ディスクオートチェンジャ に関する公開一覧

ディスクオートチェンジャ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ディスクオートチェンジャ」の詳細情報や、「ディスクオートチェンジャ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ディスクオートチェンジャ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(236件中)1/12ページ目

  1. 【課題】光ディスクを収納し、簡単な機構で施錠及び開放されるシャッタを備える量産性及び汎用性に優れたカセットを提供する。【解決手段】カセットは、外殻と複数のトレイとシャッタとロック機構とを備える。外殻は、方形および円形をそれぞれ組み合わせた形状の上壁及び下壁の、方形の縁の間をそれぞれ側壁で接続し円形の縁の間に開口部を有している。トレイは、光ディスクを載置する凹部を有した...

    光ディスク用のカセット及びチェンジャ装置

  2. 【課題】 可撓性の磁気吸着リング付き光ディスクを収納するカートリッジと記録再生装置、及び記録再生装置を用いたディスクチェンジャを提供する。【解決手段】 カートリッジ1は、複数のディスク収納箱4a、4b、4cに分割されており、ディスク収納箱4a、4b、4cには、可撓性の光ディスクに直径の異なる磁気吸着リング7又は11を設けた光ディスク6又は10を交互に積層する。この...

    光ディスクとそれを収納したカートリッジ、更には、その記録再生装置及びディスクチェンジャ

  3. 【課題】シート状光ディスクを用いたA面およびB記録再生装置とA面およびB面記録再生装置を用いディスク反転機構のないディスクオートチェンジャを提供することを目的とする。【解決手段】両面記録再生のシート状光ディスク5をトレイ1に入れ複数枚収納したカートリッジ23と、トレイ引出し機構35の上側にA面記録再生部25の移動台28を配置し下側に浮上安定円板32を有するキャップ36...

    光ディスク記録再生装置およびディスクオートチェンジャ

  4. 【課題】ディスクの挿排機構を備えるディスク装置において、該ディスク装置内にまとまった比較的大きなスペースを確保できるようにした挿排機構を提案する。【解決手段】開口部3を通してディスク状記録媒体(ディスクD)を出し入れするための挿排機構であって、ディスクDを出し入れする際の挿排方向を、開口部3の開口方向に直交する直進方向(A)に対して偏移させた挿排方向(B)にする偏移駆...

    ディスク状記録媒体の挿排機構、ディスク装置およびディスクオートチェンジャ

  5. 【課題】複数のデバイスを有する記録装置において、最低記録速度を保証する。【解決手段】CPU100、メモリ101、ストレージI/F102、外部I/F103、アドレス制御部201、媒体切替制御部202、仮想コマンド応答部203、ATAPI制御部204、バッファ制御部205、残量管理部208、少なくとも2つ以上の媒体取替型記録デバイスを備え、残量管理部208が記録媒体の残量...

    記録装置および記録方法

  6. 【課題】ディスクカートリッジと複数のドライブ装置との間の複数枚の薄型ディスクの搬送を高速で行うことができるディスク搬送機構を提供する。【解決手段】 薄型ディスクを吸着保持する4個の吸着機構100と、スペーサが一時的に載置されるスペーサストッカと、一方の端部に吸着機構100が取り付けられ、他方の端部が回転軸に固定されている4本のアーム520と、回転軸を回転させる公転搬...

    ディスク搬送機構及び薄型ディスク駆動システム

  7. 【課題】シート状光ディスクをカートリッジから引き出し記録再生部に載置する際に光ディスクの通路を開ける目的で記録再生部が移動し、それに伴って記録再生部に接続されるケーブルも移動する。移動を繰り返すとケーブルが破損するおそれがあり、センサ、モータなどのケーブルが接続されるすべての機構が移動しない構造が求められる。【解決手段】トレイ引き出し機構をトレイに設けた引掛け穴を爪で...

    光ディスク記録再生装置

  8. 【課題】 シート状光ディスクを用いたA面およびB面記録再生装置を用いディスク反転機構のないディスクチェンジャを提供することを目的とする。【解決手段】 シート状光ディスクをトレイに入れ複数枚収納したカートリッジと、トレイ引出し機構の上側にA面記録再生部を配置し下側にクランパとディスク持上げ機構のある移動台を設けたA面記録再生装置と、トレイ引出し機構の下側にB面記録再...

    光ディスク記録再生装置

  9. 【課題】シート状光ディスクを用いたA面およびB面記録再生装置を備え、ディスク反転機構のないディスクチェンジャを実現する。【解決手段】シート状光ディスク5をトレイ1に入れ複数枚収納したカートリッジ23と、トレイ引出し機構35の上側にA面記録再生機構25を配置し、下側に浮上安定円板32とキャップ36を配置したA面記録再生装置と、トレイ引出し機構55の下側にB面記録再生機構...

    光ディスク記録再生装置およびディスクチェンジャ

  10. 【課題】両面記録再生のできるシート状光ディスクを用いたA面およびB記録再生装置とA面およびB面記録再生装置を用いディスク反転機構のないディスクオートチェンジャを提供することを目的とする。【解決手段】両面記録再生のシート状光ディスク5をトレイ1に入れ複数枚収納したカートリッジ23と、トレイ引出し機構35の上側にA面記録再生部25の移動台28を配置し下側にキャップ36の移...

