培養培地 に関する公開一覧

培養培地」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「培養培地」の詳細情報や、「培養培地」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「培養培地」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,344件中)1/168ページ目

  1. 【課題】AIDSを予防し、抑制し、又は治療する剤としての使用の為の化合物の提供。【解決手段】式(I)の化合物。Rは、独立に、水素原子、ハロゲン原子、又は、CN基、ヒドロキシル基等から選ばれる基を表し、nは、1、2、又は3であり、n’は、1又は2であり、R’は、水素原子、ハロゲン原子、又は、(C1-C3)アルキル基、ヒドロキシル基、COOR1基等から選ばれる基であり、Z...

  2. 【課題】幹細胞を用いた異種動物間での胚胞キメラ動物の作製方法を提供する。【解決手段】(A)幹細胞を、該幹細胞に対して異種の動物の胚盤胞期の胚盤胞腔内に注入するか、または該幹細胞に対して異種の動物の分裂受精卵と混合する工程;および(B)(A)工程で作製した該幹細胞を含む細胞塊を、該幹細胞の生物種と該異種の動物の生物種とのキメラ動物へと成長させる工程を包含する、方法。

    幹細胞を用いた異種間胚胞キメラ動物の作製法

  3. 【課題】スタチン含有療法に応答する可能性のある心不全を有する患者を確定する方法を提供すること。【解決手段】本発明は、スタチン含有療法に応答する可能性のある心不全を有する患者を確定する方法に関する。本方法は、患者由来の試料中の、GDF−15(増殖分化因子15)、尿素、SHBG(性ホルモン結合グロブリン)、尿酸、PLGF(胎盤増殖因子)、IL−6(インターロイキン−6)、...

    心不全におけるスタチン治療階層化のためのマーカー

  4. 【課題】Cas9酵素、ガイドRNA及び関連する特定PAMを利用するIIType II CRISPR−Casシステムを提供すること。【解決手段】1つの態様において、本開示は、ガイドRNA、単分子及び二重分子の双方のガイドRNA、並びにそのガイドRNA及び/またはそのガイドRNAをコードするDNA(ベクターを含む)を使用した細胞中で、DNAを操作する方法を提供する。ガ...

    CRISPR−CASシステムの材料及び方法

  5. 【課題】優れた肝細胞増殖因子阻害剤を提供すること。【解決手段】 式(1)で表される構造; −X1−X2−X3−X4−X5− (1)(式(1)中、 X1は、I、V、若しくはL、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X2は、S、若しくはT、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X3は、K、又はそのN−アルキルアミノ酸であり、 X4は、W、又はその...

    環状ペプチド

  6. 【課題】多くの内分泌攪乱作用を評価することができる形質転換体を提供する。【解決手段】宿主細胞に、内分泌攪乱物質受容体をコードする核酸と、所定の塩基配列を有する応答配列及びレポーター遺伝子を有する核酸とを導入してなる形質転換体。

  7. 【課題】実際の腸細胞に近い機能を示す腸細胞を、多能性幹細胞から作製する手段を提供する。【解決手段】GSK3阻害剤と、肝細胞増殖因子受容体の活性化剤、副腎皮質ホルモン、カルシトリオール、及びジメチルスルホキシドからなる群から選ばれる少なくとも1種とを含むことを特徴とする腸細胞分化用培地、並びにその培地を用いた腸細胞の作製方法。

    多能性幹細胞から腸細胞の作製方法

  8. 【課題】抗感染ペプチド及びその使用の提供。【解決手段】長さが16〜26アミノ酸残基であり、該抗感染ペプチドは、Dアミノ酸、Lアミノ酸、又はこれらの組合せを含み得る。ある実施態様において、該抗感染ペプチドは、ペグ化されるか、親水性ポリマーを含むように修飾されるか、ステープル化されるか、又は脂質化される。また抗感染ペプチドを含む組成物、並びに該抗感染ペプチドを用いた治療及...

    広域スペクトル抗感染ペプチド

  9. 【課題】ポックスウイルスに基づく薬剤を製造するために好適な細胞および細胞株の提供。治療薬または予防薬の製造のためのポックスウイルスを増殖させるための方法の提供。【解決手段】改変細胞株が、非改変細胞ではほとんど増殖できない、または増殖不能であるポックスウイルスの増殖を保持するよう、プロモーターの制御下にCP77をコードする配列を含んでなるように細胞のゲノムが改変された、...

