保存料 に関する公開一覧

保存料」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「保存料」の詳細情報や、「保存料」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「保存料」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,480件中)1/124ページ目

  1. 【課題】本発明は漬物用液体調味料を野菜に十分に浸み込ませても野菜が軟化することなく、野菜のシャキシャキとした食感を十分に維持させ、それに伴って生じる特有の異味が抑制され、且つ野菜の青臭さが抑制された漬物を得ることができる漬物用液体調味料を提供することを目的とする。【解決手段】漬物用液体調味料に対して、マグネシウムを0.0024重量%以上0.096重量%以下含有し、総カ...

  2. 【課題】本発明は、軽くサクサクとした食感及び口溶けに優れたビスケット類を得ることができる、ビスケット類用小麦粉組成物を提供することを課題とする。【解決手段】ビスケット類の製造において、GBSSI−A1の酵素活性を欠損しておらず、GBSSI−B1及びGBSSI−D1の酵素活性を欠損し、かつ、SSIIa−A1、SSIIa−B1及びSSIIa−D1のうちのいずれか2つの酵素...

  3. 【課題】凝集性が高い粉体を含む造粒物を生産性良く製造する方法の提供。【解決手段】次の成分(A)、(B)及び(C):(A)粉体の凝集度が20%以上の粉体 90〜99.8質量%(B)平均粒子径が0.5〜15μmの微粒二酸化ケイ素 0.1〜4質量%(C)ショ糖脂肪酸エステル 0.1〜6質量%を混合して得られる混合原料を湿式造粒する工程を含む、造粒物の製造方法。

  4. 【課題】植物素材が本来有する香味を保持しつつ、苦渋味を抑制する技術を提供する。【解決手段】本発明の苦渋味抑制組成物は、以下の成分(A)、(B)を含む。(A)苦渋味を呈する植物由来の原料(ただしカメリア・シネンシス種を除く)(B)2,3−ジエチル−5−メチルピラジン。

  5. 【課題】被加熱芳香発生基材の芳香や味わいに加え、メントールの清涼感を楽しむことができ、長期間に亘る保存においても、メントールの風味を保つことができる芳香カートリッジを提供する。【解決手段】芳香基材と、エアロゾルフォーマと、少なくとも一種の多糖類を含有し、長さ10〜70mm、幅0.5〜3.0mm、厚さ0.1〜0.5mmの形状、又は、長さ10〜70mm、外径0.2〜3.0...

    芳香カートリッジ

  6. 【課題】ケーシングの硬化が抑制され、食感が改善したケーシング詰め食肉加工食品の提供。【解決手段】食肉に(A)リパーゼと、(B)加工でん粉、食物繊維及び難消化性でん粉からなる群より選択される少なくとも一つとを配合することを含む、ケーシング詰め食肉加工食品の製造方法。

  7. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  8. 【課題】抗腫瘍免疫応答を引き起こすためのワクチン組成物中で、または薬理的/免疫学的活性化合物および細胞の開発のための標的として使用され得る、ヒト腫瘍細胞のHLAクラスI分子に由来する、新規ペプチド配列およびそれらの変異型を提供する。【解決手段】MHCクラスIまたはII分子に結合する能力を有し、前記MHCクラスIまたはII分子に結合すると、CD4および/またはCD8T細...

    免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド組み合わせおよび膵臓がんおよびその他のがんに対して使用するためにスキャフォールドを作製する方法

  9. 本発明は、式I:【化1】の化合物又はその薬学的に許容可能な塩、本発明の化合物を製造するための方法、及びその治療的使用に関する。本発明は、薬理活性物質及び医薬組成物の組み合わせをさらに提供する。

    ピリジノン誘導体及びそれらの選択的ALK−2阻害剤としての使用

  10. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、ガレクチン-3(LGALS3)炭水化物結合ドメイン(CBD)と免疫特異的に結合する抗体を含む組成物、方法、及び使用である。さらにまた本明細書で提供されるものは、疾患(例えば癌)を管理し、治療し、又は予防するための使用及び方法である。

    ガレクチン−3に対する抗体及びその使用方法

  11. 【課題・解決手段】遺伝子を標的とする核酸を含む細胞外小胞を含み、腫瘍関連マクロファージのマクロファージ分極をもたらす組成物及び方法が、本明細書に開示される。特定の実施形態では、がんの治療のためにマクロファージ分極を増加させるための方法及び組成物が、本明細書に開示される。本開示の態様は、マクロファージとの接触の際に、マクロファージをM2表現型からM1表現型に選択的に再分...

