室温センサー に関する公開一覧

室温センサー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「室温センサー」の詳細情報や、「室温センサー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「室温センサー」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(511件中)1/26ページ目

  1. 技術 除湿機

    【課題】圧縮機の運転周波数を変更することにより、蒸発器に霜が生じにくい運転を行う除湿機を提供することを目的とする。【解決手段】本体と、本体に内包された、冷媒を循環させて冷凍サイクルを構成する運転周波数を変更可能なインバーター圧縮機、凝縮器、減圧装置、及び蒸発器と、室内の空気を吸引、排出する送風ファンと、室内温度を測定する温度センサーと、室内湿度を測定する湿度センサーと...

    除湿機

  2. 【課題】簡易な構成でありながら、施工性良く、安価で経済性にも優れた床面暖房装置を駆動する為の駆動制御システムを提供するものである。【解決手段】トンネル式地表面或いは床面暖房装置1に於いて、線状或いは帯状の長尺状発熱体全体に供給される電力を、所定の最大電力の供給と、当該所定の最大電力より所定の比率だけ低減させた電力とを任意に且つ選択的に供給する様に設計された電力供給制御...

    トンネル式の平面暖房装置の駆動制御システム及びその装置

  3. 【課題】 体温は1日を周期として1℃程度ほど変化し、就寝時の体温は早朝時には1℃程度ほど下がる。しかし、従来の空気調和機では室温のみで室温調整がなされていて、体温の変化には対応しない。このため、冷房して就寝すると、就寝時に快適に設定された室温は早朝時には低くなりすぎて睡眠を妨げ、設定温度を上げたり、空気調和機を切るなどの対策が必要であった。また、室温を上げる以外は暖...

    体温センシング空気調和機

    • 公開日:2019/02/07
    • 出願人: 倉増保夫 、...
    • 発明者: 倉増保夫 、...
    • 公開番号:2019-020105号
  4. 【課題】壁に取付ける暖房機において、傾斜対策を講じることができる構造を提供する。【解決手段】図(a)に示すように、室内から見て、壁掛型暖房機10は、右が上がり、左が下がった形態で取付けられることがある。熱気は、右の空気吹き出し口17、ファン収納部38、右の導風トンネル28R、右の網板14から放出される。熱気の温度は室温センサー46で検出される。また、図(b)に示すよう...

    壁掛型暖房機

  5. 【課題】活動量や寝返りといった人の動きが必ずしも就寝者が感じる暑いや寒いといった感覚を表すものではないため人によっては暑すぎたり、寒すぎたりし無駄な運転をおこなってしまう場合があった。【解決手段】設定時間内で段階的に室温の目標温度を変化させるおやすみタイマー機能を制御する制御手段と、人の表面温度を検知する熱画像検出手段と、前記熱画像検出手段が検知した表面温度から当該人...

    空気調和機

  6. 【課題・解決手段】空調制御対象の部屋の床面の温度である床温を計測する床温センサー22がデジタル床温センサーであるかアナログ床温センサーであるかを識別する床温センサー識別部31と、デジタル床温センサー用プログラム34およびアナログ床温センサー用プログラム33を格納するプログラム格納部32と、床温センサー識別部31での識別結果に基づいて、プログラム格納部32から対応するプ...

    空気調和機

  7. 【課題・解決手段】空調機システム(1)は、第一制御部を有した室内機(2)を備えた空気調和機(100)と、室内機(2)およびフィットネスゲームを実行するフィットネスゲーム機(200)と通信可能な第二制御部を有するリモートコントローラ(4)と、を備え、第二制御部は、フィットネスゲームにおける目標消費カロリーまたはフィットネスゲームにおいて利用者が実施する運動の種類を受け付...

    空調機システム

  8. 【課題】厨房内環境の安全性を確保しつつ、厨房換気の省エネルギー化を図る。【解決手段】排気フード(5)毎に取付けた枝ダクト(70)内と厨房室内(2)との温度偏差を検知(74、50)して、枝ダクトを集気する集合ダクト(21)に設けた可変風量装置(Variable Air Volume:VAV、80、81、82、83)毎の風量を制御した上、排気ファン(13)および給気ファン...

    厨房換気システムおよびその方法

  9. 【課題・解決手段】空調制御の対象の室内の温度である室温を検出する室温センサー(11)と、室内の湿度を検出する湿度センサー(12)と、室温および湿度を用いて不快指数を計算する不快指数計算部(13)と、ユーザーが操作するリモコン(20)との間で通信を行い、リモコン(20)から、ユーザーによって設定された設定室温と設定湿度、および、不快指数を用いた空調制御を行う不快指数制御...

    空気調和機

  10. 技術 炊飯器

    【課題】配線処理を簡略化する。【解決手段】本体1と、本体1に収納される内釜2と、本体1の上部開口を覆う蓋4と、内釜2を加熱する加熱手段と、この加熱手段の電力を制御する電力制御素子と、加熱手段と電力制御素子とを冷却する冷却ファン19と、電力制御素子を制御するマイクロコンピュータ13を有する制御手段12と、電力制御素子と制御手段12とを有する制御基板12sと、を備え、マイ...

