レール表面 に関する公開一覧

レール表面」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「レール表面」の詳細情報や、「レール表面」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「レール表面」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(146件中)1/8ページ目

  1. 【課題】位置を誤って補正することがなく、かつ、微小な位置ずれを回避することができるようにする。【解決手段】複数の波形データのうちから、位置補正の基準となる基準データと、該基準データに対して位置補正がなされる修正対象データとを選択する工程と、微小な位置ずれを許容して大きな位置ずれを補正するように、相互相関法を用い、前記基準データに対して前記修正対象データの位置補正を行う...

    波形データの高精度位置補正方法及びシステム

  2. 技術 送風装置

    【課題】削正車の下方から、削正車に付着した鉄粉を効率的に除去することが可能な送風装置を提供する。【解決手段】削正車に対してレール2と削正車との間から気体を噴射する送風装置1であって、レール2の上を走行する走行部10と、走行部10に対する角度を変化可能なアーム部20と、アーム部20の先端側へアーム部20に対する角度を変化可能に取り付けられ、且つ気体を噴射する噴射部30と...

    送風装置

  3. 【課題・解決手段】本発明は、鉄道車両用の線路(3)の保守のための方法に関し、線路(3)の実際状態を確認するために、測定システム(2)によって測定データ(40)が検出される。評価装置(21)によって、測定データ(40)から、線路(3)の対象物(5,6,7,8,9,10,11)が特定され、特定された対象物(5,6,7,8,9,10,11)が対象物クラスに割り当てられ、割り...

    鉄道車両用の線路の保守のための方法およびシステム

  4. 【課題】レール走行機器の掃除治具に付着するゴミを、レール走行機器の走行時に取り除くレール走行機器用掃除治具の清掃装置を、提供する。【解決手段】本発明のレール走行機器用掃除治具の清掃装置は、レールを走行するレール走行機器に装着された掃除治具を清掃する清掃装置であって、 掃除治具に、特別振動を付与する振動付与機構を備え、 振動付与機構は、レールの一部の所定区間に備わる...

    レール走行機器用掃除治具の清掃装置

  5. 技術 研磨装置

    【課題】歯科用小器具の研磨作業について、熟練を要さずに簡便に行うことができ、研磨の仕上がりに個人差が現れることを極力排除することができる研磨装置を提供する。【解決手段】研磨装置4は、基板6と、基板6上に設けられ、直線状に延びるガイドレール8と、ガイドレール8に沿って移動する砥石セット94と、基板6上に描かれており、ガイドレール8に対して所定角度をなすガイドライン11と...

    研磨装置

    • 公開日:2019/01/10
    • 出願人: 姫野宏 、...
    • 発明者: 姫野宏 、...
    • 公開番号:2019-000946号
  6. 【課題】ツール上に搭載した追跡・システムを利用するコンピュータ支援外科手術に関連するいくつかの改良を提供する。【解決手段】様々な改良点は、一般に、コンピュータ支援外科手術中に使用される方法と、この処置中に使用されるデバイスとに関する。他の改良点は、処置中に使用されるツールの構造と、それらのツールをOTTデバイスを用いて制御することができる方法とに関する。さらに他の改良...

    ツール搭載追跡システム及びコンピュータ支援外科手術の方法

  7. 【課題】ブレーキ力の復帰制御の開始可能なタイミングをより適切に判断することができる技術を提案すること。【解決手段】ブレーキ力を引き下げた状態における減速度βの推移が、第1〜第3の推移パターンに相当する推移をたどったことを示す第1〜第3の推移パターン条件のうちの何れかの推移パターン条件を満たした場合に復帰制御を開始する。第1の推移パターンは、減速度βの変化傾向が増大して...

    再粘着制御方法および機械ブレーキ制御装置

  8. 【課題・解決手段】レールの溶接部に後熱処理を行う後熱処理装置において、溶接部を自動的に検出し加熱処理を行うことのできる後熱処理装置及び後熱処理方法を提供する。レールRの長手方向に沿って所定ピッチ毎に該レール表面の変位を検出する変位検出手段35と、前記変位検出手段が所定ピッチ毎に検出した変位が、所定の閾値を所定回数連続して越える場合に溶接部の開始地点と判断し、前記所定の...

    後熱処理装置及び後熱処理方法

  9. 【課題】レールを車輪から絶縁でき、レール継目部以外にも用いることができる絶縁カバーを提供する【解決手段】絶縁カバー1は、絶縁性及び弾性を有する合成樹脂を一体成形したものであり、頭頂面カバー2と、一対の側面カバー3とを有する。頭頂面カバー2は、レールの頭頂面を覆う部分である。側面カバー3は、頭頂面カバー2の平面視でのレール長手方向に直交する方向の両端部から下方に延びてレ...

    絶縁カバー

  10. 【課題】作業者の技量に依存せずバラツキの少ない測定を行なえるレール先端位置測定技術を提供する。【解決手段】分岐器の一方のトングレールの近傍の基本レール上に設置されて、他方のトングレールの近傍の他の基本レール上に設置されたレーザ照射器からのレーザ光の照射を受け、トングレールの先端位置の測定に用いられるレール先端位置測定用ターゲットにおいて、下部に位置決め手段(21A〜2...

