予備発泡 に関する公開一覧

予備発泡」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「予備発泡」の詳細情報や、「予備発泡」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「予備発泡」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,657件中)1/133ページ目

  1. 【課題】車両用シートパッドの製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも乗員が当接する側の受け面部分を軟質ポリウレタン発泡成形体の表層パッド4で形成した車両用シートパッドの製造方法において、ビーズ発泡成形体であって、側壁21から外方へ向けて出っ張る鍔部22を有する芯パッド2を上型9にセットし、次に、下型キャビティ面81に発泡原料gを注入すると共に、前記鍔部22先端側の外...

    車両用シートパッドの製造方法

  2. 【課題】より高い難燃性を有する発泡成形体を製造可能な難燃性複合樹脂発泡粒子の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ポリオレフィン系樹脂とポリスチレン系樹脂とを含む複合樹脂粒子に、前記ポリオレフィン系樹脂の結晶化温度から10〜60℃高い温度下で、難燃剤を含浸させて難燃性複合樹脂粒子を得る工程と、前記難燃性複合樹脂粒子に発泡剤を含浸させて発泡性複合樹脂粒子を得る...

  3. 【課題】生分解性樹脂を基材樹脂としたエラストマー発泡成形体は、環境負荷が低減されているものの、反発弾性等の特性が非生分解性樹脂を基材樹脂としたエラストマー発泡成形体に及ばなかった。所望の反発弾性を有しつつ生分解性を備えた熱可塑性エラストマー発泡成形体の提供を一つの目的とする。【解決手段】 ASTM D6400に規定された生分解性を備えた熱可塑性エラストマー樹脂、例...

    生分解性熱可塑性エラストマー発泡成形体

  4. 【課題】キシミ音や擦れ音が抑制された発泡成形体を製造可能な改質ポリオレフィン系樹脂粒子を提供することを課題とする。【解決手段】シード重合時の種粒子として使用される改質ポリオレフィン系樹脂粒子であり、前記改質ポリオレフィン系樹脂粒子が、0.1〜2.5g/10分のMFRを有するポリオレフィン系樹脂と、Si−O−Si結合を有するシリコン系重合体とを含み、前記ポリオレフィン系...

    改質ポリオレフィン系樹脂粒子、複合樹脂粒子、発泡性粒子、発泡粒子及び発泡成形体

  5. 【課題】本発明によれば結晶性を有しながらも良好な発泡性を示す生分解性ポリエステル系樹脂発泡粒子が提供され、軽量で強度に優れた生分解性ポリエステル系樹脂発泡成形体を提供すること。【解決手段】生分解性ポリエステル系樹脂に特定の結晶状態を賦与して樹脂発泡粒子を形成させる。

    生分解性ポリエステル系樹脂発泡粒子、生分解性ポリエステル系樹脂発泡粒子の製造方法、生分解性ポリエステル系樹脂発泡成形体、及び、生分解性ポリエステル系樹脂発泡成形体の製造方法。

  6. 【課題】難燃性能、および高い発泡倍率を有する塩素化塩化ビニル系樹脂発泡成形体を与えうる発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子を提供する。【解決手段】(A)塩素化塩化ビニル系樹脂、(B)芳香族ビニル単量体及び不飽和ニトリル単量体を構造単位に有する共重合体、および、(C)発泡剤を含有する、発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子。該発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子を用いて成形される発泡...

    発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子、その発泡粒子、およびこれを用いた塩素化塩化ビニル系樹脂発泡成形体

  7. 【課題】本発明の目的は、難燃性能に優れ、かつ、高い発泡倍率および高い独立気泡率を両立した塩素化塩化ビニル系樹脂発泡成形体を与えうる発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子を提供することにある。【解決手段】(A)塩素化塩化ビニル系樹脂、(B)アクリル系樹脂、および、(C)発泡剤を含有する、発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子。

    発泡性塩素化塩化ビニル系樹脂粒子、その発泡粒子、およびこれを用いた塩素化塩化ビニル系樹脂発泡成形体

  8. 【課題】樹脂粒子の流動性を良好な状態に維持し、粉体の剥離を抑制しつつ、ブロッキングを防止し、さらに良好な融着性および表面性を有する発泡成形体を得ることに適した発泡性ポリスチレン系樹脂粒子を提供する。【解決手段】発泡性ポリスチレン系樹脂粒子は、発泡性ポリスチレン系樹脂粒子本体100重量部の表面に、非イオン界面活性剤0.005〜0.050重量部、25℃における屈折率が1....

  9. 【課題】第二発泡体の発泡成形で、成形収縮等で寸法がばらつく第一発泡体にあって、上型へセットできる許容範囲を広げて、該第一発泡体と上型の隙間への発泡原料の侵入を防止する車両用クッションパッド及びその製造方法を提供する。【解決手段】裏面2bを露出させて下層になる第一発泡体2上に、着座乗員が当接する側の当たり面部分311の在る座部層31を積層した第二発泡体3が発泡成形されて...

