含水アルコール に関する公開一覧

含水アルコール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「含水アルコール」の詳細情報や、「含水アルコール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「含水アルコール」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(376件中)3/19ページ目

  1. 【課題】良好な生物学的活性および改善された薬物動態学的特性を有する新規のフラボノイド化合物の提供。【解決手段】下式(I)の化合物または、その薬学的に許容される塩。(式中、R1、R2、R3は、HまたはOR6から独立して選択され;R6は、、H、エステル、カルボン酸、スルホン酸、サルフェート、ホスホン酸、リン酸エステル、スルファメート、スルホン酸エステル、ホスファメート、ホ...

    新規フラボノイド化合物およびその使用

  2. 【課題】 本発明は、豚骨、鶏がら、鰹節などの動物性原料を用いなくとも、十分な旨味やコクを有し、白湯スープのような植物系白濁スープベースを提供することを目的とする。【解決手段】 下記A)及びB)の要件を満たす豆類抽出物、油脂、及び、植物性調味料を含有する水中油型乳化組成物であって、液体状態のときに白濁 していることを特徴とする、植物系白濁スープベース。A)該豆類抽出...

  3. 【課題】食物繊維の含有割合が高く、目的に応じて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合を制御可能であり、食物繊維の直接摂取や食品への配合に有用な、こんにゃく粉末及びその効率よい製造方法を提供すること。【解決手段】こんにゃく原料粉末と糖水酸化カルシウム水溶液を、こんにゃく原料粉末に含まれる粉末粒子が粒子としての形態を維持した状態で混合して混合物を調製し、混合物中で、粉末粒子...

  4. 技術 米飯食品

    【課題】高度不飽和脂肪酸由来の異風味を抑制することができる、特に、調製してから1日経過後であっても良好な風味を有する、高度不飽和脂肪酸を配合する米飯食品の製造方法の提供。【解決手段】高度不飽和脂肪酸0.01〜2.0質量%と、全脂大豆を水性溶媒で抽出して得られ、固形分中の脂質含量が15質量%以下であり、かつ炭水化物含量に対する蛋白質含量の質量比が100〜200質量%であ...

  5. 【課題】排水中の水−アルコール水溶液中のアルコール濃度を著しく低減させることができる、アルコール製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】アルコール及び水を含有する混合液を水透過型膜分離装置に導入し、水溶液とアルコールを分離する第1分離工程、及び第1分離工程の膜透過液をアルコール透過型膜分離装置に導入し、水とアルコールを分離する第2分離工程、を有し、上記アルコー...

    アルコールの製造方法

  6. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、高効率で長寿命の隔膜の製造方法および電解ユニットの製造方法を提供することである。【解決手段】実施形態にかかる隔膜の製造方法は、フッ素原子を含有する多孔質膜をアルミナ水和物の含アルコール分散液に浸漬する工程と、それを空気中に取り出す工程と、加熱する工程と、酸性水溶液に浸漬する工程を有する。

    隔膜の製造方法、及びそれを用いた電極ユニットの製造方法

  7. 【課題】、より少ない摂取量で効果を得ることのできるビルベリー果実抽出物を含有してなる、ドライアイ、目の乾き予防又は改善用組成物、凝り予防又は改善用組成物、及び、これら両方の効果を有する組成物、を提供する。【解決手段】 本発明の一観点は、凍結乾燥されたビルベリー果実抽出物を含有してなるドライアイ、目の乾き予防又は改善用組成物である。また、他の一観点は、凍結乾燥されたビ...

  8. 【課題】新規固溶体を提供する。【解決手段】金(Au)とイリジウム(Ir)及び/又はルテニウム(Ru)が原子レベルで固溶している固溶体ナノ粒子。

    固溶体ナノ粒子及びその製造方法並びに触媒

  9. 【課題・解決手段】本願においては、反射剤を封入したマイクロカプセルを提供する。前記マイクロカプセルは、反射剤と、所望により油状物質とを含む内核と、壁形成ポリマー材料から形成された外殻とを含む。前記マイクロカプセルは、外殻中に不透明物質および/または脂肪族アシル塩をさらに含んでいてもよい。前記マイクロカプセルの製造方法も提供する。

    反射剤を封入したマイクロカプセル

  10. 【課題・解決手段】本文書は、1種または複数種のサポニン抽出物を含みうるスキンケア組成物を提供する。いくつかの場合において、本明細書において提供されるスキンケア組成物はサポニン抽出物(例えば、ムクロジ抽出物)を含みうる。いくつかの場合において、本明細書において提供されるスキンケア組成物は、ムクロジ抽出物、アラントイン、カルノシン、および植物エキス混合物を含みうる。植物エ...

