トラス架構 に関する公開一覧

トラス架構」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「トラス架構」の詳細情報や、「トラス架構」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「トラス架構」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(89件中)1/5ページ目

  1. 【課題】鉄骨梁のウェブに形成された多角形状又は略多角形状の開口部の角部周囲の応力集中を効果的に抑制する。【解決手段】開口部補強構造10は、鉄骨梁50のウェブ54に形成された略多角形状の開口部60と、開口部60の周囲を囲むようにウェブ54の両面に接合され正面から透視すると開口部60の角部62の周囲で交差又は一方の端部72A、72Bが他方の端部72A、72BにT字状に突当...

    鉄骨梁の開口部補強構造

  2. 技術 トラス梁

    【課題】接合部に容易に取り付けることができる座屈防止構造を有し、充腹材と同様に架構を扱うことができるトラス梁を提供する。【解決手段】トラス梁(1)は、上弦材(2)、下弦材(3)及び複数の斜材(4)を有する。下弦材は、H形鋼からなる第1下弦材(7)とH形鋼からなる第2下弦材(8)とを有する。第1下弦材及び第2下弦材間の接合部(9)は、H形鋼のウェブ(7a,8a)に取り付...

    トラス梁

  3. 【課題】簡易かつ安価にサイロの屋根部を構築することを可能としたサイロ屋根部の構築方法およびサイロ屋根構造を提案する。【解決手段】筒状のサイロ本体12の内部において屋根鉄骨2の少なくとも一部を組み立てて、地組鉄骨体を形成する屋根組立工程と、サイロ本体12の上端部に地組鉄骨体を吊り上げる屋根吊上工程と、地組鉄骨体の端部をサイロ本体12の上端部に形成された鉄骨ブラケット4に...

    サイロ屋根部の構築方法およびサイロ屋根構造

  4. 【課題】上弦材と下弦材が捩れた位置関係にある複層トラス架構のラチス材でも、両端部を上弦材節点部と下弦材節点部に無理なく容易に接合可能な複層トラス架構のラチス材接合構造を提供する。【解決手段】複層トラス架構の隣接する2つの節点部間を繋ぐトラス一構面の範囲において、上弦材節点部J1と下弦材節点部J2とを結ぶラチス材3と、ラチス材3の両端部に接合された上弦材1又は下弦材2と...

    複層トラス架構のラチス材接合構造

  5. 【課題】仮設支柱を不要としてその組立や解体作業を解消でき、屋根面積が制限されることなく、所望面積の屋根を支持することのできる吊り形式の鉄骨屋根架構と鉄骨屋根を構築する方法を提供すること。【解決手段】2本で1組の鉄骨支柱1A,1Aを桁行き方向に離して立設し、これを梁間方向に離して別途の2本で1組の鉄骨支柱1B,1Bを立設する第1のステップ、各組ともに2本の鉄骨支柱間に、...

    吊り形式の鉄骨屋根架構および鉄骨屋根を構築する方法

  6. 技術 建物

    【課題】建物外の敷地の広さに制約がある場合においても外部スペースを確保することができる。【解決手段】居室を構成する上層階の一部を支持する外周柱を配置しないで跳ね出し構造とされた前記上層階の跳ね出し部により覆われた外部スペース有する建物。

    建物

  7. 【課題】階を移動する際の上下階の同時視認性を向上することのできる多層構造物を提供する。【解決手段】多層構造物10は、複数階に亘るコア部20と、コア部20から張り出し、複数階の床をそれぞれ形成すると共に階が上がるに従ってコア部20の周方向一方側へずれる吹抜け開口が形成された複数の床部30と、吹抜け開口32を通り、複数階に亘って螺旋状に延びる階段46及び斜行昇降機40と、...

    多層構造物

  8. 技術 橋梁

    【課題】橋梁上の堆雪の排雪に当たり、ランニングコストが不要であり、橋梁自体の構造を複雑化することもなく、橋梁上で融雪する代わりに排雪することによって融解水が床版内部に浸透して凍結するといった問題を解消することのできる橋梁を提供すること。【解決手段】少なくとも床版1からなる橋梁10であって、橋梁10の一部には弾性体4(バネ、積層ゴムなど)を介して開口床版3が接続されてお...

    橋梁

  9. 【課題】クレーンによる石炭等の荷揚げ作業を短時間で行えるようにする。【解決手段】バケットを用いて資材を搬送するためのクレーン10は、台座部18と、台座部18上に設けられた本体部28と、本体部28に上下方向に回動可能に接続され、斜め上方に向かって延びるアーム30と、本体部28から横方向に延びるコンベア機構26と、アーム30の先端から懸垂し、先端にバケット24が接続された...