    炊飯器

  11. 技術 空調装置

    【課題】空調装置において、空調対象空間の温め過ぎや冷やし過ぎを防止する。【解決手段】空調対象空間の温度が基準温度未満であると第1空調モードを設定し、基準温度以上であると第2空調モードを設定する。第1空調モードにおいて、第1温度範囲H1内の温度及び第1温度範囲H1の最高温度C11よりも高い第1上限温度C1の中から目標温度を受け付け、第1上限温度C1を受け付けた場合、第1...

    空調装置

  12. 技術 空調装置

    【課題】空調装置において、使用者がユーティリティの消費量を強く実感することができるように構成する。【解決手段】使用者が貨幣を投入することができる投入部36と、投入部36に投入された貨幣を貯留する貯留部とを備える。作動に伴って消費されたユーティリティの量を消費量として検出し、ユーティリティの消費量及び単価に基づいて消費金額を演算する。投入部36に投入された貨幣の金額及び...

    空調装置

  13. 【課題】天井埋込型空気調和機で、本体ユニットに対する化粧パネルの取付作業を軽減する。【解決手段】本体ユニット10側の側板113に吊下具18aを設けるとともに、化粧パネル70側に吊下具18aに対して着脱可能なフック18bを設け、また、化粧パネル70のサイドパネル71bには空調室側からフック18bを視認するための開口部19を形成する。

    天井埋込型空気調和機

  14. 【課題】化粧パネルに可動吹出部としての回転ユニットを備え、回転ユニットの風向板を駆動するモータに接続されるモータリード線の断線や絡みつきを防止する。【解決手段】回転ユニット78に搭載されているモータのコネクタ部785にモータリード線800の可撓配線部820を接続し、回転ユニット78の周りに、回転ユニット78の回転に伴って可撓配線部820に生ずる撓み部(折返し部)を貯留...

    天井埋込型空気調和機

  15. 【課題】天井埋込型空気調和機で、個々の部品はネジ止めされるにしても、最終的に取り付けられる部品によってそれらのメジ止め部が隠されるようにする。【解決手段】固定吹出部75の両側に可動吹出部としての回転ユニット78L,78Rが配置されている態様において、回転ユニット78L,78Rの間に配置されるカバーパネル900を備え、カバーパネル900は、回転ユニットの頂面と同じ高さの...

    天井埋込型空気調和機

  16. 【課題】通風の妨げとならず、また、メンテナンス時のアクセスやリード線の引き回しを容易に行うことができるようにする。【解決手段】本体ユニットの外胴11の側板113の外面側に電装品箱14を設けるとともに、側板113の内面側には電装品箱14から引き出されるリード線143の引出部を収納して所定方向に案内するためのケーブル収納部15を配置する。

    天井埋込型空気調和機

  17. 【課題】本体ユニット内に空気吸込部から熱交換器に至る通風路が複数に分岐されている場合において、高精度の室温測定を可能にする。【解決手段】本体ユニット10内に、後方熱交換部20R側の第1空気吸込室S1と前方熱交換部20L側の第2空気吸込室S2の2つの空気吸込室があり、空気吸込部73から第2空気吸込室S2に至る導風路Lが形成されている場合において、空気吸込部から吸い込まれ...

    天井埋込型空気調和機

  18. 【課題】熱交換器に囲まれた空間内に送風機を配置し、熱交換器の外側から内側に向けて空気を吸い込む天井埋込型空気調和機において、冷房運転時にモータリード線に生ずる結露がファンモータのリード線接続部に浸入しないようにする。【解決手段】ファンモータ36をモータ取付台361を介してそのリード線接続部362が下に向くようにして外胴11の天板に取り付けるとともに、モータ取付台361...

    天井埋込型空気調和機

  19. 【課題】電装品箱について、通風の妨げとならず、また、メンテナンス時に容易にクセスできるようにする。【解決手段】本体ユニットの外胴11の側板113の外面側に電装品箱14を配置するとともに、電装品箱14の開口部に半固定の第1蓋部とメンテナンス時に開けられる第2蓋部とを設け、サイドパネル71bには、第2蓋部を取り出し得る大きさで蓋体全体よりも小さなメンテナンス用の開口窓17...

    天井埋込型空気調和機

  20. 【課題】外観上特に目立つことがなく、むしろ外観品質が向上する水垂れ防止手段を備えた空気調和機を提供する。【解決手段】化粧パネルの空気吹出口を形成するパネル開口部に沿って複数の凸部を含むドット状のシボを形成する。凸部の間隔は、化粧パネルのパネル面に生成された結露がパネル面に沿って流動し得る間隔(好ましくは2.0mm)とする。

    空気調和機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 26