タンパク質コンジュゲート に関する公開一覧

タンパク質コンジュゲート」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「タンパク質コンジュゲート」の詳細情報や、「タンパク質コンジュゲート」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「タンパク質コンジュゲート」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(829件中)2/42ページ目

  1. 【課題】糸球体濾過量を推定する、ならびに、腎疾患の進行を診断、予測および決定する方法を提供する。【解決手段】動物対象における糸球体濾過量(GFR)を推定する方法であって、対象からの血液サンプル中の遊離型SDMAの濃度を測定すること、対象からの血液サンプル中のクレアチニンの濃度を測定すること、およびクレアチニンの濃度と遊離型SDMAの濃度との積を含む方程式から得られる値...

    腎疾患の検出方法

  2. 【課題】ULK1(unc−51様キナーゼ1)を阻害し、ULK1関連疾患または障害を治療するために使用できる、新規化合物の提供。【解決手段】例えば、下記の化合物。

    新規ULK1阻害剤およびそれを使用する方法

  3. 【課題】ヒト、特に2歳未満の子供において、血清型10A、22F又は33F肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumoniae)を適切に防御可能な新規肺炎連鎖球菌ワクチン、及び前記ワクチンの製造方法の提供。【解決手段】活性化肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumoniae)血清型22F莢膜多糖を調製するための方法であって、(a)血清型22F莢...

    肺炎連鎖球菌(Streptococcus  pneumoniae)莢膜多糖およびそのコンジュゲート

  4. 【課題】再構成したときに安定な状態を維持し、凝集物または粒子を形成しない抗体−薬物コンジュゲート(ADC)の凍結乾燥製剤の提供。【解決手段】界面活性剤を含まない水性製剤を凍結乾燥することによって得られるADC、例えば抗組織因子(TF)ADCの凍結乾燥製剤。賦形剤が、凍結乾燥工程の間のpH変動を約5〜約7で維持されるように制限するバッファー、固体状態で抗TF ADCと...

    抗体−薬物コンジュゲート凍結乾燥製剤

  5. 【課題】多様な組織型の新生細胞における腫瘍認識複合体の発現を活性化し、またはその発現の構成レベル、その構成成分を強く上方調節する組成物の提供。【解決手段】例えば下記の化合物並びに(a)T細胞活性化剤、(b)癌ワクチン、(c)IDO阻害剤、及び(d)アジュバントから選択される1種以上の補助治療成分とを含むことを特徴とする組み合わせ。

    薬物組み合わせ

  6. 【課題】院内ブドウ球菌感染症に対して、単回免疫化で高レベルの免疫を達成する方法の提供。【解決手段】キャリアタンパク質にコンジュゲートして5型黄色ブドウ球菌莢膜糖類コンジュゲートを形成した5型黄色ブドウ球菌莢膜糖類を含有する単回用量の免疫原性組成物を、ヒト患者に投与するステップを含む、黄色ブドウ球菌感染症に対して免疫する方法であって、5型黄色ブドウ球菌莢膜糖類コンジュゲ...

    治療において使用するための免疫原性組成物

  7. 【課題・解決手段】本発明は、バルドキソロンメチルまたはその類似体を使用して、その必要がある患者におけるアルポート症候群を処置もしくは予防する方法、および/またはアルポート症候群と診断された患者の腎機能を改善する方法を提供する。

    バルドキソロンメチルまたはその類似体を使用してアルポート症候群を処置する方法

  8. 【課題】シュードモナス属(Pseudomonas)感染を予防および治療するための組成物および方法の提供。【解決手段】式Iの三糖を含む、緑膿菌Psl(Pseudomonas aeruginosa)の合成オリゴ糖サブユニット。

    緑膿菌(Pseudomonas  aeruginosa)のPslエキソ多糖の合成オリゴ糖サブユニットおよびその使用

  9. 【課題・解決手段】本発明は、特に、遺伝性血管性浮腫(HAE)を含めた補体媒介性障害の治療を改善するためのコンジュゲートされたC1−INHを提供する。一部の実施形態では、本発明により提供されるコンジュゲートされたC1−INHはPEG化C1−INHである。一部の実施形態では、本発明により提供されるコンジュゲートされたC1−INHはポリシアル酸(PSA)コンジュゲートC1−...

    コンジュゲートされたC1エステラーゼインヒビター及びその使用

  10. 【課題・解決手段】本明細書では、第1の免疫原性サッカライド−ポリペプチドコンジュゲート組成物が投与された少なくとも4週間後に、対象に第2の免疫原性サッカライド−ポリペプチドコンジュゲート組成物を投与するステップを含む方法であって、第2の免疫原性サッカライド−ポリペプチドコンジュゲート組成物が、第2の免疫原性サッカライド−ポリペプチドコンジュゲート組成物の第2のポリペプ...

