基準発振器 に関する公開一覧

基準発振器」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「基準発振器」の詳細情報や、「基準発振器」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「基準発振器」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(1,949件中)3/98ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、情報を搬送する無線信号を受信するように構成された方法および受信機に関し、無線信号は、少なくとも3つの異なるサブキャリア(f1、f2、f3)を有する全周波数帯域(f1からf6)を備える。受信機は、第1の時間期間(Thop1)の間に、無線信号の第1の部分を搬送する第1のマルチトーン信号(101)を受信することであって、前記第1のマルチトーン信号...

    周波数ホッピングマルチトーン信号のための位相可干渉性を提供するための受信機および方法

  2. 【課題・解決手段】レーダ装置(100)は送信モジュール(40)及び送信モジュール(40)とは分離されて配置される受信モジュール(50)を備える。送信モジュール(40)において、送信回路部(16)は回路基板(16c)の第1の面に搭載され、アンテナ基板(16f)は回路基板(16c)の第2の面側に設けられ、送信アンテナ(15)はアンテナ基板(16f)の第2の面に搭載され、且...

    レーダ装置

  3. 【課題・解決手段】本発明は、身体に印加された電磁励起信号に応答して身体から放射される電磁信号を検知する磁気誘導検知システムを提供する。電磁信号は、単巻きループアンテナ及びチューニングキャパシタを有する同じループ共振器によって生成及び検知される。共振器のループアンテナ、及び共振器を励起して励起信号を生成する信号発生手段はともに、生成された電磁励起信号のラジアル周波数とア...

    身体からの電磁信号を検知する誘導検知システム

  4. 【課題・解決手段】空間的に位置決めされたアンテナ素子を複数の周波数で使用することによって、送信機または受信機の方向を探索するのに用いられるフェーズドアレイ無線システムである。無線源に対する角度または方向を探索する無線システムおよび方法も提供される。

    個人用レーダ

  5. 【課題・解決手段】本発明は、周波数基準発振器デバイス、および周波数基準信号を提供する方法に関する。前記発振器デバイスは第1発振器を備え、前記第1発振器は、第1長期安定度と第1周波数対温度頂点温度とを有する第1共振器を備え、第1周波数信号を提供することが可能である。また、前記デバイスは第2発振器を備え、前記第2発振器は、前記第1長期安定度より低い第2長期安定度と、第2周...

    周波数基準発振器デバイス、および周波数基準信号を安定させる方法

  6. 【課題】距離測定の測定時間を短縮すること。【解決手段】距離計測装置は、基準クロック信号の1周期をn次M系列信号で変調した照射光を照射する光射出部と、前記照射光が物体で反射した反射光を受光する光受光部と、前記1周期の照射光が照射された後のnクロックに相当する期間の前記光受光部からの受光信号を用いて、前記物体までの距離を計算する距離測定部と、を備える。

    距離計測装置および距離計測方法

  7. 技術 無線機

    【課題】基準発振源と通信できない状態でも基準発振器の発振周波数を安定させることが可能な無線機を提供する。【解決手段】本例の移動体無線機は、基準周波数を発振して基準周波数信号を出力する基準発振器21と、基準発振源である基地局から受信した基地局信号(第1の基準信号)を用いて基準発振器21の発振周波数を補正する周波数誤差検出・補正部41と、所定周波数を持つ基準信号(第2の基...

    無線機

  8. 【課題】本発明は、流体の濃度を検出する濃度静電容量を測定することで液中アルコール濃度を検出するセンサに関し、周囲温度の変化に対して濃度測定精度を向上させることを目的とする。【解決手段】本開示における濃度センサは、筒と導線と回路処理部と備え、回路処理部は、基準発振器と第1の分周器と位相比較器とローパスフィルタと電圧制御発振器と第2の分周器と検波器と第1の出力ポートと第2...

    濃度センサ

  9. 【課題】マルチユーザ多重アンテナシステム(MU−MAS)の提供。【解決手段】各々が少なくとも1つのアンテナ有する複数のユーザ装置、及び複数のユーザ装置と複数の同時で且つ独立した無線リンクを生成する1つ又は複数の無線送受信機を含むマルチユーザ多重アンテナシステムであって、前記無線送受信機ステーションの少なくとも1つが、少なくとも1つのユーザ装置よりもかなり多いアンテナを...

    マルチユーザ多重アンテナシステム

  10. 【課題】高精度に倍率補正ができるパターン描画方法を提供する。【解決手段】光源装置からのビームを基板上に投射して主走査方向に走査する走査ユニットUnの複数が主走査方向に配列され、搬送機構12によって主走査方向と交差した副走査方向に複数の走査ユニットと基板を相対移動させて、基板上にパターンを描画する。複数の走査ユニットは、描画されるパターン同士が、主走査方向に継がれるよう...

