ベイナイト変態 に関する公開一覧

ベイナイト変態」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ベイナイト変態」の詳細情報や、「ベイナイト変態」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ベイナイト変態」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,113件中)1/106ページ目

  1. 【課題】単一成形品内に強度差が大きい強度分布を有し、高強度部位の靭性を確保した熱間プレス成形品の製造方法、および、当該製造方法に使用するのに適した鋼板の提供。【解決手段】第一の領域と第二の領域とを備え、前記第一の領域の表面に酸化被膜を有し、前記第二の領域の表面は地鉄又はめっき層が露出し、鋼板の板厚中心部におけるマルテンサイト組織およびベイナイト組織の合計の面積分率が7...

    熱間プレス成形品の製造方法、および鋼板

  2. 【課題】引張強さが所定値以上で、加工性に優れる高強度鋼板ならびにそれらの製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】質量%で、C:0.10%以上0.20%以下、Si:0.01%以上2.50%以下、Mn:3.5%以上6.0%以下、P:0.100%以下、S:0.0500%以下、Al:0.01%以上0.50%以下およびN:0.010%以下を含有し、残部がFeおよび不可避...

    高強度鋼板およびその製造方法

  3. 【課題】低合金鋼の連続鋳造時において鋳片の矯正を行う際に発生する鋳片表面の横割れやひび割れを安定して抑制する。【解決手段】低合金鋼の連続鋳造方法において、鋳型の直下から矯正点に至る前において、鋳片の表面温度が375〜500℃の間にある時間をTL(s)、600〜725℃にある時間をTH(s)として、下記式(a)で定められるTA(s)が60以上となるように鋳片を冷却し、次...

    鋼の連続鋳造方法

  4. 【課題】Ni含有低合金鋼の連続鋳造時において鋳片の矯正を行う際に発生する鋳片表面の横割れやひび割れを安定して抑制する。【解決手段】Ni含有低合金鋼の連続鋳造方法において、鋳型の直下から前記矯正点に至る前において、前記鋳片の表面温度が350〜475℃の間にある時間をTL(s)、600〜675℃にある時間をTH(s)として、下記式(a)で定められるTA(s)が60以上とな...

    Ni含有低合金鋼の連続鋳造方法

  5. 【課題】本開示は、加熱対象に生じ得る温度むらを抑制することができるトレイ及び熱間プレスラインを提供することを目的とする。【解決手段】縦棒部材に設けられた横棒部材が前記縦棒部材に対して交差方向に延びる梯子形状のトレイ本体と、該トレイ本体の表側に少なくとも三本設けられ、前記縦棒部材及び前記横棒部材に対して交差する方向へ延びるとともに、先端同士を結ぶ仮想直線を仮想した際に仮...

    トレイ及び熱間プレスライン

  6. 技術 鋼板

    【課題】強度、延性及び穴広げ性に優れた鋼板を提供する。【解決手段】所定の元素を所定量含有し、残部が鉄及び不可避的不純物からなり、ベイナイトとベイニティックフェライトとマルテンサイトと残留オーステナイトとマルテンサイト・オーステナイト混合組織との合計の面積率が95%以上、100%以下であり、フェライトとパーライトとの合計の面積率が5%未満であり、マルテンサイト・オーステ...

  7. 【課題】低コストで高成形性の1180MPa級冷間圧延焼鈍二相鋼板およびその製造方法の提供。【解決手段】質量%で、化学成分が、C:0.1%〜0.125%、Si:0.4%〜0.8%、Mn:2.6%〜2.9%、Al:0.01%〜0.05%、Nb:0.01〜0.03%、Ti:0.01〜0.03%であり、残部がFeおよび不可避的不純物である低コストで高成形性の1180MPa級冷...

  8. 【課題】強度が高く、且つ、延性、穴広げ性及び抵抗溶接性に優れた高強度冷延薄鋼板、並びに、その製造方法を提供する。【解決手段】特定の組成と、体積率で、10%以上70%以下のフェライト、1%以上10%以下の残留オーステナイト、10%以上60%以下のベイナイト、及び、2%以上50%以下のマルテンサイトである鋼組織と、を有し、 上記フェライトが、平均結晶粒径:6.0μm以下...

  9. 【課題】高レベルの機械的特性、超高伝導率を有する工具鋼を提供する。【解決手段】数字は%wtである以下の組成、Ceq0.15〜0.58%未満、C0.15〜0.58未満、N0.5%未満、B1ppm〜0.35未満、Cr1.8未満、Ni〜12、Si〜2.5、Mn〜3、Al〜2.5、Mo〜3.9、W〜7.8、Ti〜2、Ta〜3、Zr〜4、Hf〜3、V〜12、Nb〜3、Cu〜2、...

    超高伝導低コスト鋼

  10. 【課題】レーザ焼入れシステム及びレーザ焼入れ方法において、焼入れが行われる部位の板厚が薄くて自己冷却が不十分であってもレーザ焼入れを可能とすることである。【解決手段】焼入れが行われる部位の板厚が5mm以下の鋼材ワークに対し表面焼入れを行うためのレーザ焼入れ方法は、最初に、レーザ焼入れシステムの条件設定を行う(S10)。次に、冷却領域に対して冷媒供給(S12)が行われ、...