  11. 【課題】効率的に幹細胞等の細胞を培養する技術を提供する。【解決手段】糖鎖を除去したラミニンE8や微生物を宿主として発現させたラミニンE8がコーティングされた細胞培養容器を利用して幹細胞等の細胞を培養する。

    ラミニンE8の製造方法およびラミニンE8を利用した細胞培養方法

  12. 【課題・解決手段】治療用化合物に応答する可能性が高い慢性リンパ球性白血病(CLL)の対象の特定方法であって、第1の試料と第2の試料をCLLの対象から得ることと、3−(5−アミノ−2−メチル−4−オキソ−4H−キナゾリン−3−イル)−ピペリジン−2,6−ジオン(化合物A)を第1の試料に投与するとともに、レナリドマイドを第2の試料に投与することと、第1の試料中のバイオマー...

    慢性リンパ球性白血病の治療方法及び免疫調節療法に対する臨床的感度の予測因子としてのバイオマーカーの利用

  13. 【課題】蛋白質糖化反応による最終生成物(AGEs)、特に蛍光性AGEs及びペントシジンの生成を効率的に抑制する蛋白質糖化反応阻害剤の提供。【解決手段】マメ科植物である密花豆(ミツカトウ)の抽出物を有効成分とする蛋白質糖化反応阻害剤。密花豆のエタノール水溶液抽出物の合成吸着剤吸着物の10〜50%エタノール水溶液溶出物である蛋白質糖化反応阻害剤。密花豆抽出物を合成吸着剤で...

    蛋白質糖化反応阻害剤

  14. 【課題・解決手段】本発明は、薬理活性化合物、ポリアルキレンオキシドおよび崩壊剤を含む多数の粒子を含む改変防止医薬製剤であって、上記薬理活性化合物は上記ポリアルキレンオキシドおよび上記崩壊剤を含むマトリックス中に分散しており、上記崩壊剤の含有量は、上記医薬製剤の全重量を基準としておよび/または上記粒子の全重量を基準として、5.0重量%より大きく、上記ポリアルキレンオキシ...

    即時放出および溶媒抽出に対する耐性を有する改変防止製剤

  15. 【課題・解決手段】飼料の機能性を向上できる家畜用飼料効率改善剤、家畜用増体促進飼料、家畜の飼育方法、及びメタン発生抑制方法を提供する。本発明の家畜用飼料効率改善剤は、コーヒー成分を含み、バクテリオシン産生乳酸菌により発酵処理されている。コーヒー成分は、ヒドロキシ桂皮酸及びそのエステル体から選ばれる少なくとも一種を含んでもよい。バクテリオシン産生乳酸菌が、ラクトバチルス...

    家畜用飼料効率改善剤、家畜用増体促進飼料、家畜の飼育方法、及びメタン発生抑制方法

  16. 【課題】本発明の目的は、プロテアーゼやアミラーゼ等といった消化酵素の活性に優れた組成物を提供することにある。【解決手段】本発明は、消化酵素と、スーパーフードとを含有する経口用組成物を提供する。消化酵素がプロテアーゼ、アミラーゼ、セルラーゼ、ガラクトシダーゼ及びリパーゼから選ばれる少なくとも1種であることが好ましい。スーパーフードが、ココナッツ、アサイー、カムカム、カカ...

  17. 【課題・解決手段】本発明は、アルカリオルガノシリコネートを含む粉末状固体(S)の製造方法に関する。アルカリのケイ素に対するモル比が0.1〜3、アルコール含有量が0.1重量%未満およびハロゲン化物アニオン含有量が最大1重量%のアルカリオルガノシリコネート水溶液から、スプレー乾燥によって、水が除去される。また、本発明は、当該方法を用いて製造することができる粉末状固体(F)...

  18. 【課題・解決手段】電離放射線を用いた処理中にバイオマス材料が受けた放射線の線量を決定、及びバイオマスから得られる糖の最大収率の最適な線量を決定することを含むバイオマス処理のモニタリング及び改善に関したシステム及び方法が記載される。複数のバイオマス部分がある線量で照射され、応答対線量の多項式曲線を作成するためにESR応答が測定される。

    バイオマス処理のモニタリング方法及びシステム

  19. 【課題・解決手段】本発明はホスト細胞におけるタンパク質、例えば、アミラーゼまたはバイオマス分解酵素などの酵素の産生を誘発する組成物、および産生されたタンパク質、例えば酵素の収量を増加するための方法に関する。当該組成物はカラメル化糖生成物を含む。本明細書で説明される方法を使用して、バイオマス材の処理を、例えば糖生成物を産生するために増強することもできる。

    増強された酵素産生のための組成物

  20. 【課題】安全性及び製造コストの点で好適な技術であり、耐光性を備えたイリドイド化合物由来赤色素組成物を製造する技術の提供。【解決手段】イリドイド骨格の4位にカルボキシル基を有するイリドイドアグリコンとアミノ基含有化合物との作用を伴う赤色発色を、イリドイド化合物の総モル当量に対してコハク酸又はリンゴ酸等の特定構造を有するジカルボン酸、その類似化合物、又はこれらから選ばれる...

    イリドイド化合物由来赤色素組成物及びその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 153