伝動機 に関する公開一覧

伝動機」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「伝動機」の詳細情報や、「伝動機」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「伝動機」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(552件中)1/28ページ目

  1. 【課題】水分の多い被処理物を固形化できる固形化処理装置を提供する。【解決手段】固形化処理装置1は、ケーシング10内に形成されて螺旋体2,3を収容する処理室が、被処理物が投入される投入部P1と、被処理物の排水を行う排水部P2と、被処理物の圧縮を行う圧縮部P3を有する。ケーシング10の先端側には、被処理物の成形を行う成形部P4を有する。投入部P1に投入された被処理物は、第...

    固形化処理装置

  2. 【課題】熱劣化し易い過酷な条件であっても、ベルトからの放熱を促進でき、ベルトの温度上昇を抑制できる摩擦伝動ベルトを提供する。【解決手段】熱伝導性金属粒子を含む放熱層で摩擦伝動面を被覆して摩擦伝動ベルトを作製する。前記放熱層の表面には熱伝導性金属粒子が存在していてもよい。前記熱伝導性金属粒子の熱伝導率は100W/m・K以上であってもよい。前記熱伝導性金属粒子の平均粒径が...

    摩擦伝動ベルト及びその製造方法

  3. 【課題】熱劣化し易い過酷な条件であっても、ベルトからの放熱を促進でき、ベルトの温度上昇を抑制できる摩擦伝動ベルトを提供する。【解決手段】熱可塑性樹脂層を含むアンカー層を介して熱伝導性金属粒子を含む放熱層で摩擦伝動面を被覆して摩擦伝動ベルトを作製する。前記放熱層の表面には熱伝導性金属粒子が存在していてもよい。前記熱伝導性金属粒子の熱伝導率は100W/m・K以上であっても...

    摩擦伝動ベルト及びその製造方法

  4. 【解決手段】 本発明の主目的は、摩擦または摩擦係数に依存せず高トルクを伝達する能力により、入力が均一で安定しているとき均一で安定した出力を提供することにある。今日の市場における無段変速機の大半は摩擦に依存するものであるため、高トルクを伝達する能力に欠ける。摩擦に依存しない無段変速機の場合、入力が均一で安定している場合でも、出力は均一で安定したものでない。本設計は、サ...

    摩擦に依存しない入力−出力均一の比率で無段変速機

  5. 【課題】螺旋軸による被処理物の送り量の低下を防止でき、また、被処理物の逆流を防止できる押出成形機を提供する。【解決手段】 押出成形機1は、混合ケーシング11と圧縮ケーシング13の内側に、被処理物を混練及び圧縮する螺旋軸2を備える。圧縮ケーシング13の内側に、螺旋軸2を取り囲むように配置された複数の壁面部材31,34を有する。壁面部材31,34の内側面には、螺旋軸2の...

    押出成形機

  6. 【課題】水分の多い被処理物を固形化できる固形化処理装置を提供する。【解決手段】固形化処理装置1は、ケーシング10内に形成されて螺旋体2,3を収容する処理室が、被処理物が投入される投入部P1と、被処理物の排水を行う排水部P2と、被処理物の圧縮を行う圧縮部P3を有する。ケーシング10の先端側には、被処理物の成形を行う成形部P4を有する。投入部P1に投入された被処理物は、第...

    固形化処理装置

  7. 【課題・解決手段】本発明は、内歯車(103)と、太陽歯車(111)と、第1遊星歯車(105)と、第2遊星歯車(107)と、を備えた遊星歯車段(101)に関する。第1遊星歯車(105)及び前記第2遊星歯車(107)は、前記内歯車(103)及び前記太陽歯車(111)と噛み合う。第1遊星歯車(105)の歯先円直径は、第2遊星歯車(107)の歯先円直径よりも大きい。

    ノイズに関して最適化された遊星歯車段I

  8. 【課題】本発明はカーテンウォールガラスを開示した。【解決手段】壁面に固定設置される固定箱を含み、前記固定箱の下に回転できる伝動箱が設置され、前記伝動箱の下端に開口が下向く回転筐体が設置され、前記伝動箱の右端に開口が左向く滑り筐体が設置され、前記伝動箱の左端に前記滑り筐体に接続される伝動筐体が固定設置され、前記伝動筐体の左端壁に左右伸びて前記伝動筐体と滑り筐体を貫く軸受...

    カーテンウォールガラス

  9. 【課題】本発明は紫外線隔離のカーテンウォールガラスを開示した。【解決手段】壁面に固定設置される固定箱を含み、前記固定箱の上端面にスイングライト装置が設置され、前記固定箱の下に回転できる伝動箱が設置され、前記伝動箱の下端に開口が下向く回転筐体が設置され、前記伝動箱の右端に開口が左向く滑り筐体が設置され、前記伝動箱の左端に前記滑り筐体に接続される伝動筐体が固定設置され、前...

    紫外線隔離のカーテンウォールガラス

  10. 【課題】ドグ噛合時の衝撃吸収効果を高めながら、噛み合い効率を高め、しかも噛合後のガタを小さくすることができるドグクラッチを提供する。【解決手段】ドグクラッチDは、回転軸3に軸方向移動可能且つ相対回転不能に支持される中継部材4と、回転軸3に対し相対回転可能な第1伝動体1と、第1伝動体1に対し相対回動可能な第2伝動体2と、第1伝動体の、隣り合う低ドグ1d,1d間の所定位置...

