ドーパミンアゴニスト に関する公開一覧

ドーパミンアゴニスト」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ドーパミンアゴニスト」の詳細情報や、「ドーパミンアゴニスト」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ドーパミンアゴニスト」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(905件中)1/46ページ目

  1. 【課題】吃音を治療するための融合ベンズアゼピンを提供する。【解決手段】本発明は、部分的には、CSPT回路障害に関連する1つ以上の兆候または症状を治療する(例えば寛解させる)ときに、選択的にD1/D5受容体に結合し、次にD1/D5受容体のドーパミンのアクセスを阻害する化合物を使用することに基づく。一実施形態では、その徴候または症状は吃音である。したがって、本発明は、吃音...

  2. 【課題・解決手段】本開示は、可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)の刺激剤の結晶性固体形態である化合物Iに関する。これらの固体形態の調製方法も本明細書に提供される。本発明はまた、これらの固体形態を含む医薬製剤および剤形、ならびに、単独でまたは1つもしくは複数のさらなる薬剤との組み合わせで、様々な疾患または障害を処置および/または予防するためのその使用にも関し;これらの疾...

    SGC刺激剤の固体形態

  3. 【課題・解決手段】本発明は、式Iの化合物:(I)及びその薬学的に許容し得る塩(式中、R1は、置換若しくは非置換のフェニルであるか、又は置換若しくは非置換のフェニルを含む縮合二環式である)に関する。更に、本発明は、式Iの化合物及びこのような化合物を含有する医薬組成物を製造する方法及び使用する方法に関する。該化合物は、疼痛等のTRPA1によって媒介される疾患及び病態の処置...

    スルホニルピリジルTRP阻害剤

  4. 【課題・解決手段】ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ2(DGAT2)の活性を阻害する式(I)の化合物、および動物におけるそれに関連する疾患の処置でのそれらの使用が、本明細書において記述されている。化1】。

    ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ2阻害剤

  5. 【課題・解決手段】神経変性障害を治療するためのニコチンアミドリボシド及びプテロスチルベンの組合せを含有する組成物、並びにこれらの組成物及びその均等物を用いる神経変性障害の治療方法が記載されている。これらの組成物又は方法を用いて治療され得る神経変性障害には、パーキンソン病、ハンチントン病、アルツハイマー病等が含まれ得る。実施形態では、ニコチンアミドリボシド及びプテロスチ...

  6. 【課題・解決手段】メマンチンを全身的に送達するための経皮送達システムであって、薬物リザーバ層および粘着剤層を、任意選択で1つまたは複数の中間層および/または支持層とともに含み、薬物リザーバ層が、アクリレートポリマーまたはコポリマー、透過促進剤、担体、ならびにメマンチン塩とアルカリ塩との反応によってin situで生成されるメマンチン塩基を含む、経皮送達システムについ...

    メマンチン経皮送達システム

  7. 【課題】代謝型グルタミン酸受容体サブタイプ4(mGluR4)を調節し、かつ/またはグルタマートレベルもしくはグルタミン酸作動性シグナリングを変化させるための正のアロステリックモジュレーターの提供。【解決手段】新規なキノキサリン誘導体、より具体的な構造式を有する化合物として、下記の反応で得られる新規なキノキサリン誘導体に関する。

  8. 【課題・解決手段】本発明は脱ユビキチン化酵素(DUB)阻害剤の新規化合物およびその製造方法に関する。特に、本発明は、ユビキチンC末端ヒドロラーゼ30またはユビキチン特異的ペプチダーゼ30(USP30)の阻害剤に関する。この新規化合物は、式(I)(下記式(I))またはその医薬上許容される塩であり、ここでR1a、R1b、R1c、R1d、R1eおよびR1fは各々独立に水素、...

    DUB阻害剤としての1−シアノピロリジン誘導体

  9. 【課題・解決手段】本明細書では、タンパク質症の処置の効能を決定する方法、被検体におけるタンパク質症を診断する方法、タンパク質症を発症する被検体の危険度を決定する方法、被検体におけるタンパク質症の段階を決定する方法、被検体におけるタンパク質症をモニタリングする方法、被検体に対するタンパク質症の処置を選択する方法、および被検体の生体液を含む試料中の少なくとも1種のスフィン...

    タンパク質症のバイオマーカーおよびその使用

  10. 【課題】多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、ハンチントン病、アルツハイマー病等の神経変性疾患に有効な化合物、薬学的に許容される塩の提供。【解決手段】化学式(I)の化合物:R1及びR2は夫々独立してH、D、重水素化メチル、重水素化エチル、C1−6脂肪族、フェニル、飽和/部分的不飽和の3〜7員の単環式炭素環、N、O及びSから選択される1〜3個のヘテロ原子を有...

