ペプチド配列 に関する公開一覧

ペプチド配列」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ペプチド配列」の詳細情報や、「ペプチド配列」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ペプチド配列」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(23,019件中)1/1,151ページ目

  1. 【課題】 虚血組織および虚血組織周辺に集積し、虚血組織の治療に資することのできるエクソソームの提供を課題とする。【解決手段】 S100A8、CD72、または、その両方に対するリガンドを膜表面上に提示するエクソソームを提供する。

    虚血組織に集積するエクソソームおよびその製造方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、免疫療法において使用される、ペプチド、タンパク質、核酸、および細胞に関する。特に、本発明は、がんの免疫療法に関する。本発明は、単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープにさらに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分...

    NSCLC、SCLC、およびその他のがんをはじめとする肺がんに対する免疫療法で使用するための新規ペプチドおよびペプチド併用

  3. 【課題】新規抗体の提供。【解決手段】本発明は、概して、(a)TGFβRII、又はTGFβ結合能を有するその断片と、(b)プログラム死リガンド1(PD−L1)などの免疫チェックポイントタンパク質に結合する抗体、又はその抗原結合断片とを含む二機能性分子、かかる分子の(例えば癌を治療するための)使用、及びかかる分子の作製方法に関する。

    標的TGFβ阻害

  4. 【課題】骨成長の促進および骨密度の増加、ならびに多発性骨髄腫の処置のための、組成物および方法の提供。【解決手段】少なくとも10-7MのKDでアクチビン受容体IIa型(ActRIIa)リガンドと結合するおよび)細胞におけるActRIIaシグナル伝達を阻害する効果を有する、アクチビン受容体IIa型(ActRIIa)タンパク質と免疫グロブリンのFc部分との融合タンパク質を含...

    癌患者における骨成長を促進するためのアクチビン−ACTRIIAアンタゴニストおよびその使用

  5. 【課題・解決手段】リサウイルス抗原をコードする核酸ベースのワクチン構築物は疾患の予防及び治療に有用である。リサウイルス抗原をコードする自己増幅RNA分子は効力が高く長期持続性の免疫をもたらす。

    リサウイルス抗原構築物

  6. 【課題・解決手段】開示されるのは、CD33発現がんの標的治療のための組成物および方法である。具体的には、CD33発現がんを標的とし殺傷するために養子細胞移入を用いて使用することのできる、キメラ抗原受容体(CAR)ポリペプチドが開示される。また開示されるのは、これらのCARを発現するように工学的に作製された免疫エフェクター細胞、例えばT細胞またはナチュラルキラー(NK)...

    CD33発現がんを標的とするための組成物および方法

  7. 【課題・解決手段】2つの別々の成分を含む組み合わせたシステムであって、第一成分が、可変および定常(V-C)T細胞受容体(TCR)遺伝子セグメントを有するベクターであり、第二成分が、連結(J)TCR遺伝子セグメントを有するベクターである、組み合わせたシステム。組み合わせたシステムは、前記第一成分が、第一TCR鎖をコードする改変V-Cエントリーベクターであり、システムが、...

    全長T細胞受容体オープンリーディングフレームの迅速な組立ておよび多様化のための二成分ベクターライブラリシステム

  8. 【課題・解決手段】本開示は、5T4および/または4−1BBに特異的に結合するタンパク質分子に関する。これらの分子は、ヒト型化された5T4結合ドメインまたは4−1BB結合ドメインを少なくとも1つ有し得る。このような分子はがん治療に有用である。5T4または4−1BBに結合する前記タンパク質分子は、別の標的に結合する第二結合ドメインを有し得る。前記分子は、5T4発現細胞と、...

    癌胎児性抗原結合タンパク質、関連する化合物および方法

  9. 技術 方法

    【課題・解決手段】本発明は、対象における、特に多発性硬化症(MS)、認知症及び/又は脱髄を有する対象における、認知障害の治療又は予防における使用のための、ミエリンの構成要素、即ちミエリン塩基性タンパク質(MBP)、ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG)又はミエリンプロテオリピドタンパク質(PLP)、から誘導可能なペプチドに関する。ペプチドは、認知障害を有す...