    サッカライド−ポリペプチドコンジュゲートの組成物およびその使用の方法

  11. 【課題・解決手段】一部の局面では、本開示は、抗原とpH応答性であるジブロックコポリマーとを含むワクチン組成物を提供する。一部の態様では、これらの組成物は、STING経路および/またはインターフェロン受容体経路を活性化する。一部の態様では、ジブロックコポリマーは、約6から約7.5のpKaを有する。感染性疾患またはがんを処置するためにこれらの組成物を使用する処置方法も、本...

    免疫療法のためのSTING活性化ナノワクチン

  12. 【課題・解決手段】本発明は、サンプル、特に食品サンプル中の1種以上のアレルゲンの存在および/または不在を検出するためのシステム、デバイス、シグナリングポリヌクレオチド(SPN)、検出剤および方法を提供する。検出システムは、個別のサンプラーと、試験サンプルを受け入れかつ処理するための少なくとも1つのディスポーザブル検出容器と、蛍光シグナルを測定するための検出デバイスとを...

    アレルゲン検出のためのシステムおよび方法

  13. 【課題】オリゴヌクレオチド薬物療法学の分野、具体的には、オリゴヌクレオチドの特性を増強するための、新規オリゴマー化合物。【解決手段】以下の3種の領域を含む、8〜35ヌクレオチド長のオリゴマー化合物:(i)7〜26個の連続ヌクレオチドを含む第1領域(領域A)(ii)例えば、ヌクレオシド間連結基、例えばホスホジエステル連結を介して、第1領域の5'ヌクレオチドまたは3'ヌク...

    オリゴヌクレオチドコンジュゲート

  14. 【課題・解決手段】液体中の標的物質の存在を検出するためのウェアラブル装置および方法が開示される。ウェアラブル装置は例えば、飲料中の違法薬物を検出する爪であり得る。ウェアラブル装置は、標的物質との相互作用を検出するとシグナルを表示するように構成されたインジケーターを含む検出層を含む。いくつかの例では、ウェアラブル装置はラテラルフローアッセイを含み得る、。

    液体中の標的物質を検出するためのウェアラブル装置

  15. 【課題】簡単で効率的な組換え産物作製法に関する、代替的な調節エレメントの提供。【解決手段】特定の配列を有するpCS1核酸配列を含むPichia pastorisの天然配列、又は、特定の配列を有するサイズ変異体、突然変異体、若しくは、ハイブリッド体、又は、これらの組合せであるその機能的に活性な変異体であるプロモーターを含む単離核酸配列。

    構成的プロモーター

  16. 【課題・解決手段】ここで提供されるのは、グルココルチコイド誘導性TNF受容体(GITR)に結合する抗体またはその抗原結合部分である。また提供されるのは、癌の処置などの治療適用におけるこれらのタンパク質の使用である。さらに提供されるのは、抗体を産生する細胞、抗体の重鎖および/または軽鎖可変領域をコードするポリヌクレオチドおよび抗体の重鎖および/または軽鎖可変領域をコード...

    グルココルチコイド誘発腫瘍壊死因子受容体(GITR)に対する抗体およびその使用

  17. 【課題・解決手段】本発明は、抗IL23アンタゴニスト(例えば、抗IL23抗体を含む)を用いた処置に対して応答性のインターロイキン−23(IL23)媒介疾患(例えば、クローン病)に罹患している患者の集団を階層化するまたは特定するためのバイオマーカーとしてのケモカイン(C−Cモチーフ)リガンド20(CCL20)の使用に関連する。所定の閾値を上回るまたは下回るCCL20のレ...

    IL23アンタゴニストに対する臨床応答の予測因子としてのCCL20

  18. 【課題・解決手段】本発明は新規の多糖体−タンパク質コンジュゲート及びそれを得る方法に関する。さらに詳しくは、本発明は、一価のワクチンまたは多価の混合ワクチンと同様に診断ツールの作製に使用することができるカルバメート化学を用いて製造される多糖体−タンパク質コンジュゲートに関する。さらに具体的には、本発明は、カルバメート化学を用いた髄膜炎菌(Neisseria meni...

    新規の多糖体−タンパク質コンジュゲート及びそれを得る方法

  19. 【課題】プロテインキナーゼコンジュゲート及びインヒビターを提供すること。【解決手段】式、X-M-S-CH2-Prot(式中、Protは、CYS1、CYS5、CYS6、CYS7、CYS8、CYS9、CYS10、CYS11、CYS12およびCYS13からなる群より選択されるシステイン残基を含むプロテインキナーゼまたはその一部であり; S-CH2は、前記システイン残基の側...

    プロテインキナーゼコンジュゲート及びインヒビター

  20. 【課題・解決手段】本明細書で提供した技術は、新規種類の組換えタンパク質複合体、特に、病原体の表面上に提示されることが好ましいが必須ではないタンパク質から得られる複数の抗原または抗原ドメインを含む、動物およびヒトワクチンとして適切な、以後イムノアセンブリン(IA)と称する抗体様組換え融合タンパク質複合体に関する。前記組換えタンパク質をコードする核酸分子、ベクター、核酸を...

    イムノアセンブリン(IA)タンパク質複合体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 42