増加補正 に関する公開一覧

増加補正」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「増加補正」の詳細情報や、「増加補正」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「増加補正」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,627件中)1/82ページ目

  1. 【課題】作動油内のエア含有率の推定の精度を向上した自動変速機の制御装置および自動変速機の制御方法を提供すること。【解決手段】本発明の自動変速機の制御装置では、自動変速機の入力軸または出力軸の回転速度を検出するセンサと、自動変速機に必要な作動油を吐出するように、前記オイルポンプを駆動する指令を出力するオイルポンプ駆動手段と、自動変速機の入力軸または出力軸の回転速度に基づ...

    自動変速機の制御装置および自動変速機の制御方法

  2. 【課題】デポジットの付着量が大きくなってもノッキングを抑制できるようにした内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】CPU52は、ノッキングセンサ64の出力信号に基づき算出される振動強度がノッキング判定値以上である場合、点火時期を遅角側に更新する。CPU52は、デポジットの堆積量が多い場合であって点火時期が圧縮上死点よりも進角側の所定範囲内に設定されている場合、点火時...

    内燃機関の制御装置

  3. 技術 制御装置

    【課題】車両の燃費を向上できる制御装置を提供することを目的とする。【解決手段】エンジン出力軸の回転により駆動される圧縮機と、冷媒経路内に設けられた蓄冷器とを含む冷凍サイクルを備えた車両に適用され、前記車両の動作中におけるエンジン停止の発生確率を取得する発生確率取得部S18,S22と、前記冷凍サイクルによる車室内の冷房の実施時において、前記発生確率に基づいて、前記車両の...

    制御装置

  4. 技術 制御装置

    【課題】車両の燃費を向上できる制御装置を提供することを目的とする。【解決手段】エンジン出力軸の回転により駆動される圧縮機と、冷媒経路内に設けられた蓄冷器とを含む冷凍サイクルを備えた車両に適用され、前記蓄冷器の蓄冷量が第1閾値まで低下した場合に前記圧縮機を動作させて前記エンジン出力軸の回転エネルギを前記蓄冷量として蓄えさせ、前記蓄冷量が前記第1閾値よりも大きい第2閾値ま...

    制御装置

  5. 【課題】一対のブレーキシューの一方のウエブにパーキングブレーキレバーの一端部がピンを介して回動可能に連結され、前記パーキングブレーキレバーの他端部に牽引手段が連結される車両用ドラムブレーキ装置において、パーキングブレーキレバー、ピンおよびウエブに偏荷重が作用しないようにする。【解決手段】第1のウエブおよび牽引手段の連結部の回転軸線CLに沿う方向での中心C1、第1のウエ...

    車両用ドラムブレーキ装置

  6. 【課題】車両の駆動制御装置において、酸素センサ故障診断又は触媒劣化診断を早期に完了させ、酸素センサ故障診断及び触媒劣化診断の精度を高くすることにある。【解決手段】予め設定された燃料消費率の良い動作点に前記エンジン(2)の現在の動作点が一致するように目標エンジントルクと目標モータトルクとを所定の補正量に基づいて補正する動作点補正制御とを実行し、 前記動作点補正制御は、...

    車両の駆動制御装置

  7. 【課題】排風ファン10から排出される排風を熱風室に戻して穀物乾燥に再利用する穀物乾燥機において、過剰排風戻しによる乾燥への悪影響を無くそうとする。【解決手段】排風ファン10から排出される排風を熱風室に戻して穀物乾燥に再利用する穀物乾燥機において、排風ファン10からの戻り量を制御する戻し排風量調節制御手段Aと、乾燥機内の風量低下を検出する風量低下検出手段56と、穀物の水...

    穀物乾燥機

  8. 【課題】エンジン駆動式刈払機を用いて、パーシャル運転で刈り払い作業中に発生するエンジンストールを未然に防止する。【解決手段】エンジン駆動式刈払機100は、エンジン回転数センサ52と、点火プラグ48に関連した点火回路50とを有し、制御ユニット42によって点火時期が制御される。点火時期制御において第1、第2の2つのしきい値を有する(S2,S3)。第1しきい値は、典型的には...

    エンジン駆動式刈払機

  9. 【課題】給湯使用の予測に基づいて適切な熱量の貯湯を行って省エネルギー性を向上させることができる貯湯給湯装置を提供すること。【解決手段】貯湯給湯装置は、貯湯タンクと、ヒートポンプ熱源機と、補助熱源機と、給湯使用履歴に基づいて予測した将来の給湯使用の予測熱量を予測した給湯使用時刻の前にヒートポンプ熱源機を駆動して貯湯タンクに貯湯する貯湯運転を制御する制御手段を備えている。...

    貯湯給湯装置

  10. 【課題】 二次電池の見かけ上の動作を二次電池の実際の動作と一致させることができる技術を提供することを課題とする。【解決手段】 状態推定装置20において、測定値取得部21は、二次電池の電圧測定値Eo及び電流測定値Ioを取得する。推定値算出部22は、電流測定値Ioに基づいて、二次電池のSOC推定値Feを算出する。目標値取得部23は、電圧測定値Eoに基づいて、二次電池の...

