フロイントアジュバント に関する公開一覧

フロイントアジュバント」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「フロイントアジュバント」の詳細情報や、「フロイントアジュバント」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「フロイントアジュバント」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(7,764件中)1/389ページ目

  1. 【課題】がん免疫療法において使用するためのペプチドまたは誘導体、該ペプチドを用いて製造した活性化T細胞、該ペプチドを認識する抗体、可溶性T細胞受容体、およびそれらの使用方法の提供。【解決手段】主要組織適合性複合体分子と結合するとCD4および/またはCD8T細胞に認識されるペプチドまたはその誘導体、該ペプチドを抗原としてインビトロで製造した活性化T細胞、および該ペプチド...

    上皮性卵巣がんおよびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  2. 【課題】A型及びB型インフルエンザウイルスに対して広域の活性を有し、且つインフルエンザ感染の予防又は治療用医薬として用いることのできる有効な新規阻害薬を提供する。【解決手段】系統発生学的グループ2の2つの異なるヘマグルチニン(HA)亜型のHAを含む少なくとも2つのA型インフルエンザウイルス株のHAとの特異的結合能を有するか;又は系統発生学的グループ1の少なくとも1つの...

    インフルエンザヘマグルチニンに対する結合分子及びその使用

  3. 【課題】黄色ブドウ球菌α毒素に結合する抗体及び断片の組成物、製造方法及び使用方法を提供する。【解決手段】精製/単離抗体又は抗体の断片であって、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)α毒素ポリペプチドに免疫特異的に結合し、且つ(a)ある特定のアミノ酸配列を含むVH CDR1;(b)ある特定のアミノ酸配列を含むVH CDR2、及び(c)ある特定...

    黄色ブドウ球菌(Staphylococcus  aureus)α毒素に特異的に結合する抗体及び使用方法

  4. 【課題】骨髄非破壊性前処置のための組成物および方法の提供。【解決手段】本明細書には、CD34受容体、CD45受容体、またはCD117受容体等の細胞表面マーカーを標的とする骨髄非破壊性抗体−毒素コンジュゲートおよび組成物、およびそれらを使用して、生着または移植の前に対象の組織(例えば、骨髄組織)を有効に前処置するための関連方法が開示されている。本明細書で開示されている組...

    骨髄非破壊性前処置のための組成物および方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、前立腺特異的膜抗原(PSMA)、特に単一ヒト可変重鎖ドメイン抗体に特異的に結合する改善された結合分子、および癌の処置のための関連する法に関する。

    治療的PSMA結合分子

  6. 【課題・解決手段】本発明は、組織および/または生体液試料を含む、生体試料中の活性化可能抗体治療薬の活性化および他の特性を定性的におよび/または定量的に分析するための方法およびキットを提供する。本発明はまた、キャピラリーベースのイムノアッセイプラットフォームを使用して、組織および/または生体液試料を含む、生体試料中の活性化のレベルを定性的におよび/または定量的に分析する...

    活性化抗体の特性を定性的および/または定量的に分析する方法およびその使用

  7. 【課題】本発明は、免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞に関する。特に、本発明はがんの免疫療法に関する。【解決手段】本発明は、単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープにさらに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成...

    上皮性卵巣がんおよびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  8. 【課題】環状ジヌクレオチド、特に有望なcGAMPのベクター化手段が強く必要とされている。【解決手段】本発明は、免疫原性環状ジヌクレオチドを含むウイルス様粒子を調製する方法及びがんを治療するためのその使用に関する。

    環状ジヌクレオチドを含むウイルス粒子を調製する方法及びがんを治療するための前記粒子の使用

  9. 【課題】1つには、薬物動態が改善され、免疫原性が低減された、リゾスタフィンを提供すること。【解決手段】例えば、対象中または対象上における微生物感染を治療するために、脱免疫化リゾスタフィンを含む組成物及びその使用方法が、提供される。

    脱免疫化リゾスタフィン及び使用方法

  10. 【課題】手術時に炎症を阻害し、疼痛を阻害し、散瞳(瞳孔の拡張)を生じさせ、および/または眼内圧を低下させるために、複数の異なる分子標的に作用する複数の活性薬剤の眼の局所的送達のための溶液を提供すること。【解決手段】処置中に炎症を阻害し、疼痛を阻害し、散瞳を生じさせ、および/または眼内圧を減少させるために眼科処置中に使用するための、手術中の洗浄溶液であって、当該溶液が、...