    方法

  10. 【課題・解決手段】抗体-ポリペプチドコンジュゲートを作製するための方法および材料が、本明細書において提供される。

    抗体コンジュゲーション方法

  11. 【課題・解決手段】本開示は、複製可能ウイルスゲノムをコードする核酸配列を含むポリヌクレオチドであって、非ウイルス性送達ビヒクルによって細胞内に導入されたときに複製可能ウイルスを生み出すことができる、当該ポリヌクレオチドに関する。本開示はさらに、ポリヌクレオチドのカプセル封入ならびに、がんの治療及び防止のためのポリヌクレオチド及び/または粒子の使用に関する。

    カプセル封入ポリヌクレオチド及び使用方法

  12. 【課題】毒性タンパク質の活性を阻害するペプチドのスクリーニング方法及び毒性タンパク質の製造方法の提供。【解決手段】毒性タンパク質及び任意のペプチドをコードする遺伝子、又は毒性タンパク質、プロテアーゼ認識配列、及び任意のペプチドをコードする遺伝子が組み込まれたベクターを含むベクターライブラリーで宿主細胞を形質転換する工程と、形質転換された前記宿主細胞を培養してコロニーを...

    毒性タンパク質の活性を阻害するペプチドのスクリーニング方法及び毒性タンパク質の製造方法

  13. 【課題】肝臓に類似した代謝機能を有する肝細胞モデルの提供。【解決手段】(i)脱メチル化された肝がん細胞、及び(ii)アルギニン−グリシン−アスパラギン酸(RGD)配列を含む高分子と、前記高分子と相互作用する高分子とによって細胞表面が被覆された線維芽細胞又は線維芽細胞様細胞、を含み、それらの細胞が積層構造を形成している、3次元積層肝細胞モデル、並びにそれを用いて被験物質...

    3次元積層肝細胞モデル

  14. 【課題】クロストリジウム誘導体を含む医薬製剤及びその使用方法を提供する。【解決手段】膀胱内滴下注入のためのクロストリジウム誘導体及び透過剤を含む医薬製剤が開示される。

    膀胱内滴下注入用生物製剤

  15. 【課題】アレルギー性喘息、鼻炎、結膜炎、肺線維症、嚢胞性線維症、慢性閉塞性肺疾患、肺胞タンパク症、または成人呼吸窮迫症候群を治療、改善、または予防するための、IL-4および/またはIL-13がそれぞれの受容体に結合するのを阻害するタンパク質を含有する組成物の提供。【解決手段】リポカリンムテインまたはその断片もしくは変異体またはその融合タンパク質もしくはコンジュゲートを...

    IL−4および/またはIL−13のそれぞれの受容体への結合を阻害することによる特定の障害の予防または治療のための方法

  16. 【課題】食物アレルゲンを含むアレルゲンの現地迅速検出に有用なアレルゲン検出分子及びデバイスを提供する。【解決手段】シグナル発生ポリヌクレオチドは、ピーナッツアレルゲン、カシューナッツアレルゲン、ミルクアレルゲン、魚アレルゲン、卵アレルゲン、グルテンアレルゲン、大豆アレルゲン、又は甲殻類アレルゲンに特異的に結合する、所定のヌクレオチド配列を含む。試料中のアレルゲンを検出...

    アレルゲン検出のためのシグナル発生ポリヌクレオチド

  17. 【課題】癌の治療法も提供。【解決手段】CDP−トポイソメラーゼ阻害剤、例えばCDP−カンプトテシンまたはカンプトテシン誘導体コンジュゲート、例えばCRLX101を含む組成物に関する方法を提供する。一態様では、本開示は、対象における増殖性疾患、例えば癌の治療法を特徴とする。一態様では、本開示は、対象、例えばヒト対象における肺癌(例えば、小細胞肺癌または非小細胞肺癌(例え...

    癌の治療法

  18. 【課題】早産を予測するためのバイオマーカーの対の提供。【解決手段】 本開示は、IBP4/SHBG、IBP4/PSG3、IBP4/LYAM1、IBP4/IGF2、CLUS/IBP3、CLUS/IGF2、CLUS/LYAM1、INHBC/PSG3、INHBC/IGF2、PSG2/LYAM1、PSG2/IGF2、PSG2/LYAM1、PEDF/PSG3、PEDF/SHBG、...

    早産を予測するためのバイオマーカーの対

  19. 【課題・解決手段】本明細書において、オトペトリンポリペプチドを含む組成物及び装置、並びに、オトペトリンポリペプチド又はその機能的部分を通るプロトン転移活性の調節物質を同定するためのその使用が提示される。

    医薬品開発のための標的としてのオトペトリンプロトンチャネル

  20. 【課題・解決手段】NKG2D受容体、CD16、及び腫瘍関連抗原FLT3と結合する多重特異性結合タンパク質が記載され、それに加えてがんの処置に有用な医薬組成物及び治療方法が記載される。

    NKG2D、CD16及びFLT3と結合するタンパク質

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1151