塩基性水溶液 に関する公開一覧

塩基性水溶液」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「塩基性水溶液」の詳細情報や、「塩基性水溶液」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「塩基性水溶液」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(5,800件中)6/290ページ目

  1. 【課題】優れた寿命性能及び高率放電性能を得ることが可能な亜鉛電池用電解液を提供する。【解決手段】本発明に係る電解液は、亜鉛電池に用いられる電解液であり、カチオン性有機化合物、電解質及び溶媒を含有し、電解質の濃度が、電解液の全質量を基準として11〜52質量%である。

  2. 【課題】 軽量で、内部形状が多孔質であり、吸音性能が著しく優れたメラミン樹脂発泡体を提供する。【解決手段】 メチレン化メラミン−ホルムアルデヒド初期縮合物(A)と、好ましくは沸点が50〜150℃であって25℃における表面張力が8〜30mN/mであるハイドロフルオロカーボン(B)と、乳化剤(C)と、硬化剤(D)と、場合により発泡助剤として炭化水素と、を含む混合溶液を...

  3. 【課題・解決手段】本発明は、嚢胞性線維症、シェーグレン症候群、膵機能不全、慢性閉塞性肺疾患および慢性閉塞性気道疾患を含む、CFTRにより媒介および調節される疾患および状態の処置における作用剤として有用である、式(I)の化合物(式中、R1、R2、R3およびR4は、本明細書で定義されている値のいずれかを有する。)および薬学的に許容できるこの塩を提供する。式(I)の1つ以上...

    置換ピラゾロ[3,4−b]ピリジン−6−カルボン酸およびこの使用

  4. 【課題】耐久性の向上した表面処理層を得るのに適した表面処理剤を提供することを目的とする。【解決手段】パーフルオロ(ポリ)エーテル基含有シラン化合物および分子構造内に非共有電子対を有する原子を含む化合物を含み、パーフルオロ(ポリ)エーテル基含有シラン化合物に含まれる、水酸基または加水分解可能な基に結合したSi原子1モルに対して、分子構造内に非共有電子対を有する原子を含む...

  5. 【課題】耐久性の向上した表面処理層を得るのに適した表面処理剤を提供することを目的とする。【解決手段】パーフルオロ(ポリ)エーテル基含有シラン化合物OPCおよび分子構造内に非共有電子対を有する原子を含む化合物を含有する表面処理剤。パーフルオロ(ポリ)エーテル基は、各出現においてそれぞれ独立して、−(OC6F12)a−(OC5F10)b−(OC4F8)c−(OC3F6)d...

  6. 【課題】ブチルスコポラミン臭化物に由来する苦味を遮蔽した口腔内崩壊錠及びその製造方法を提供する。【解決手段】ブチルスコポラミン臭化物及び水不溶性粒子を含む原薬含有核を中心に有し、原薬含有核側から順に、水不溶性粒子を含み、かつ、原薬含有核を被覆する中間層と、タルク及び少なくとも1種の水不溶性ポリマーを含む苦味マスキング層と、を有する細粒、並びに、細粒に対して外側の賦形成...

  7. 【課題・解決手段】本発明は、ハイドロフルオロオレフィン、水と、ハロゲン化炭素化合物をベースにした不純物とを含むハイドロフルオロオレフィンの流れを乾燥し、精製する方法に関し、上記の流れを吸着剤と接触させ、乾燥と精製を単一の処理で同時に行い、上記のハイドロフルオロオレフィンが式(I):CX1X2=CX3CX4CX5CX6(ここで、Xi(iは1〜6の数)は各々が互いに独立し...

  8. 【課題・解決手段】FXRおよびTGR5の両方を標的とする二重アゴニストは、様々な肝臓および代謝性疾患だけでなく、腎臓および胃腸障害の処置においても有用であり得る。本発明は、化合物またはその薬学的に許容可能な塩の調製において有用な方法および新規中間体に関する。本発明の目的は、胆汁酸誘導体および新規中間体を調製する方法を提供することである。本明細書に記載の方法および中間体...

  9. 【課題】湿式除去法により、ガス中から気体状のヨウ化水素またはフッ化ヨウ素を除去する際に、固体ヨウ素を析出させることが無い、ヨウ素化合物の除去方法の提示。【解決手段】式(1)で表される気体状のヨウ素化合物を含むガスを、塩基性物質として、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、水酸化ルビジウムまたは水酸化セシウムを含み、さらに還元性物質として、チオ硫酸塩または亜硫酸塩を含む、塩...

    ヨウ素化合物の除去方法

  10. 【課題・解決手段】式Iおよび式IIの化合物、医薬として許容されるその塩、先述のいずれかの立体異性体またはそれらの混合物は、APJ受容体のアゴニストであり、心血管状態および他の状態の処置における使用を有する。式Iおよび式IIの化合物は、以下の構造:を有し、式中、変動要素の定義は、本明細書で示されている。

    APJ受容体のトリアゾールアゴニスト

  11. 【課題・解決手段】本発明は、ブロックコポリマー(BCP1)の上部界面の表面エネルギーを制御するための方法であって、該ブロックコポリマーの下部界面が基材の予備中和された表面と接触しており、二の下部及び上部界面と垂直なブロックコポリマー(BCP1)のナノドメインの配向性を得ることを可能にするために、前記ブロックコポリマー(BCP1)の上部表面を上部表面中和層(TC)でカバ...

