ヘアクリーム に関する公開一覧

ヘアクリーム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ヘアクリーム」の詳細情報や、「ヘアクリーム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ヘアクリーム」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,952件中)1/198ページ目

  1. 【課題】ホスファチジルイノシトールを水に安定に分散させ、透明性に優れた化粧料又は皮膚外用剤を提供する。【解決手段】下記の成分(A)〜(D)を含有する化粧料又は皮膚外用剤を用いる。本発明の化粧料又は皮膚外用剤はホスファチジルイノシトールを簡便に水に分散させることができ、分散安定性と透明性に優れた化粧料又は皮膚外用剤が得られる。(A)以下の成分(A1)及び(A2)からなる...

  2. 【課題】 本発明の課題は、ダメージをケアしながらも毛髪が軽やかで動きやすい仕上がりとなるように、毛髪の動きを改善することである。【解決手段】 ムラサキシキブ属コムラサキがカチオン性物質の分散性を良くすることで毛髪に対するムラづきやべたつきが解消し、ダメージをケアしながらも毛髪にべたつきや重さを与えることなく、毛髪が軽やかで動きやすい仕上がりの優れる毛髪化粧料、毛髪...

  3. 【課題】 本発明の課題は、毛髪へなめらかさ、しっとり感、ツヤといったヘアトリートメント効果を付与するだけでなく、手に付着した際も乾燥が速く、手のべたつきが少ない非水系の毛髪化粧料を提供することである。【解決手段】 毛髪化粧料の全体質量に基づいて、(A)25℃での動粘度が10Pa・s以下であって、105℃×24時間の揮発分が50%以上である揮発性油剤、(B)20℃で...

  4. 【課題】経時安定性に優れながら、塗布時のなじみやすさ、手から流れ落ちない使用性、毛髪の滑らかさとツヤ感に優れた毛髪用水中油型組成物を提供すること。【解決手段】 次の成分 (A)〜(E);(A)モノ長鎖型アルキル四級アンモニウム(B)飽和高級アルコール(C)ジメチルポリシロキサン(D)リン脂質(E)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 0.1〜0.5質量%を含有し、前記...

  5. 【課題】毛髪に充分なサラサラ感を付与することができ、乳化安定性に優れる乳化毛髪化粧料を提供する。【解決手段】成分(A):25℃における粘度6万〜100万mPa・sのシリコーン化合物、成分(B):下記式(1)で表される化合物、成分(C):下記式(2)で表される化合物、成分(D):ノニオン性界面活性剤、成分(E):エステル油、前記成分(A)以外のシリコーン油、炭化水素油、...

  6. 【課題】本発明は、高いハリ感と外観の透明性、経時安定性に優れた水中油型乳化化粧料に関するものである。【解決手段】次の成分(A)〜(D);(A)融点が60〜80℃である固形油、(B)イソステアリン酸PEG−50水添ヒマシ油、(C)HLB3-7のノニオン性界面活性剤、(D)精製水を含有し、成分(A)に対する成分(B)の含有質量比が1≦(B)/(A)であり、成分(C)に対す...

  7. 【課題】優れた抗老化作用、抗酸化作用、抗炎症作用、及び美白作用からなる群から選択される少なくともいずれかの作用を有し、かつ安全性の高い、抗老化剤、抗酸化剤、抗炎症剤、及び美白剤、並びに、優れた抗老化作用、抗酸化作用、抗炎症作用、及び美白作用からなる群から選択される少なくとも1種の作用を有し、かつ安全性の高い化粧料を提供すること。【解決手段】ヨモギ属植物発酵液、タチジャ...

    抗老化剤、抗酸化剤、抗炎症剤、及び美白剤、並びに、化粧料

  8. 【課題】肌なじみのよさ及び保水性に優れ、ヤグルマギク自体の有する作用を害することなく、安全性の高い天然物系のものであるヤグルマギク発酵液、及び前記ヤグルマギク発酵液を含有する化粧料、並びに、前記ヤグルマギク発酵液の容易かつ安価な製造方法の提供。【解決手段】ヤグルマギク発酵液の麹菌による発酵液であるヤグルマギク発酵液、前記ヤグルマギク発酵液の製造方法、及び前記ヤグルマギ...

    ヤグルマギク発酵液及びその製造方法、並びに化粧料

  9. 【課題】肌なじみのよさ及び保水性に優れ、タチジャコウソウ自体の有する作用を害することなく、安全性の高い天然物系のものであるタチジャコウソウ発酵液、及び前記タチジャコウソウ発酵液を含有する化粧料、並びに、前記タチジャコウソウ発酵液の容易かつ安価な製造方法の提供。【解決手段】タチジャコウソウの麹菌による発酵液であって、前記発酵液の接触角が81°以下であるタチジャコウソウ発...

    タチジャコウソウ発酵液及びその製造方法、並びに化粧料

  10. 【課題】肌なじみのよさ及び保水性に優れ、コウスイハッカ自体の有する作用を害することなく、安全性の高い天然物系のものであるコウスイハッカ発酵液、及び前記コウスイハッカ発酵液を含有する化粧料、並びに、前記コウスイハッカ発酵液の容易かつ安価な製造方法の提供。【解決手段】コウスイハッカ発酵液の麹菌による発酵液であるコウスイハッカ発酵液、前記コウスイハッカ発酵液の製造方法、及び...

