】病原体及び抗菌薬耐性試験の提供。【解決手段】サンプル中の病原体及び病原体の抗菌薬耐性を決定するシステム及び方法が提供される。実施形態においては、本明細書において提供されるものは、以下を含むサンプルの分析のためのカートリッジである:抗菌薬;微生物成長培地;及び代謝指標から選ばれる少なくとも1つの試薬、核酸増幅反応のための試薬、及び核酸プローブに基づく反応のための...

    病原体及び抗菌薬耐性試験

  19. 【課題・解決手段】本発明は、架橋ポリマーの殺菌性の多孔質粒子を製造するための方法、及び本発明の方法に従って調製することができる多孔質粒子に関する。本発明は、更に、比較的低い膨潤係数を有するアミノ基含有ポリマー(ポリアミン)の多孔質粒子に関する。本発明の多孔質粒子は、水から生物学的汚染物質を除去し、溶液から金属含有イオンを結合するために使用される。本発明は更に、本発明に...

    濾過による飲料水からのバクテリアの除去

  20. 【課題】口腔内粘膜付着型の製剤で、口腔内粘膜に高濃度の薬物溶液を一定時間付着させることにより、粘膜面にワクチン抗原を安定的に暴露させ、所定時間内で完全に溶解させることのできる口腔内粘膜付着型ワクチン製剤を提供すること。【解決手段】ワクチン抗原を含む薬物層と、薬物カバー層とを有する口腔内粘膜付着型ワクチン製剤であって、上記薬物カバー層の厚みが、15μm以上であって、37...

    口腔内粘膜付着型ワクチン製剤

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 401