例文 に関する公開一覧

例文」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「例文」の詳細情報や、「例文」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「例文」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(110件中)1/6ページ目

  1. 【課題】ユーザが調べたい単語が通常の意味で用いられているか、成句として用いられているかをユーザが理解していなくても、普通に単語検索を行うだけで、単語または単語を含む成句の意味や用法を効果的に知ることができる検索装置、検索方法及び検索プログラムを提供する。【解決手段】検索装置である電子辞書10は、複数の単語からなる成句と、成句の意味とを対応付けて記憶している辞書データ(...

    検索装置、検索方法、検索プログラム

  2. 【課題】エージェントを通してエージェントのキャラクターをユーザ自身が体験できるようにすることでエージェントシステムの娯楽性をさらに高めることが可能な情報処理システムおよび情報処理方法を提供する。【解決手段】ユーザのクライアント端末を介して特定のキャラクターを選択する選択信号を受信すると共に、当該特定のキャラクターの発話フレーズを送信する通信部と、通信部を介して受信した...

    情報処理システムおよび情報処理方法

  3. 【課題】被推薦者と求人企業とのマッチングを容易に実現することが可能な情報処理方法、コンピュータプログラム及び情報処理装置を提供する。【解決手段】他薦人材システム100において、情報処理方法は、転職の可能性がある被推薦者を推薦する推薦者の推薦者情報を受け付け、被推薦者の転職エージェントへの推薦に関する同意を得たか否かの情報を取得し、同意を得ている場合、推薦者から受け付け...

    情報処理方法、コンピュータプログラム、及び情報処理装置

  4. 【課題】被推薦者と求人企業とのマッチングを容易に実現することが可能な情報処理装置等を提供する。【解決手段】情報処理装置は、転職エージェントに求人案件を依頼した企業を特定する情報及び前記求人案件に係る職種情報を含む求人案件情報を記憶する転職エージェントの第1記憶部を備え、前記第1記憶部とは異なる推薦エンティティの第2記憶部には、前記転職エージェントへ推薦する被推薦者の被...

    情報処理装置及び情報処理方法

  5. 【課題】多岐選択式の問題に対する、解答に基づく学習効率や指導効率の向上の支援を可能とする。【解決手段】本発明にかかる情報処理装置1は、解答者ごとに、解答者に選択された選択肢に対応する選択肢情報が関連付けられて、解答者ごとの選択肢情報群として記憶される記憶部13と、選択肢情報に基づいて、解答者に選択された選択肢が特定選択肢か否かを決定する決定部14と、記憶部に記憶された...

    情報処理装置と情報処理プログラムと情報処理方法

  6. 【課題】テキスト中の所定の規則に該当する箇所を示す提示情報を、短時間かつ簡潔に表示可能とする。【解決手段】テキストの高さMを、表示する規則の数Nに基づいて均等にM/Nの高さの高さ領域に分割し、各高さ領域を、対応する規則の表示領域に割り当てる。そして、規則に該当する提示情報を、その規則に対して予め割り当てられている高さ領域に表示する。これにより、テキスト中の所定の規則に...

    文書評価装置、文書評価方法及び文書評価プログラム

  7. 【課題】 単語の特徴を多次元ベクトルで表現する単語ベクトルの値を、簡便な方法で補正することにある。【解決手段】 自然言語装置は、単語のカテゴリーを記憶するシソーラス記憶部166と、単語の特徴を多次元ベクトルで表現する単語ベクトルを含む分散表現モデルを記憶する第1単語ベクトル記憶部164と、を備え、カテゴリーベクトル算出部144において同じカテゴリーに属する単語の単...

    自然言語処理装置および自然言語処理プログラム

  8. 【課題】解析対象に関して適切な解析を行う仕組みを提供する【解決手段】形態素解析の結果により得られた単語を囲むようにバブル表示し、マウス操作により、バブルを融合する操作が行われると、バブル同志を融合して1つのバブルへ表示するか、操作を行ったバブルに表示している単語を構成する語を別のバブルに融合して表示し、バブルの単語を構成する語を切り離す操作を行うと、新たなバブル内に切...

    情報処理装置、制御方法、及びプログラム

  9. 【課題】対象とする文章に適応的に対応するため、任意の文章を学習対象とする事が可能になる語学学習支援装置等を提供する。【解決手段】語学学習支援装置は、発音誤り事例を記憶する発音誤り事例記憶部と、発音誤り事例を用いて入力テキストの発音誤りを起こしやすい箇所の候補を抽出する発音誤り候補抽出部を含む。

    語学学習支援装置、その方法、およびプログラム

  10. 【課題】解決したい課題を表す文書の作成を支援する。【解決手段】上記の文書に含めたい推薦単語が表示される推薦単語表示部70を、利用者が参照して作成する文章が入力される文書入力部10と、文章の形態素を出力する形態素解析部20と、課題がAIで解決すべき課題であるか又はシステム開発で解決すべき課題であるかの程度を表すスコアが付与された単語の組みである単語共起が記憶された辞書3...