    コンベア付バケットクレーン

  10. 【課題】免震支持された低層部の上に高層部が構築された免制振併用構造物における高層部の変形及び振動の増幅を抑制する。【解決手段】高層部50の最下階70の剛性が低く変形し易くしている。よって、地震時の最下階70が制振階として、長周期化及び集中制振(集中変形)し、高層部50の変形及び振動の増幅が抑制される。よって、高層部50、特に最上階54の近傍の地震時の揺れ(加速度)が低減する。

    免制振併用構造物

  11. 【課題】火災時における建造物全体の崩壊を防止するとともに、建造物内に配置される多数の柱部材を減耐火被覆柱部材として、室内有効空間の拡大及び施工性の向上を図ることのできる鉄骨建造物を提供する。【解決手段】本発明を適用した鉄骨建造物1は、建造物の高さ方向Yに延びた複数の柱部材2が設けられるものであり、耐火被覆が施される耐火被覆柱部材21と、耐火被覆柱部材21よりも耐火被覆...

    鉄骨建造物

  12. 【課題】サポート材を設置せずに梁材を修復できるとともに、工期短縮を図ることができる梁材荷重負担構造および梁材修復方法を提供する。【解決手段】修復対象となる修復対象梁材11を修復する際に、修復対象梁材11に作用する荷重を負担する梁材荷重負担構造1Aであって、修復対象梁材11の修復対象梁材11の延在方向に直交する方向の両側に間隔をあけてそれぞれ配置され、修復対象梁材11と...

    梁材荷重負担構造および梁材修復方法

  13. 【課題】横方向への移動が可能であるうえに、対向する物体の形状に合わせて容易に変形させることが可能な移動架構装置を提供する。【解決手段】反力体及び足場の少なくとも一方の機能を有する移動可能な点検装置1である。そして、少なくとも一部が変形可能に構成された長尺状の架構部2と、架構部の脚部22,22に設けられて監査路T3,T3に沿った移動を可能にする走行部3とを備えている。ま...

    移動架構装置

  14. 【課題】潜水士や潜水艦を適用することなく、平時であっても緊急時であっても、水底構造物内にいる人員を速やかに救助することのできる、水底構造物と筒体の接続構造体、水底構造物と筒体の接続方法、および水底構造物内から人員を救助する方法を提供する。【解決手段】水底構造物(沈埋函)1の天端面1aにあるハッチ1cを包囲する位置に、クレーン船で吊り下げられた筒体2がガスケット4を介し...

    水底構造物と筒体の接続構造体、水底構造物と筒体の接続方法、および水底構造物内から人員を救助する方法

  15. 【課題】 大地震等により損傷を生じる場合に、損傷箇所が一部の限られた箇所となって、上部荷重の支持能力が下がらず、地震後の補修も容易となり、また軽量化が図れ、さらに外形を変えることなく各種の強度に設計できるラーメン架構を提供する。【解決手段】 この建築物のラーメン架構1は、2本の柱2と、これら柱2に架け渡された梁3とで構成される。各柱2は、これら柱2の並び方向に並ぶ...

    建築物のラーメン架構

  16. 【課題】接合部において不連続が生じず、コストが高くならず、さらに部材全体として過大な板厚にならない主部材と副部材の接合構造を提供する。【解決手段】角形鋼管を主部材とするトラスや柱梁接合部の結節点に接合部材を用いて副部材を接合する主部材と副部材の接合構造であって、接合部材として主部材と同一辺長でかつ主部材よりも厚肉の角形鋼管を用い、接合部材の角部形状の外半径をR´、内半...

    主部材と副部材の接合構造

  17. 【課題】内部に吊り下げ支持して配設された床スラブや梁、天井などの吊下げ対象の耐振性能を向上させることができ、この吊下げ対象で居住階を構成する場合であっても居室の居住性を好適に確保することを可能にする大スパン架構建物の制振構造を提供する。【解決手段】上部構造1から吊り下げ支持された吊下げ対象2を備えてなる大スパン架構建物Aの制振構造Bであって、下端を吊下げ対象2に接続し...

    大スパン架構建物の制振構造

  18. 【課題】地下タンクの側壁を構築する際に、型枠の基本形状を維持したままでスライド上昇させながらも、コンクリート表面に露出するように金物を埋設することができ、コンクリート表面が美しく仕上げられる方法を提供する。【解決手段】屋根中央部を先行して構築し、側壁21の表面に沿うように配置されるとともに上下複数段の型枠パネル200を、屋根中央部に吊持された円環状の型枠支持装置100...

    地下タンク構造の側壁の構築方法

  19. 【課題】スリップフォームを用いて地下タンクの側壁を構築する際に、施工精度を確保しつつ施工の手間を削減する。【解決手段】側壁21の外周に相当する位置に地中壁31を構築し、地中連続壁30の内部を掘削する際に、平面視において側壁21の内部に相当する位置にガイド柱40を構築し、ガイド柱40を地中連続壁30とつなぎ部材41により連結しておく。そして、型枠部150を備えたスライド...

    地下タンク構造の側壁の構築方法

  20. 【課題】 重量物の持ち上げにより鉄骨支柱が内側に倒れ込んでしまう問題を解決できる大梁ブロック吊上げ工法およびこれに利用されるジャッキアップステージを提供する。【解決手段】 大梁連結対象の鉄骨支柱間に渡し掛けてラーメン構造を構築可能なメインビーム20と、これと平行で他の鉄骨支柱間を連結している横梁部材22に搭載され前記メインビーム20に対する高さを揃える高さ調整手段...

    大梁ブロック吊上げ工法およびこれに利用されるジャッキアップステージ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9