半径方向外周側 に関する公開一覧

半径方向外周側」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「半径方向外周側」の詳細情報や、「半径方向外周側」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「半径方向外周側」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(50件中)1/3ページ目

  1. 【課題】異種の金属部材を良好な品質で接合可能な摩擦攪拌接合ツール及び摩擦攪拌接合方法を提供する。【解決手段】一対の金属部材3A,3Bの突合せ部31に回転させながら接触させて摩擦攪拌接合する摩擦攪拌接合ツール1であって、ツール先端部10の中央に突設され、金属部材3A,3B内に挿入させるプローブ11と、プローブ11とツール先端部10の外周縁との間に形成され、部材表面32を...

    摩擦攪拌接合ツール及び摩擦攪拌接合方法

  2. 【課題】ヘッドアクチュエータの応答性を更に向上することができるピボットアッシー軸受装置を提供する。【解決手段】ピボットアッシー軸受装置1は、第1外輪21の外周面に接着された軸方向に延在する第1スリーブ40と、第2外輪31の外周面に接着された軸方向に延在する第2スリーブ50と、第1外輪21の下端面と第2外輪31の上端面に当接するスペーサ60とを備えている。第1スリーブ4...

    ピボットアッシー軸受装置

  3. 【課題】ベース材やベース材への接合作業などを省略することが可能で、より低コストに製造することができ、更には、より長く、細く、曲線状の貫通孔を設けることが可能であり、全体形状や寸法、ならびにその有する貫通孔の形態・寸法も適宜、自由に設定することができ、設計の自由度が飛躍的に向上するとともに、優れた冷却能を有するヒートシンクを提供せんとする。【解決手段】金属材料の鋳造品か...

    ヒートシンク

  4. 【課題】設置面積が小さく、かつ、ノズルを360度回転可能な粒子線治療システムを提供する。【解決手段】治療対象の周囲を回転する回転部120に、粒子を加速した粒子線を出射する加速器39を搭載し、粒子線を輸送系85やノズル193により治療対象の近傍まで導いて治療対象に向かって照射する。回転部120は、中央に開口を有する環状である。加速器は、回転部120によって支持され、回転...

    粒子線治療システム

  5. 【課題】小型で、かつ可変エネルギーのビームの取出しが可能な加速器とそれを備えた粒子線治療システムを提供する。【解決手段】周波数変調が可能であり、ビームを加速する加速高周波を印加する加速高周波印加装置と、加速高周波とは周波数が異なり、ビームを取出すための取出し高周波を印加する高周波キッカ70と、2極以上の極数の磁場成分を含み、少なくとも4極磁場成分を含む高次磁場よりなる...

    加速器、およびそれを備えた粒子線治療システム

  6. 【課題】強固な外郭躯体を構築する。【解決手段】地下構造物1の外郭躯体12は、先行外殻13Aを有する先行シールドトンネル13と、先行シールドトンネル13の先行外殻13Aが切削された状態で先行シールドトンネル13に重ねられた、後行外殻14Aを有する後行シールドトンネル14と、先行シールドトンネル13及び後行シールドトンネル14に打設されて、後行シールドトンネル14の後行外...

    外郭躯体及び外郭躯体構築方法

  7. 【課題】専用の駆動源を用いない攪拌翼によって、カッタヘッドの中央部付近の掘削土砂を効果的に攪拌することが可能なトンネル掘進機を提供する。【解決手段】このトンネル掘進機100は、中心軸線CA回りに回転して土砂を掘削するカッタヘッド1と、カッタヘッド1と、カッタヘッド1に対向する隔壁との間に形成されるチャンバと、チャンバ内でカッタヘッド1または隔壁に設けられ、チャンバ内に...

    トンネル掘進機

  8. 【課題】弾性シートの回転に際して当該弾性シートの曲がり度合いを小さくすることが可能なトナー攪拌装置、およびそれに関連する技術を提供する。【解決手段】トナー攪拌装置40は、トナー収容部55と、回転軸周りに回転してトナー収容部55内のトナーを攪拌する攪拌部材60(61)と、攪拌部材60における回転方向前方側部分にその一端が固定され且つ半径方向外周側に向けて伸延する弾性シー...

    トナー攪拌装置および画像形成装置

  9. 【課題】騒音を低減するとともに回動軸の傾きを抑制することで円滑な動力伝達切換を行うことができる動力伝達切換部を備えるバルブ駆動装置を提供する。【解決手段】弁体駆動機構30を有するバルブ駆動装置において、弁体駆動機構はモータと駆動側歯車46と従動側歯車50と、動力伝達状態と動力非伝達状態とを切換可能な動力伝達切換部52とを備え、動力伝達切換部は駆動側歯車に形成される少な...

    バルブ駆動装置

  10. 技術 電動工具

    【課題】電動工具のトリガ可動範囲を切替可能とすると共に、トリガ可動範囲が切替えられた際にトリガスイッチによる変速特性も自動で切り替える。【解決手段】ハウジング2に取りつけられ、モータのオンオフ及び回転速度を調整するトリガレバー6aを有し、制御部がトリガレバー6aの操作量に応じてモータの回転を制御する電動工具1において、トリガレバー6aの可動領域を規制する切替え機構30...

