前方張力 に関する公開一覧

前方張力」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「前方張力」の詳細情報や、「前方張力」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「前方張力」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(303件中)1/16ページ目

  1. 【課題】直線性の高いリン青銅条を提供すること。【解決手段】 Snを3.5〜11質量%、Pを0.03〜0.35質量%含有し、残部銅及び不可避的不純物から構成されるリン青銅条又は板であって、 JISH3130(2012)に規定される曲がりを1m毎に長手方向で連続して5点を測定したとき、5点の曲がりの最大値が1.00mm以下であり、 5点の曲がりの標準偏差(A)と、5...

    リン青銅条又は板

  2. 【課題】高強度鋼板や電磁鋼板のように引張強さが0.2%耐力以下となるような難圧延材でも板破断を起こすことなく圧延することができる金属帯の冷間圧延方法を提案する。【解決手段】形状制御アクチュエータと、圧延機の出側に平坦度計を有する冷間圧延機を用いた金属帯の冷間圧延方法において、上記平坦度計で測定した圧延機出側の金属帯の板幅端部における張力がゼロとなるよう、形状制御アクチ...

    金属帯の冷間圧延方法

  3. 【課題】圧延条件毎のテーブル値等を使用せずに、ユニバーサル圧延機−エッジャー圧延機間の張力を高精度で制御し、通材の安定化並びに製品寸法精度の向上を図る、張力制御方法の提供。【解決手段】第1ユニバーサル圧延機とエッジャー圧延機との間の無張力状態の、第1ユニバーサル圧延機の圧延トルクGU1**とエッジャー圧延機の圧延トルクGE**を記憶し、圧延トルクGU1**と被圧延材が...

    張力制御方法

  4. 【課題】連続圧延機のスタンド間材料張力を高精度に制御することができる連続圧延機のスタンド間材料張力制御方法、鋼板の製造方法、及び、連続圧延機のスタンド間材料張力制御装置を提供すること。【解決手段】連続圧延機のスタンド間材料張力制御方法であって、各スタンドにおける圧延トルク及び圧延荷重に基づいて、逐次推定処理によりスタンド間材料張力を時々刻々と推定し、その推定されたスタ...

    連続圧延機のスタンド間材料張力制御方法、鋼板の製造方法、及び、連続圧延機のスタンド間材料張力制御装置

  5. 【課題】長手方向の溝形状の寸法精度が高く、フィン形状の整った内面螺旋溝付多重捻り管を提供できるとともに、細管に対応でき、生産性に優れる製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、内面に長さ方向に沿う複数の螺旋溝が周方向に間隔をおいて形成され、隣接する前記螺旋溝間に螺旋フィンが形成された金属製の複数の径の異なる内面螺旋溝付管を備え、大径の内面螺旋溝付管の内...

    内面螺旋溝付多重捻り管とその製造方法

  6. 【課題】長手方向の溝形状の寸法精度が高く、フィン形状の整った内面螺旋溝付多重捻り管を提供できるとともに、細管に対応でき、生産性に優れる製造方法および製造装置を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、内面に長さ方向に沿う複数の螺旋溝が周方向に間隔をおいて形成され、隣接する前記螺旋溝間に螺旋フィンが形成された金属製の複数の径の異なる内面螺旋溝付管からなり、大径の内...

    内面螺旋溝付多重捻り管とその製造方法および製造装置

  7. 【課題】内部に複数の流路が設けられるとともに流路中に螺旋溝が設けられることで、熱交換効率を高めた内面螺旋溝付多重捻り管の提供。【解決手段】押出素管の捻り加工材である内面螺旋溝付多重捻り管であって、第1の管部と、第1の管部の内側に配置された第2の管部と、第1の管部の内周面と第2の管部の外周面とを繋ぎ第1の管部と第2の管部との間の空間を複数の流路に区画する複数のリブ部と、...

    内面螺旋溝付多重捻り管

  8. 【課題】長手方向の溝形状の寸法精度が高く、フィン形状の整った内面螺旋溝付多重捻り管が得られるととともに、細管に対応でき、生産性に優れる製造方法および製造装置を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、内面に長さ方向に沿う複数の螺旋溝が周方向に間隔をおいて形成されたアルミニウムまたはアルミニウム合金製の内面螺旋溝付管が複数本、螺旋状に撚り合わされたことを特徴とする...

    内面螺旋溝付多重捻り管とその製造方法および製造装置

  9. 【課題】高温加熱された場合であっても、結晶の粗大化を抑制できる無酸素銅板およびセラミックス配線基板を提供する。【解決手段】圧延されることで平板状に形成されてなり、圧延面に対して平行な結晶面が{022}面、{002}面、{113}面、{111}面および{133}面である結晶を有し、900℃の条件下で10分間加熱する熱処理を行った後の平均結晶粒径が0.4mm以下である。

    無酸素銅板およびセラミックス配線基板

  10. 【課題】圧延本体部と少なくとも1つのアクスルシャフトジャーナルとを備える運転装置ローラに関する、保守及び保管を簡素化する。【解決手段】少なくとも1つのアクスルシャフトジャーナル(3、5)は、取り外し可能な接続手段を用いて、ローラ本体に固定されている、少なくとも1つの支持要素(4、6)を介して間接的にローラ本体に固定される。少なくとも1つのアクスルシャフトジャーナル(3...