    ブロックコポリマーと別の化合物との間の界面の表面エネルギーを制御するための方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、細孔体表面コーティング触媒及び細孔体の表面処理方法に関し、本発明の細孔体表面コーティング触媒及び細孔体の表面処理方法は、高い気体空間速度及び高圧の条件のブタジエン合成反応に用いる場合、発熱を容易に制御し、差圧を効果的に緩和させて、改善された反応物転化率と生成物選択度を提供することができる。

    細孔体表面コーティング触媒及び細孔体の表面処理方法

  13. 【課題】純粋なα−トコトリエノールの産生、富化、および/または単離のためのプロセスを提供すること。【解決手段】本発明は、混合トコトリエノールを含有する天然の抽出物のような、少なくとも1種類の非α−トコトリエノールを含有する原料ソースからの、α−トコトリエノールの産生、富化、および/または単離のための新規のプロセスを開示する。1つの実施形態において、本発明は、トコトリエ...

    α−トコトリエノールおよび誘導体の産生のためのプロセス

  14. 【課題】機械特性を低下させることなく、透明性に優れ且つ黄色味の少ないポリカーボネート−ポリオルガノシロキサン共重合体を提供する。【解決手段】ポリスチレンを換算基準としたゲル浸透クロマトグラフ法による測定から得られる、横軸が分子量Mの対数値log(M)であり、縦軸が濃度分率wを分子量の対数値log(M)で微分したdw/dlog(M)である微分分子量分布曲線において、2....

    ポリオルガノシロキサン、ポリカーボネート−ポリオルガノシロキサン共重合体及びその製造方法

  15. 【課題】焼結中に電極活物質や他の電極層構成材料と反応せずに、ガーネット型酸化物を含むセパレータ層や電極複合体を焼結により得る方法を提供する。【解決手段】LiとLaと、Zr、Nb及びTaからなる群から選ばれる1種類以上の元素を含むリチウムイオン伝導性ガーネット型酸化物を含むコア部と、前記コア部の表面を被覆する、リチウムリン酸塩を含む被覆層と、を有する固体電解質粒子を含む...

    全固体リチウム電池用電極積層体の製造方法、全固体リチウム電池用電極複合体及びその製造方法

  16. 【課題】ニッケル金属水素化物電池の特性を好適化し得る電解液を提供する。【解決手段】水溶性の有機溶媒とアルカリ金属水酸化物とを含む水溶液からなり、 該有機溶媒は、水銀/酸化水銀電極を基準とする0.6V以下の電位の該水溶液中で酸化分解されることを特徴とするニッケル金属水素化物電池用電解液。

    ニッケル金属水素化物電池用電解液及びニッケル金属水素化物電池

  17. 【課題・解決手段】本発明は、ポリマーの解重合、およびそのポリマーの生産のために使用される出発物質の回収に関する。本発明は、ポリエチレンテレフタレート(PET)の解重合、ならびにテレフタル酸およびエチレングリコールの回収にも関する。

  18. 【課題】電極活物質としてリチウムとチタンの複合塩を含む電極層と、セパレータ層との積層体を600℃以上で焼結しても、電極活物質と固体電解質が焼結中に副反応せずに、電極層とセパレータ層の電極積層体を得る方法を提供する。【解決手段】電極活物質を含む電極層と、固体電解質を含むセパレータ層とがこの順に積層してなる電極積層体であって、前記電極活物質が、リチウムとチタンの複合酸化物...

    電極積層体及び全固体リチウム電池

  19. 【課題】ジスアゾ顔料またはその水性懸濁物を用いた活性エネルギー線硬化型インキ組成物において、結晶転移を防止する成分を含むことを特徴とする顔料組成物を用いることによって、混練時の結晶転移を防止し、不透明化、着色力低下を防ぎ透明性、着色力良好なインキ組成物の提供。【解決手段】顔料と、(メタ)アクリル化合物とを含む活性エネルギー線硬化型インキ組成物であって、顔料が有機顔料を...

    活性エネルギー線硬化型インキ組成物、その製造方法及びインキ組成物を用いて作製された塗膜

  20. 【課題・解決手段】鏡像異性体の分析に優れる新規方法論を開発することを課題とする。下記(1)〜(3)を含む、鏡像異性体の分析方法により解決できる。(1)一対の鏡像異性体である第1化合物および第2化合物の混合物を、一対の軸不斉異性体のうちの一方である軸不斉化合物と反応させて、第1化合物と軸不斉化合物との反応により得られる第1誘導体、および第2化合物と軸不斉化合物との反応に...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 290