  10. 【課題】1−(クロロメチル)−2,3−ジヒドロ−1H−ベンゾ[e]インドール二量体抗体−薬物コンジュゲート化合物、並びに使用及び処置の方法の提供。【解決手段】1−(クロロメチル)−2,3−ジヒドロ−1H−ベンゾ[e]インドール(CBI)二量体薬物部分にリンカーを介してコンジュゲートした抗体を含む抗体薬物コンジュゲート、及び抗体薬物コンジュゲートを使用する方法を提供する。

    1−(クロロメチル)−2,3−ジヒドロ−1H−ベンゾ[E]インドール二量体抗体  −  薬物コンジュゲート化合物、並びに使用及び処置の方法

  11. 【課題】より強力な抗腫瘍活性を有し、毒性及び副作用が少なく、腫瘍細胞の治療に対する耐性が少ない新たな化合物、及びかかる化合物を作製する方法の提供。【解決手段】オキサチアジン様化合物及び下記化合物の作成方法および該化合物の腫瘍細胞への使用。

    オキサチアジン様化合物を作製する方法

  12. 【課題】商業開発に適した規模での全長ラブリシンの組換え産生方法を提供する。【解決手段】優れた潤滑特性及び新規グリコシル化パターンを有する、ヒト様ラブリシン又はPRG4糖タンパク質の新たな組換えアイソフォームと、商業的産生を可能にする高レベルでのこれらの製造のための方法であって、少なくとも30重量%のグリコシド残基を含むラブリシン糖タンパク質を少なくとも0.4g/リット...

    組換えラブリシンの産生

  13. 【課題】対象における移植された治療用細胞の生存を制御する方法を提供すること。【解決手段】a)治療用細胞を調製するまたは得るステップ、b)該治療用細胞に、多量体化領域と、カスパーゼ−9ポリペプチドまたは改変カスパーゼ−9ポリペプチドとを含むキメラポリペプチドをコードする核酸をトランスフェクトまたは形質導入するステップ、c)該形質導入またはトランスフェクトされた治療用細胞...

    カスパーゼポリペプチドを使用して部分的なアポトーシスを誘導するための方法

  14. 【課題】ヒト幹細胞を含めた霊長類に由来する未分化の多分化能性細胞の懸濁液中での安定な連続成長を可能とする方法の提供。【解決手段】コートされたマトリックスを含み、陽電荷を有する粒子で、それに付着した霊長類またはヒトの幹細胞の集合を可能にするサイズのものである粒子を用いた幹細胞をインビトロで懸濁培養において培養する方法。霊長類またはヒトの幹細胞を伝播させる方法であって、第...

    幹細胞培養のためのマイクロキャリア

  15. 【課題】ヘテロ二量体免疫グロブリンまたはその断片を遺伝子操作により得ることおよびそれを作製する方法の提供。【解決手段】タンパク質−タンパク質界面を有する遺伝子操作ドメインを含む第1遺伝子操作免疫グロブリン鎖及び第2遺伝子操作免疫グロブリン鎖を含み、前記第1遺伝子操作免疫グロブリン鎖及び第2遺伝子操作免疫グロブリン鎖の親ドメインのタンパク質−タンパク質界面の少なくとも1...

    ヘテロ二量体免疫グロブリン

  16. 【課題】特異的な多量体化状態を支持するタンパク質及び該タンパク質を用いた成長因子受容体の発現を変化させる方法の提供。【解決手段】リガンド誘導性の受容体の二量体化として知られる、腫瘍及び幹細胞に特異的なMUC1膜貫通タンパク質の切断型であるMUC1*の細胞外ドメインへのNM23二量体の結合において、受容体の二量体化に影響を与えるNM23の多量体を選択的に形成することが可...

    遺伝子操作した成長因子変異体

  17. 【課題】癌治療において治療目的で使用することができる抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体及び抗体薬物コンジュゲート(ADC)の提供。【解決手段】以下のa)からc)の特性を有する抗ヒトEGFR抗体又はその抗原結合部分。a)特定のアミノ酸配列内のエピトープに結合するか、又は、競合結合アッセイにおいて、特定のアミノ酸配列を有するEGFR変異体IIIとの結合に関して、別の特定...

    抗EGFR抗体及び抗体薬物コンジュゲート

  18. 【課題】BTNL3タンパク質およびそのバリアント、それらをコードする核酸、ならびにそれらに結合する抗体を提供する。【解決手段】本明細書に記載のBTNL3タンパク質は、単離されたタンパク質および/または可溶性タンパク質であり得る多量体タンパク質および/または融合タンパク質である。BNTL3タンパク質は、細胞の表面に結合し、かつ/または細胞の表面で発現し得る。抗BTNL3...

    ヒトBTNL3タンパク質、核酸、および抗体、ならびにそれらの使用

  19. 【課題】 本発明の課題は、優れた蛋白質、細胞又は微生物の接着抑制力を発現する、蛋白質、細胞又は微生物の接着抑制剤、並びに、該接着抑制剤を含む生化学分析用ブロッキング剤、バイオフィルム形成抑制コート剤、細胞培養器材処理剤、タンパク質安定化剤及び細胞培養培地添加剤を提供することにある。【解決手段】 上記課題は、アミンオキシド基を有し、かつ質量平均分子量が2,000以上...

  20. 【課題】 シュートの長期培養を可能とするシュートの培養方法を提供する。【解決手段】 培養期間3週間目と9週間目とを対比した際に、シュートのRGBの合計値の変化率が0.80〜1.20、シュートの伸長量が1.0mm以上となるようにシュートを培養するシュートの培養方法。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 168