ピアサー に関する公開一覧

ピアサー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ピアサー」の詳細情報や、「ピアサー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ピアサー」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(410件中)3/21ページ目

  1. 【課題】管内面の硬さを安定して規格の上限以下に確保できる高強度ラインパイプ用継目無鋼管の製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも(1)式のPcmが0.10〜0.20%である低炭素鋼の鋼管をオーステナイト化温度に加熱した後、鋼管を水槽内に浸漬させるとともに、鋼管の一端から鋼管内に冷却水を噴射して焼入れ処理を施すに際し、鋼管内を流れる冷却水の流速vが6.0〜10.0m/...

    高強度ラインパイプ用継目無鋼管の製造方法

  2. 【課題】酸性やアルカリ性溶液、さらには両方の溶液が流れる環境下で使用しても十分な防食性を発揮することができる、酸性・アルカリ性環境下での防食性に優れた内面被覆鋼管を提案する。【解決手段】鋼管の内面に、2.5〜85μmの厚みで亜鉛めっき層を有し、その上に10〜500μmの厚みで有機樹脂層をそなえる内面被覆鋼管において、 上記有機樹脂層中に、下記A群のうちから選んだ少な...

  3. 【課題】鋼管などの金属の管材の内側表面上に生じた凹み欠陥や、ラップ状の浅い欠陥であっても検出することができる超音波探傷方法、超音波探傷装置、および管材製造方法を提供すること。【解決手段】鋼管1の内側表面Bに向けて超音波信号を発生する超音波探触子2と鋼管1とを相対的に移動した時のエコー信号の波形データを取得して保持する波形メモリ11と、保持された波形データをもとに内側表...

    超音波探傷方法、超音波探傷装置、および管材製造方法

  4. 【課題】継目無鋼管の製造において非定常部特に先端近傍で大きくなる穿孔時の偏肉を抑制することが可能な継目無鋼管の製造方法を提供する。【解決手段】バー2先端にプラグ1を取付け同バー後端を固定した前記バーの長さ方向の先後端以外の少なくとも1箇所をバー保持装置3で保持し、丸断面の熱間鋼素材を断面円周方向に回転させつつ、該熱間鋼素材の先端に前記プラグを押し当てて穿孔を行う継目無...

    継目無鋼管の製造方法

  5. 【課題・解決手段】ピア・ツー・ピアオーバーレイネットワーク上で記憶されたデータの記憶許可およびアクセス制御が提供される。発行ノードは、オーバーレイネットワークの記憶ノードにデータを記憶する。発行ノードは、記憶されるべきデータのタイプと関連付けられた用途文字列の関数としてリソース識別子を生成することにより、データ記憶許可を容易にすることに適応している。リソース識別子およ...

    分散された記憶ネットワークにおけるデータ許可のためのシステムおよび方法

  6. 【課題】従来と同等以上の強度を有し、かつ広範囲の温度で延性を持たせたモリブデン耐熱合金を提供する。【解決手段】本発明のモリブデン耐熱合金は、Moを主成分とする第1相と、Mo−Si−B系金属間化合物粒子相を含む第2相と、を有し、残部が不可避不純物であり、Si含有量が0.05質量%以上、0.80質量%以下、かつBの含有量が0.04質量%以上、0.60質量%以下である。

    モリブデン耐熱合金

  7. 【課題】 マンドレルミルにおけるアンダーフィルおよびオーバーフィルを効率的に防止する多ロールマンドレルミルおよびこれを用いた継目無管の製造方法を提供。【解決手段】小径管の製管段取において、ロールチョック部の干渉をなくし、孔型ロール間の隙間調整できる範囲を広げるため、「段取別ロールチョック部等の設計適正化」を図った多ロールマンドレルミルは、管材を圧下するロール孔型とし...

    多ロールマンドレルミルおよび継目無管の製造方法

  8. 【課題・解決手段】C:0.15〜0.65%、Si:0.05〜0.5%、Mn:0.1〜1.5%、Cr:0.2〜1.5%、Mo:0.1〜2.5%、Ti:0.005〜0.50%およびAl:0.001〜0.50%と、必要に応じて、Nb:≦0.4%、V:≦0.5%、B:≦0.01%、Ca:≦0.005%、Mg:≦0.005%およびREM:≦0.005%から選択される1種以上と、...

  9. 【課題・解決手段】熱間加工による造管工程を経た肉厚30mmを超える鋼管に焼入、焼戻の熱処理を施すに当たり、加熱段階の、少なくとも750℃以上の温度範囲において、(a)加熱手段として、周波数200Hz以下の誘導加熱を用いて、鋼管を900℃以上1000℃以下の温度に加熱した後、水冷して焼入れを行う焼入工程、(b)500℃以上750℃以下で焼戻す焼戻工程を順に行うことにより...

  10. 【課題】加熱されたワークの自重による変形を防止して高負荷での加工を可能とするとともに、その作業効率性と製品歩留まりとに優れた中空部品の深穴成形装置を提供する。【解決手段】丸棒状ワークWの基端側を片持ち支持してその先端側に往復進退させるワーク把持部11と、ワークガイド12の前方側に取り付けられ挿入される丸棒状ワークWの下部側に当接して水平支持するワーク支持部13と、丸棒...

