半径方向外周側 に関する公開一覧

半径方向外周側」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「半径方向外周側」の詳細情報や、「半径方向外周側」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「半径方向外周側」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(977件中)2/49ページ目

  1. 技術 液体容器

    【課題】液体容器の中栓構造の栓体において、栓体着脱用のロックレバースプリングと開閉レバーとの干渉を回避しながら、蓋体の平板化、ロックレバー、開閉弁作動用の中子軸、開閉レバー各々の安定した支持を可能とした液体容器を提供すること。【解決手段】中子連結部材62は、上記中子の中子軸61aを連結した状態において、その連結部材本体の周壁部とその内側の周壁部62fとの間のスプリング...

    液体容器

  2. 【課題】各コア材の結合部分から発生する渦電流などによる鉄損を無くし、かつ、追加の工程の必要がない環状積層コア材、および、その製造方法を提供する。【解決手段】環状積層コア材1は、複数の環状のコア材が積層されて円筒形状に形成され、半径方向内方の内周面又は半径方向外方の外周面に軸方向に延びる溝部が形成されたコア本体6と、コア本体7の軸方向両端面の少なくとも一部を覆うように形...

    環状積層コア材、及び、環状積層コア材の製造方法

  3. 【課題】種々の弁装置に適用可能であるとともに、弁装置全体を囲う必要がなく、流体管路よりも弁本体部側での作業のみで管路部本体及び弁本体部を作業用ケースで密封状に囲うことのできる弁体撤去装置及び弁体撤去方法を提供すること。【解決手段】弁体撤去装置は、弁装置2のうち弁本体部11側のみを密封状態に囲う作業用ケース30と、作業用ケース30の内部空間を仕切る作業弁26と、作業用ケ...

    弁体撤去装置及び弁体撤去方法

  4. 【課題】従来よりもシンプルな構造で小規模でも十分に卵殻と卵殻膜とを分離することができる方法を提供する。【解決手段】有底円筒形で上方が開口している容器2と、該容器側面の底面に近い位置に設けられたアルカリ性溶液供給部3と、該容器上方の開口部中心近傍に設けられた卵殻投入部5とを有する、卵殻と卵殻膜とを分離する分離装置を用いた分離方法であって、アルカリ性溶液を投入して該容器2...

    卵殻と卵殻膜との分離方法及び分離装置

  5. 【課題】互いに分離している上柱部材と下柱部材を軸方向に突き合わせ、溶接に依らずに接合して角形鋼管柱を構成する上で、外リングの内側に配置されるコーナー材に作用する圧縮力を最も有効に柱に生じさせながら、コーナー材同士の接触による圧縮力の損失を生じさせない。【解決手段】上柱部材2と下柱部材3の突き合わせ面2a、3aからそれぞれ距離を置いた位置の、少なくとも各隅角部21、31...

    角形鋼管柱の継手構造

  6. 【課題】互いに分離している上柱部材と下柱部材を軸方向に突き合わせて接合することにより鋼管柱を構成する上で、接合部分への過大な応力を発生させずに、単純に上柱部材と下柱部材を接合する。【解決手段】上柱部材2の下柱部材3側の端部と、下柱部材3の上柱部材2側の端部のいずれか一方に、他方側へ凸の形状をした凸部41を有する凸部材4を軸方向に嵌合させて一体化させ、いずれか他方に、一...

    鋼管柱の継手構造

  7. 【課題】強固な外郭躯体を構築する。【解決手段】地下構造物の外郭躯体は、先行外殻13Aを有する先行シールドトンネル13と、先行シールドトンネル13の先行外殻13Aが切削された状態で先行シールドトンネル13に重ねられた、後行外殻14Aを有する後行シールドトンネル14と、先行シールドトンネル13及び後行シールドトンネル14に打設されて、後行シールドトンネル14の後行外殻14...

    外郭躯体及び外郭躯体構築方法

  8. 【課題】弁体の駆動に際しての騒音を低減するとともに円滑な動力伝達切換を行うことができ、更に、バルブ駆動装置内を流体が流動する際に、弁体駆動機構の動力伝達切換を実行する部分に異物が入って動作不良になる虞を低減すること。【解決手段】駆動側歯車46が回動したときに凸部46bの前記半径方向における先端が作る円軌跡を第1円軌跡80とし、凸部46bが第1方向R2に回転して第1接触...

    バルブ駆動装置

  9. 【課題】弁体の駆動に際しての騒音を低減するとともに円滑な動力伝達切換を行うことができ、更に、バルブ駆動装置内を流体が流動する際に、弁体駆動機構の動力伝達切換を実行する部分に異物が入って動作不良になる虞を低減すること。【解決手段】従動側歯車50は、レバー部62bと接触して、回転規制部62の、従動側歯車50の半径方向外側への回動を規制するレバー回動規制部50hを有し、レバ...

    バルブ駆動装置

  10. 【課題】キャップの外観を保つとともにベントホールからの異物の混入を防止しつつ、ライナーを確実に係止してキャップ本体からの抜け外れを防ぐ。【解決手段】キャップ中心線Oを中心とした円板状の天板部2と、この天板部2の外周からキャップ中心線Oを中心として円筒状に延びる周壁部3とが一体に成形されたキャップ本体1と、このキャップ本体1の天板部2の内面2aに配設される円板状のライナ...