    重水素置換されたフマル酸誘導体

  11. 【課題】NR2B受容体をモジュレートすることにより、神経性疾患、脳機能異常、及び/又は双極性障害、強迫性障害、外傷後ストレス症候群、又は不安等の情緒障害の治療において有用な医薬組成物の提供。【解決手段】例えば下式で例示されるN−アルキルアリール−5−オキシアリール−オクタヒドロシクロペンタ[c]ピロール構造を有する化合物を含む組成物。

  12. 【課題】ムスカリンM1及び/又はM4受容体に選択的に結合し、認知障害;精神病性障害;急性、慢性、神経因性又は炎症性疼痛の処置に有用な新規ムスカリンM1及び/又はM4受容体アゴニスト化合物の提供。【解決手段】下記式(1b)で表される化合物又はその塩。(QはN、O及びSから選択される1〜4個のヘテロ原子を異項原子として含有する5〜7員の複素環(前記複素環は置換基を有してい...

    ムスカリンM1受容体アゴニストとしての二環式アザ化合物

  13. 【課題】医薬として使用され得るCXCR2阻害化合物および調節化合物を提供する。【解決手段】本発明は、医薬として有用なアミノピリジンカルボキサミドおよびアミノピリミジンカルボキサミド化合物、それらの合成方法、ならびに該アミノピリジンカルボキサミドまたはアミノピリミジンカルボキサミド化合物を含む医薬組成物を開示する。より詳細には、種々の炎症性および新生物疾患の処置に有用な...

  14. 【課題・解決手段】本発明は式(I)の新規化合物及び脱ユビキチン化酵素(DUB)の阻害剤の製造方法に関する。特に、本発明は、ユビキチンC末端加水分解酵素30又はユビキチン特異的ペプチダーゼ30(USP30)の阻害に関する。本発明はさらに、ミトコンドリア機能不全を伴う状態の治療及び癌の治療におけるDUB阻害剤の使用に関する。

    新規化合物

  15. 【課題・解決手段】一態様では、本発明は、ネプリライシン阻害活性を有する、結晶性形態の構造、または薬学的に許容されるその塩に関する。別の態様では、本発明は、この結晶性形態を含む薬学的組成物;この結晶性形態およびその可溶性形態(I)を使用する方法;ならびに可溶性(I)および結晶性(I’)形態を調製するためのプロセスに関する。

    結晶性(2S,4R)−5−(5’−クロロ−2’−フルオロ−[1,1’−ビフェニル]−4−イル)−2−(エトキシメチル)−4−(3−ヒドロキシイソオキサゾール−5−カルボキサミド)−2−メチルペンタン酸およびその使用

  16. 【課題・解決手段】本開示は、sGC刺激物質または医薬的に許容しうるその塩を、単独または1以上の追加的治療薬と組み合わて含む、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を処置するための方法、使用、医薬組成物およびキットに関する。

    非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の処置のためのsGC刺激物質の使用

  17. 【課題・解決手段】本発明は、衛星細胞の増殖を誘導する、増強する、または増加させる方法、ならびに衛星細胞の増殖を誘導する、増強する、または増加させることについて候補化合物をスクリーニングするアッセイを提供する。被験体の損傷筋組織を修復または再生するための方法も提供する。一局面では、衛星細胞の増殖を増加させる方法が提供され、この方法は、衛星細胞を、キナーゼ阻害剤、Gタンパ...

    マウス衛星細胞の増殖のための小分子

  18. 【課題・解決手段】本発明は、患者を処置するのに使用するためのメトホルミンであって、患者が、メトホルミン処置に反応してGDF15レベルの上昇を示すメトホルミン;メトホルミン処置から利益を得るか、または利益を得ない患者を特定する方法;疾患または障害を発症するかまたはそれに罹患する危険性を有する患者を処置する方法であって、治療有効量のメトホルミンを投与することを含む方法;メ...

    メトホルミンのバイオマーカーとしての増殖分化因子15

  19. 課題】【解決手段】 循環する血清ベースのマイクロRNAを同定、検証および確認するためのバイオマーカーおよび方法。マイクロRNA(PARKmiR)は、パーキンソン病(PD)に罹患している患者と非PD患者とを区別するために使用することができる。

    循環血清マイクロRNAバイオマーカー及び方法

  20. 【課題・解決手段】本発明は脱ユビキチン化酵素(DUB)の阻害剤のための新規化合物及び製造方法に関する。特に、本発明は、ユビキチンC末端加水分解酵素30又はユビキチン特異的ペプチダーゼ30(USP30)の阻害に関する。本発明はさらに、ミトコンドリア機能不全を伴う状態及び癌の処置におけるDUB阻害剤の使用に関する。本発明の化合物は式(I)を有する化合物又はその医薬上許容さ...

    USP30の阻害剤としての1−シアノピロリジン誘導体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 90