分骨 に関する公開一覧

分骨」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「分骨」の詳細情報や、「分骨」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「分骨」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(266件中)1/14ページ目

  1. 【課題】骨修復のための装置および方法の提供。【解決手段】骨を修復するための装置および方法。装置および方法は、第1の骨の断片から第2の骨の断片に機械的荷重を伝達するステップを含んでもよい。例えば、第1の骨の断片は、骨の端部にあってもよい。第2の骨の断片は、骨の骨幹領域の中にあってもよい。骨の端部における骨の断片は、骨の骨幹領域中の骨の断片から骨折によって分離されてもよい...

    骨修復のための装置および方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、長手支持体用の受入スリーブ(3)と、骨スクリュー(1)とシャンクヘッド部材(2)とを含む椎弓根スクリューシステムに関し、前記骨スクリュー(1)は、外ネジ山として構成された骨ネジ山(18)と内ネジ山として構成された接続ネジ山(22)とを有し、前記シャンクヘッド部材(2)は、近位側端部に、その上に前記受入スリーブ(3)が支持されるヘッド(6)を...

    大径骨ネジ山を有する椎弓根スクリュー

  3. 【課題】破骨細胞の分化及び活性を抑制し、骨破壊によって発生する多様な骨疾患に対して優れた予防及び治療効果を有するペプチド、および、その用途の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列からなる、破骨細胞分化及び活性抑制能を有するペプチド、および、上述のペプチドを含む骨疾患の予防または治療用組成物。前記ペプチドは、破骨細胞分化に係るTRAP(tartrateresistant ...

    破骨細胞分化及び活性抑制能を有するペプチド及びその用途

  4. 【課題】破骨細胞の分化及び活性を抑制し、骨破壊によって発生する多様な骨疾患に対して優れた予防及び治療効果を有するペプチド、および、その用途の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列からなる、破骨細胞分化及び活性抑制能を有するペプチド、および、上述のペプチドを含む骨疾患の予防または治療用組成物。前記ペプチドは、破骨細胞分化に係るTRAP(tartrateresistant ...

    破骨細胞分化及び活性抑制能を有するペプチド及びその用途

  5. 【課題・解決手段】哺乳動物の分化した体細胞を、前記分化した体細胞以外の他の体細胞を分化誘導するための培地中で、TGF-βパスウェイ阻害剤の存在下に培養して、前記分化した体細胞を他の体細胞にコンヴァートさせることを特徴とする、体細胞を調製する方法を提供する。

    細胞の調製方法

  6. 【課題】骨修復のための装置および方法の提供。【解決手段】骨を修復するための装置および方法。装置および方法は、第1の骨の断片から第2の骨の断片に機械的荷重を伝達するステップを含んでもよい。例えば、第1の骨の断片は、骨の端部にあってもよい。第2の骨の断片は、骨の骨幹領域の中にあってもよい。骨の端部における骨の断片は、骨の骨幹領域中の骨の断片から骨折によって分離されてもよい...

    骨修復のための装置および方法

  7. 【課題】骨折修復のための装置および方法を提供すること。【解決手段】装置は、第2の骨分節に対して第1の骨分節を配置するための構造支持体を含み得る。装置は、固着基材を含み得る。固着基材は、第1の骨分節を第2の骨分節に圧縮するように構成され得る。固着基材は、第1の骨分節における遠位骨分節アンカから第2の骨分節における近位骨分節アンカへ、引張力を伝達し得る。装置は、骨の内腔内...

    骨折修復のための装置および方法

  8. 【課題・解決手段】熱可塑性樹脂と、多重壁カーボンナノチューブと、補強材と、を含む樹脂組成物を加工して得られる複合材であって、前記多重壁カーボンナノチューブの平均直径が10nm以上であり、前記多重壁カーボンナノチューブの壁を構成するグラフェンが10層以上であり、前記多重壁カーボンナノチューブのId/Ig比率が1以下であり、前記複合材内に残存するカーボンナノチューブの長さ...

  9. 【課題】 手術中において、生体内の骨の適切な配置の決定を支援すること。【解決手段】 2つに分かれた手術対象骨の一方である第1対象骨の3次元データを第1対象骨に固定される第1マーカの位置データと関連付けて記憶し、2つに分かれた手術対象骨の他方である第2対象骨の3次元データを第2対象骨に固定される第2マーカの位置データと関連付けて記憶し、第1対象骨と一部が重なり第1対...

    外科手術支援システム、外科手術支援装置、外科手術支援方法、外科手術支援プログラムおよび情報処理装置

    • 公開日:2017/03/23
    • 出願人: 丹治敦
    • 発明者: 丹治敦
    • 公開番号:2017-056212号
  10. 【課題・解決手段】本発明は、カーボンナノチューブ及び高分子樹脂を含むレーダーカバー用樹脂組成物を提供する。本発明のレーダーカバー用樹脂組成物によれば、周辺環境からレーダーを保護しながら、レーダーの信号伝達を阻害しないレーダーカバーを提供することが可能である。

    レーダーカバー用樹脂組成物、これから得られたレーダーカバー及びレーダー装置

  11. 【課題】多軸骨固定装置との使用のための機器が提供される。【解決手段】機器は、 確実な嵌合の態様で受入部分5を係合するように構成される第1の係合部分12a,12bを有する第1の部材10,11と、 前端部20aおよび第2の係合部分22,22aを有する第2の部材20,21とを含み、第2の係合部分22,22aは、クランプ要素7を係合し、かつ、クランプ要素にトルクを適用する...

