加水分解装置 に関する公開一覧

加水分解装置」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「加水分解装置」の詳細情報や、「加水分解装置」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「加水分解装置」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(230件中)1/12ページ目

  1. 【課題】被覆金属顔料及びその製造方法を提供する。【解決手段】金属基材および被覆を有する金属顔料であり、金属顔料が、摩砕により得られた金属顔料で、体積平均粒子サイズ分布におけるスパンΔDが0.6〜2.1(スパンΔDはΔD=(D90−D10)/D50のとおり定義される)であり、被覆が、少なくとも1種の金属酸化物を含有する、金属顔料を包囲する少なくとも1つの第1の被覆層と、...

    被覆金属顔料、それを製造および使用するための方法、被覆剤、ならびに物品

  2. 【課題・解決手段】本発明は、フルフラールを主成分として含むフルフラール組成物であって、前記フルフラール組成物中に占める前記フルフラールの含有量が、前記フルフラール組成物の総質量に対して、98質量%以上であり、前記フルフラール組成物中に占める3−メチルブタナールの含有量が、前記フルフラール組成物の総質量に対して、0.004質量%以下である、フルフラール組成物に関する。

    フルフラール組成物及びフルフラール組成物の製造方法

  3. 【課題】加水分解後の反応液からの分離が容易な加水分解触媒を提供する。【解決手段】炭素原子が六角形に結合した炭素骨格が平面状に連結することで構成されたグラフェンシートを有し、当該グラフェンシートが2層以上5層以下で積層され、前記グラフェンシートには、カルボキシル基及びスルホン酸基のうちの少なくとも一方の官能基が結合し、透過型電子顕微鏡で撮影された写真における最も短い部分...

    加水分解触媒、並びに、その製造方法、その使用方法、及び、それを用いた糖含有液の製造装置

  4. 【課題】糖類を含む液(糖液)を原料として各種の有機化合物を製造する際に、化学品の発酵生産プロセス及び化学変換プロセスに供される糖液を、生産効率に優れ、プロセス設計を容易にすることができる糖液の処理方法、および該方法により得られる水素化処理糖液の提供。【解決手段】糖類以外のカルボニル化合物および不飽和アルコールからなる群より選ばれる少なくとも1つを含む糖液を水素化反応に...

    糖液の処理方法、水素化処理糖液、有機化合物の製造方法および微生物の培養方法

  5. 【課題】パーム油を搾油する際の残り滓であるパーム空果房からカリウム成分を除去したパーム空果房由来脱カリウム燃料ペレットの製造システム及び該ペレットの製造方法を提供する。【解決手段】パーム空果房を減容するための減容器、前記減容された前記パーム空果房を加水分解するための加水分解装置、前記加水分解された前記パーム空果房を洗浄するための洗浄・脱水装置、前記洗浄された前記パーム...

    パーム空果房由来脱カリウム燃料ペレットの製造システム及び該ペレットの製造方法

    • 公開日:2018/04/26
    • 出願人: 永山英一 、...
    • 発明者: 永山英一 、...
    • 公開番号:2018-065963号
  6. 【課題】土壌改良材に使用可能な熱水抽出物を提供する。【解決手段】 バイオマスを熱水処理して得られた熱水抽出物である。当該熱水抽出物の粘度は、0.9〜95mPa・sである。この熱水抽出物は、前加水分解とクラフト法の組みあわせによる木材チップからの溶解パルプ製造における、前加水分解における排液である。また、この熱水抽出物に含まれる糖質の構成糖成分のうち、全構成糖質量10...

    熱水抽出物、土壌改良剤、土壌改良剤の製造方法、及び土壌改良方法

  7. 【課題】食中毒原因菌選択性を有し、また、毒性や発がん性を有するベンゾピレン類の含有率が低い、竹由来の食中毒原因菌選択性抗菌剤およびこの食中毒原因菌選択性抗菌剤を含有する成形体を提供する。【解決手段】食中毒原因菌選択性抗菌剤は、ギ酸を40mg/L以上、酢酸を1000mg/L以上、コハク酸およびリンゴ酸のいずれか一方または双方を500mg/L以上、フルフラール化合物を10...

    食中毒原因菌選択性抗菌剤および食中毒原因菌選択性抗菌剤含有成形体

  8. 【課題・解決手段】廃水処理方法及び廃水処理装置は、廃水(0)に含まれた下水汚泥の少なくとも一部分を加水分解(8)に供する。前記加水分解(8)を熱加水分解として実施する。前記加水分解(8)のステップの後に乾燥(19)を実施する。前記乾燥(19)は、過圧によって蒸気領域で動作する乾燥である。前記過圧によって蒸気領域で動作する前記乾燥(19)時に発生した蒸気の少なくとも一部...

    廃水処理方法及び廃水処理装置

  9. 技術 燃焼装置

    【課題】装置重量を軽量にし得る燃焼装置を提供する。【解決手段】第1実施形態のガス処理装置では、内筒基端プレート16においてフランジ部16cの近傍に複数の空気噴射ノズル16bを環状に設ける。そのため、内筒基端プレート16が周壁部12aに組み付けられた状態では、周壁部12aに塗布された耐火材14の表面近傍かつ耐火材14の内周のほぼ全周に亘って複数の空気噴射ノズル16bが配...

