ヘリコバクテル に関する公開一覧

ヘリコバクテル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ヘリコバクテル」の詳細情報や、「ヘリコバクテル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ヘリコバクテル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(26件中)1/2ページ目

  1. 【課題】 ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十二指腸疾患の処置において有用な薬剤を提供すること。【解決手段】 本発明は、7位において2−オキサ−5,8−ジアザビシクロ[4.3.0]−ノニ−8−イル−基により置換されているキノロン及びナフチリドンカルボン酸誘導体ならびにそれらの製薬学的に適用可能な水和物及び/又は塩の、ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十...

  2. 【課題】ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十二指腸疾患の処置において有用な薬剤を提供すること。【解決手段】本発明は、7位において2−オキサ−5,8−ジアザビシクロ[4.3.0]−ノニ−8−イル−基により置換されているキノロン及びナフチリドンカルボン酸誘導体ならびにそれらの製薬学的に適用可能な水和物及び/又は塩の、ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十二指腸疾...

  3. 【課題・解決手段】ポリ硫酸化分子に特異的に結合する免疫原性ヘリコバクテル・ピロリ(Helicobacter pylori)−特異的表面タンパク質の同定方法が記載されている。さらに、ポリ硫酸化分子に特異的に結合するヘリコバクテル・ピロリ−特異的表面タンパク質生産物およびそれに含まれるタンパク質が記載されている。そのようなタンパク質の例は、1;分子量(MW)30(31.3...

  4. 【課題・解決手段】食品および自然療法の薬品において生菌製剤として有用であり、塩酸および胃液に対してインビトロで耐性があり、胆汁酸塩を脱抱合することなくそれらに耐容性があり、一方、強い同化作用が生じ、また、胃および胃腸管の通過時にすぐれた生存を保持し、さらに菌株が約37℃で最適に増殖するラクトバシラス属菌株であって、その菌株は、L−乳酸を産生し、それぞれ2.2kb、4....

    ラクトバシラスパラカゼイ種の亜種パラカゼイの細菌の菌株、食品に用いるためのその組成物、および前記菌株を含有する製品

  5. 【課題・解決手段】未知の濃度比で第1と第2の同位体種を持つ、例えば人間の息などの試料ガスを保持する試料チャンバ(68)および、既知の濃度比で第1と第2の同位体種を持つ参照用ガスを保持する参照用チャンバ(70)を有するダイオード・レーザー・スペクトロメータ(10)である。レーザー光は、該同位体種の吸光波長に対応する波長でこれら双方のチャンバを介して方向付け(32、34)...

    物質中の同位体種存在比を分析するレーザー・ダイオード・スペクトロメータ

  6. 【課題・解決手段】本発明は、ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十二指腸疾患の処置における、7位において2−オキサ−5,8−ジアザビシクロ[4.3.0]−ノニ−8−イル−基により置換されているキノロン及びナフチリドンカルボン酸誘導体ならびにそれらの製薬学的に適用可能な水和物及び/又は塩の使用に関する。

    ヘリコバクター・ピロリ感染及び関連する胃十二指腸疾患の処置のための7−(2−オキサ−5,8−ジアザビシクロ[4.3.0]ノニ−8−イル)−キノロンカルボン酸及びナフチリドンカルボン酸誘導体の使用

  7. 【課題】高い抗バクテリア活性を有し、遺伝子毒性が低下した化合物を提供すること。【解決手段】T−Q[式中、Qは式の基を示し(こゝで、R1はC1〜C4アルキル、C3〜C6シクロアルキル等であり;R2はヒドロキシル、C1〜C3アルコキシ、ベンジルオキシ等であり;R9はC1〜C3アルキルであり;C11は水素、メチル等であり;X1、X2は水素ハロゲン等である)、Tは式の基(こゝ...

    キノロン−及びナフチリドンカルボン酸誘導体

  8. 【構成】下記式[式中、R1は置換されていることができるアルキル、置換されていることができるシクロアルキル、アルケニル等を示し、R2は水素、アルキル又は(5−メチル−2−オキソ−1,3−ジオキソール−4−イル)−メチルを示し、XはCH、C−ハロゲン、COCH3、COCHF2、C−CH3又はNの基を示し、Zは下記式の基を示し、Yは下記式の基等を示す]で示される5−ビニル−...

    5−ビニル−及び5−エチニル−キノロン−及び−ナフチリドン−カルボン酸

  9. 【目的】本発明は、アルカノイル−L−カルニチン類のエステルを含む内毒素ショックの治療に適した医薬組成物を提供するものである。【構成】式(I):【化1】で示されるアルカノイル−L−カルニチンのエステルを活性成分として含有することを特徴とする内毒素ショック治療用医薬組成物。

    アシル−L−カルニチン類のエステルおよび内毒素ショック治療用医薬組成物

  10. 【目的】病原性バクテリアの増殖を抑制する方法に関するもので植物抽出物を用いたヘリコバクテルピロリ(Helicobacter pylori)およびウレアーゼヘリコバクテルピロリの増殖を抑制する方法を提供する。【構成】チムス草(又はタイム)の水性抽出物又は有機抽出物を用いたヘリコバクテルピロリ(Helicobacter pylori)およびウレアーゼヘリコバクテルピロ...