    多軸骨固定装置との使用のための機器ならびに機器および多軸骨固定装置のシステム

  12. 【課題・解決手段】本発明の態様は、架橋共重合体ヒドロゲル組成物を含む。特定の実施形態に係る架橋共重合体ヒドロゲル組成物は、キトサンとポリエステルとの共重合体、及び加水分解性架橋剤を含む。ある特定の実施形態では、架橋ヒドロゲルは、フィブリノゲンをさらに含む。主題の発明はまた、一種または複数種の吸収された生理活性剤を含む架橋共重合体ヒドロゲルを有する組成物も記載する。本発...

    架橋キトサン−ラクチドヒドロゲル

  13. 【課題・解決手段】熱可塑性樹脂と、カーボンナノチューブとを含む樹脂組成物を加工して得られる複合材であって、前記カーボンナノチューブのID/IGが0.01〜1.0の値を有し、前記複合材内に残存するカーボンナノチューブの長さ残存率は1%〜50%の値を有する複合材を提供する。前記熱可塑性樹脂含有複合材は、伝導性に優れるため、各種成形品として製造できる。

  14. 【課題】1.0質量%の炭酸ナトリウム水溶液がアルカリ溶液として用いられた場合であっても溶解しうるアルカリ溶解性樹脂を提供する。【解決手段】ポリアミドイミド樹脂トリス(カルボキシアルキル)イソシアヌレートから誘導されるカルボキシル基又はアミド結合基の構造のいずれかを少なくとも一つ以上含んでいる。アルカリ溶解性の補助効果があるポリシロキサン骨格やポリオキシアルキレンエーテ...

  15. 【課題】骨折修復のための装置および方法を提供する。【解決手段】デバイス100は、第2の骨分節に対して第1の骨分節を配置するための構造支持体を含み得る。デバイスは、固着基材112を含み得る。固着基材は、第1の骨分節を第2の骨分節に圧縮するように構成され得る。固着基材は、第1の骨分節における遠位骨分節アンカから第2の骨分節における近位骨分節アンカへ、引張力を伝達し得る。デ...

    骨折修復のための装置および方法

  16. 【課題・解決手段】熱可塑性樹脂と、束状カーボンナノチューブと、補強材とを含む樹脂組成物を加工して得られる複合材であって、前記カーボンナノチューブのID/IGが0.01〜1.0の値を有し、前記複合材内に残存するカーボンナノチューブの長さ残存率は40%〜99%の値を有する複合材を提供する。前記熱可塑性樹脂含有複合材は、伝導性の低下なく機械的物性が改善されるため、各種成形品...

  17. 【課題】1.0質量%の炭酸ナトリウム水溶液がアルカリ溶液として用いられた場合であっても溶解しうるアルカリ溶解性樹脂および当該アルカリ溶解性樹脂の製造方法を提供する。【解決手段】イミド化物(A)およびジイソシアネート化合物(h)を含む反応原料(α)を反応させて得られるポリアミドイミド樹脂であって、前記イミド化物(A)は、ジアミン化合物(B)と酸無水物(C)とを反応させて...

  18. 【課題・解決手段】熱可塑性樹脂と、カーボンナノチューブと、炭素系伝導性添加剤とを含む樹脂組成物を加工して得られる複合材であって、前記加工前のカーボンナノチューブのID/IGが0.01〜1.0の値を有し、前記複合材内に残存する加工後のカーボンナノチューブの長さ残存率は1%〜50%の値を有する複合材を提供する。前記熱可塑性樹脂含有複合材は、機械的物性の低下なく伝導性が改善...

  19. 【課題】ポロクサマーを包含する製剤のゲル温度を調節するの方法、並びに身体に接触したときゲル化し、及び標的の構造体上へこれらの組成物或いは製剤を直接適用し、又は、標的の構造体へかん流を介して、投与される徐放医薬製剤の提供。【解決手段】活性薬剤と、ポリオキシエチレン及びポリオキシプロピレンのコポリマーを含む熱感受性ポリマーと、を含む医薬製剤。1)製剤の重量で約14.5〜2...

    ポロクサマーを包含する製剤のゲル化温度の調節

  20. 【課題・解決手段】固定具を受け入れるために、母材の中に前駆穴を拡張する器具および方法に関する。前駆穴は、らせん状の溝と溝に挟まれたランドとを有する回転式器具によって拡張される。溝は負のすくい角を有する。それぞれのランドは、器具が切断方向に回転するときに母材を切断し、圧縮方向に回転するときに母材を凝縮する刃先を有する。回転式器具の本体は、一定の深さに到達すると穴を塞ぐス...

    強化された溝輪郭を備える自家移植器具および使用方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 14