    パターン描画方法

  11. 【課題】低電力消費、低雑音、かつ、起動時間を改善した高周波数生成回路を提供する。【解決手段】周波数生成ソリューションは、より低い電力消費及びより低い雑音で高周波信号を生成するように、2つの帰還パス130、140を用いた発振器を制御する。第1の帰還パス130は、発振器出力において検出される振幅に応答して発振器振幅の継続制御を提供する。第2の帰還パス140は、検出された発...

    低雑音発振器振幅調整器

  12. 【課題】光導波路に閉じ込めた光を共振させる導波路型光共振器を用いて、低電力駆動を可能にし、省エネルギー化、低発熱化、小型・軽量化、信頼性の向上、低コスト化を可能にした光変調器や光コム発生器を提供する。【解決手段】 共振手段を構成する入射側反射膜93から出射側反射膜94にかけて貫通するように少なくとも電気光学効果を有する基板11にて形成された光導波路12上に形成された...

    光変調器及び光コム発生器

  13. 【課題】光導波路の透過モード波形に変形が生じることがなく、共振器制御を安定化することができるようにする。【解決手段】 共振手段を構成する入射側反射膜93から出射側反射膜94にかけて貫通するように少なくとも電気光学効果を有する基板11にて単一の偏波成分に対してのみ導波モードが存在している領域として形成された光導波路12を備える。上記基板と同じ硬さを持つ部材86,87を...

    光変調器及び光コム発生器

  14. 【課題】短時間で測定を行うことが可能な距離速度測定装置および距離速度測定方法を提供する。【解決手段】本発明の距離速度測定装置は、第1の周波数変調連続波発生回路(101、102、104)が第1の周波数変調連続波を生成する。第2の周波数変調連続波発生回路(101、103、105)は、第1の周波数変調連続波に対して一定の周波数差を有する第2の周波数変調連続波を生成する。送出...

    距離速度測定装置および距離速度測定方法

  15. 【課題】基準クロック信号を切断することにより、対応するバスサブスクライバ通信を切断する。【解決手段】データバス(DB)を介して互いに接続され、それぞれが通信中に、データ信号(TxData、RxData)に加えて送信クロック信号(TxCLK、RxCLK)を伝送する、少なくとも2つのバスサブスクライバ3A、3B間の通信を切断する方法であって、少なくとも1つのバスサブスクラ...

    通信を切断する方法および対応する通信装置

  16. 【課題】回路素子に係る電圧ストレスを軽減しつつ、周波数を変化させるダイナミックレンジを拡張できるPLLシンセサイザ回路を提供する。【解決手段】PLLシンセサイザ回路1において、PLL回路部5のチャージポンプ8は、位相比較器7より入力される、基準周波数のクロック信号とフィードバッククロック信号の位相差に応じた充放電電流を発生する。電源回路4はチャージポンプに供給する電源...

    PLLシンセサイザ回路

  17. 【課題】周波数温度特性が局所的に低くなるディップが発生したとしても、ディップが発生していない周波数温度特性と同等の精度を得ることができる物理量センサーデバイスを提供する。【解決手段】温度変化のある環境下で物理量検出素子60を使用する場合、まず、温度センサー1から温度信号を受けて温度を算出する。次に、記憶部5に格納されている物理量検出素子60の周波数温度特性(温度−周波...

    物理量センサーデバイス、物理量センサーデバイスを用いた傾斜計、慣性計測装置、構造物監視装置、及び移動体

  18. 【課題・解決手段】無線埋込可能デバイス、例えば、生体変調に使用される埋込可能生体医療機器のためのシステム及び技術。一部の実施形態は、無線電力伝達のためのソースとデータ通信システムとを含む埋込不能アセンブリと、埋込可能アセンブリのための1又は2以上の作動電圧を埋込不能アセンブリからの無線電力伝達を用いて連続的に発生するように構成されたパワーマネージメントモジュール、少な...

    生体電気事象を無線で記録及び刺激するためのシステム

  19. 【課題】レーダ装置における雑音のスペクトル推定を行う。【解決手段】1つの実施例によれば、第1のRF発振器によって第1のRF信号を生成し、第2のRF発振器によって第2のRF信号を生成することと、第1のRF信号と第2のRF信号とをミキサによって混合することと、ミキサ出力信号をデジタル化し、デジタル化された信号からミキサ出力信号の電力スペクトル密度の推定値を計算することと、...

    レーダ装置における雑音のスペクトル推定

  20. 【課題】周波数オフセットをデジタル的にランダム発生させて付加するデジタル処理部を必要としない簡易な構成で、複数のセクタセルからなる仮想セル構成におけるビームパターンに起因した弱電界エリアの発生を抑制できる。【解決手段】複数のセクタセルからなる仮想セルを構成し前記複数のセクタセルそれぞれの下りリンクで送信される信号の全てまたは一部がセクタセル間で同一となる仮想セル構成方...

    複数セクタセルからなる仮想セル構成におけるビームパターン生成抑制

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 196