  11. 【課題】トリテルペンであるサポニン、その合成法および使用を提供すること。【解決手段】本発明は、トリテルペングリコシドサポニン由来のアジュバント、その合成、それへの中間体、およびそれらの使用に関する。QS−7は、QS−21(すなわち、抗癌および抗ウイルスワクチンにおいて現在好まれるアジュバントである、関連するサポニン)よりも有意に低毒性である強力な免疫アジュバントである...

    トリテルペンであるサポニン、その合成法および使用

  12. 【課題・解決手段】クルクミンの健康促進特性及び治癒特性を、少なくとも1つの更なる活性物質と組み合わせても、ヒト又は動物生物に利用可能にするために、本発明は、特に栄養補助食品及び/又は炎症、癌及び他の疾患を含む疾患を治療及び/又は予防するための調合薬としての使用のための、10重量%以下、好ましくは7.5重量%以下、最も好ましくは6重量%以下の含有量のクルクミンと、18未...

    クルクミンと、任意選択で少なくとも1つの他の活性物質とを有する可溶化物

  13. 【課題・解決手段】本願は、抗PD-Lモノクローナル抗体、その抗原結合部分、その治療用組成物、及び/又はそれをコードする核酸、並びにがん及び他のT細胞機能障害の治療においてT細胞の機能をアップレギュレートし、細胞性免疫応答を増強するためのそれらの使用を提供する。

    抗PD−1抗体とその作製及び使用方法

  14. 【課題・解決手段】本願は、抗ROR1モノクローナル抗体、その抗原結合部分、その治療用組成物、及び/又はそれをコードする核酸、並びにがん及び他のT細胞機能障害の治療においてT細胞の機能をアップレギュレートし、細胞性免疫応答を増強するためのそれらの使用を提供する。

    抗ROR1抗体とその作製及び使用方法

  15. 【課題】本発明は、免疫療法において使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞に関する。特に、本発明はがんの免疫療法に関する。【解決手段】本発明は、単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープにさらに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成...

    上皮性卵巣がんおよびその他のがんに対する免疫療法において使用するための新規ペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  16. 【課題】新規かつ効果的な癌治療法、並びに既存の及び新規の癌治療法の効力をモニタリングする方法の提供。【解決手段】下記工程(i)及び(ii)を含む、それを必要とする対象における癌を治療、予防又は管理する方法。(i)対象にEphA2ペプチドを含む組成物を投与する工程、(ii)前記対象における癌幹細胞の量を測定する工程。前記EphA2ペプチドはEphA2のT細胞エピトープで...

    癌の状態を治療及びモニタリングする方法

  17. 【課題・解決手段】エンテロウイルスD68(EV−D68)若しくはその改変形、上記EV−D68若しくはその改変形のゲノム配列若しくはcDNA配列、又は上記ゲノム配列若しくは上記cDNA配列の相補的配列を含む核酸分子、上記EV−D68、その改変形若しくは上記核酸分子を含む医薬組成物、及び腫瘍を治療するための医薬組成物の調製における、上記EV−D68、その改変形又は上記核酸...

    腫瘍を治療するためのウイルス

  18. 【課題・解決手段】癌の治療に使用するためのTreg枯渇抗4−1BB抗体またはTreg枯渇OX−40抗体などの、腫瘍壊死因子受容体スーパーファミリー(TNFRSF)に属する標的に特異的に結合する抗体分子などの抗体分子から選択されるTreg枯渇抗体分子を最初に、次いで免疫刺激性抗4−1BB抗体または免疫刺激性OX−40抗体などの免疫刺激性抗体分子の順次投与が記載されている...

    新規抗体およびTreg枯渇抗体と免疫刺激性抗体との併用

  19. 【課題】改善された抗腫瘍活性を有する抗AXL抗体の提供。【解決手段】AXLに結合し、AXLのリガンドである増殖停止特異的6(Gas6)とAXL結合について競合しない抗AXL抗体、抗体の第1の結合領域及び該第1の抗原結合領域とは異なる標的又たはエピトープに結合する第2の結合領域を含む二重特異性抗体、細胞傷害性作用物質等のイムノコンジュゲート、及び、抗AXL抗体、イムノコ...

    AXLに結合する抗体

  20. 【課題】多発性骨髄腫の治療に有用な抗体医薬を提供する。【解決手段】ヒト血液細胞、特に多発性骨髄腫等の悪性形質細胞表面に多量に発現するCD38抗原に結合する、単離されたヒトモノクローナル抗体、ならびに関連抗体に基づく組成物および分子。また、ヒト抗体を含む薬学的組成物、ならびにヒト抗体を用いるための治療法および診断法。

    多発性骨髄腫の治療のためのCD38に対する抗体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 389