ナガイモ に関する公開一覧

ナガイモ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ナガイモ」の詳細情報や、「ナガイモ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ナガイモ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(920件中)1/46ページ目

  1. 【課題・解決手段】ゲノム編集効率、特にT1世代以降におけるゲノム編集効率がより高い植物ゲノム編集技術を提供すること。RPS5Aプロモーター、及び該プロモーターの制御下に配置されたCasタンパク質コード配列を含む、ポリヌクレオチドを用いる、植物ゲノム編集技術。

    Casタンパク質発現カセット

  2. 【課題】 アレルギーを引き起こす恐れのある木の実が食品原料や製品等に含まれていた場合に、その量が微量であっても高感度で検出する。【解決手段】 アレルギーを引き起こす恐れのある木の実(アーモンド、ビーチナッツ、ブラジルナッツ、バターナッツ、カシューナッツ、クリ、チンカピン、ココナッツ、銀杏、ヘーゼルナッツ、ヒッコリーナッツ、ライチ、マカダミアナッツ、ピーカンナッツ、...

    プライマー及び木の実の検出方法

  3. 【課題・解決手段】殺菌剤又は殺バクテリア剤用の新規な組成物を提供する。式(I)で表されるオキシム置換アミド化合物、そのN−オキシド又はその塩の活性成分Aと、殺菌又は殺バクテリア化合物の活性成分Bを含有する、殺菌剤又は殺バクテリア剤用の組成物。[化1][G1はG1−1等の構造を表し、G2はG2−1等の構造を表し、Wは酸素原子等を表し、X1はジフルオロメチル等を表し、X2...

    殺菌又は殺バクテリア組成物及び病害の防除方法

  4. 【課題・解決手段】多様な野菜類、果実類、藻類等を組成物中で安定的に存在させ、かつ多様な用途に用いることができる様々な利用特性をもった組成物を提供する。野菜類、果実類及び藻類から選ばれる1種以上の食品微粒子と油脂とを含有する油脂組成物であって、(1)食品微粒子の含有量が2質量%以上98質量%以下、(2)全油脂分割合が10質量%以上98質量%以下、(3)超音波処理を行った...

  5. 【課題】タバコの成分を含まない植物の芳香や味わいを楽しむことができる非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ用充填物の製造方法を提供する。【解決手段】非タバコ植物を含有する水性スラリーを調整する工程(S1)と、水性スラリーからシートを形成する工程(S2)と、シートの含水量を50重量%未満に減少させる工程(S3)と、50℃未満の温度でエアロゾルフォーマをシートに加える...

    非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジの製造方法、および非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ

  6. 【課題】タバコの成分を含まない植物の芳香や味わいを楽しむことができる非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ用充填物およびその製造方法を提供する。【解決手段】海藻、米、麦、蕎麦、キノコ、漢方薬等から選ばれた非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ用充填物、および、非タバコ植物を含有する水性スラリーを調整する工程(S1)と、水性スラリーからシートを形成する工程(S2...

    非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ用充填物および非タバコ植物を用いた電子タバコカートリッジ用充填物の製造法

  7. 【課題】簡便にケラチノサイトの分化を促進することができる、新たなケラチノサイト分化促進剤を提供する。【解決手段】植物由来セラミドを有効成分とするケラチノサイト分化促進剤。

    ケラチノサイト分化促進剤

  8. 【課題】本発明は、カテキン脂肪酸誘導体を含む新規な化粧料及び皮膚外用剤を提供することを主な課題とする。【解決手段】化学式(1)で表されるエピガロカテキンガレート誘導体若しくはその異性体、又はそれらの塩を含むことを特徴とする、化粧料及び皮膚外用剤。

    カテキン脂肪酸誘導体の化粧料

  9. 【課題】柔らかく、かつ見た目の良い加工野菜を提供すること。【解決手段】 以下の(1)から(4)の工程を含む加工野菜の製造方法: (1)野菜をブランチングする工程、 (2)ブランチング後の野菜を凍結させる工程、 (3)凍結後の野菜をクエン酸ナトリウム溶液に浸漬させる工程、 (4)浸漬後の野菜をスチーム加熱又はボイル加熱する工程。

    加工野菜の製造方法

  10. 技術 焼き菓子

    【課題】不溶性食物繊維を豊富に含有しながらも風味に優れ、製造適性にも優れた焼き菓子の提供。【解決手段】不溶性食物繊維を3〜17質量%、糖アルコールを7.5〜15質量%含有し、前記不溶性食物繊維の含有量に対する前記糖アルコールの含有量の比の値が0.9〜4である、焼き菓子。不溶性食物繊維が穀物由来、好ましくはふすま由来の不溶性食物繊維を含む、前記焼き菓子。糖アルコールが還...