    レール先端位置測定用ターゲットおよび測定装置並びに測定方法

  11. 【課題】重量が軽く輸送性に優れ人力では達成困難な大きな遊間整正量を得ることができるレール遊間整正装置を実現する。【解決手段】レールを上方からそれぞれ把持可能な一対のレール把持手段と、該一対のレール把持手段を接近する方向または離反する方向へ移動可能なロッド状の伸縮手段とを備え、レール把持手段によって2本のレールの端部をそれぞれ把持した状態で伸縮手段を作動させてレール把持...

    レール遊間整正装置およびレール遊間整正機

  12. 【課題・解決手段】本願は、磁気トラックブレーキの技術分野に関し、特に、鋼製のレールと、力測定用レールブロックと、案内溝と、弾性力測定装置と、引張機とを備えた、磁気トラックブレーキの電磁吸引力用試験装置に関する。鋼製のレールは分割された鋼製のレールから成り、案内溝の溝体は分割された鋼製のレールの間に垂直方向に設けられ、制限板は溝体の内壁に固定され、力測定用レールブロック...

    磁気トラックブレーキの電磁吸引力用試験装置

  13. 【課題】構造要素の状態を監視するための新規なシステム等を提供する。【解決手段】本発明は、細長い構造要素の状態を監視するためのシステムに関し、より詳細には、限定はしないが、鉄道のレールで割れ及び破損を監視及び検出するためのシステムに関する。さらに本発明は、そのようなシステムを設計及び開発する方法論に及ぶ。方法は、細長い構造要素を通して長距離を移動することが予想できる伝播...

    構造要素の状態を監視するシステム及びそのようなシステムを開発する方法

  14. 【課題・解決手段】車輪とレールのトータルでの摩耗や疲労損傷をより低減できる鉄道車両用車輪を提供する。質量パーセントで、C:0.65〜0.84%、Si:0.1〜1.5%、Mn:0.05〜1.5%、P:0.025%以下、S:0.015%以下、Al:0.001〜0.08%、およびCr:0.05〜1.5%を有し、残部がFeおよび不可避的不純物であり、少なくとも踏面より深さ15...

    鉄道車両用車輪および鉄道車両用車輪の製造方法

  15. 【課題】所定の基準系における所定の固定された経路に沿って可動なユニットからの情報を、その基準系における固定された受信部へと伝送する、電磁波により妨害される環境内で頑健であり、曲線状の経路や厳密には直線と言えない経路に適していて、高帯域幅を有する手段を提供する。【解決手段】所定の固定された経路に沿って案内される可動ユニット14からの情報を伝送する方法は、可動ユニット14...

    固定された経路に沿って可動なユニットからの情報を伝送する方法、その伝送装置、およびその設備

  16. 【課題・解決手段】携帯電話試験装置用の携帯電話ホルダ(1)であって、これは、少なくとも、ベースプレート(10)と、携帯電話を支持する、ベースプレート(10)上の支持台(20)と、携帯電話の幅の狭い側面に接触する少なくとも1つのブロックとを含んでいる。ここで、少なくとも1つのブロックはベースプレートに可動に取り付けられており、これによって、支持部によって支持されている携...

    携帯電話の試験方法および試験装置

  17. 【課題・解決手段】本発明が提供するレールは、所定の化学成分を有し、Mn含有量とCr含有量との比であるMn/Crの値が0.30〜1.00の範囲内であり、頭頂部の表面と頭部コーナー部の表面とから構成される頭部外郭表面から深さ10mmまでの領域の組織のうちの98面積%以上がベイナイト組織であり、頭部外郭表面から深さ10mmまでの領域の平均硬さがHv380〜500の範囲内である。

    レールおよびその製造方法

  18. 【課題・解決手段】本発明が提供するレールは、所定の化学成分を有し、頭頂部の表面と頭部コーナー部の表面とから構成される頭部外郭表面から深さ10mmまでの領域において、パーライト組織とベイナイト組織との合計量が95面積%以上であり、且つベイナイト組織の量が20面積%以上50面積%未満であり、頭部外郭表面から深さ10mmまでの領域の平均硬さがHv400〜500の範囲内である。

    レールおよびその製造方法

  19. 【課題・解決手段】C:0.70〜0.85%、Si:0.1〜1.5%、Mn:0.4〜1.5%、P:0.035%以下、S:0.010%以下およびCr:0.05〜1.50%を含有し、残部がFeおよび不可避的不純物の成分組成とすると共に、少なくともレール頭部の0.2%耐力の測定結果が記載されたレールの鋼材検査証明書における、0.2%耐力に対して、該鋼材検査証明書の作成日から少...

    レールおよびその製造方法

  20. 【課題・解決手段】敷設された軌道(2)の少なくとも1つのレール(18)のレール頭部表面(3)における凹凸を取り除くための軌道走行可能な機械(1)であって、作業方向(4)で見た前方のレール走行装置(5)と後方のレール走行装置(6)とに支持された機械フレーム(7)と、少なくとも1つの工具支持体(14)を取り付けるための工具フレーム(8)とを備えた機械(1)。この機械(1)...

    レール頭部表面における凹凸を取り除くための軌道走行可能な機械

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8