反応混合液 に関する公開一覧

反応混合液」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「反応混合液」の詳細情報や、「反応混合液」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「反応混合液」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(11,509件中)4/576ページ目

  1. 【課題】標的遺伝子にエフェクタータンパク質を集積する効果が高い標的遺伝子にエフェクタータンパク質を集積するための組成物を提供する。【解決手段】標的遺伝子にエフェクタータンパク質を集積するための組成物は、標的遺伝子に第1の領域で特異的に結合するガイドRNA、Casタンパク質、上記ガイドRNAの第2の領域に結合するタンパク質と、第1のエフェクタータンパク質を複数結合するた...

    標的遺伝子にエフェクタータンパク質を集積するための組成物、およびその利用

  2. 【課題】骨髄細胞増殖促進活性を有するサイトカインのパイエル板での産生の亢進作用を有する新規な多糖組成物を提供すること。【解決手段】大豆から得られる多糖を含有する多糖組成物であって、当該多糖は、アラビノガラクタンを主成分とし、かつピーク分子量が20,000〜180,000の範囲内である、多糖組成物。

    多糖組成物

  3. 【課題】薄肉であっても、製膜性、透明性、シート強度および成形性が良好であり、リサイクル性も良好なスチレン系樹脂組成物からなる延伸シートおよびその成形品を提供する。【解決手段】重量平均分子量が20万〜45万であるスチレン系樹脂(A)、重量平均分子量が35万〜55万である多分岐型スチレン系共重合樹脂(B)およびゴム成分を含有する耐衝撃性スチレン系樹脂(C)を含有するスチレ...

  4. 【課題】光電子デバイスに用いるために有用な新規有機分子の提供。【解決手段】下記化合物に代表される1,3,5−トリアジン誘導体。前記1,3,5−トリアジン誘導体を含有し、有機発光ダイオード(OLED)、発光電気化学セル、OLEDセンサー、有機ダイオード、有機太陽電池、有機トランジスタ、有機電界効果トランジスタ、有機レーザー並びにダウンコンバージョン素子から成る群から選択...

    光電子デバイスに用いるための有機分子

  5. 【課題】 従来法の反応工程を短くし、より短時間で炭素鎖延長反応を完了する方法を提供すること。【解決手段】 本発明は、不飽和脂肪酸の化学変換方法、特に、炭素鎖延長反応に関する。本発明に従って、抗酸化剤の存在下、不飽和脂肪酸のマロン酸エステル誘導体を低級脂肪酸溶液中で加熱還流させる工程を包含する、不飽和脂肪酸の炭素鎖を炭素数2個分延長する方法が提供される。好ましくは、...

    炭素鎖延長反応による不飽和脂肪酸の化学変換方法

  6. 【課題】糖尿病治療薬等として有用なテネリグリプチン及びその合成中間体の工業的に有利な製造方法の提供。【解決手段】下記縮合反応を用いる、式(2a)に代表されるチアゾリジン誘導体の製造方法。式(2a)で表される化合物は、テネリグリプチンの製造中間体として有用である。(DIPEAはN,N−ジイソプロピルエチルアミンを表す。)。

  7. 【課題】ヘム鉄を選択的かつ高感度で検出することができる化合物及び該化合物を含有する蛍光プローブの提供。【解決手段】下式の化合物又はその塩。(R1は、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、又はカルボン酸アミド基;R2及びR3は、同一又は異なるアルキル基、或いは、R2及びR3は、互いに結合して隣接するN−オキシドの窒素原子(N)と共に環を形成;R4は、カルボキシル基、カル...

    蛍光プローブ

    • 公開日:2019/09/05
    • 出願人: 岐阜市
    • 発明者: 永澤秀子 、...
    • 公開番号:2019-147776号
  8. 【課題・解決手段】R1およびR2が請求項1にて指し示される意味を有する式Iで表される化合物は、ATRのインヒビターであり、およびがんなどの疾患の処置に採用され得る。

    三環式ヘテロシリック誘導体

  9. 【解決手段】本発明はセスキテルペン誘導体の新規な用途に関し、より詳しくは本発明の化学式1で表示されるセスキテルペン誘導体化合物又はその薬学的に許容可能な塩を有効成分として含む、眼球内血管漏出による黄斑変性又は黄斑浮腫の予防、改善又は治療用組成物に関する。市販の眼球内疾患関連治療剤が硝子体腔内に直接投与しなければならない不便とこれによる苦痛及び副作用があるが、本発明の化...

    セスキテルペン誘導体の新規用途

  10. 【課題】ウイルス感染又は、糖尿病、多発性硬化症等の自己免疫障害の治療又は予防に有効な、TR1細胞及び/又はBreg細胞の形成、増殖、及び動員を促進するための組成物及び方法の提供。【解決手段】ナノ粒子と疾患に関連する抗原-MHCII複合体とを含む複合体であって、該ナノ粒子が、約1nm〜約100nm;約1nm〜約50nm;または約1nm〜約20nmもしくは約5nm〜約10...