    ヘリコバクテルピロリバクテリアの増殖およびウレアーゼ活性の抑制方法

  11. 【課題・解決手段】試験サンプル中の分析物を検出および(または)測定するクロマトグラフ分析または試験装置は、ベース部材と、前記部材中またはその上に位置するクロマトグラフ媒質とを備え、ベース部材にはサンプルを適用したアプリケータを受ける受け器を設け、アプリケータは、前記受け器内に位置する場合、アプリケータがクロマトグラフ媒質と流体接触しない第1位置と、アプリケータ上のサン...

    クロマトグラフ分析または試験装置

  12. 【課題・解決手段】14C標識化合物、特に14C標識尿素、を投与された人が吐き出す空気中の14CO2を捕獲しそして検定するのに使用する器具は、短縁部の一つ以外の縁部で互いに結合された第1および第2の実質的に平らな長方形のダクト形成要素を含む。該第1ダクト形成要素はCO2を吸収するためのガス透過性マトリックス要素を含む。該器具はCO2吸収を目で検出するための指示手段と、該...

    二酸化炭素を捕獲および検定するための器具、および使用法

  13. 【目的】特に炭素や窒素や酸素や水素などの比較的原子番号の低い元素に適用できるD分析技術を提供すること。【構成】準備手段70、72、74により異なる同位元素を含んでかつ異なる遷移エネルギーを有した試料を励起させた状態の検体を準備し、放射線照射手段10により検体中の励起された同位元素含有試料と反応する異なる遷移エネルギーに対応する複数の波長で検体に放射線を照射し、モニター...

    同位分析方法と装置

  14. 【課題・解決手段】吐き出された息中の1あるいはそれ以上の成分を検出するための装置であって、その装置は筒状の要素を備えており、その一端は吐き出された息が導入されそしてその他端にはその成分を吸着する吸着プレートが取り付けられており、そしてそこではそのプレートはその成分を計測装置中で測定するために取りはずし可能に構成されている。

    吐き出した息中の成分を検出する装置

  15. 【課題・解決手段】特に、肉眼では見えない血液を検出するための糞便サンプルを収集するのに用いるためのサンプル収集装置(10)は、少なくとも1つの吸収剤マトリックス(12)を有する収集部材と、該収集部材のための保護カバー部材(14)とを有しており、該保護カバー部材は、収集部材がそれと組み合わされる際、収集部材の少なくともそのあるいは各吸収剤マトリックスを受け入れ、且つ遮蔽...

    サンプル収集装置

  16. 【課題・解決手段】コロイド性を失わない乾燥状態のスクラルファートゲルの製造法を開示する。さらに胃の粘膜に向かうスクラルファートゲルの特別な趨勢、及びその生物接着性を考慮し、請求の範囲はヘリコバクテル・ピロリ(Helocobacterpyroli)感染の処置を目的とする薬剤、例えば抗生物質、殺バクテリア剤、抗炎症薬のための担体としての、あるいは抗分泌薬、例えばシメチジン...

    共−乾燥されたスクラルファートゲル及びポリアルコールを含む製薬学的組成物

  17. 【課題・解決手段】本発明は錠剤の形態で、カプセル調剤の形態で、又は他のいずれかの固体の形態で酸と一緒に同位体−標識尿素を投与するための調剤に関する。調剤は胃において非常に迅速に溶解する。調剤は進行するヘリコバクテル・ピロリ感染に伴う胃におけるウレアーゼ活性の増加を示すために用いられる。

    ヘリコバクテル・ピロリ(Helicobacter  Pylori)の検出のための診断用調剤

  18. 【課題・解決手段】式I:[式中、R1,R2,R3,R4,R5,R6,R7,m,n,p及びqは明細書中に記載したものを表す]の化合物は、ヘリコバクテル細菌を撲滅するために好適である。

    置換されたアリールチオアルキルチオピリジン

  19. 【課題・解決手段】本発明は錠剤の形態、カプセルの形態又は他の何らかの固体形態で尿素を投与するための実質的に無水の製剤に関する。該製剤は胃内で非常に迅速に溶解する。該製剤は、存在するヘリコバクテル・ピロリ感染に関連する胃内の向上したウレアーゼ活性に由来する呼気中におけるアンモニアの存在を示すために用いられる。

    胃管におけるウレアーゼ活性の検出のための製剤

  1. 1
  2. 2