    コウスイハッカ発酵液及びその製造方法、並びに化粧料

  11. 【課題】肌なじみのよさ及び保水性に優れ、ヨモギ属植物自体の有する作用を害することなく、安全性の高い天然物系のものであるヨモギ属植物発酵液、及び前記ヨモギ属植物発酵液を含有する化粧料、並びに、前記ヨモギ属植物発酵液の容易かつ安価な製造方法の提供。【解決手段】ヨモギ属に属する植物の麹菌による発酵液であって、前記発酵液の接触角が78°以下であるヨモギ属植物発酵液、前記ヨモギ...

    ヨモギ属植物発酵液及びその製造方法、並びに化粧料

  12. 【課題】塗布直後のパサツキの無さ、ごわつきの無さ、なめらかさに優れ、かつ、翌朝のパサツキの無さの持続、寝癖のつきにくさ、スタイリングのしやすさにも優れた毛髪化粧料の提供。【解決手段】(A)テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル;(B)2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンの単独重合体及び2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンと疎水性モノマーとの共重合...

  13. 【課題】AGEsの生成を効率的に抑制する蛋白質糖化反応阻害剤を提供すること。【解決手段】ガロイル化フラボノール配糖体を有効成分として含有することを特徴とする、蛋白質糖化反応阻害剤である。

    蛋白質糖化反応阻害剤

  14. 【課題】ケラチン変性の抑制、又は、未変性ケラチンへの再生を促進するものであるかの評価に適した成分の評価方法、及び、ケラチン用組成物の製造方法の提供。【解決手段】成分の評価方法は、溶液(I)におけるケラチン及び/又はその誘導体を変性させる変性処理(I)と、この処理後の溶液(I)における未変性のケラチン及びその誘導体の量(I)を定める定量処理(I)と、溶液(II)における...

    ケラチン用組成物に配合される成分の評価方法、ケラチン用組成物の製造方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、皮膚透過促進用ペプチドが結合された融合タンパク質を含む皮膚改善用化粧料組成物に関し、より具体的には、本発明は、皮膚透過促進用ペプチドにPDGFaが結合された融合タンパク質、上記融合タンパク質を含む皮膚改善用化粧料組成物、皮膚改善用機能性化粧品、脱毛改善用化粧料組成物及び前記融合タンパク質を含む医薬部外品組成物に関する。

    皮膚透過促進用ペプチドが結合された融合タンパク質を含む皮膚改善用化粧料組成物

  16. 【課題】高度な剛性、流動性、耐環境応力亀裂性、衝撃性等を達成するポリエチレン樹脂組成物の提供。【解決手段】 下記特性(p1)〜(p2)を満足するポリエチレン成分(P)100質量部に対して、特定のポリエチレン成分(A)及び特定のポリエチレン成分(B)を各々特定量含有し、下記の特性(i)〜(iii)を満足するポリエチレン樹脂用改質材を10質量部以上100質量部以下含む、...

    ポリエチレン樹脂組成物、及び、成形体

  17. 【課題】水性分散媒体中に分散された1種以上のコア−シェルカプセルを含むスラリーの形態のカプセル化香料組成物であって、コアが香料を含み、シェルがポリウレア樹脂を含み、ここでカプセルは、25℃の温度にて21/sの剪断速度で回転するディスクを使用してレオメーターで測定した場合に3000センチポアズまでの、より特に約150〜3000センチポアズの粘度を有する、安定な懸濁液の形...

  18. 【課題】高湿度下であっても、被膜形成剤が本来有する優れた整髪保持力を十分に発揮させ、過度の被膜感やフレーキングが生じない毛髪用組成物の提供。【解決手段】(A)被膜形成剤、及び(B)グルコース又はその誘導体である構成単位がβ−1,4グルコシド結合により連結された環状構造を持つ環状オリゴ糖(シクロデキストリンとはグルコース間の連結構造がβ−1,4結合とα−1,4結合との点...

    毛髪用組成物

  19. 【課題】顕著な肝細胞増殖因子誘導活性を有する安全性の高い組成物を提供し、この組成物を有効成分とする育毛組成物、皮膚のしわを回復させるのに有用な美容食品組成物、及び当該物質を配合した皮膚化粧料及び頭髪化粧料及び美容食品を提供することにある。【解決手段】「活血」「化お」、「補腎」及び「醒脳」の各作用がある生薬を組み合わせた肝細胞増殖因子産出誘導活性を合わせ持った、中医薬学...

    肝細胞増殖因子誘導活性を有する組成物、これを含有する化粧品、毛髪用の皮膚外用剤およびしわ防止用または改善用の美容食品組成物、並びに、肝細胞増殖因子誘導活性を有する組成物の製造方法

  20. 【課題】濯ぎ時の髪の感触がなめらかで、指通りが良好でありながら、ぬるつきは残らず、乾燥後の仕上がりにおいて、毛髪にべたつきをあたえることなく、やわらかでしっとりとまとまる毛髪化粧料を提供する。【解決手段】下記成分(A)〜(E)を含有することを特徴とする毛髪化粧料。(A)炭素原子数16以上の直鎖の高級アルコール(B)脂肪酸アミドアミン、脂肪族アミン、アルキルカチオン、ア...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 198