    車両用クッションパッド及びその製造方法

  10. 【課題】金型側の調整がいらず、また第一発泡成形体を削ってしまう外観不良を解消するだけでなく、第一発泡成形体の上型との干渉可能にしてセットを容易にし、上型への保持力向上をも図る車両用クッションパッド及びその製造方法を提供する。【解決手段】下層になる第一発泡成形体2上に、着座乗員が当接する側の当たり面部分311の在る座部層31を積層させた第二発泡成形体3が発泡成形されてい...

    車両用クッションパッド及びその製造方法

  11. 【課題】本発明は、耐剥離性に加えて、高温環境下における耐圧縮性にも優れた樹脂複合体を提供する。【解決手段】本発明に係る樹脂複合体は、樹脂製の芯材と、該芯材の外表面を覆う繊維強化樹脂層とを備え、前記芯材は、ポリカーボネート系樹脂を含み、前記繊維強化樹脂層は、エポキシ樹脂を含む。

    樹脂複合体

  12. 【課題】耐水性に優れた防火コート剤を提供する。【解決手段】石膏と水とを含有する防火コート剤。

  13. 【課題】フレームが出来上がり製品中に精度良く安定して配設されるようにして、品質質向上,歩留まり向上に貢献する車両用クッションパッド及びその製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも着座乗員が当接する側の当たり面部分311を軟質ポリウレタン発泡成形体で形成した車両用クッションパッドにおいて、発泡性樹脂粒子の発泡成形体であって、天面2aに凹溝22が設けられ、且つ該凹溝の溝...

    車両用クッションパッド及びその製造方法

  14. 【課題】エステル系エラストマー発泡粒子の融着不良や、発泡不良による外観不良を抑制できる、エステル系エラストマー発泡成形体の製造方法の提供。【解決手段】蒸気導入口が設けられた第1の型と第2の型とを合わせた1対の型にて形成されるキャビティ9にエステル系エラストマーを基材樹脂として含む発泡粒子を充填し、加熱媒体で型及び発泡粒子を加熱することにより発泡成形体を製造する方法であ...

    発泡成形体の製造方法

  15. 【課題】型加熱工程において、型内に蒸気を流すことにより型を予め加熱していたが、発泡成形体の長期寸法の不安定の一因となりえる融着不良、つまり粒子同士の融着が不十分、を引き起こすことがあった。また、発泡不良による外観不良が一定の割合で発生していた。【解決手段】蒸気導入口が設けられた第1の型と第2の型とを合わせて形成されるキャビティに熱可塑性樹脂を用いた発泡粒子を充填し、(...

    発泡成形体の製造方法

  16. 【課題】フレームが出来上がり製品中に精度良く安定して配設されるようにして、品質質向上,歩留まり向上に貢献する車両用クッションパッド及びその製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも着座乗員が当接する側の当たり面部分311を軟質ポリウレタン発泡成形体で形成した車両用クッションパッドにおいて、発泡性樹脂粒子の発泡成形体であって、天面2aに凹溝22が設けられた芯パッド2と、...

    車両用クッションパッド及びその製造方法

  17. 【課題】耐熱性の向上した発泡成形体を製造し得る熱可塑性エラストマー組成物の提供。【解決手段】熱可塑性エラストマーと、耐熱性向上剤としての顔料とを含み、発泡成形体の製造に用いられる熱可塑性エラストマー組成物により課題を解決する。熱可塑性エラストマーが、結晶性を示し、アミド系エラストマー、オレフィン系エラストマー、エステル系エラストマー、ウレタン系エラストマーから選択され...

    熱可塑性エラストマー組成物、発泡粒子及び発泡成形体

  18. 【課題】機械強度及び耐熱性が改善された発泡成形体を成形加工性よく製造可能な複合樹脂粒子を提供することを課題とする。【解決手段】高密度ポリエチレン系樹脂とカルボニル基を有するエチレン系共重合体とポリスチレン系樹脂とを含む発泡用の複合樹脂粒子であって、高密度ポリエチレン系樹脂とカルボニル基を有するエチレン系共重合体とポリスチレン系樹脂とが、以下の質量比:(i)前記高密度ポ...

  19. 【課題】発泡成形体の製造性を高める。【解決手段】発泡成形体の製造方法は、複数の発泡成形体11を製造する発泡成形体の製造方法であって、複数の発泡成形体11それぞれを成形する複数の第1空間35と、複数の第1空間35同士を接続し、複数の発泡成形体11を連結する弱化部21を成形する第2空間36と、を備える金型31を用い、複数の第1空間35内それぞれに、平均粒子径が第2空間36...

    発泡成形体の製造方法

  20. 【課題】衝撃エネルギー吸収性能の温度依存性が小さい衝撃吸収材を提供する。【解決手段】ポリスチレン系樹脂およびポリフェニレンエーテル系樹脂を含有する発泡成形体からなり、(1)−30℃〜90℃における5%圧縮強度の最小値に対する最大値の比(最大値/最小値)が2.5以下である、または、(2)−30℃〜90℃における50%圧縮強度の最小値に対する最大値の比(最大値/最小値)が...

    衝撃吸収材

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 133