    光ディス記録再生装置およびディスクオートチェンジャ

  11. 【課題】ディスクカートリッジに対して薄型ディスクを高い位置精度で出し入れすることができるディスク出し入れ機構を提供する。【解決手段】 各吸着機構は、Z軸に平行な昇降軸110、吸盤保持部材120、3つの吸盤130、駆動モータ、アジャスタ160などを有している。積層体昇降機構は、Z軸に平行な昇降軸210、該昇降軸210の+Z側端部に取り付けられたアジャスタ220、昇降軸...

    ディスク出し入れ機構及びディスク搬送装置

  12. 【課題】ディスクチェンジャーなどに用いる移動操作機構の小型化を図る。【解決手段】ディスクチェンジャー1は、複数枚のディスク102を収容したディスク収容部2と、ディスク収容部2の側方に配置されていて、光ピックアップ、ディスクテーブル等を搭載したエレベータ3と、該エレベータ3をディスク収容部2に沿って昇降させる第1の昇降機構4Aと第2の昇降機構4Bを備えている。各々の昇降...

    移動操作機構並びに記録及び/又は再生装置

  13. 【課題】トレイに載ったシート状光ディスクをディスク回転部に装着する場合とトレイに戻す場合に位置ずれがないクランプ機構を提供することを目的とする。【解決手段】光ディスクをディスク回転部にクランプするキャップの円筒状のキャップ凹部90の円筒内にテーパ状突起92をばね98で移動できるように設け、トレイに載った光ディスクのクランプ穴にテーパ状突起92を挿入して着脱できるように...

    光ディス記録再生装置およびディスクオートチェンジャ

  14. 【課題】 成形加工して使用するプレコート金属板にとって基本的な、優れた成形性、潤滑性を有し、外観にも優れ、粘着物を併用する用途に使用しても粘着物が付着しにくく、汚れや油がつきにくい特性を兼ね備えたプレコート金属板およびその製造方法を提供する。【解決手段】 金属板と、その表面に形成されたフッ素系樹脂皮膜とを備えるプレコート金属板であって、前記フッ素系樹脂皮膜の最表面...

    プレコート金属板およびその製造方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、光記憶媒体を複数格納した媒体格納部と、光記憶媒体に対して情報アクセスを行う情報アクセス部と、媒体格納部と情報アクセス部との相互間で光記憶媒体を移動させる媒体移動部とを筐体内に内蔵し、高記憶容量化と装置サイズのコンパクト化が図られた光情報記憶装置において、その媒体移動部が、媒体格納部から前記情報アクセス部へと向かう供給経路に沿って前記光記憶媒...

    光情報記憶装置および光情報記憶システム

  16. 【課題】 従来のディスク分割機構に改良を加えて装置の小型化を図ることのできるディスクオートチェンジャを提供する。【解決手段】 複数のディスク保持部材4(4−1〜4−6)と、複数のディスク保持部材4を、再生/記録の対象となるディスク保持部材を境にして分割するための割を入れる割入れ手段21と、複数のディスク保持部材4を積層方向に移動させて再生/記録の対象となるディスク...

    ディスクオートチェンジャ

  17. 【課題】ディスク収納部に収納された複数のディスクを視認することができ、かつ、ディスクの着脱時にデータ面に汚れや傷を付けてしまうようなことのないディスクチェンジャーを得ること。【解決手段】ディスク保持面を前方向に向けてディスク収納部10の所定位置に収納配置された縦型トレイ2a、2bと、ディスク保持面を前方向に向けてディスク収納部10の前記所定位置に収納配置された縦型トレ...

    ディスクチェンジャー

  18. 【課題】 ディスクの外形を利用して移動させることで、ディスク面に対してのキズ付き防止を考慮することができるディスク搬送装置を提供する。【解決手段】 本発明のディスク搬送装置は、ディスク20搬送時に、上記ディスク20の外縁に当接するディスクガイド部260と、上記ディスクガイド部260の、上記ディスク20の外縁における当接部とは反対側の該ディスク20の外縁に当接するデ...

    ディスク搬送装置及びディスク再生装置

  19. 【課題】両面に対して情報の記録/再生が可能なディスク状記録媒体を回転可能に内蔵するディスクカートリッジの両面に形成された開口部のうち、一方の開口部において情報の記録/再生中は他方の開口部を閉塞するようにして埃等の浸入を防止すると共に適応ディスクドライブ以外のディスクドライブへの誤挿入を防止する。【解決手段】カートリッジ本体2を構成する第1のカートリッジ半体3と第2のカ...

    ディスクカートリッジ

  20. 【課題】ローディング手段の占有スペースを小さくし、トレイ係合部に作用する力を均一にする。【解決手段】欠歯部30bを形成した欠歯々車部30cを有する歯車30をモータ37に連動連結し、欠歯々車部30cと噛み合うピニオンギヤ部32cを有する歯車32を設け、一対のプーリ40,41間に掛けたベルト42に歯車32を連動連結し、トレイと係合し得るトレイ係合部21を当該ベルト42に結...

    ディスクの記録及び/又は再生装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12