ピス に関する公開一覧

ピス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ピス」の詳細情報や、「ピス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ピス」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(13,962件中)3/699ページ目

  1. 【課題】皮膚を刺激する界面活性剤を使用することなく、又は、べたつき感を付与する親水性ゲル化剤を使用することなく、安定なO/Wエマルションを得る新たな手法の必要性は依然としてある。【解決手段】本発明は、O/Wエマルションの形態の組成物であって、少なくとも1種の穀物の発酵生成物、及び少なくとも1種のヘクトライトを含む、組成物に関する。この組成物は、べたつき感を付与せず、爽...

  2. 【課題・解決手段】本開示は、幹細胞治療と組み合わせて使用されるカンナビノイド組成物に関する。これらの組成物は、カプセル化することができる(例えば、マイクロカプセル化することができる)。特に、これらの組成物は、経口摂取または局所処置を介するなどによって対象に投与することができる。本開示の一態様は、対象における幹細胞の機能を増強する方法であって、(a)前記対象に前記幹細胞...

  3. 【課題・解決手段】本発明は、飲料、特にビール、好ましくはホワイトビールのヘイズまたは濁度を安定化させるための酵母タンパク質抽出物の使用に関する。

    ビールのヘイズを安定化させるための酵母タンパク質抽出物の使用

  4. 【課題】効率および生産能力を増加させるとともに、システム運営のための必要な電力経費およびシステムメンテナンスの量を減少させる、流体蒸気蒸留システムの提供。【解決手段】放出弁、原料流量弁を制御し、原料流量コントローラ、及び放出コントローラと原料流量コントローラとに接続した放出レベルセンサを含み、さらに、流体蒸気蒸留装置を制御するための制御システムを含み、放出レベルセンサ...

    水蒸気蒸留装置、方法、およびシステム

  5. 【課題】作物の成長を阻害する雑草および他の植生から作物を保護するための、新規な農薬の組成物の提供。【解決手段】(a)式(I)の化合物または農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)合成オーキシン除草剤、例えば、2,4−D、アミノシクロピラクロール、アミノピラリド、クロメプロップ−P、クロピラリド、ジカンバ、ジクロプロップ−P、フルロキシピルメプチルヘプチルエ...

  6. 【課題】落花生アレルギーの治療的に有効な処方物の開発および製造工程を管理するための方法。【解決手段】落花生タンパク質は落花生粉から特性化され、そして落花生アレルギーの経口免疫療法のために落花生粉を用いてカプセル封入処方物が製造される。

    経口脱感作のための落花生処方物の製造

  7. 【課題】乾癬及び他の皮膚障害を治療するための方法及び組成物の提供。【解決手段】局所投与のための組成物であって、(a)沸点が150℃以下である、存在し得る全ての溶媒を除外した前記組成物の重量に基づいて25%以上のステロールエステル、(b)浸透促進剤、及び、(c)任意に、溶媒、被膜形成/高分子剤、粘度増強剤、乳化剤、抗酸化剤、pH調整剤、保存料、ビタミン類、噴射剤及びこれ...

  8. 【課題】有害節足動物の防除方法の提供。【解決手段】例えば、6−メトキシピリミジン−4−カルボン酸から8工程で合成される下式化合物と、(a):殺虫活性成分、殺ダニ活性成分及び殺線虫活性成分からなる群、(b):殺菌活性成分、(c):植物成長調整成分、(d):薬害軽減成分、(e):共力剤、(f):忌避成分、(g):殺軟体動物成分、(h):昆虫フェロモン、(i):除草活性成分...

  9. 技術 硬化物

    【課題】高硬度で、耐アルカリ性及び基材密着性に優れた硬化物、前記硬化物から成る成形物、及び前記硬化物を備えた構造物を提供する。【解決手段】本発明の硬化物は、下記耐薬品性を有する。前記硬化物は、好ましくは、カチオン重合性化合物と硬化触媒とを含有する硬化性組成物の硬化物である。耐薬品性:4%次亜塩素酸ナトリウムと1%NaOHを含有するpH13の水溶液に、1重量%のN,N−...

  10. 【課題】抗α4β7抗体のための製剤を提供すること。【解決手段】ヒト患者における潰瘍性大腸炎又はクローン病の臨床的な寛解を維持するための組成物であって、該組成物は、ヒトα4β7インテグリンに対して結合特異性を有する抗体の300mgの用量を含み、該組成物は、ヒト患者に対して4週ごと又は8週ごとに投与され、該抗体は、配列番号8に示す相補性決定領域1(CDR1)、配列番号9に...