    キャップおよびキャップ付きボトル

  11. 技術 ドリル

    【課題】切削時にドリル本体の先端面が被削材から受けるスラストを低減しながら、切れ刃の逃げ面が被削材から受けるトルクに対する抵抗力を高める。【解決手段】ドリル本体の先端面30に回転方向前方側を向いて形成された一対の切れ刃4と、切れ刃4の回転方向後方側の逃げ面6の回転方向後方側に形成された切屑排出溝7と、逃げ面6の回転方向後方側と切屑排出溝7との間に形成された一対のシンニ...

    ドリル

  12. 【課題】通電方向の切り換えに対するヨークからの磁束の影響を抑制する。【解決手段】第1のヨーク6の第1の磁極部6aと第2のヨーク7の第2の磁極部7aとは、ロータ3の外周面に対向しマグネット2の着磁位相に対して電気角をずらして配置され、ロータ3の外周面に対向する。第1のコイル4は第1の磁極部6aを励磁し、第2のコイル5は第2の磁極部7aを励磁する。制御回路13は、比較器2...

    モータ制御装置及び方法

  13. 【課題】 取出しビームの電流低下を抑制すると共に、ビームのエネルギー切替時間を短縮することが可能な円形加速器とそれを備えた粒子線治療システムを提供する。【解決手段】 円形加速器39は、エネルギーが異なるビームの周回軌道が円形加速器39の中心から径方向一方側に偏心したことにより、周回軌道が集中する領域と離散的に存在する領域とが生じるよう主磁場分布が形成されるものであ...

    円形加速器および粒子線治療システム

  14. 【課題】ドリルによる被削材の切削の際、被削材への切削開始時の食い付き性を確保しながら、被削材が板状の場合の背面側へのバリの生成を抑制する機能を併せ持たせる。【解決手段】ドリル本体の軸方向先端面に形成された複数本の切れ刃を、半径方向に外周側の端部から中心寄りまで連続する2本の親切れ刃31、31と、周方向に2本の親切れ刃31、31間に位置し、半径方向に外周側の端部から中心...

    4枚刃ドリル

  15. 【課題】ライナーを確実に係止するとともにライナーの挿入が不完全となることがなく、キャップ開栓時の内容物の飛沫の漏出も少なく、ネジ付きボトル缶において内容物が雄ネジ部に付着しても確実に洗浄する。【解決手段】天板部2と周壁部3が成形されたキャップ本体1と、天板部2の内面2aに配設されるライナー4とを備え、周壁部3の天板部2寄りには、周方向に延びるベントホール11と、ベント...

    キャップおよびキャップ付きボトル

  16. 【課題】キャップの外観を保つとともにベントホールからの異物の混入を防止しつつ、ライナーを確実に係止してキャップ本体からの抜け外れを防ぐ。【解決手段】キャップ中心線Oを中心とした円板状の天板部2と、この天板部2の外周からキャップ中心線Oを中心として円筒状に延びる周壁部3とが一体に成形されたキャップ本体1と、このキャップ本体1の天板部2の内面2aに配設される円板状のライナ...

    キャップおよびキャップ付きボトル

  17. 【課題】 空気調和機の吸込流により風を拡散させる気流拡散装置(拡散扇)の羽根の上下動の抑止。【解決手段】気流拡散装置は、空気調和機の吸気口に吸い込まれる風を受ける受風部と、前記受風部材の外周側に配置されて空気調和機の送風口から吹き出された風を拡散する拡散部とが設けられた羽根が、複数設けられた羽根車と、前記羽根車の回転軸を構成するシャフト部材と、前記羽根車が前記空気調...

    気流拡散装置(拡散扇)及び空気調和機

  18. 【課題】容器が異常姿勢で保持凹部に搬入されることがあっても、スムーズに受け入れることができ、容器の噛み込みや噛み込まれた容器による周辺機器や部品の破損を防止し、非常停止回数を減少させる。【解決手段】回転テーブル20の外周部に、3個の保持凹部22が形成された可動ピース21と、可動ピース21を外周端の基準位置から半径方向に後退自在で、かつ水平面内で揺動自在に案内するガイド...

    容器搬送用ホイール装置

  19. 【課題】車両のデザイン上の制約を受けることなく、熱交換器の放熱効果が低下することを容易に防止できる車両用内燃機関の冷却構造を提供すること。【解決手段】エンジン11の冷却構造において、フロントバンパ2に、ターボチャージャ15に対して上方に離隔して設けられ、フロントバンパ2から後方に延びる筒状部21が形成されている。筒状部21には切り欠き部21Aが形成されており、切り欠き...

    車両用内燃機関の冷却構造

  20. 【課題】効率的に地下構造物や地下空洞を形成する。【解決手段】軸方向に延伸する複数のシールドトンネル11を周方向に構築するシールドトンネル構築工程は、先行シールドトンネル13を延伸する先行延伸工程と、隣り合う先行シールドトンネル13の間に、後行シールドトンネル14を延伸する後行延伸工程と、を有する。後行延伸工程は、後行シールドトンネル14として、他方端部1bに向けて第一...

    地下構造物の施工方法及び地下構造物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 49