化工澱粉 に関する公開一覧

化工澱粉」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「化工澱粉」の詳細情報や、「化工澱粉」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「化工澱粉」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,672件中)1/134ページ目

  1. 【課題】 餅生地含有食品の餅生地の硬化を抑制する餅とり粉の提供。【解決手段】 グリセリンの1位〜3位に炭素数xの脂肪酸残基Xを有する1種以上のXXX型トリグリセリドを含む油脂成分を含有する餅とり粉用粉末油脂組成物であって、該炭素数xは12〜22から選択される整数であり、該油脂成分がβ型油脂を含み、該餅とり粉用粉末油脂組成物の粒子は板状形状であり、該餅とり粉用粉...

    餅とり粉用粉末油脂組成物、及び餅生地の硬化抑制剤。

  2. 【課題】 本発明の課題は、麺線に添加する食塩の量を増やすことなく、喫食時の塩味を強化することにある。【解決手段】 食塩濃度の高い麺線(A)と、食塩濃度の低い麺線(B)とからなる麺線群であって、麺線(A)の食塩濃度が麺線(B)の食塩濃度の2倍以上であり、麺線群の総重量に対して麺線(B)を10〜80重量%含み、且つ麺線(A)及び麺線(B)の麺線太さが1.9mm以下であ...

  3. 【課題】麺線に添加する食塩の量を増やすことなく、喫食時の塩味を強化した麺帯の提供。【解決手段】食塩を含む領域(A)と、領域(A)よりも食塩濃度の低い領域(B)とが、表裏両面それぞれに少なくとも一か所以上設けられた麺帯であって、領域(A)の総面積と、領域(B)の総面積とが同一であることを特徴とする麺帯。より明確に塩味を強化するために、領域(A)と領域(B)の食塩濃度の差...

    食塩濃度に斑を有する麺帯

  4. 【課題】 本発明の課題は、麺線に添加する食塩の量を増やすことなく、喫食時の塩味を強化することにある。【解決手段】食塩を含む素麺帯(A)と、素麺帯(A)よりも食塩濃度の低い素麺帯(B)とを複合して、表と裏で食塩濃度の異なる複合麺帯を製造する工程と、複合麺帯の長軸方向に対して等間隔、且つ斜めに平行な複数の折り畳み線に沿って段折し、折り畳む工程と、折り畳んだ複合麺帯を少な...

    食塩濃度に斑を有する麺帯の製造方法

  5. 【課題】 本発明の課題は、麺線に添加する食塩の量を増やすことなく、喫食時の塩味を強化することにある。【解決手段】食塩を含むドウ(A)と、ドウ(A)よりも食塩濃度の低いドウ(B)とを製造する工程と、ドウ(A)及びドウ(B)をそれぞれ体積1cm3以上、50cm3以下のペレットに加工する工程と、ペレットを麺帯に加工する工程とを含んでなる麺帯の製造方法であって、ドウ(A)と...

    食塩濃度に斑を有する麺帯の製造方法

  6. 【課題】低脂肪分のホイップクリームを得ることができる乳化組成物、及び食感を損なうことなく保形性に優れたホイップクリームを得ることができる乳化組成物を提供する。【解決手段】(1)カルボキシメチル置換度が0.50以下、セルロースI型の結晶化度が50%以上であり、平均繊維径が3〜500nmであるカルボキシメチル化セルロースナノファイバー及び(2)油脂組成物を含有する。

    ホイップクリーム用乳化組成物

  7. 【課題】難燃性を有し、強度に優れる段ボール用ライナ、段ボールシート及び積層体の提供。【解決手段】原紙の少なくとも一方の表面に、難燃剤とアクリル樹脂とを含む塗膜が形成された段ボール用ライナ。少なくとも一方の表面が前記段ボール用ライナで構成され、前記段ボール用ライナは、前記塗膜が少なくとも外側に存在するように配置されている段ボールシート。複数の段ボールシートが積層された積...

    段ボール用ライナ、段ボールシート、積層体及び家具

  8. 【課題】鉄含有物のpHが10以上の場合に、バインダーとして澱粉を用いて塊成物を製造する。【解決手段】鉄含有原料とバインダーとを混合する工程を含む塊成物の製造方法であって、前記鉄含有原料として、pHが10以上のものを用い、エーテル化澱粉および非エステル化澱粉からなる群より選ばれる少なくとも一つを前記バインダーとして選択する。

    塊成物の製造方法および塊成物

  9. 【課題】歯切れがよく、軽く口溶けのよい食感であり、電子レンジ等による加熱後も形を保っている保形性のよい和風スナック製造に用いる和風スナック用穀粉組成物を提供する。【解決手段】この和風スナック用穀粉組成物は、穀粉原料として、(A)平均粒径:150〜350μm;(B)粒径100μm未満が40質量%以下;(C)粒径400μm超が15質量%以下;(D)マルトース価:150〜3...

  10. 【課題】(イ)含有される糖質や糖類を低減した場合であっても、良好な食感を有するフラワーペーストを得ること、(ロ)含有される糖質や糖類を低減した場合であっても、良好な風味を有するフラワーペーストを得ること、(ハ)含有される糖質や糖類を低減した場合であっても、良好な物性を有するフラワーペーストを得ること。【解決手段】油分含量が1〜30質量%、糖アルコールの含量が固形分とし...

