台車フレーム に関する公開一覧

台車フレーム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「台車フレーム」の詳細情報や、「台車フレーム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「台車フレーム」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,211件中)1/61ページ目

  1. 技術 作業台車

    【課題】簡単な構成で作業台を昇降可能に支持する作業台車を提供する。【解決手段】作業台車1は、走行可能な台車2と、台車2の上方に配置される作業台5と、作業台5を昇降可能に支持するリフト機構6とを備える。リフト機構6は、台車2に立設される第1支柱611、第2支柱612と、第3支柱613及び第4支柱614と、各支柱に設けられ、上下方向に延在する第1ラック621、第2ラック6...

    作業台車

  2. 技術 作業台車

    【課題】異なる仕様に対応した制御装置を備え、制御装置で選択されている仕様を容易に確認することができる作業台車を提供する。【解決手段】作業台車1は、バッテリ4と、バッテリ4からの電力によって駆動するモータ3と、モータ3からの駆動力によって走行する台車2と、台車2の上方に設けられた作業台5と、台車2の速度帯域に基づく複数の仕様に応じてバッテリ4及び前記モータ3を制御する制...

    作業台車

  3. 【課題】農薬の撒布方向を繰り返して変更しながら農薬を撒布して、農薬を農作物に満遍なく均一に撒布することができる農薬撒布装置を提供する。【解決手段】農薬撒布装置10及びこれに適用されるノズル組立体100が開示される。本発明による農薬撒布装置10は、移動台車200と、前記移動台車200に設けられ、農薬を噴射する複数個のノズル組立体100を含む噴射ユニット300,302とを...

    農薬撒布装置及びこれに適用されるノズル組立体

  4. 【課題】メンテナンス等の対象となる装置の構造に依存することなく、設置や組み立てが容易な昇降体支持台を実現する。【解決手段】第1嵌合部材31は、第1支柱11に対して上下方向に相対移動可能であって上下方向に交差する方向に相対移動不能に嵌合し、第2嵌合部材32は、第3支柱23に対して上下方向に相対移動可能であって上下方向に交差する方向に相対移動不能に嵌合し、第3嵌合部材43...

    昇降体支持台

  5. 【課題】ボックスカルバート等の重量物の昇降の際の作業を簡略化でき、短時間で安全に昇降が可能となる荷役方法を提供する。【解決手段】ボックスカルバート101の支持面である天版101Aの下面において、ボックスカルバート101の重心Fからの距離がほぼ均等となる複数の支持点を決定し、それらの支持点を昇降用油圧ジャッキ34で支持し、ボックスカルバート101の重心Fが、支持面の下方...

    重量物の荷役方法

  6. 【課題】旋回時において使用者に不自然な運脚を強いることのない歩行補助装置を提供する。【解決手段】歩行補助装置は、脚を患う使用者の歩行を補助する歩行補助装置であって、歩行補助装置を駆動する駆動部と、旋回の指示操作を受け付ける操作受付部と、操作受付部が受け付けた指示操作に基づいて旋回半径を決定する決定部と、決定部によって決定された旋回半径で旋回するように駆動部を制御する駆...

    歩行補助装置および歩行補助装置の制御プログラム

  7. 技術 走行装置

    【課題】一方の従動輪が段差や凸部に衝突した瞬間に当該一方の従動輪が受ける瞬間的な衝撃力によって駆動輪が空回りあるいはスリップすることを抑制する。【解決手段】駆動輪108の駆動軸108aと第一従動輪109の回転軸109aとを支持するボギーリンク部材110と、駆動輪に対して第一従動輪の反対側に位置する第二従動輪107の回転軸107aを支持するロッカーリンク部材111とを、...

    走行装置

  8. 【課題】パネルの組み立てと折りたたみを行うこと、および他の運搬用台車と多数台重ねて収納することが容易な運搬用台車および台車を提供する。【解決手段】運搬用台車10は、第1側枠51と、第2側枠52と、第1側枠51と第2側枠52とを互いに連結する連結部材53とを有する台車50と、台車50に設けられた複数のパネル11〜15と、を備えている。第1側枠51および第2側枠52のうち...

    運搬用台車および台車

  9. 技術 移動足場

    【課題】 本発明の目的は、メンテナンス作業を容易としつつ時間も短縮可能な移動足場を提供することである【解決手段】 本発明の移動足場は、台車1と、台車1上に搖動自在に取付けたスイングフレーム2と、スイングフレーム2上にスイングフレーム2とは異なる方向へ搖動自在に取付けたガイド支持フレーム5と、ガイド支持フレーム5上に取付けた平行配置される一対のガイドレール3,3と、...

    移動足場

  10. 【課題】図書用の自動取扱装置において、図書が傷むのをなるべく抑制することができる技術を提供することを目的とする。【解決手段】図書自動取扱装置は、その内部に収容された図書を取り出し可能とする取出用開口が形成された図書収納用部材を用いて図書を収容および搬送する図書自動取扱装置であって、複数の前記図書収納用部材を収容する収容空間、および前記図書を取り出す図書取出口が形成され...