    持続的免疫療法のための方法および組成物

  11. 【課題】発現させるとステビオール生成される一種以上の生合成遺伝子を含む、微生物などの組換えホストの提供。【解決手段】ステビオール生合成酵素及びUDP−グリコシルトランスフェラーゼ(UGTs)をコードする新規な組換え遺伝子を発現するよう操作してある組換え微生物、植物、及び植物細胞。このような微生物、植物、又は植物細胞は、食品及びダイエット用サプリメントで天然甘味料として...

    ステビオールグリコシドの組換え生成

  12. 【課題】TRPA1に関連した障害を治療するための化合物および組成物の提供。【解決手段】式(V111)の化合物。(式中、R1およびR2は、C1〜C6アルキルなど、Lはアミドなど、R3aおよびR3bは、アリール、ヘテロアリールなど、R9はH、C1〜C6アルキルなど、mは、1、2、3、4、5または6である。)。

    障害を治療するための方法および組成物

  13. 【課題・解決手段】本発明は、アルカリ耐性が向上した変異型免疫グロブリン結合タンパク質に関する、より詳細にはスタフィロコッカスのプロテインAのドメインA又はその機能的変異体において、特定の位置におけるアミノ酸が突然変異して、親分子に比べてアルカリpH値において向上した化学的安定性を示す免疫グロブリン結合タンパク質に関するものである。本発明は、耐アルカリ性が向上されて多数...

    アルカリ耐性が向上した変異型免疫グロブリン結合タンパク質

  14. 【課題・解決手段】本発明は、スピロインドロンポリエチレングリコールカーボネート系化合物及びその組成物、製造方法、及びその抗腫瘍活性のために抗癌剤としての使用に関する。前記スピロインドロンポリエチレングリコールカーボネート系化合物は、その構造式が以下の通りであり、優れた腫瘍阻害活性を有し、水溶性が良好であり、毒性が低く、静脈内注射用製剤に調製可能である。(I)。

    スピロインドロンポリエチレングリコールカーボネート系化合物及びその組成物、調製方法及びその使用

  15. 【課題・解決手段】アミド化合物を開示する。その化合物を含む医薬組成物、及び、該化合物または医薬組成物を対象に投与することを含む、神経変性疾患を治療するための方法も開示する。

    アミド化合物、その医薬組成物、及びその使用方法

  16. 【課題・解決手段】安息香酸誘導体及び脱水縮合剤は、下記式(I)又は式(II)で表される。式(I)及び式(II)中、R1は、ハロアルキル基、ハロゲン原子、又はシアノ基を示し、R2、R3、及びR4は、それぞれ独立に、水素原子、ハロアルキル基、ハロゲン原子、又はシアノ基を示す。式(I)中の2個のR1、2個のR2、2個のR3、及び2個のR4は、互いに同一であっても異なっていてもよい。

    安息香酸誘導体及び脱水縮合剤、並びにエステル及びラクトンの製造方法

  17. 【課題】成形時の寸法安定性および色相に優れる熱可塑性樹脂の製造法の提供。【解決手段】ジヒドロキシ化合物を含む反応物を反応させて熱可塑性樹脂を製造する方法において(1)2,2’−ビスヒドロキシアルコキシ−1,1’−ビナフタレンを含み、前記ジヒドロキシ化合物における(A)2−(2−ヒドロキシエトキシ−2−エトキシ)−2’−ヒドロキシエトキシ−1,1’−ビナフタレン(B)2...

  18. 【課題・解決手段】本発明は、窒素含有芳香族複素環式化合物、その製造方法、薬物組成物および使用を公開する。本発明の窒素含有芳香族複素環式化合物は、様々なALK5が介する疾患の治療および/または予防に有用である。化1】。

    窒素含有芳香族複素環式化合物、その製造方法、薬物組成物および使用

  19. 【課題・解決手段】一般式Iにて示される置換ヘテロペンタジエノ−ピロロピリミジンリボヌクレオシド、当該置換ヘテロペンタジエノ−ピロロピリミジンリボヌクレオシドの薬学的に許容可能な塩、当該置換ヘテロペンタジエノ−ピロロピリミジンリボヌクレオシドの光学異性体、および、当該光学異性体の混合物であって、一般式I中、Rは、フラン−2−イル、フラン−3−イル、ベンゾフラン−2−イル...

    治療に使用するための、置換ヘテロペンタジエノ−ピロロピリミジンリボヌクレオシド

  20. 【課題・解決手段】本発明は、生体分子の可逆的保護のための試薬に関する。本発明は、特に、アザイサト酸無水物由来の化合物および、生体分子(特に酵素)を保護し、該生体分子の活性を阻害するための該化合物の使用に関する。また、本発明は、上述の方法で保護された生体分子、および該試薬を使用する方法に関する。

    生体分子の可逆的保護のための試薬

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 576