    状態推定装置及び状態推定方法

  11. 【課題】 コースト状態からアクセルオンにより加速する際の車両のショックを低減できるエンジン制御方法およびエンジン制御装置を提供する。【解決手段】 コントローラ3は、コースト状態からアクセルオンされた場合には、エンジン回転数Neを目標回転数Netに維持するための補機作動時回転保持空気量Qamonと、エンジン2に対する負圧要求を満たす負圧要求空気量Qnpと、のうち大き...

    エンジン制御方法およびエンジン制御装置

  12. 【課題】マンガン酸化物を除去するうえで適切な量の未燃燃料を供給できるようにした内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】CPU42は、不揮発性メモリ46に記憶される、触媒温度と充填効率との履歴を都度更新する。そして、CPU42は、走行距離が所定走行距離以上となって且つ、触媒温度が規定温度以上となった履歴がある場合、マンガン酸化物の付着量を算出し、付着量に応じて排気浄化...

    内燃機関の制御装置

  13. 【課題】燃焼変動率の増加を抑制してノッキングを防止でき、これにより筒内圧を高めて性能向上を達成できるエンジンの燃焼制御装置を提供する。【解決手段】エンジン1の各気筒の吸気側及び排気側に光センサ31,32を設置し、筒内での燃焼により点火プラグ12を中心として外周側へと進行する火炎面が発する光をそれぞれ検出する。排気側光センサ32の検出タイミングと吸気側光センサ31の検出...

    エンジンの燃焼制御装置

  14. 【課題】再生処理中に粒子状物質の堆積量を精度良く算出できるようにした内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】CPU32は、GPF26に捕集されたPMの量が所定量以上となることにより、フィルタ再生処理が要求される場合、気筒#1〜#4のうちの1つを、理論空燃比よりもリッチとするリッチ燃焼気筒とし、残りを、理論空燃比よりもリーンとするリーン燃焼気筒とするディザ制御を実行す...

    内燃機関の制御装置

  15. 【課題】変速制御モードと油圧供給モードとでモード切替を行う際に、電動オイルポンプの回転方向の反転に応じて、ショックやベルト滑りが発生することを抑制する。【解決手段】 動力伝達装置は、バリエータ2、第1油路R1、電動オイルポンプ32、第2油路R2、切替弁36、第3油路R3及びライン圧調整弁34を備え、第1モードと第2モードとを有する。切替弁36は、第1モードと第2モー...

    動力伝達装置及び動力伝達装置の制御方法

  16. 【課題】減速状態から加速状態へと変化するときに、クラッチの締結に伴うショックを低減しつつ、デフ機構のガタ詰め時間を適切に短縮する。【解決手段】ハイブリッド車両の制御装置は、エンジン1及びモータ2を備える動力源と、第2クラッチ12を介して駆動力を伝達可能に連結されたAT3と、動力伝達作動部13、14を備えるデフ機構4と、減速状態から加速状態へと変化するときに、第2クラッ...

    ハイブリッド車両の制御装置

  17. 【課題】減速状態から加速状態へと変化するときに、デフ機構のガタ詰め時に発生するギヤのバウンド動作を抑制する。【解決手段】ハイブリッド車両の制御装置は、エンジン1及びモータ2を備える動力源と、第2クラッチ12を介して駆動力を伝達可能に連結されたAT3と、動力伝達作動部13、14を備えるデフ機構4と、減速状態から加速状態へと変化するときに、第2クラッチ12を締結した後に、...

    ハイブリッド車両の制御装置

  18. 【課題】フィルタの再生処理の完了までに要する時間が長くなることを抑制できるようにした内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】CPU32は、アクセルペダル50が解放されているときにクランク軸の回転速度が所定範囲内にあることを条件に、フューエルカット処理を実行する。CPU32は、GPF26に捕集された粒子状物質の量が多くなると、GPF26を再生させるべく、気筒#1〜#4...

    内燃機関の制御装置

  19. 【課題】バイオマス燃料の燃料流量を精度よく推定する【解決手段】バイオマス発電設備の監視装置であって、第1演算部と、乗算器と、比率算出器と、差分器と、積算器とを含み、供給ホッパからボイラに供給するバイオマス燃料の燃料流量Cを推定する推定部を備え、前記第1演算部は、前記供給ホッパから単位時間あたりに供給されるバイオマス燃料の体積Wvと、バイオマス燃料の標準状態での嵩比重Q...

    バイオマス発電設備の監視装置

  20. 【課題】 本発明は、いわゆるガンタイプ型燃焼バーナにおいて、燃焼バーナの安定燃焼を図ることを課題とする。【解決手段】 複数の燃料ポンプ(50)を間欠駆動あるいは連続駆動することで、所定時間周期で燃焼工程と停止工程を繰り返して燃焼バーナ(7)を燃焼させる穀物乾燥機において、 前記所定時間周期毎に燃焼バーナ(7)の熱風温度を積算し、且つ、総平均し、設定熱風温度と総平...

    穀物乾燥機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 82