    ドグクラッチ

  11. 【課題・解決手段】駆動源(8)の出力を駆動輪(4)に伝達するための芝刈機用トランスミッション(10)であって、変速機(11)に伝動機(12)が可動可能に連結されており、伝動機(12)は、変速機(11)に連結される第1伝動機(13)と、駆動輪(4)が連結される第2伝動機(14)とを備えており、第1伝動機(13)と第2伝動機(14)とが、可動可能に連結されている。

    芝刈機用トランスミッション

  12. 【課題・解決手段】外部磁界の設定可能な特定すべき回転数nを決定するための磁気回転カウンタ及び方法であって前記外部磁界は回転要素(4)、又は回転磁極ホイールの通過移動可能なn個の磁極、又は通過移動可能なリニア磁気スケールによって発生される。オープンスパイラル又は多巻きクローズドループからなる磁壁伝導路を含む回転センサ(2)を備え、オープンスパイラル又は多巻きクローズドル...

    回転カウンタによって把握可能な回転数を決定するための磁気回転カウンタ及び方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、エラー状態を自己検知する磁気回転カウンタに関し、その磁気回転カウンタはオープンスパイラル又は多巻きクローズドループからなる磁壁伝導路を含み、これらの磁壁伝導路はGMR層スタック又は局所的に存在するTMR層スタックを有する軟磁性層によって形成され、それらに180度磁壁を導入でき、探し出すことができ、磁壁及び/又は磁壁ギャップの設定可能な一対一...

    回転カウンタで把握可能な回転数を決定する際にエラー状態を自己検知する磁気回転カウンタ

  14. 技術 自転車

    【課題】運転者の局部の筋肉及び関節の過度使用を減らし、あまり使わない筋肉群及び関節を使用または訓練可能な自転車を提供する。【解決手段】二方向回転性入力できる人力入力装置を備え、その出力端からクラッチ式逆伝送可能な二方向入力/一方向出力する伝動装置の入力端へ伝送し、また伝動装置の出力端を経て、一定回転方向へ出力することにより、負荷ホイルユニットを駆動する。運転者は駆動入...

    自転車

    • 公開日:2018/03/22
    • 出願人: 楊泰和
    • 発明者: 楊泰和
    • 公開番号:2018-043750号
  15. 【課題・解決手段】噛合して押動しながら回動する方式を利用するギアレバー装置は、ハウジング(1)と、駆動ギア(3)を有する入力装置と、支持フレーム(2)と従動ギアセットとを有する出力装置と、固定支承ギアを有する位置決め装置とを備える。従動ギアセットはトランスファレイヤギア(5)と少なくとも一つのアイドルギアとを有する。該出力装置における従動ギアセットのうちの各ドライブギ...

    噛合して押動しながら回動する方式を利用するギアレバー装置

    • 公開日:2018/03/01
    • 出願人: 王 志林
    • 発明者: 王 志林
    • 公開番号:2018-506003号
  16. 技術 作業機

    【課題】複数種のなかから選択される作業体を有する作業機において、低コストで簡易に作業体を特定できる技術を提供すること。【解決手段】複数種のなかから選択された1つの作業体(21,60,70)は、駆動源(11)により回転し、伝動機(30)の出力軸(31)を中心として略同一円周上に検出体(52)が配置可能であり、伝動機(30)は、1つの作業体(21,60,70)の回転時に検...

    作業機

  17. 技術 差動装置

    【課題】第1軸線を中心軸線とする第1伝動部材と、第1軸線回りに回転可能な中空の第1出力ボス、および第1軸線から偏心した第2軸線を中心軸線とする偏心軸部が一体に連結された偏心回転部材と、第1伝動部材に対向配置されて偏心軸部に回転自在に支持される第2伝動部材と、第1軸線回りに回転可能な中空の第2出力ボスを有して第2伝動部材に対向配置される第3伝動部材と、第1及び第2伝動部...

    差動装置

  18. 技術 苗移植機

    【課題】 作業者の熟練具合に係らず、旋回前の苗の植え終わり位置と旋回後の苗の植え始め位置を容易に合わせることができる苗移植機を提供する。【解決手段】 走行車体の後部に苗植付部を昇降自在に設け、走行車体及び苗植付部への伝動を切り替える切替装置を設け、切替装置を切替操作する切替操作部材を設け、苗植付部に圃場面に接地するフロートを設け、フロートの回動角度を検出する角度検...

    苗移植機

  19. 【課題・解決手段】異なる大きさ及び方向の力の装置、伝動機構、及び機械式自在軸継手(D.T.A.M.U.)。この発明は、同一の回転軸(1)に加えられる、異なる大きさ及び方向の回転力の伝動、ならびに如何なる環境中でも使用可能な出力軸(2)の一方向運動の取得を可能にする装置、伝動機構、及び機械式自在軸継手について説明する。本装置は、入力軸(1)、出力軸(2)、及びこれらの2...

    異なる大きさ及び方向の力の装置、伝動機構、及び機械式自在軸継手

  20. 技術 自転車

    【課題】運転者の局部の筋肉及び関節の過度使用を減らし、あまり使わない筋肉群及び関節を使用または訓練可能な自転車を提供する。【解決手段】二方向回転性入力できる人力入力装置を備え、その出力端からクラッチ式逆伝送可能な二方向入力/一方向出力する伝動装置の入力端へ伝送し、また伝動装置の出力端を経て、一定回転方向へ出力することにより、負荷ホイルユニットを駆動する。運転者は駆動入...

    自転車

    • 公開日:2016/12/28
    • 出願人: 楊泰和
    • 発明者: 楊泰和
    • 公開番号:2016-222249号
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 28