ピアサー に関する公開一覧

ピアサー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ピアサー」の詳細情報や、「ピアサー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ピアサー」の意味・用法はこちら

261〜280件を表示(391件中)14/20ページ目

  1. 【課題】マルテンサイト系ステンレス鋼管の従来の製造方法は、いずれも、製管加工後に多くの熱処理を要するため、経済的に製造できない。【解決手段】C:0.005 〜0.02%、Si:1.0 %以下、Mn:0.2 〜2.0 %、P:0.03%以下、S:0.005 %以下、Cr:7.0 〜14.0%、Ni:1.0 〜7.0 %、Ti:3.5(C+N) 〜0.15%、N:0.01...

    マルテンサイト系ステンレス鋼管の製造方法

  2. 【課題】本発明は、厚肉であっても、角部の曲率が小さく、且つ辺の平坦な製品が得られる継目無角形鋼管の製造方法を提供することを目的としている。【解決手段】継目無鋼管製造設備でビレットを穿孔して得た円筒状素管を、引き続き定形圧延機で熱間圧延して角筒に成形するに際し、前記定形圧延機のうち最初の角成形スタンド入側での円筒状素管の外径D0 と、該スタンドも含めそれ以降のスタンド出...

    継目無角形鋼管の製造方法

  3. 【課題】Cr含有量が15重量%未満のFe基合金製の鋼管で、定径仕上げ圧延機出側の温度が900℃を超える場合に著しくなる酸化スケールの部分剥離や押し込みに起因するアバタ疵が少なく、表面性状に優れた見栄えの良好な製品鋼管を得ることができる既存の製造設備に直ちに適用可能な継目無鋼管の製造方法とそのための製造設備。【解決手段】サイザーやストレッチレデューサーなどの定径仕上げ圧...

    表面性状に優れた継目無鋼管の製造方法および継目無鋼管の製造設備

  4. 【課題】4.5重量%以上のCrを含有するFe基合金からなる素管をプラグミルで圧延する際、その肉厚圧下量を2.5mm超にして圧延する場合でも、良好な内面性状が得られ、しかも十分なプラグ寿命が確保できる継目無金属管のプラグミル圧延方法。【解決手段】プラグをその軸長方向へ2.0mm/sec以上の速度で移動させる一方、素管の内部に、主成分がアルミニウム、珪素、カルシウム、チタ...

  5. 【課題】高合金鋼などの難加工材ビレットを穿孔圧延する場合でも内面に傷を発生させず、しかも破損を招くことなく高効率で製管できる長寿命のセラミック製プラグを得る。【解決手段】セラミックを素材として全体を一体形成し、プラグ保持用バーへの取付け用の嵌合部8を後端面7側に円柱状に凸設した。先端3を含め全体がセラミックからなるため、製管される素管内面に傷を付けない。嵌合部8が凸設...

    継目無し鋼管製造用プラグ

  6. 【課題】本発明は、厚肉であっても、角部の丸みが少なく、且つ辺の平坦な製品が得られる継目無角形鋼管の製造方法を提供することを目的としている。【解決手段】継目無鋼管製造設備で鋼鋳片を穿孔して得た円筒状素管を、引き続き、各スタンドのロールのカリバが円筒状から角状まで変化する複数段の成形圧延機で熱間圧延して角筒に成形するに際し、最初の角カリバーを有するスタンドで、周長li の...

    継目無角形鋼管の製造方法

  7. 【課題】本発明は、ピアサー穿孔における丸鋼材とピアサーロールとのスリップ防止剤を吹き付けるピアサーロールのスリップ防止方法を提供すること。【解決手段】ピアサーロールのスリップを防止する方法において、丸鋼材を圧延中ピアサーロールを駆動させているモータ電流値をピアサーロール電流計に設けられたセンサーにて刻々検知し、該センサーからの所定電流値以下のときは、スリップ発生と予測...

    ピアサーロールのスリップ防止方法

  8. 【目的】継目無鋼管の傾斜圧延の如くの熱間加工に際し、加工具と被加工材の間の摩擦係数を軽減し、加工具の寿命を延長させること。【構成】熱間加工用潤滑剤組成物において、ケイ酸ソーダ(無水物)10〜60重量部、シランカップリング剤 2〜20重量部、リチウム塩 0.1〜 5.0重量部、水30〜70重量部の4成分からなるもの。

    熱間加工用潤滑剤組成物

  9. 【課題】ピアサーおよびエロンゲータ用の穿孔プラグの冷却効率を向上し、耐用回数を増加する。【解決手段】筒状の二重容器2の内管7には、複数の噴射孔3が穿設されている。外管6には、冷却水を供給するための送水管4が外側から貫通して設けられている。外管6、内管7および側壁フランジ12によって形成された空間に冷却水10が収容される。二重容器2によってプラグを被覆し、冷却水供給機構...