    圧延装置の巻取デバイスの駆動ローラ、及びそれの生産のための方法

  11. 【課題】本発明はアルミニウム合金からなる内面螺旋溝付管を製造する方法と装置の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、第1、第2の引抜きダイスの間において管材の移動経路を反転させるとともに第1の引抜きダイスおよび第2の引抜きダイスのうち何れか一方の周りを回転する公転フライヤを用いて、内面溝付管を第1の引抜きダイスに通過させることで縮径加工と捻り加工を付与し中間捻り管を形...

    内面螺旋溝付管の製造方法および製造装置と内面螺旋溝付管

  12. 【課題・解決手段】特に過酷な摺動環境下で使用される摺動部材の素材として用いられても、摩擦圧力と摩擦熱による使用中の変形に対して高い抵抗性を有するクラッド板を提供する。板厚方向へ積層された第1層2、第2層3および第3層4をこの順に備えるクラッド板1である。第1層2および第3層4は、焼入れ硬化した炭素鋼またはマルテンサイト系ステンレス鋼であって、同一の材料からなる。第2層...

    クラッド板とその製造方法

  13. 【課題】大きな捻り角を付与するとともに大量生産が可能な内面螺旋溝付管の製造方法および製造装置の提供。【解決手段】巻き出しボビンから管材を巻き出し、第1の引抜きダイスを通過させた後、第1の公転フライヤにより搬送方向を反転させて、第2の引抜きダイスを通過させ、更に第3の引抜きダイスを通過させ、更に第2の公転フライヤにより搬送方向を反転させ、更に第4の引抜きダイスを通過させ...

    内面螺旋溝付管の製造方法および内面螺旋溝付管の製造装置

  14. 【課題・解決手段】第1の方向を引抜き方向とする第1の引抜きダイスと、第1の方向と反対の第2の方向を引抜き方向とする第2の引抜きダイスと、第1の引抜きダイスと第2の引抜きダイスの間において管材の管路を第1の方向から第2の方向に反転させるとともに第1の引抜きダイスおよび第2の引抜きダイスのうち何れか一方の周りを回転する公転フライヤと、を用いて、内面に長さ方向に沿う複数の直...

    内面螺旋溝付管の製造方法および内面螺旋溝付管の製造装置

  15. 【課題】基材の第1の端部にトルクを第1の方向に加える第1のモータと、基材の第2の端部にトルクを、概して第1の方向の反対になっている第2の方向に加える第2のモータとを有する、張力制御デバイスを提供する。【解決手段】本発明は、基材に張力をかけるための張力制御デバイスであって、基材の一部分の上にプリントするように構成されているプリンタと、基材の第1の端部に第1のトルクを第1...

    基材張力制御デバイス

  16. 【課題】本発明は、内面螺旋溝付捻り加工管とその製造方法の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、内面に長さ方向に延在する複数の螺旋溝が周方向に間隔をおいて複数形成され、これら螺旋溝間に螺旋フィンが形成されたアルミニウム合金製の内面螺旋溝付捻り加工管であって、外径3〜10mm、前記複数の螺旋溝における前記内面螺旋溝付管の底肉厚が0.55mm以上0.9mm以下であり、前記...

    内面螺旋溝付捻り加工管と熱交換器

  17. 【課題・解決手段】金属帯(4)を段付き圧延する方法であって、金属帯(4)が繰出リール装置(5)によって繰り出され、巻取リール装置(6)によって巻き取られ、金属帯(4)が圧延プロセス中に、2つのワークロール(1、2)の間に形成されるロール間隙(3)を通って案内され、かつロール間隙(3)が圧延プロセス中に的確に変更され、これにより、圧延プロセス中に金属帯(4)の帯厚さが長...

    金属帯の段付き圧延方法

  18. 【課題】本発明は放熱フィンとともに熱交換器を組み立てる場合の拡管性に優れ、組み立て後の熱交換器に歪みを生じることのない内面螺旋溝付管の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、管本体の内面に長手方向に螺旋状に連続した複数のフィンと螺旋溝を有するアルミニウム製の内面螺旋溝付管であって、円周方向の底肉厚の最大値と最小値の差(偏差)が0.12mm以下であることを特徴とする内面...

    拡管性に優れる内面螺旋溝付管とその製造方法

  19. 【課題】伝熱管を熱交換器に組み立てるヘアピン加工時に割れやしわの発生が無い安定して生産できる伝熱管の提供。【解決手段】押出素管の捻り加工材であるアルミニウム製の伝熱管10であって、内周面に螺旋状に形成された複数のフィンを有し、外周面に螺旋状のダイスマークDMが形成されており、ダイスマークDMの最大深さが35μm以下である、伝熱管10。

    伝熱管、熱交換器および伝熱管の製造方法

  20. 【課題】優れた耐食性を有する伝熱管の提供を目的とする。【解決手段】アルミニウム製の伝熱管であって、円形の外周面に長さ方向に沿って螺旋状に形成された筋状のZn拡散層が設けられている、伝熱管。この伝熱管によれば、雨水や結露水が、外周面の周方向の一部位に集中して溜る場合であっても、十分な耐食性を得ることができる。

    伝熱管、熱交換器および伝熱管の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 16