  11. 【課題】新規な殺菌剤、特に農園芸用殺菌剤の提供。【解決手段】式(I)のヒドラゾン誘導体又はその塩、及びそれらを含有する殺菌剤。[WはO又はS;AはO又はS;R1はC1〜C6アルキル、C1〜C6アルコキシ等;R2はH、C1〜C6アルキル等;R3はH、C1〜C6アルキル等;R4及びR5は夫々独立にHハロゲン等;R6〜R9は夫々独立にH、ハロゲン、ニトロ、シアノ等;R10は...

  12. 【課題】骨肉分離肉を主材として用いながら、成形性が良好で、食感に優れる揚げ蒲鉾を調製し得る揚げ蒲鉾用組成物、および、魚肉すり身を主材として含有する揚げ蒲鉾と、同等の食感を有する揚げ蒲鉾を提供する。【解決手段】植物性タンパク質および骨肉分離肉を含有する混合物に、トランスグルタミナーゼを添加して、揚げ蒲鉾用組成物とする。

  13. 【課題】包装袋、包装容器、蓋材に成形することで青果物などの食品の鮮度を長期間安定的に保持することが可能であり、かつ、使用時の耐久安定性に優れた包装フィルムを作製する技術を提供する。【解決手段】本発明の包装フィルムの製造方法は、樹脂フィルム2を準備する工程と、レーザー照射装置3を用いてレーザー照射することにより前記樹脂フィルム2に貫通孔を穿孔する工程と、を含み、前記貫通...

    包装フィルムの製造方法、包装袋の製造方法、包装容器の製造方法、蓋材の製造方法、包装体の製造方法

  14. 【課題】低薬量でも植物病害に対して優れた防除効果を示し、かつ、有用植物に対する薬害の心配がない農園芸用殺菌剤組成物を提供する。【解決手段】(I)下記式(C)で表される含窒素ヘテロ環化合物またはその塩からなる薬剤Iと、[化1] (II)メトミノストロビンまたはイソフェタミドからなる薬剤IIとを含有する、農園芸用殺菌剤組成物。

  15. 【課題】 新規な殺菌剤、特に農園芸用殺菌剤を提供する。【解決手段】 式(I):【化1】[式中、GはG−1、G−2等を表し、W及びAは酸素原子を表し、R1はC1〜C6アルキルを表し、R4はC1〜C6アルキル等を表し、R2、R3、R5、R6及びR7は水素原子を表し、R8及びR9はC1〜C6アルキルを表し、Zはハロゲン原子等を表し、nは0、1又は2の整数を表し、pは0、...

  16. 【課題】人間が摂取しやすいペースト状の形態に加工されており、かつ抗酸化力の高い植物原材料に由来する発酵エキスをバランス良く含む植物発酵食品に係る技術を提供する。【解決手段】経口摂取用植物発酵ペーストは、植物原材料に由来する発酵エキスと、抗酸化成分と、ミネラル分とを含む経口摂取用植物発酵ペーストであって、前記植物原材料が、にんにく、たまねぎ、茶葉、トマト、メロンおよびグ...

    経口摂取用植物発酵ペーストおよび経口摂取用組成物

  17. 【課題・解決手段】本発明は、カンナビノイド組成物に関する。これらの組成物は、カプセル化(例えば、マイクロカプセル化)され得る。詳細には、これらの組成物は、経口消費または局所処置などを通して、対象に投与することができる。上記組成物は、複数のマイクロカプセルを含み得、上記複数のマイクロカプセルの個々のマイクロカプセルは、少なくとも1種のカンナビノイド化合物を含み、かつ上記...

    マイクロカプセル化カンナビノイド組成物

  18. 【課題】良好な安全性を実現しつつ、メラニン生成を充分に抑制できるメラニン生成抑制剤と、これを用いた化粧料組成物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明のメラニン生成抑制剤は、メラニンの生成を抑制する有効成分としてミツマタ抽出物を含有するメラニン生成抑制剤であって、前記ミツマタ抽出物が、ミツマタの樹皮の白皮から抽出された抽出物であることを特徴とする。また、本発明の...

  19. 【課題】青果物の劣化または腐敗を安定的に抑制する。【解決手段】有孔合成樹脂フィルムから構成された青果物鮮度保持包装袋であって、前記有孔合成樹脂フィルムの40℃における開孔面積比率R1(%)と、前記有孔合成樹脂フィルムの5℃における開孔面積比率R2(%)と、から下記式(1)で算出される開孔変化率の値が、5以上50以下である、青果物鮮度保持包装袋。式:開孔変化率={(R1...

    青果物鮮度保持包装袋、これを用いた青果物入り包装体および青果物鮮度保持方法

  20. 【課題】本発明の目的は、界面活性剤を実質的に添加することなく、エンドグリコセラミダーゼを使用してスフィンゴ糖脂質からセラミドを効率的に製造する方法を提供することである。【解決手段】界面活性剤の実質的非存在下でエンドグリコセラミダーゼを使用してスフィンゴ糖脂質からセラミドを遊離させる際に、セラミド存在下でエンドグリコセラミダーゼによるスフィンゴ糖脂質の加水分解反応を開始...

    セラミドの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 46