    課題解決支援装置とその方法

  11. 【課題】被験者が選択する色に基づき、簡便な手法で被験者の気分を正確に推定する。【解決手段】身体に意識を向けたときに、そのときの気分が身体のいずれかの部位で色として感じられた場合の気分(体感気分)と色(体感色)と身体の部位(体感部位)との関係を、頭、胴及び手足を有する抽象化された身体モデルと、色相又は濃さが異なる複数色を備えたカラーパレットとを用いて複数人から取得し、該...

    気分の推定方法

  12. 【課題】 自動化・省力化が進められた生産設備において、現場作業者の労働意欲を高く、且つ健全に保ち、労働環境をより高めることができる新規な生産環境評価機能を具えた生産設備と、これを用いた生産環境改善方法を提供する。【解決手段】 本発明は、少なくとも生産数量を計測するセンサーと稼働時間を計測するセンサーとを設けた生産機械本体2と、この生産機械本体2の生産状況から得られ...

    生産環境評価機能を具えた生産設備  並びにこれを用いた生産環境改善方法

  13. 【課題】書き方の異なる文章であっても、文章の内容を統一された形式で提示し、文章の記載内容を把握しやすくすること。【解決手段】情報処理装置は、文章を解析する解析部と、解析の結果に基づき、文章から用語表現を取得する取得部と、用語表現の利用形態に基づいて用語表現を分類する分類構造化部と、分類の結果を統一された提示順序に基づいて提示する提示部と、を備える。

    情報処理装置、情報処理方法、情報処理システム、およびプログラム

  14. 【課題】非構造化テキストに対するドメイン固有の検索システムを実現する、モデル駆動型の枠組みを提供すること。【解決手段】枠組みは、メタ・モデル、インスタンス・モデル、抽出モデル、及び言及モデルなど、様々なモデルを定義するための情報抽出システム、並びに情報抽出システムによって指定されるモデルを変換することで機能する、一般的なドメインにとらわれない検索システムを有する。検索...

    モデル駆動型ドメイン固有検索を実行する方法及びシステム

  15. 【課題】対象語句の極性判定の高精度化を図ること。【解決手段】情報処理装置は、対象語句を取得する取得処理と、前記取得処理によって取得された対象語句を含む文を前記文集合から検索する検索処理と、前記検索処理によって検索された文の極性を判定する第1判定処理と、前記検索処理によって検索された文に基づいて、当該文から前記対象語句と述語の組である促進抑制関係を抽出する抽出処理と、前...

    情報処理装置および情報処理方法

  16. 【課題】契約書の記述内容を適切に検査することができる検査装置等を提供する。【解決手段】検査装置1は、複数の条項夫々のモデルデータを記憶する記憶部と、契約書を取得する取得部と、取得した前記契約書から前記条項に相当する箇所を判別する判別部と、前記条項毎に対応する前記モデルデータと、前記契約書から判別した前記条項毎の文章と、の差分に基づき前記契約書の注意箇所を抽出する抽出部...

    検査装置、検査方法、プログラム及び学習装置

  17. 【課題】構文解析の結果に対して簡単な処理を行うことで、所定の文法機能分類を構成素に対して特定する。【解決手段】本発明の一態様である自然言語処理装置は、文の構成単位である一以上の単語のまとまりからなる構成素の文法的な機能の分類を示す文法機能分類を特定する自然言語処理装置であって、入力文を文単位で構文解析し、複数の前記構成素と、前記各構成素の種類である構成素種類とを、前記...

    自然言語処理装置、検索装置、自然言語処理方法、検索方法およびプログラム

  18. 【課題】 項共有関係知識を利用して照応・省略解析を行うことができる照応・省略解析装置を提供する。【解決手段】照応・省略解析装置1150は、項共有知識を用いて入力されたテキスト250を解析することにより、入力されたテキスト250中の述語対の項の共有に関する情報を生成する述語対抽出部1166及び項共有判定部1168と、入力されたテキストに対し、自動的な処理により、項共有...

    照応・省略解析装置

  19. 【課題】所見の最大入力可能文字数の範囲内に収まる所見文例を容易に選択でき通知表作成支援システムの実現。【解決手段】複数の所見文例と、各所見文例の文字数を関連付けて登録しておく所見文例データベース22と、所見の種類毎に、所見文章の最大入力可能文字数を関連付けて登録しておく所見入力設定記憶部26と、各児童・生徒毎に、入力済みの所見文章の既入力文字数と、所見の種類とを関連付...

    通知表作成支援システム及び通知表作成支援プログラム

  20. 【課題】既に選択・入力済みの所見文例と関連性の有る所見文例を容易に選択できる通知表作成支援システムの実現。【解決手段】複数の所見文例と、各所見文例のキーワードとしてのタグを関連付けて登録しておく所見文例データベース22と、各児童・生徒毎に、入力済みの既入力所見文例のタグと、所見の種類とを関連付けて登録しておく既入力所見文例タグ記憶部54と、上記既入力所見文例タグ記憶部...

    通知表作成支援システム及び通知表作成支援プログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6