  11. 【課題】建物の外壁をモルタル塗り仕上げと同様なテクスチュアに仕上げると共に、塗膜表面部分に白華が生じることが無く、また建物の地震や風圧、車両の通過等による振動や該振動により生じた下地のひび割れに追従することが可能な塗材仕上げ工法を提供する。【解決手段】水系塗材組成物を1m2当り0.6kg〜1.0kgの塗付量で塗膜断面視にて波間隔が70〜500mmの鏝波が連続して形成さ...

    塗材仕上げ工法

  12. 【課題】従来の鶏の胸肉やササミを用いた冷凍唐揚げにおける解凍後のパサついた食感を改良し、解凍後のパサつき感が少なく、ジューシーで、柔らかく、味も良好な冷凍鶏唐揚げを提供する。【解決手段】鶏の胸肉及び/または鶏のササミと、有機酸モノグリセリドと、有機酸モノグリセリドとは異なる乳化剤とを含有し、油脂を含有しないか或いは油脂の含有量が鶏の胸肉及び/または鶏のササミ100重量...

  13. 【課題】ブツの発生とゴリつき感が抑制された可塑性油脂組成物を提供する。【解決手段】可塑性油脂組成物は、以下の成分(A)〜(C):(A)POP、POS、およびSOSから選ばれる少なくとも1種、または2種以上のトリアシルグリセロール(B)PPO、PSO、SPO、およびSSOから選ばれる少なくとも1種、または2種以上のトリアシルグリセロール(C)sn−PPC4を含有し、成分...

    可塑性油脂組成物およびこれを用いた食品

  14. 【課題】 サクサクした食感の油ちょう済食品を得ることができる打ち粉、及びサクサクした食感の油ちょう済食品を提供すること。【解決手段】 グリセリンの1位〜3位に炭素数xの脂肪酸残基Xを有する1種以上のXXX型トリグリセリドを含む油脂成分を含有する粉末油脂組成物であって、該炭素数xは12〜22から選択される整数であり、該油脂成分がβ型油脂を含み、該粉末油脂組成物の粒子...

    油ちょう食品の打ち粉用粉末油脂組成物、及び油ちょう食品の打ち粉

  15. 【課題】味が濃厚で薫り高く、しかも低カロリーな、新たな食品を提供する。【解決手段】あんかけソースを用意し、マンナンを主成分とするこんにゃくAグラムを空焼きして水分を飛ばし、前記こんにゃくを、植物性油B立方センチメートルを敷いたフライパンに入れて、Cグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとを加えた食材を、焼き目が付くまで加熱し、前記食材にEグラムの...

    あんかけチーズマンナンおよびその作り方

  16. 【課題】物理処理澱粉を含有する飲食品の物性及び食感を改良した飲食品の提供。【解決手段】物理処理澱粉、並びに果実由来食物繊維及び/又は以下の性質(a)〜(c)を有するデキストリンを含有する飲食品;(a)馬鈴薯を原料とする、(b)DEが2以上6以下である、(c)25℃の蒸留水で調製したデキストリン30質量%水溶液を、25℃で5分間静置した時の粘度が150mPa・s以下である。

    飲食品、及び飲食品の製造方法

  17. 【課題】ボリューム感があり、衣の歯切れが良く且つ内層の口どけが良い食感の揚げ物類の提供。【解決手段】澱粉性原料100質量部に対してデュラム小麦由来のバイタルグルテンを蛋白質換算で0.6〜8.5質量部含む揚げ物類用ミックス粉。前記揚げ物類用ミックス粉を用いて製造された揚げ物。【効果】本発明の揚げ物類用ミックス粉を使用して揚げ物類を製造することで、ボリューム感があり、衣の...

  18. 【課題】リン酸塩を付与しないで、コーヒーフレッシュなどに用いて最適な飲料用白濁性付与剤の提供。【解決手段】(a)動植物製油脂又は脂肪を、10重量%以上、(b)乳成分を、0.1重量%以上、(c)乳化剤を、0.9重量%以上、(d)PH調整剤としてのクエン酸ナトリウム及び/又は炭酸ナトリウムを、0.06重量%以上及び(e)製造用剤を、3重量%以上を、必須成分として含有する、...

  19. 【課題】ベーカリー製品に良好なバター風味を付与するための油脂組成物を提供すること。【解決手段】含硫アミノ酸を0.0001〜0.005質量%及び糖類を固形分として0.01〜0.5質量%含有することを特徴とするベーカリー用油脂組成物。前記遊離アミノ酸中の疎水性分岐アミノ酸含量が5質量%以上であることが好ましい。前記ベーカリー用油脂組成物は、さらに乳製品を含有することが好ま...

  20. 【課題】良好な乳風味があり、ルウとして保管しても油分離がなく安定しており、牛乳でのばすとき分散性がよく、ダマになりにくく、ホワイトソースなどにしたとき適度の粘性があり、且つ、口溶けが良好であるホワイトソースを得ることができるホワイトルウを製造することができる、ホワイトルウ用油脂組成物を提供すること。【解決手段】エステル交換油脂を含有し、油相のSFCが10℃で15〜50...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 134