    中空部品の深穴成形装置及び成形法

  11. 【課題】継目無鋼管の先端部の内面の疵発生を有利に防止するビレットの穿孔圧延方法を提供する。【解決手段】ビレット10を加熱し、穿孔圧延する方法において、前記穿孔圧延するより前に、ビレットの先端部に、外面へのテーパ加工20を施す。ビレット10の、テーパ加工前の直径をDb、テーパ加工後の先端位置および該先端位置から100mm内側の位置における直径をそれぞれD0、D100とし...

    ビレットの穿孔圧延方法

  12. 【課題】生体内の、特に遺伝子治療における注入装置を提供する。【解決するための手段】体組織内に流体を注入する装置は、中空針6と、流体送り込み手段12,10から成る。この装置は、使用時に流体送込み手段12,10を作動させ、針を体組織内に挿入する際に流体を自動的に体組織に注入するよう構成されている。

    エレクトロポレーション装置及び注入装置

  13. 【課題】傾斜きずを手動で探傷する際に、管状被探傷材の肉厚方向についての傾斜きずの位置や、傾斜きずの傾斜角度を容易に評価できる超音波探傷方法及び装置等を提供する。【解決手段】本発明に係る超音波探傷装置100は、所定の環状の曲面に沿って配列された複数の振動子11を備える超音波探触子1と、複数の振動子の内、少なくとも2つ以上の振動子を選択して、管状被探傷材Pに対して超音波を...

    超音波探傷方法及び装置

  14. 【課題】1000℃を越えるような高温域の加工に供しても耐焼付き性と耐摩耗性に優れかつ熱亀裂感受性が低く切削加工も可能な表層を有する高温加工用の工具を提供する。【解決手段】工具基材133と、工具基材133の表面に形成された肉盛層134とを有し、肉盛層134は、金属粒およびこの金属粒と異なる材質の金属粒を含む結合材から形成される高温加工用工具とする。この構成により、PTA...

    高温加工用工具

  15. 【課題】 本発明は、難加工性材料ピアサー穿孔時の内面疵発生を防止する難加工性材料のピアサー穿孔方法を提供する。【解決手段】 難加工性材料をピアサーミルで圧延穿孔し継目無鋼管を製造する方法において、材料温度に対する熱間変形抵抗(σ[MPa])との関係式(1)式で表され難加工性材料をピアサー穿孔するに当たり、穿孔直前材料温度(T[K])と穿孔中の材料先進速度(V[mm...

  16. 【課題・解決手段】本発明に係る超音波探傷方法は、複数の振動子11を備えた超音波探触子1を管状の被探傷材Pに対向配置するステップと、管状被探傷材内での超音波の伝搬方向が複数の異なる伝搬方向となるように、複数の振動子の中から適宜の振動子を選択して超音波を送受信させるステップとを含み、複数の伝搬方向についての超音波の外面屈折角θrがそれぞれ略同等となるように、及び/又は、複...

    超音波探触子、超音波探傷装置、超音波探傷方法及び継目無管の製造方法

  17. 【課題】樽型圧延ロールの噛み込み性を損なうことなく、肌荒れの悪化を抑止できる継目無鋼管の製造方法を提案する。【解決手段】樽型圧延ロールのロール表面へ供給するロール冷却水の水量分布を、ゴージ部周辺の冷却能力がその入・出両側の冷却能力よりも高くなる分布としたとしたことを特徴とする継目無鋼管の製造方法。さらに、前記ゴージ部周辺の冷却能力がその入・出両側の冷却能力の1.3倍以...

    継目無鋼管の製造方法

  18. 【課題・解決手段】本発明の熱間粉体潤滑剤組成物によれば、硼酸ナトリウムの無水塩、5水塩または10水塩のいずれか、および脂肪酸のNa塩またはCa塩のいずれかの混合に加え、補助潤滑剤として炭酸カルシウムまたは炭酸リチウムを混合することで、製管工程後にアモルファスとして固化した硼酸ナトリウム(Na2B4O7)の吸湿、乾燥および結晶化の反応を防止し、仕上製品管の内面にNa2B...

    熱間粉体潤滑剤組成物および継目無管の製造方法

  19. 【課題】 構造が簡略で、簡単に交換でき、かつプラグ内部を冷却することができるプラグとマンドレルの固定ができる継目無鋼管を穿孔圧延する際に用いる穿孔機のプラグ固定装置を提供する。【解決手段】 継目無鋼管を穿孔圧延する際に用いるピアサープラグをマンドレルに固定するに当たり、バーキャップに突起のある半月キーを用いて、該半月キーの突起部をプラグ内部に掛けることにより固定す...

    穿孔機のプラグ固定装置

  20. 【課題・解決手段】「ロールチョック部のコンパクト化」を図った多ロールマンドレルミルは、管材を圧下するロール孔型として複数の孔型ロール本体を具備し、これらを駆動するバックアップロールがそれぞれ配置された圧延スタンドを複数基備えるマンドレルミルであって、前記孔型ロール本体の内部にベアリングが格納されていることを特徴とする。「段取別ロールチョック部等の設計適正化」を図った多...

    多ロールマンドレルミルおよび継目無管の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 19