    マクロファージ分極のための方法及び組成物

  12. 【課題・解決手段】本発明は、血液脳関門を透過性にするためにモノテルペンまたはセスキテルペンを使用することに関する。

    血液脳関門を透過性にする方法

  13. 【課題・解決手段】高フルクトース供給原料、高スクロース供給原料又はこれらの組み合わせから構成される糖供給物を、プロピレングリコール及びエチレングリコールの両方を含む混合低級ポリオール生成物に直接変換するための水素化分解プロセスが開示される。このプロセスは、混合低級ポリオール生成物中においてエチレングリコールより大きい程度でプロピレングリコールが存在するように、エチレン...

  14. 【課題・解決手段】トリアゾール、イミダゾールおよびピロール縮合ピペラジン誘導体、およびmGlu5受容体活性のアロステリックモジュレータとしてのそれらの用途、そのような化合物を医薬組成物、およびそれによる治療方法が開示される。本発明の化合物は、統合失調症または認識低下、認知症または認識障害などのグルタミン酸機能不全と関連する神経障害および精神障害、またはグルタミン酸機能...

    トリアゾール、イミダゾールおよびピロール縮合ピペラジン誘導体、およびmGlu5受容体のモジュレータとしてのそれらの使用

  15. 【課題】出生児の生後生存率を増加させるための組成物であって、それを必要とする哺乳動物またはそれを必要とする哺乳動物の授乳中の親に投与するための組成物を提供する。【解決手段】医薬的有効量のアブシジン酸、および/またはその塩、誘導体、および類似体を含む組成物による。

  16. 【課題】抗細菌性組成物及び耐性細菌が原因となる細菌感染の処置方法を提供する。【解決手段】抗生物質耐性細菌が原因となる感染の処置に有用な組成物であって、耐性が、ペニシリン結合タンパク質2a(PBP2a)駆動機序によるものであり、組成物が、i)少なくとも1種の、PBP2aのアロステリック部位と結合可能なカルバペネムまたは他の好適なβラクタム、ii)少なくとも1種のβラクタ...

    抗細菌性薬剤併用物の組成物及び使用方法

  17. 【課題】喫食に適した硬さで提供されることにより直ちに喫食可能であり、かつ加熱調理をした場合に溶解によって型崩れすることがないゲル状組成物を提供する。【解決手段】ゲル状組成物は、架橋ゼラチンと酵素とを含むゲル状組成物であって、前記架橋ゼラチンは、前記ゲル状組成物中のゼラチン濃度が5質量%以上30質量%以下であり、前記ゲル状組成物は、0.18MPaおよび120℃の条件下で...

  18. 【課題】ロールインする油脂組成物によらず、層状ベーカリー食品の食感等を改良する手法を提供する。また、よりサクサクとした、ひきの少ない食感を有する層状ベーカリー食品を得るための手法を提供する。【解決手段】10℃における固体脂含量が30〜60%であり、20℃における固体脂含量が15〜40%であって、かつ比重が0.40〜0.85である、層状ベーカリー食品用練込油脂組成物を提供する。

  19. 【課題】ソフトフルーツ果汁含有飲料において光劣化臭を抑制すること。【解決手段】飲料は、ソフトフルーツ果汁及びペプチドを含む。ペプチドは、乳由来ペプチドであってもよい。ペプチドは、乳由来のカゼインペプチドであってもよい。飲料中のペプチドの含有量は、0.05〜0.25質量%であってもよい。飲料の果汁含有率は、5〜50質量%であってもよい。ソフトフルーツ果汁は、ブドウ果汁で...

  20. 【課題】ペプチドを含むブドウ果汁含有飲料であっても泡立ちの発生を抑制することのできるブドウ果汁含有飲料を提供する。【解決手段】ブドウ果汁と、ペプチドとを含むブドウ果汁含有飲料であって、ペクチンを含有し、ペクチンの含有量が0.002〜0.01質量%であるブドウ果汁含有飲料である。

    ブドウ果汁含有飲料及び泡立ち抑制方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 124