ベンジルカルバモイル に関する公開一覧

ベンジルカルバモイル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ベンジルカルバモイル」の詳細情報や、「ベンジルカルバモイル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ベンジルカルバモイル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,557件中)1/128ページ目

  1. 【課題】優れたRBP4低下作用を有し、RBP4の上昇あるいはRBP4により供給されるレチノールによって媒介される疾患又は症状の予防又は治療用薬剤として有用な複素環化合物を提供する。【解決手段】式(I):で表される化合物またはその塩。[式中、環Aは、さらに置換されていてもよい単環式含窒素芳香族複素環を示し;Xは、CH2またはOを示し;Rは、水素原子またはC1−6アルキル...

  2. 【課題】本発明の課題は、長期保存による、露光又は現像工程における搬送性の劣化が改善された熱現像感光材料及びそれを用いた医療用フィルム提供することである。【解決手段】本発明の熱現像感光材料は、支持体の少なくとも一方の面に、感光性ハロゲン化銀、非感光性有機銀塩及び熱現像のための還元剤を含有する画像形成層と、非感光性層とを有する熱現像感光材料であって、前記画像形成層と非感光...

    熱現像感光材料及びそれを用いた医療用フィルム

  3. 【課題】オレキシン2型受容体作動活性を有する複素環化合物の提供。【解決手段】式(I):[式中、R1は、置換基を示し;R2、R3、R4およびR5は、それぞれ独立して、水素原子、または置換基を示し;環Aは、さらに置換されていてもよい4ないし7員含窒素単環式飽和複素環を示し;環Bは、さらに置換されていてもよい環を示す。]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作...

  4. 【課題】プロリルtRNA合成酵素(PRS)阻害作用を有し、癌などのPRS関連疾患の予防または治療剤として用いられる複素環アミド化合物の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物またはその塩。(環Aは置換/非置換芳香環、環Bは置換/非置換のプリン、イミダゾピリジン又は、含窒素5員環が直結した含窒素6員環)。

  5. 【課題】PRS阻害作用を有し得、癌を含むPRS関連疾患等の予防または治療剤として有用であることが期待される複素環アミド化合物を提供すること。【解決手段】下式(I):〔式中、各記号は、明細書に記載の通りである。〕で表される化合物またはその塩。

  6. 【課題】インターロイキン1受容体関連キナーゼ4(IRAK−4)阻害作用を有し、炎症性疾患、自己免疫疾患、骨・関節変性疾患、腫瘍性疾患等の予防・治療医薬の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物又はその塩。

  7. 【課題】医薬品の原薬として、良好な物性を有する、4−(((6S,9S)−1−(ベンジルカルバモイル)−2,9−ジメチル−4,7−ジオキソ−8−(キノリン−8−イルメチル)オクタヒドロ−1H−ピラジノ[2,1−c][1,2,4]トリアジン−6−イル)メチル)フェニルジハイドロゲンフォスフェート(以下、化合物1と称す)の結晶の提供。【解決手段】粉末X線回折において、回折角...

    ピラジノ[2,1−c][1,2,4]トリアジン化合物の結晶(1)

  8. 【課題】プロリルヒドロキシラーゼ活性が媒介する貧血、低酸素症、虚血、末梢血管疾患、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、肥満、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病、創傷、感染症、火傷及び骨折を治療するための化合物の提供。【解決手段】下式で例示されるベンゾイミダゾール化合物、並びにそれらのエナンチオマー、ジアステレオマー、ラセミ体、及び製薬上許容される塩。

  9. 【課題】オレキシン2型受容体作動活性を有する複素環化合物を提供すること。【解決手段】式(I):[式中、各記号は明細書記載のとおりである。]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作動活性を有し、ナルコレプシーの予防または治療剤として有用である。

    複素環化合物およびその用途

  10. 【課題】B型肝炎ウイルス(HBV)感染の処置のための、HBVのプレゲノムRNAカプシド形成阻害剤として有用な化合物の提供。【解決手段】下記式で示す、(R)−5−sec−ブチルスルファモイル−N−(3,4−ジフルオロフェニル)−2−フルオロ−ベンズアミドまたはその塩、(S)−5−sec−ブチルスルファモイル−N−(3,4−ジフルオロフェニル)−2−フルオロ−ベンズアミド...