    レーザ焼入れシステム及びレーザ焼入れ方法

  11. 【課題】高温の鋼板の急冷時に鋼板に発生する形状不良を抑制しつつ、所望の材質特性を有する鋼板の冷却方法および鋼板の製造方法ならびに鋼板の冷却設備を提供することを課題とする。【解決手段】鋼板搬送方向上流側の領域における鋼板の冷却速度を緩冷とするとともに、鋼板搬送方向下流側の領域における鋼板の冷却速度を急冷とし、かつ、前記鋼板搬送方向上流側および下流側の領域を、鋼板搬送方向...

    鋼板の冷却方法および鋼板の製造方法ならびに鋼板の冷却設備

  12. 【課題】優れた耐摩耗特性、耐疲労損傷性、および耐遅れ破壊性を兼ね備えるレールを提供する。【解決手段】質量%で、 C :0.70〜1.00%、 Si:0.20〜2.00%、 Mn:0.20〜1.50%、 P :0.035%以下、 S :0.0005〜0.010%、 Cr:0.20〜1.50%、 V :0.005〜0.12...

    レールおよびその製造方法

  13. 【課題】良好な焼鈍性を有し、長時間の焼入れ加熱でも微細なオーステナイト結晶粒が生成可能で、緩速焼入れでも高い衝撃値を発現し得て、且つ高い熱伝導性能を有する金型用鋼を提供する。【解決手段】金型用の鋼を、質量%で0.35≦C≦0.40,0.003≦Si≦0.20,0.72≦Mn≦0.94,5.65≦Cr≦6.00,1.65≦Mo≦2.00,0.71≦V≦0.90,0.00...

    金型用鋼及び金型

  14. 【課題・解決手段】高強度、高靭性、耐ヒートクラック性鉄道輸送用ベイナイト鋼車輪及びその製造方法では、炭素0.10〜0.40%、ケイ素1.00〜2.00%、マンガン1.00〜2.50%、銅0.20〜1.00%、ホウ素0.0001〜0.035%、ニッケル0.10〜1.00%、リン≦0.020%、硫黄≦0.020%を含み、残部は鉄及び不可避的残留元素である。1.50%≦Si...

    高強度、高靭性、耐ヒートクラック性鉄道輸送用ベイナイト鋼車輪及びその製造方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、自動車用材料として適した熱間成形部材に関するものであり、より詳細には、亀裂伝播抵抗性及び延性に優れた熱間成形部材、及びその製造方法に関するものである。本発明は、重量%で、炭素(C):0.08〜0.30%、シリコン(Si):0.01〜2.0%、マンガン(Mn):3.1〜8.0%、アルミニウム(Al):0.001〜0.5%、リン(P):0.00...

    亀裂伝播抵抗性及び延性に優れた熱間成形部材、及びその製造方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、高靭性鉄道輸送用ベイナイト鋼車輪及びその製造方法を提供する。ベイナイト鋼車輪は、重量パーセントで、炭素C:0.10〜0.40%、ケイ素Si:1.00〜2.00%、マンガンMn:1.00〜2.50%、ニッケルNi:0.20〜1.00%、希土類RE:0.001 〜0.040%、リンP≦0.020%、硫黄S≦0.020%を含み、残部は鉄及び不可...

    高靭性鉄道輸送用ベイナイト鋼車輪及びその製造方法

  17. 【課題・解決手段】母材鋼板の表面から1/4厚を中心とした1/8厚〜3/8厚の範囲において、フェライト相が体積分率で50%以上97%以下、ベイナイト相とベイニティックフェライト相とフレッシュマルテンサイト相と焼戻しマルテンサイト相とのうち1種以上からなる硬質組織の合計が体積分率で3%以上、残留オーステナイト相が体積分率で0%〜8%、パーライト相と粗大セメンタイト相との合...

    溶融亜鉛めっき鋼板

  18. 【課題・解決手段】母材鋼板の表面から1/4厚を中心とした特定の厚み範囲において、フェライト相が体積分率で0%以上50%未満、ベイナイト組織とベイニティックフェライト相とフレッシュマルテンサイト相と焼戻しマルテンサイト相とのうち1種以上からなる硬質組織の合計が体積分率で50%以上、残留オーステナイト相が体積分率で0%〜8%、パーライト相と粗大セメンタイト相との合計が体積...

    溶融亜鉛めっき鋼板

  19. 【課題・解決手段】母材鋼板の少なくとも一方の側に溶融亜鉛めっき層を有する溶融亜鉛めっき鋼板であって、前記溶融亜鉛めっき層におけるFe含有量が0%超3.0%以下であり、Al含有量が0%超1.0%以下であり、前記溶融亜鉛めっき層と前記母材鋼板との界面にFe−Al合金層を有し、前記Fe−Al合金層の厚さが0.1μm〜2.0μmであり、前記母材鋼板の幅方向における前記Fe−A...

    溶融亜鉛めっき鋼板

  20. 【課題】十分な強度を確保しつつ、鋼板の表面下0.25mmにおける硬さの上昇が抑制された耐サワーラインパイプ用高強度鋼板を製造することができる耐サワーラインパイプ用高強度鋼の製造方法を提供する。【解決手段】所定の成分組成を有する鋼片を加熱した後、熱間圧延して鋼板とする工程と、熱間圧延後の鋼板を所定の条件で水冷する第1の水冷工程と、その後、鋼板表面を(Ar3点+10℃)以...

    耐サワーラインパイプ用高強度鋼板の製造方法、及び耐サワーラインパイプ用高強度鋼板、並びに耐サワーラインパイプ用高強度鋼板を用いた高強度鋼管

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 106