ピアサー に関する公開一覧

ピアサー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ピアサー」の詳細情報や、「ピアサー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ピアサー」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(265件中)1/14ページ目

  1. 【課題】HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良の提供。【解決手段】本開示は、コンピューターで駆動され、分子生物学、自動化、および高度な機械学習プロトコールを統合するHTP微生物ゲノム操作プラットフォームを提供する。この統合プラットフォームは、一式のHTP分子ツールセットを利用して、HTP遺伝子設計ライブラリーを生み出す。これらのライブラリーは、とりわけ、...

    HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良

  2. 【課題】溶射皮膜の密着性及び耐摩耗性に優れたピアサープラグを提供する。【解決手段】ピアサープラグ10は、後端面11cを除く表面の少なくとも一部を含む部分がオーステナイト合金で形成された本体11と、本体11のオーステナイト合金で形成された表面の少なくとも一部を覆う溶射皮膜12を備える。溶射皮膜12は、オーステナイト合金を含む。

    ピアサ−プラグ及びその製造方法

  3. 【課題】HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良の提供。【解決手段】本開示は、コンピューターで駆動され、分子生物学、自動化、および高度な機械学習プロトコールを統合するHTP微生物ゲノム操作プラットフォームを提供する。この統合プラットフォームは、一式のHTP分子ツールセットを利用して、HTP遺伝子設計ライブラリーを生み出す。これらのライブラリーは、とりわけ、...

    HTPゲノム操作プラットフォームによる微生物株の改良

  4. 【課題】バレル型ロールを用いた継目無鋼管の製造において、Crを5.0mass%以上含有する難加工材の真円度不良を防止することができる、継目無鋼管の圧延方法および継目無鋼管の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】5.0mass%以上のCrを含有する継目無鋼管の圧延方法であって、5.0mass%以上のCrを含有する鋼鋳片を、加熱炉で加熱後、ピアサー・ミルで穿孔し...

    継目無鋼管の圧延方法および継目無鋼管の製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、カートリッジに関連し、カートリッジは、内部体積を画定する外部シェルであって、第一の構成要素を含み、第一の構成要素の放出のための第一の開口部を有する第一の貯蔵部と、第二の構成要素を含み、第二の構成要素の放出のための第二の開口部を有する第二の貯蔵部と、第一の開口部をシールする第一の構成要素に不透過性である第一の取り外し可能なフィルムと、第二の開...

    カートリッジおよびカートリッジを含むエアロゾル形成物品のためのシステム

  6. 【課題・解決手段】優れた耐母材変形性を有するピアサープラグを提供する。ピアサープラグ(10)の製造方法は、先端部(11)と、バーを取り付けるための穴(121)を含み、先端部(11)の後方に配置される筒部(12)とを備えるプラグ本体(1)を準備する工程と、先端部(11)の表面上に肉盛層(2)を形成する工程と、肉盛層(2)が形成された先端部(11)の温度がオーステナイト変...

    ピアサープラグの製造方法

  7. 【課題】薄肉、長尺の継目無鋼管に対し、鋼管肉厚方向、長手方向で機械的特性のばらつきが少ない継目無鋼管の製造方法および継目無鋼管製造設備を提供することを目的とする。【解決手段】鋼素材を加熱した後、加熱された前記鋼素材に穿孔圧延を施して中空素材とし、前記中空素材に熱間加工を施して継目無鋼管とするにあたり、穿孔圧延後、前記中空素材の先端と後端を反転させてから熱間加工を施すと...

    継目無鋼管の製造方法および継目無鋼管製造設備

  8. 【課題】簡便に、圧延中の金属管の疵を検出し、抑制することを可能にする金属管疵発生予測システム、金属管圧延システム、金属管疵発生予測方法、および金属管の製造方法を提供する。【解決手段】圧延中の金属管Xの周方向の少なくとも一部の領域の外面曲率を測定し、外面曲率に基づいて金属管Xの疵の発生の有無を判定する疵発生判定部21を備える金属管疵発生予測システム2。金属管疵発生予測シ...

    金属管疵発生予測システム、金属管圧延システム、金属管疵発生予測方法および金属管の製造方法

  9. 【課題】プラグミルで好適に使用できるように潤滑剤の流路を内蔵し、かつ寿命の長いプラグバーを提供する。【解決手段】継目無鋼管を製造するために予め穿孔した素管1にプラグ2を挿入して延伸圧延を行なうプラグミルにて前記プラグを装着するプラグバー3であって、プラグバー3の先端に鋼製導管10を取り付けた先端金具4を配設し、かつプラグバー3の後端から先端金具4に到る弾性管8を内蔵す...

    プラグミルのプラグバー

  10. 【課題・解決手段】本発明は、シェービング中に流体を供給するためのかみそり(100)に関する。かみそりは、ハンドル(200)及びハンドルに取り外し可能に取り付けられたかみそりカートリッジ(300)を含む。かみそりカートリッジは、前面(308)及び裏面(310)を有するハウジング(302)、並びに裏面から前面まで延在する開口部(316)を含む。カートリッジ連結構造体(31...

