タンパク質コンジュゲート に関する公開一覧

タンパク質コンジュゲート」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「タンパク質コンジュゲート」の詳細情報や、「タンパク質コンジュゲート」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「タンパク質コンジュゲート」の意味・用法はこちら

241〜255件を表示(255件中)13/13ページ目

  1. 【課題】癌に対するベバシツマブと組み合わせたパクリタキセルおよびアルブミンのナノ粒子の提供。【解決手段】本発明は、増殖性疾患(例えば、癌)を治療する併用療法を提供し、この方法は、ナノ粒子組成物中のタキサンの有効量を個体に投与する第一の療法と、例えば放射線、外科手術、化学療法薬(例えば、抗VEGF抗体)の投与またはこれらの組み合わせを含み得る第二の療法とを含む。メトロノ...

    癌に対するベバシツマブと組み合わせたパクリタキセルおよびアルブミンのナノ粒子

  2. 【課題・解決手段】本発明は、X1、X2、X3、X5、X6、X7、X8、X9、X10、X11、X12、およびX13が本明細書で規定される、式I’の合成ポリペプチドまたはそのアミド、エステル、もしくは塩、またはそのバイオコンジュゲートを提供する。ポリペプチドまたはそのバイオコンジュゲートは、APJ受容体のアゴニストである。本発明はまた、本発明のポリペプチドまたはバイオコン...

    心不全治療用の合成鎖状アペリン模倣物

  3. 【課題・解決手段】本発明は、オリゴヌクレオチド薬物療法学の分野、具体的には、オリゴヌクレオチドの特性を増強するための、例えば、治療指数を改善するための、コンジュゲート、ターゲティング基、またはブロッキング基に共有結合で付着した切断可能な領域、例えば、ホスホジエステル領域の使用に関する。

    オリゴヌクレオチドコンジュゲート

  4. 【課題・解決手段】本発明は、デシタビンの誘導体と、T細胞活性化剤、癌ワクチン、及びアジュバントを含めた他の活性剤との組み合わせを提供する。デシタビンのいくつかの誘導体は、同様の生理学的活性と共に、優れた化学的安定性及び保存期間を示す。該組み合わせを用いて、1つ以上の骨髄異形成症候群、癌、血液疾患、または異常ヘモグロビン合成関連疾患を処置する方法を記載する。

    薬物組み合わせ

  5. 【課題・解決手段】本発明は、サーマス・サーモフィルHB27由来の、熱安定な二機能性複製酵素「TthPrimPolを用いた核酸の複製、増幅および配列決定の方法に関する。TthPrimPol酵素は、テンプレート核酸のヌクレオチドの変更に対して非常に耐性を有する。従って、本発明の一態様において、損傷ポリヌクレオチドテンプレートの複製、増幅および配列決定の方法を開示する。

    熱安定なTthPrimPolを用いた増幅及び配列決定方法

  6. 【課題・解決手段】中でも、tRNApylコード配列と、真核生物発現系において、ナンセンス抑制を支持する上で十分に、機能性tRNApylを発現させるように作用することができるRNAポリメラーゼIIIプロモータ配列とを含むDNA構築物が提供される。

    新規の核酸分子

  7. 【化1】 本発明は、式Iの化合物(式中、R1、R2、及びR3は、本明細書中で定義される)に関し、新規のコンジュゲートとオランジピンから誘導される免疫原との合成に有用である。本発明は、オランジピンハプテンとタンパク質とのコンジュゲートにも関する。

    オランザピン(Olanzipine)のハプテン

  8. 【課題・解決手段】新規不可逆的シアリダーゼ阻害剤が本明細書で提供される。これらの化合物は、シアリダーゼを単離および同定するために、CuAACによってアジド付属ビオチンなどの検出可能なタグ付け部分とコンジュゲートすることができる。提供される化合物および対応する検出可能なコンジュゲートは、シアリダーゼ含有病原体を検出し、生理的条件下でシアリダーゼ活性をin situで画...

    シアリダーゼの同定および画像化のための細胞透過性プローブ

  9. 【課題・解決手段】バイオコンジュゲーション法で使用されるピロリシン類似体である、本明細書に定義するとおりの式V及び式VIのアミノ酸誘導体が提供される。

    アミノ酸誘導体

  10. 【課題】本発明は、組換え糖タンパク質から作製するバイオコンジュゲート、又はバイオコンジュゲートワクチンを提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、少なくとも1つのコンセンサス配列D/E−X−N−Z−S/T[式中、XおよびZは、プロリン以外の任意の天然のアミノ酸であり得る]を含有するタンパク質担体を含むタンパク質担体と;タンパク質担体と連結した、少なくとも1つの病...

    原核細胞由来の組換えN−グリコシル化タンパク質から作製したバイオコンジュゲート

  11. 技術 細胞株

    【課題・解決手段】特に、PylRS及びtRNAPylを発現する真核細胞株であって、ナンセンスコドンによりコードされる1つ以上の非天然アミノ酸を含む標的タンパク質をコードする遺伝子の組込みに好適な真核細胞株を安定化させる方法であって、tRNAPyl発現が細胞生存能力及び/又は細胞成長に及ぼす有害作用が低下又は消失する条件下で前記細胞株を培養するステップを含む方法が提供される。

    細胞株

  12. 【化1】 本発明は、式(I)の化合物(式中、L1、L2、及びL3は、本明細書中で定義される)に関し、新規のコンジュゲートとパリペリドンから誘導される免疫原との合成に有用である。本発明は、パリペリドンハプテンとタンパク質とのコンジュゲートにも関する。

    パリペリドンのハプテン

  13. 【化1】 本発明は、式Iの化合物(式中、R1、R2、及びR3は、本明細書中で定義される)に関し、新規のコンジュゲートとクエチアピンから誘導される免疫原との合成に有用である。本発明は、クエチアピンハプテンとタンパク質とのコンジュゲートにも関する。

    イムノアッセイに使用するためのクエチアピンのハプテン

  14. 【課題・解決手段】本明細書に提供されるのは、担体タンパク質及び修飾された大腸菌抗原のO抗原 O121を含むバイオコンジュゲートである。また本明細書に提供されるのは、該バイオコンジュゲートの使用、例えば、サルモネラ・エンテリカ亜種I血清型チフィ(チフス菌)によって引き起こされる疾患を含む、サルモネラ・エンテリカによって引き起こされる疾患の治療及び/又は予防である。

    修飾された抗原を含むバイオコンジュゲート及びその使用

  15. 【課題】結腸直腸癌および膵臓癌に関連する病的状態を診断及び/又は処置するための診断方法及び/又は治療方法に有用な、診断化合物及び/又は医薬組成物の形式の、抗ヒト結腸直腸癌および膵臓癌−関連抗原(CPAA)抗体及びペプチドの提供。【解決手段】CPAAの抗原及びエピトープに対する特異性を有する組み換えモノクローナル抗体、又は組み換えモノクローナル抗体の部分(ペプチド)を用...

    結腸癌および膵臓癌に対する組み換えモノクローナル抗体および対応抗原

  1. 1
  2. ...
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13