    HBV感染に対する抗ウイルス剤としてのスルファモイルベンズアミド誘導体

  11. 【課題・解決手段】本出願は、新規の二環式化合物、当該二環式化合物を含んでなる組成物、動物の害虫を防除するために当該二環式化合物を使用すること、ならびに、その調製のためのプロセスおよび中間体に関する。

  12. 【課題】抗ウイルス化合物を提供すること。【解決手段】1つの実施形態において、本発明は、本明細書中に記載されるような式(I):J−Y−J (I)の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩、あるいはプロドラッグである、本発明の化合物を提供する。本発明はまた、式Iの化合物であり、この化合物中の1個以上の位置で富化された同位体を含む、同位体が富化された化合物を提供する。本発明...

  13. 【課題】優れた小胞体ストレス抑制作用を有し、かつ低毒性であり、小胞体ストレスに起因する疾患の予防または治療剤、特に、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis (IPF))、ウォルフラム症候群(Wolfram Syndrome)、ぶどう膜炎および網膜色素変性症などの予防または治療剤として有用な小胞体ストレス抑制剤を提供する。【解決手段】...

    医薬組成物

  14. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、Q、V、T、W、Y、L1、L2、L3及びAは、本明細書中で与えられている意味を有する〕で表される化合物に関し、並びに、さらに、該化合物を製造する方法及び害虫を防除するための該化合物の使用にも関する。化1】。

    有害生物防除剤としての置換2−アルキルイミダゾリル−カルボキサミド類

  15. 【課題】多発性硬化症を含めた神経変性疾患を治療、予防又は改善する方法の提供。【解決手段】フマル酸ジメチルと1種以上の賦形剤とを含む組成物であって、組成物中のフマル酸ジメチルの総量が、約43〜約95%w/w、好ましくは、約50〜約80%w/w、特に好ましくは、約65%w/wである組成物。1種以上の賦形剤が、1種以上の増量剤、1種以上の崩壊剤、1種以上の流動促進剤、1種以...

    フマル酸ジメチルを含有する医薬組成物

  16. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、Q、V、T、W、Y、L1、L2及びAは、本明細書中で与えられている意味を有する〕で表される化合物、及び、害虫を防除するためのそれらの使用に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての置換イミダゾリル−カルボキサミド類

  17. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、Q、V、T、W、X、Y及びAは、本明細書中で与えられている意味を有する〕で表される化合物、及び、害虫を防除するためのそれらの使用に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての置換オキシイミダゾリル−カルボキサミド類

  18. 【課題・解決手段】式[式中、各記号は本明細書中で定義した通りである。]で表される化合物またはその塩。

    縮合複素環化合物

  19. 【課題】多発性硬化症の治療方法を提供すること。【解決手段】本明細書中提供されるのは、フマル酸化合物を用いた多発性硬化症の治療方法であり、本フマル酸化合物は、フマル酸ジアルキル、フマル酸モノアルキル、フマル酸ジアルキルとフマル酸モノアルキルの組み合わせ、フマル酸モノアルキルのプロドラッグ、これらのいずれかのものの重水素化形、及びこれらのいずれかのものの薬学上許容される塩...

    多発性硬化症の治療方法

  20. 【課題・解決手段】本発明は、糖尿病および肥満症、ならびにそれらに関連する疾患の予防または治療に有用な化合物を提供することを目的とする。本発明は、式(I):[式中、各記号は、本明細書で定義した通りである。]で表される化合物またはその塩を含有するグルカゴン様ペプチド−1受容体作用増強剤に関する。

    グルカゴン様ペプチド−1受容体作用増強活性を有する化合物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 128