    プラグの冷却方法および装置

  10. 【課題】プラグ寿命の延長を図り得る継目無金属管の穿孔圧延方法を提供する。【解決手段】プラグの各部位に温度測定手段を埋設して穿孔圧延中のプラグ温度を測定し、この測定結果に基づいてピアサー穿孔条件および/またはプラグの冷却条件を調整する。【効果】プラグ原単位が向上し、製品の製造コスト低減が図れる。

    熱間継目無金属管の穿孔圧延方法

  11. 【課題】本発明は、ロール・スタンド数を増設せずに、現状より一段と素管を絞れる鋼管の絞り圧延方法を提供することを目的としている。【解決手段】孔形ロールを用いた絞り圧延機で、鋼管の肉厚を薄く絞り込むに際して、上記孔形ロールのカリバー部に、増摩剤を吹付ける。

    鋼管の絞り圧延方法

  12. 【課題】高拡管比、かつ低穿孔比での厚肉穿孔が可能な継目無管の穿孔圧延法を提供する。【解決手段】プラグとしてその圧延部を軸長方向に2分割してなり、先端球面の曲率半径をrp、前段部の軸長方向長さをL1 、後段部のテーパ角度と軸長方向長さをθ1 、L2 、リーリング部のテーパ角度と軸長方向長さをθ2 、L3 としたとき、これらが下記式を満たすものを用いる。0.14×Bd≦r...

    継目無管の製造方法

  13. 【課題】製管ライン内で製管に引き続いて熱処理を行い、異方性がなく強度と耐食性に優れたマルテンサイト系ステンレス鋼の継目無鋼管を製造する方法の提供。【解決手段】マルテンサイト系のステンレス鋼を用いて継目無鋼管を製造する方法であって、下記〜の工程を順次行うことを特徴とする。中空素管に施す延伸加工および仕上げ加工を、両加工における合計の加工度で40%以上、仕上げ温度 800...

  14. 【課題】低降伏比で製品の円周方向および長手方向での特性のバラツキの少ない高強度、高靱性継目無鋼管、特にラインパイプとして好適な鋼管、の製造方法を提供する。【解決手段】下記の (a)式で定義される炭素当量Ceqが 0.6重量%以下の鋼片を用いて熱間加工により継目無鋼管を製造し、熱間加工後の鋼管を、その温度が Ar3変態点以下にならないうちに「A3変態点−50℃」〜「A1...

  15. 【課題】オンライン溶体化処理によりオーステナイト系ステンレス継目無鋼管を製造する。【解決手段】オーステナイト系ステンレス鋼のビレットを、加熱して熱間で穿孔し、続いて下記式で求めた平均歪速度が0.01/秒以上、断面圧縮率で10%以上の仕上圧延(延伸加工+仕上加工)を仕上がり温度800℃以上1050℃で行ったのち、直ちに1000℃以上1150℃以下に再加熱して10秒以上3...

  16. 【課題】製管ライン上で熱処理し、靭性と高温でのクリープ破断強度に優れた低合金継目無鋼管を製造する。【解決手段】C:0.04〜0.20%、Si:1.0%以下、Mn:0.1〜1.5%、Cr:0〜3.5%、Mo:0〜2.5%を含有し、残部がFeおよび不可避的不純物からなるビレットを、加熱して熱間で穿孔、圧延して継目無鋼管を製造するに際し、穿孔に続いて、断面圧縮率で40%以上...

    高温強度に優れた低合金継目無鋼管の製造方法

  17. 【課題】高W二相ステンレス鋼製の継目無鋼管の製造方法を提供する。【解決手段】1.5重量%超、5重量%以下のWを含有する二相ステンレス鋼製のビッレトを、フェライト含有量が40〜80体積%になる温度域に加熱した後、穿孔圧延もしくは穿孔圧延に引き続く傾斜ロール式管圧延機による延伸圧延を、延伸比3.0以下の条件で行う。【効果】管外面のしわ疵と被れ疵は勿論、管内面の被れ疵のない...

    二相ステンレス鋼製継目無鋼管の製造方法

  18. 【目的】継目無鋼管の傾斜圧延の如くの熱間加工に際し、加工具と被加工材の間の摩擦係数を軽減し、加工具の寿命を延長させること。【構成】熱間加工用潤滑剤組成物において、ケイ酸ソーダ(無水物)10〜60重量部、シランカップリング剤 2〜20重量部、リチウム塩 0.1〜 5.0重量部、水30〜70重量部の4成分からなるもの。

    熱間加工用潤滑剤組成物

  19. 【課題】熱間製管工具の使用寿命を延ばし、熱間コストを低減する。【解決手段】鋼製基体の表面に酸化スケールを形成して使用する熱間製管工具を繰り返し使用する際に、使用限界に至る手前で使用を停止する。使用を停止した工具にデスケール処理およびスケール付け熱処理からなる再生処理を行う。再生処理を挟みながら使用を繰り返す。

  20. 【目的】直接焼入れ法を用いての、大きな硫化物応力割れ抵抗性と高強度および高靱性を有する継目無鋼管の製造方法の提供。【構成】所定の化学組成を有し且つ、Ti(%)−(48/14){N(%)−(14/91)Zr(%)}>0であるビレットを、熱間で穿孔、圧延して継目無鋼管を製造するに際し、穿孔に続いて、断面圧縮率が40%以上の仕上げ圧延を仕上がり温度800〜1050℃で行い、...

    耐硫化物応力割れ性に優れた高強度継目無鋼管の製造方法

  1. 1
  2. ...
  3. 9
  4. 10
  5. 11
  6. 12
  7. 13
  8. 14
  9. 15
  10. 16
  11. 17
  12. 18
  13. 19
  14. ...
  15. 20