    抗α4β7抗体のための製剤

  11. 【課題】本発明は、ウイルス性障害の治療において使用するためのオリゴマー・コンジュゲートに関する。【解決手段】該オリゴマー・コンジュゲートは:a)前記ウイルス性障害を治療するため、B型肝炎ウイルス(HBV)のHBxおよび/またはHBsAgにおけるターゲット配列を調節することが可能なオリゴマー;およびb)該オリゴマーに連結された、好ましくはコンジュゲート化された、オリゴマ...

    オリゴマーおよびオリゴマー・コンジュゲート

  12. 【課題】有害生物に対して優れた防除効力を有する化合物の提供。【解決手段】式(I)で示される化合物。〔Aは単結合、OR1又はO;mは0〜3の整数;Xは単結合、CR4R5、NR6又はO;R2〜R5は各々独立H、置換/非置換のアルキル、アルコキシ等;R6は置換/非置換のアルキル、フェニル、H等;nは0〜2の整数;QはO、NR7、N−CN、N−NO2等;R7は置換/非置換のア...

  13. 【課題】口溶け、サクサクとした食感が良好な焼菓子が得られる油脂組成物を提供すること。クリーミング性等の製造作業性が良好な油脂組成物を提供すること。油脂移行を抑制でき、それに伴って、焼菓子の白色化現象等を抑制できる油脂組成物を提供すること【解決手段】下記条件(1)〜(3)を満たす焼菓子用油脂組成物により、上記課題が解決される。(1)SFCが10℃で25〜45%、20℃で...

  14. 【課題】定着ベルトの耐久性を向上させることのできる、新たな構成の定着装置用の加圧部材を提供する。【解決手段】円筒状または円柱状の基体と、基体の外周面上の弾性層とを有する定着装置用の加圧部材であって、該弾性層は連通孔を有し、弾性層厚みtとしたとき、弾性層の外周面から厚さt/2の領域にある空孔について算出した長径方向ベクトルの角度ΘBの平均値と、弾性層の基体側面から厚さt...

    加圧部材、定着装置および画像形成装置

  15. 【課題】情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム。【解決手段】複数の入力画像の各々に含まれる被写体に関する被写体パラメータのうち少なくとも1つの差異が低減されるように、前記複数の入力画像の各々に対応して得られる出力画像を出力させる、出力制御部を備える、情報処理装置。

    情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

  16. 【課題】 例えば極低温かつ高圧下の運転状態においても、ピストンリングの合口部が大きく開いたり変形することがないようにして、ピストンの圧縮効率を大幅に向上させる。【解決手段】 ピストンリング(41)は、C字状に形成されて2つの開口先端部(44)により形成される合口部(43)を有するピストンリング本体(42)と、ピストンリング本体とは別体に形成されてピストンリング溝内...

    ピストンリング

  17. 【課題】相の再使用を可能にすると同時に、抽出されたトリグリセリド油の高品質を保証する方法をもたらすこと。【解決手段】本発明は、トリグリセリド油から脂肪酸を抽出するための改善された方法に関する。この場合にトリグリセリド油の抽出は、少なくとも1種の第四級アンモニウム塩と、1〜8個の炭素原子を有する少なくとも1種の脂肪族ジオールとを含有する水溶液によって行う。本発明による方...

  18. 【課題】本発明は、脂質を生成する方法に関する。特に、本発明は、生育植物部分またはトランスジェニック生物もしくはその一部の、1以上の非極性脂質のレベルおよび/または総非極性脂質含量を増加させる方法に関する。【解決手段】工業製品を製造する工程であって、以下のステップを含む、方法の提供:i)少なくとも約3%、好ましくは少なくとも約5%、または少なくとも約7%(w/w乾重量)...

    脂質製造のための工程

  19. 【課題・解決手段】本発明は、免疫療法において使用される、ペプチド、タンパク質、核酸、および細胞に関する。特に、本発明は、がんの免疫療法に関する。本発明は、単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープにさらに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激し、または生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分...

    非小細胞肺がんおよびその他のがんに対する免疫療法で使用するためのペプチドおよびペプチド組み合わせ

  20. 【課題・解決手段】本明細書は、免疫療法で使用するためのペプチド、タンパク質、核酸、および細胞に関する。特に、本明細書は、がんの免疫療法に関する。本明細書は、単独のまたはその他の腫瘍関連ペプチドと組み合わされた、腫瘍関連T細胞ペプチドエピトープにさらに関し、それは、例えば、抗腫瘍免疫応答を刺激しまたは生体外でT細胞を刺激して患者に移入する、ワクチン組成物の活性医薬品成分...

    がんに対する免疫療法で使用されるペプチドおよびペプチドの組み合わせ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 699