    電動工具

  11. 【課題】エンドミルの軸方向先端面の切れ刃を回転軸寄りの中心刃と底刃とに半径方向に区分し、中心刃と底刃の回転方向前方側に中心溝とギャッシュを形成した場合に、ギャッシュ内の微細な切屑の中心溝への逆流を防止する機能を持たせる。【解決手段】先端面30の切れ刃4を、回転軸O寄りの中心刃41と、中心刃41に半径方向外周側へ連続する底刃42とに区分し、中心刃41と底刃42の回転方向...

    エンドミル

  12. 【課題】ネガティブタイプのディスクブレーキ装置において、ディスクブレーキ装置のスリム化を図り、ディスクブレーキ装置の設置位置の自由度を向上させることのできるディスクブレーキ装置を提供する。【解決手段】キャリパボディ12に形成されたシリンダ20内に配置されたピストン28が、作動ばね36からの押圧力を受けることによりピストン側パッド50を押圧するディスクブレーキ装置10で...

    ディスクブレーキ装置

  13. 【課題】IPMモータの回転子において、永久磁石の固定位置を一定にする。【解決手段】モータ1の回転子3は、周方向に所定の間隔をあけて設けられた複数の磁石埋設孔32を有する回転子鉄心31と、複数の磁石埋設孔32のそれぞれに挿入固定された複数の永久磁石34と、を備えている。永久磁石34は、互いに対向する第1及び第2面34a,34bのうちの第1面34aと回転子鉄心31とが加熱...

    回転子、モータ及び回転子の組立方法

  14. 【課題】汎用のガスケットを使用可能とし、かつ締結ボルトによる締付によりフランジに歪みが生じる虞の無いスペーサー型フランジ締付治具を提供することを目的とする。【解決手段】対を成すフランジ32,32間に配置され、複数の締結ボルト40を挿通させる挿通部16a,16b,18a,18bを備えた厚肉部12と、フランジ32から突出するボス34と、厚肉部12との間に配置され、ボス34...

    スペーサー型フランジ締付治具及びその締付方法

  15. 【課題】地山の安定性を図ることができる。【解決手段】地中に円周状の周回構造物23を構築する周回構造物構築工程と、両端部が周回構造物23の内周壁に連結される支持構造体71を構築する支持構造体構築工程と、一端部が周回構造物23の内周壁に連結されて支持構造体71を貫通するパイプ72を構築するパイプ構築工程と、パイプ72から周回構造物23の内周側を地盤改良して第一地盤改良体8...

    地中壁構築方法

  16. 【課題】ライナーを確実に係止してキャップからの抜け外れを防止するとともに、キャップを開栓したときの内容物の飛沫の漏出を防ぎ、ネジ付きのボトル缶等において内容物が雄ネジ部に付着してもベントホールから注入した洗浄水によって確実に洗浄する。【解決手段】天板部2と周壁部3が一体成形されたキャップ本体1と、天板部2の内面2aに配設されるライナー4とを備え、周壁部3の天板部2寄り...

    キャップおよびキャップ付きボトル

  17. 【課題】ねじ切りカッタを用いて金型部品等にめねじ穴を形成する上で、仕上げ刃への2面の面取り面の形成を要することなく、仕上げ刃に2面の面取り面の形成する場合と同等のめねじを被削材に形成可能にする。【解決手段】ねじ切り刃4を工具本体の軸方向先端部側に位置する先行仕上げ刃5と、先行仕上げ刃5の軸方向後方側に位置する後行仕上げ刃6から形成し、先行仕上げ刃5と後行仕上げ刃6に、...

    ねじ切りカッタ

  18. 【課題・解決手段】エーロフォイル(25)を含むガスタービンのタービン用ロータブレード(16)。エーロフォイルは、前縁と、後縁と、外周側先端と、内周側端部とを有することができ、内周側端部では、エーロフォイルは、ロータブレードをロータディスクに結合するように構成された翼根に取り付く。エーロフォイル(25)は外周側先端で先端シュラウド(55)を含むことができる。ロータブレー...

    タービンブレードの冷却配置

  19. 【課題・解決手段】駆動軸シール板(21)は、第1の方向の側で軸受内筒(29)の内周に嵌合され、駆動軸(39)に嵌合される油切り(35)から半径方向に間隙をあけて配置される。キャリヤシール板(22)は、第2の方向の側で、軸受内筒(29)の内周に嵌合され、遊星キャリヤ(19)が半径方向に間隙をあけて挿通される。油切り(35)および駆動軸シール板(21)の一方に形成された、...

    遊星歯車装置および車輪駆動装置

  20. 【課題】種々の弁装置に適用可能であるとともに、弁装置全体を囲う必要がなく、流体管路よりも弁本体部側での作業のみで管路部本体及び弁本体部を作業用ケースで密封状に囲うことのできる弁体撤去装置及び弁体撤去方法を提供すること。【解決手段】弁体撤去装置は、弁本体部11を密封状態に囲う作業用ケース30と、作業用ケース30の内部空間を仕切る作業弁26と、弁本体部11を作業用ケース3...

    弁体撤去装置及び弁体撤去方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 50