    燃焼装置

  10. 【課題】リグニンの含有量の高いリグニン組成物を提供する。【解決手段】リグノセルロースを加水分解処理し、加水分解処理後の処理液を第1の固液分離装置で固形分と液体分に分離し、前記液体分を加熱処理後、加熱処理した処理液を第2の固液分離装置でリグニン組成物と液体分に分離し、リグニン組成物を得る。加熱処理を140〜230℃で行う。第1固液分離装置の網目のサイズが10〜800メッ...

    リグニン組成物

  11. 【課題・解決手段】本発明は、糖類を含有する液の処理方法であって、該糖液を100℃以上180℃以下の温度で加熱する、加熱処理工程と、前記加熱処理工程で加熱した前記糖液に還元剤を作用させる、還元処理工程と、を含む糖液の処理方法、該処理方法を用いた処理糖液の製造方法、および前記処理方法で処理して得られる処理糖液、ならびに前記処理糖液を含有する有機原料に有機物生産能力を有する...

  12. 【課題・解決手段】発酵ブロスからバイオ燃料の生産に適した脂質を抽出するのに用いられる方法およびシステムが、ブロス中の油産生微生物から産物をより容易に抽出するために、発酵ブロスをプレ処理するための熱を用いることを含み得る。加えて、または代わりに、アミラーゼ、1−4マンノシダーゼ、および1−3マンノシダーゼを含む酵素の組合せが、油産生微生物の細胞壁を破壊するのに用いられ得...

    バイオ燃料の生産に用いられる脂質の抽出プロセス

  13. 【課題・解決手段】セルロース含有バイオマスを加工するための方法、およびセルロース含有バイオマスを加工するための、特に、糖化前のセルロース含有バイオマスの予備処理のためのメタンスルホン酸の使用が記載される。

  14. 【課題・解決手段】本発明の主題は、少なくとも1つの化合物の加水分解のための装置である。装置は、 直径Dmaxと、中央管と、中央管を同軸に取り囲む外側管と、を有する第1の円筒形セクションと、 直径DAを有する出口と、 第2のセクションであって、および出口に向かってテーパー状となっており且つ管がそれに対して開いている第2のセクションと、を含む。第2のセクションは、装...

    化合物の加水分解のための方法および装置

  15. 【課題・解決手段】本発明は、大気非依存型推進(AIP)システムに関する。本発明は、より特別には、搭載型水素発生器及び電力調整システムを有するリン酸型燃料電池(PAFC)をもとにした潜水艦のための大気非依存型推進システムに関する。本発明は、PAFCスタックの寿命及び性能の増進をもたらす方法にも関する。本発明のAIPシステムの主要技術ブロックを図1に図式的に示す。

    搭載型水素発生器を有するリン酸型燃料電池ベースの潜水艦のための大気非依存型推進システム

  16. 【課題】効率よくコラーゲン産生を促進することができるコラーゲン産生促進剤を提供することを目的とする。【解決手段】一般式(1)で表される3−ヒドロキシピリジニウム誘導体を有効成分として含有するコラーゲン産生促進剤。

    コラーゲン産生促進剤

  17. 【課題】高いpHなどの非常に侵略的な条件下でも、改善された安定性を示す金属顔料、及びそれを製造するための方法、その使用を提供する。【解決手段】金属基材および被覆を有する金属顔料であって、被覆が、少なくとも1種の金属酸化物を含有する金属顔料を包囲する少なくとも1つの第1の被覆層、及び少なくとも1種のヘテロポリシロキサンを含有する少なくとも1つの第2の被覆層を含み、ここで...

    被覆金属顔料、それを製造および使用するための方法、被覆剤、ならびに物品

  18. 【課題】工業生産スケールであっても十分に回収及び再利用可能な加水分解触媒、加水分解触媒を使用した後に回収して再利用する方法、及び、加水分解触媒を使用した加水分解装置を提供する。【解決手段】グラフェン構造を有し、カルボキシル基及びスルホン酸基のうちの少なくとも一方を有する酸化グラフェン11と、酸化グラフェン11とともに凝集してなるセルロースナノファイバ12と、を含む加水...

    加水分解触媒、加水分解触媒を使用した後に回収して再利用する方法、及び、加水分解触媒を使用した加水分解装置

  19. 【課題】熱可塑性ポリマーの溶融紡糸において、パック内の溶融ポリマーの異常滞留を低減させ、かつ均質な品質の糸条を製糸性良く得ることを可能とした溶融紡糸用パックを提供する。【解決手段】ポリマー流入部4、濾過部3、および紡糸口金部2の順で構成された溶融紡糸用パックにおいて、ポリマー流入部4と濾過部3の間をシールするガスケットを備え、かつ該ガスケットが整流板と一体で構成された...

    溶融紡糸用パック

  20. 【課題・解決手段】本発明による超臨界加水分解抽出装置は、加水分解対象物が収容される圧力容器、前記圧力容器に充填するための流体が供給される供給ライン、及び前記流体が収容された圧力容器に、加水分解対象物に圧力を印加するための流体がさらに流入される押圧ラインを含む。

    超臨界加水分解抽出装置及び加水分解方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12