    図書自動取扱装置

  11. 【課題】小型化を可能とし、部品点数を抑えてコストを削減し、さらに静音特性に優れた構造を提供する。【解決手段】電動機2の回転運動を伝達する変速機3は、ケーシング36と、太陽ローラ32と、複数の遊星ローラ33と、キャリア34と、リング38とを有する。ケーシングは、変速機の外周部の少なくとも一部を形成する。太陽ローラは、電動機の動力により回転する入力部31の周囲に固定される...

    電動機付き変速機および台車駆動ユニット

  12. 【課題】ケーブルドラムの搬送に関わる作業員の負担を容易に軽減することが可能なケーブドラム搬送機を提供する。【解決手段】ケーブルドラムCDが回転可能な間隔をあけてドラム側面27aに平行に配置された一対の台車フレーム部材11a,11bと、台車フレーム部材11b,11bそれぞれの一端と他端とに設けられ、当該台車フレーム部材11a,11bを共に床面F上で移動可能にする複数の車...

    ケーブルドラム搬送機

  13. 【課題】延伸ベルトコンベヤによって掘削ズリを搬送するために必要となる設備数、および各設備の設置スペースを抑制することが可能なテールプーリ装置を提供する。【解決手段】このテールプーリ装置100は、ヘッドプーリ装置2が備えるヘッドプーリ2aとの間でコンベヤベルト3が巻回されたテールプーリ21を有するコンベヤテール部20と、掘削ズリEMを受け入れて、コンベヤテール部20に対...

    テールプーリ装置

  14. 【課題】使用者の歩行感覚に合わせて移動できる歩行補助装置を提供する。【解決手段】歩行補助装置は、使用者の歩行を補助して自立移動する歩行補助装置であって、使用者が把持する把持部と、使用者が把持部を押引きする荷重によって変化する物理量を検出する検出部と、検出部の検出結果に基づいて歩行補助装置の移動速度を増減させる移動制御部とを備える。

    歩行補助装置、および歩行補助装置の制御プログラム

  15. 【課題】訓練者にとって安全でリハビリ効果が得られる適切な目標速度を自動的に設定することができる歩行補助装置を提供する。【解決手段】歩行補助装置は、歩行訓練を行う使用者の歩行を補助して自律移動する歩行補助装置であって、使用者が把持する把持部と、使用者が把持部を歩行補助装置の進行方向に押引きする荷重によって変化する物理量を検出する検出部と、使用者の複数歩の歩行動作期間に亘...

    歩行補助装置、および歩行補助装置の制御プログラム

  16. 【課題】使用者の安全性を高めると共に、使用者の歩行能力の変化に合わせて、適度なリハビリ効果および負荷を長期的に維持しながら歩行補助を実現する歩行補助装置を提供する。【解決手段】使用者の歩行を補助して自立移動する歩行補助装置であって、歩行時に歩行補助装置に対する使用者の足の着地位置及び離地位置の少なくとも何れかの種類の位置を検出する検出部と、検出された複数の位置の統計量...

    歩行補助装置、および歩行補助装置の制御プログラム

  17. 【課題】複数台を組み合わせて並べることが可能な運搬用台車を提供する。【解決手段】対向する第1側枠および第2側枠、前記第1側枠、前記第2側枠を連結する連結部材を有する台車本体と、前記連結部材上に配置される底板と、を有し、前記底板は、前記第2側枠側の端部を支点に、倒伏状態から起立状態まで回動可能で、前記第1側枠の下面には第1キャスターフレーム10が設けられ、前記第1キャス...

    運搬用台車

  18. 【課題】繊維強化成形品を製造する際の熱可塑性樹脂の強化繊維間への含浸性に優れるとともに、機械特性に優れる繊維強化成形品を得ることができる混繊糸及び布帛、ならびに機械特性に優れる繊維強化成形品及びその製造方法の提供。【解決手段】強化繊維と第1の熱可塑性樹脂繊維とを含む混繊糸であり、第1の熱可塑性樹脂繊維が、カルボニル基含有基、ヒドロキシ基、エポキシ基及びイソシアネート基...

  19. 【課題】従動台車ユニットを交換するだけで多様な重量物等に対応可能であり、方向転換が可能な重量物搬送台車を提供する。【解決手段】重量物搬送台車1は、重量物を支持する支持架台14を備える荷役部3と、荷役部の後端に接合され自走可能な駆動部12及び運転室5を備える台車部4と、荷役部の前端に分離可能に接合された従動台車ユニット2とを有する。従動台車ユニットは、前方及び後方に車輪...

    重量物搬送台車

  20. 【課題】起伏のある搬送路においても重量物の安全な搬送が可能であるとともに、短時間で精度の良い重量物の設置作業が可能な重量物搬送台車を提供する。【解決手段】重量物搬送台車は、支持架台23を備える荷役部3と、自走可能な駆動部12と運転室5を有する台車部4と、油圧ジャッキ13によって昇降可能な車輪15を備える従動台車部2とを有する。支持架台23は、載置台が上端部に設けられた...

    重量物搬送台車及び重量物の荷役方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3