ペプチド配列 に関する公開一覧

ペプチド配列」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ペプチド配列」の詳細情報や、「ペプチド配列」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ペプチド配列」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(2,091件中)2/105ページ目

  1. 【課題・解決手段】本開示は、ニューロトロフィン3(NT−3)ポリヌクレオチドの組み換えアデノ随伴ウイルス(rAAV)送達に関する。本開示は、rAAV、並びに筋力を向上させ、筋成長を刺激し、筋ジストロフィー及びシャルコー・マリー・ツースニューロパチーなどの筋肉消耗疾患を治療するためのNT−3遺伝子治療にrAAVを使用する方法を提供する。本開示は、対象における筋成長を刺激...

    NT−3遺伝子治療のための方法及び材料

  2. 【課題・解決手段】本明細書に提供されるのは、いくつかの態様において、例えば、治療用タンパク質を包含する、異種タンパク質を産生することにおける使用のための、Lactobacillusからの分泌を指向することができる人工分泌ペプチドである。

    異種タンパク質産生のための人工分泌ペプチド

  3. 【課題・解決手段】各々タンパク質成熟酵素をコードする1つまたは複数の導入遺伝子を含む複製欠損バキュロウイルスゲノムと、各々対象のポリペプチドをコードするn個の導入遺伝子のうち1つを各々含むn個のトランスファーベクターの間の相同組換えによって、昆虫細胞において、各々タンパク質成熟酵素をコードする1つまたは複数の導入遺伝子および各々対象のポリペプチドをコードするn個の導入...

    バキュロウイルス発現系

  4. 【課題・解決手段】本発明は、温度媒介ペプチド交換を用いて、望ましいペプチドで満たしたMHC多量体を生成する速く、柔軟であり、効率的な方法に関する。該方法は、異なる望ましいペプチドについて同時に、並行して使用され得る。該方法では、低い温度で安定したペプチド−MHC複合体を形成するが、定義した上昇した温度に曝した際に解離する条件付きのペプチドが使用される。生じた条件付きの...

    MHC多量体の製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、特に、CD117+細胞を減少させること、並びに種々の造血疾患、代謝性障害、がん及び自己免疫疾患を治療すること、に有用な組成物及び方法を提供する。抗体、抗原結合フラグメント、及びそれらのコンジュゲートを適用して、例えば、ヒトのような患者においてCD117+細胞の集団を減少させることによって、これらの症状を治療する効果を発揮することがある、こと...

    CD117+細胞を減少させるための組成物及び方法

  6. 【課題・解決手段】ベータグロビン遺伝子(HBB)遺伝子における変異を修正するためのアデノ随伴ウイルス(AAV)組成物、および細胞におけるHBB遺伝子変異を修正するためのその使用方法が本明細書で提供される。アデノ随伴ウイルス組成物を作製するためのパッケージングシステムも提供される。

    HBB遺伝子機能を回復させるためのアデノ随伴ウイルス組成物およびその使用方法

  7. 【課題・解決手段】提供されるものには、対象の血友病Aをエキソビボ又はインビボで治療するための材料及び方法が含まれる。また提供されるものには、ゲノムに、詳細にはアルブミン遺伝子の遺伝子座にFVIIIコード遺伝子をノックインするための材料及び方法も含まれる。

    血友病Aに対する遺伝子編集用組成物及び方法

  8. 【課題・解決手段】本開示は、アンジェルマン症候群、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FHMD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、前頭側頭型認知症(FTD)および脊髄性筋萎縮症(SMA)などの希少疾患の診断学および治療学のためを含む、希少疾患に関与する遺伝子の調節の分野にある。

    希少疾患の処置のための方法および組成物

  9. 【課題・解決手段】高IgM症候群、欠陥のあるCD40シグナル伝達によって特徴付けられる一群の障害の処置を可能にするゲノム編集システム及び関連した方法が本明細書で開示される。本明細書に記載される組成物及び方法は、適切なCD40シグナル伝達及びB細胞クラススイッチ組換えを回復するために、CD40Lエクソンを含むドナー鋳型の使用に依存する。

    高IgM症候群を処置するためのシステム及び方法

  10. 【課題・解決手段】本開示は、とりわけ、ペムブロリズマブならびに1つまたは複数の免疫原性XBP1由来ペプチド、CD138由来ペプチドおよびCS1由来ペプチドを含む併用療法を特色とする。本明細書の治療は、例えば、がんを有する対象において免疫応答を誘導するために、およびがん、例えば、乳がん、例えば、トリプルネガティブ乳がんを処置するために、使用され得る。実施形態では、免疫原...