    液体供給かみそりのためのかみそりカートリッジ

  11. 【課題】比較的長時間、比較的一定の高温に維持することができるように長持ちする熱源を有するインスタント自己発熱容器を提供すること。【解決手段】インスタント自己発熱容器50は、開放上端と閉鎖下端とを有する外側ハウジング52を含む。蓋54が外側ハウジング52の開放上端に取り付けられ、熱溶接または超音波溶接、接着剤、または他の適切な手段でハウジング52に取り外せないように接着...

    インスタント自己発熱ディスペンサー

  12. 【課題・解決手段】本発明の検体処理測定システム2000は、検体の処理を並行して実行するために、複数の処理レーンを備える移動ステージ2300と、検体の処理に用いる消耗品を保管して移動ステージ2300に供給する消耗品供給モジュール2100と、検体の処理に用いるカートリッジを保管して、移動ステージ2300に供給するカートリッジ供給モジュール2500と、移動ステージ2400を...

    検体処理測定システム

  13. 【課題】継目無鋼管製造時の内面疵の発生を効果的に防止する。【解決手段】質量%で、Cu:0.25〜0.5%、Ni:0.5%以下、Sb:0.05〜0.5%を含み、Feを主成分とする化学組成を有する継目無鋼管の製造方法であって、(1)前記化学組成を有する鋼からなる丸ビレットを用意する工程と、(2)前記丸ビレットの少なくとも一方の端面に、Si化合物を含むスケール改質剤を塗布す...

    継目無鋼管の製造方法

  14. 【課題・解決手段】試料を受け入れて分析を行うデバイスであり、ここで分析は、溶液の使用を含む。このデバイスは、分析される試料を受け入れる試料受入部分と、溶液カプセルとを備える。溶液カプセルは、溶液カプセルが密閉された密封形態と、溶液カプセルと試料受入部分との間で流体連通を提供する流路を介して溶液カプセルの内容物が放出される放出形態と、を有する。デバイスは、さらに、アクチ...

    試料を受け入れ分析するデバイス

  15. 【課題】油井用として最適な、低温靭性、特に−20℃以下の条件下での衝撃吸収エネルギーに優れた油井用低合金高強度継目無鋼管を提供する。【解決手段】成分組成は、質量%で、C:0.15〜0.50%、Si:0.8%以下、Mn:0.3〜1.0%、P:0.012%以下、S:0.0050%以下、Al:0.01〜0.10%、N:0.01%以下、Cr:0.1〜1.7%、Mo:0.2〜2...

    油井用低合金高強度継目無鋼管

  16. 【課題・解決手段】寿命を長くしたピアサープラグ及びその製造方法を提供する。ピアサープラグ1は、先端部2と、先端部2と同じ素材で形成され、先端部2と連続する胴部3とを備える。胴部3は、バーを取り付けるための穴が形成された筒部5を含む。先端部2は筒部5よりも硬い。

    ピアサープラグ及びその製造方法

  17. 【課題】加工対象物の高融点化に対応した耐力や硬度等の物性を充足する、塑性加工用工具用の耐熱合金を提供する。【解決手段】本発明のモリブデン耐熱合金は、Moを主成分とする第1の相と、Ti、Zr、Hfの少なくとも1つの炭窒化物を主成分とする第2の相と、第1の相と第2の相の間に設けられ、MoとTi、Zr、Hfの少なくとも1つの炭窒化物の固溶体を有する第3の相とを有している。第...

    モリブデン耐熱合金、摩擦攪拌接合用工具、および製造方法

  18. 【課題・解決手段】本発明に車エアバッグ用高強靭継目無鋼管が開示され、その化学元素配合として、質量%で、C:0.05〜0.15%、Si:0.1〜0.45%、Mn:1.0〜1.9%、Ni:0.1〜0.6%、Cr:0.05〜1.0%、Mo:0.05〜0.2%、Cu:0.05〜0.50%、Al:0.015〜0.060%、Nb:0.02〜0.1%、V:0.02〜0.15%を含有...

  19. 【課題】急速加熱下での高温強度に優れた鉄系耐熱合金を提供することを課題とする。【解決手段】C:0.14〜0.41wt%、Si:0.40〜1.09wt%、Mn:0.49〜1.13wt%、Ni:1.03〜3.09wt%、Cr:0.11〜1.01wt%、W:0.51〜4.39wt%、V:1.46〜3.41wt%であり、残部がFe及び不可避不純物である鉄系耐熱合金であって、こ...

    鉄系耐熱合金及び鉄系耐熱合金の製造方法

  20. 【課題・解決手段】本発明の課題は、従来よりも加工対象物の高融点化に対応した耐力や硬度等の物性を充足する、塑性加工用工具用の耐熱合金を提供することにある。本発明のタングステン耐熱合金は、Wを主成分とする第1の相と、Ti、Zr、Hfの少なくとも1つの元素の炭窒化物を有し、Wを除いた場合に前記炭窒化物を主成分とする第2の相と、周期律表5A族元素の少なくとも一つの元素の炭化物...

    タングステン耐熱合金、摩擦攪拌接合工具、および製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 14