  11. 【課題・解決手段】全用量条件下でB型肝炎ウイルス関連肝疾患を治療と予防する医薬品および方法。具体的に、本発明はB型肝炎ウイルス関連肝疾患を治療または予防する方法を提供し、上記方法は、毎日に治療または予防が必要な対象へ全用量のポリペプチドまたはその医薬品組成物を投与することを含み、上記ポリペプチドは、B型肝炎ウイルス(HBV)Pre−S1から由来するアミノ酸配列を含有す...

    全用量条件下でB型肝炎ウイルス関連肝疾患を治療する医薬品および方法

  12. 【課題】酸性プロテアーゼの活性測定に用いる化合物、組成物及び活性測定方法の提供。【解決手段】N末端及びC末端にエキソプロテアーゼによる切断を防ぐ構造を有する一般式(1)の構造を含む化合物。XA−XB−Arg−Y・・・一般式(1)。XAはLys又はArg、XBはIle又はMet、Yは下記構造式(a)。

    化合物、並びに麹菌Aspergillus  oryzaeの酸性プロテアーゼの活性測定方法及び活性測定用組成物

  13. 【課題】ペプチド合成によって得られたペプチドから目的ペプチドを精製する方法。【解決手段】本願は、ペプチド合成によって得られたペプチドを溶媒の存在下でスルホン酸化合物と混合し、得られた固形物を液相から分取する工程を含む、目的ペプチドを精製する方法を提供する。

  14. 【課題】本発明は、多数の化合物のハイスループット多重検出のためのシステム、装置及び方法に関する。【解決手段】本発明は、捕捉アレイと連結して、マイクロウェルと固定化された捕捉剤のセットとの間に複数のインターフェースを形成するマイクロウェルアレイを含む。捕捉剤のセットは、複数の識別可能なフィーチャを含み、各フィーチャは関心のある特定の化合物の検出に対応している。特定の態様...

    ハイスループット多重検出用システム、装置及び方法

  15. 【課題】新規なモノクローナル抗ヒトGDF−15抗体、医薬組成物、キット、方法および使用、およびモノクローナル抗体を産生することができる細胞株、および癌の増殖を阻害することができる、ヒトGDF−15に対する新規な抗体を提供する。【解決手段】ヒトGDF−15に結合可能なモノクローナル抗体またはその抗原結合部分であって、重鎖可変ドメインが、あるアミノ酸配列またはこれと少なく...

    増殖分化因子15(GDF−15)に対するモノクローナル抗体

  16. 【課題】標的エピトープに結合する抗体を分泌する抗体分泌細胞(ASC)を含む不均一細胞集団を同定するための方法の提供。【解決手段】10〜500の細胞を含む不均一細胞集団をマイクロリアクターに保持する工程であって、マイクロリアクターの中身は、標的エピトープを提示する1又は複数の読み出し粒子412、413、414を含む、読み出し粒子集団をさらに含む工程と、マイクロリアクター...

    分泌物の多細胞アッセイにおけるマイクロ流体デバイスおよびその使用方法

  17. 【課題】脳卒中、動脈瘤、くも膜下出血及び他の神経学的又は神経外傷状態の治療に有用な、安定なTAT−NR2B9cの凍結乾燥製剤の提供。【解決手段】TAT−NR2B9cであるペプチド又は最大5つのアミノ酸置換、挿入若しくは欠失でTAT−NR2B9cと異なるペプチドの塩化物塩、及びホスファートバッファーを含む製剤であって、前記製剤中におけるクロライドとアセテートアニオン及び...

    Tat−NR2B9cの塩化物塩

  18. 【課題】慢性呼吸器障害又はその他の慢性補体介在性障害を治療する方法。【解決手段】補体阻害剤の複数回投与を、平均で(i)前記補体阻害剤の血漿中濃度が、前回の投与後に達した最高血漿中濃度の20%以下に減少して少なくとも2週間後に、(ii)前回の投与後に血漿補体活性化能がベースラインの少なくとも50%まで回復して少なくとも2週間後に、(iii)前記補体阻害剤の終末血漿中半減...

    補体阻害剤による慢性障害の治療方法

  19. 【課題】抗原結合性ペプチドの抗原との反応性を向上させる技術を提供する。【解決手段】N末端及びC末端に架橋基を有する抗原結合性ペプチド。

    抗原結合性ペプチド及びその使用

  20. 【課題】抗感染ペプチド及びその使用の提供。【解決手段】長さが16〜26アミノ酸残基であり、該抗感染ペプチドは、Dアミノ酸、Lアミノ酸、又はこれらの組合せを含み得る。ある実施態様において、該抗感染ペプチドは、ペグ化されるか、親水性ポリマーを含むように修飾されるか、ステープル化されるか、又は脂質化される。また抗感染ペプチドを含む組成物、並びに該抗感染ペプチドを用いた治療及...

    広域スペクトル抗感染ペプチド

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 1162