タレ類 に関する公開一覧

タレ類」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「タレ類」の詳細情報や、「タレ類」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「タレ類」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(170件中)1/9ページ目

  1. 【課題】褐色脂肪細胞の分化誘導に有効な実用性に優れた手段を提供することを課題とする。【解決手段】ビタミンD又はその誘導体を有効成分とした褐色脂肪細胞分化誘導剤が提供される。褐色脂肪細胞分化誘導剤は例えば医薬、医薬部外品、食品又は化粧料の有効成分として利用される。

    新規褐色脂肪細胞分化誘導剤

    • 公開日:2020/09/10
    • 出願人: 楠堂達也 、...
    • 発明者: 楠堂達也 、...
    • 公開番号:2020-143008号
  2. 技術 菓子類

    【課題】粘度を適切に調整でき、且つ、弾力、及び、粘性といった餅食感のバランスに優れた菓子類の提供。【解決手段】ヒドロキシプロピルデンプン及びアセチル化リン酸架橋デンプンを含有する、菓子類。ヒドロキシプロピルデンプンの含有量が、0.5〜10質量%である菓子類。アセチル化リン酸架橋デンプンの含有量が、0.04〜10質量%である菓子類。さらに、ヒドロキシプロピルデンプン及び...

  3. 【課題】香料前駆体として使用可能な新規なジエステル化合物を提供する。【解決手段】シクロヘキサノールまたはその誘導体、水酸基を有する香気化合物、およびこの2つを連結するジエステル結合を分子内に有し、香料前駆体として使用可能なジエステル化合物、それを含有する香料組成物、および当該ジエステル化合物または香料組成物を含有する消費財を提供し、さらには、当該ジエステル化合物または...

    香料前駆体としてのジエステル化合物

  4. 【課題】 本発明が解決しようとする課題は、食品包装用等の内容物の包装に使用でき、ガスバリア性に優れるポリエステルを主体とするコーティング材組成物を提供することにある。更に、該コーティング材組成物を含む積層体を提供することにある。【解決手段】 ポリカルボン酸及びまたはその誘導体とポリオールとを反応して得られるポリエステルを含有するコー...

  5. 【課題】ガスバリア性に優れ、かつ、非石油系材料から製造可能である樹脂、及び積層体を提供すること。【解決手段】カルボキシル基を有するポリエステルの中和物であって、ポリエステルが、フタル酸及びその無水物からなる群より選択される少なくとも1種を含む多価カルボン酸と、多価アルコールとの重縮合物である、ポリエステルの中和物を提供することで課題を解決する。また、当該中和物を含む樹...

  6. 【課題】 本発明が解決しようとする課題は、食品包装用等の内容物の包装に使用でき、ガスバリア性に優れるポリエステルを主体とする接着剤組成物を提供することにある。更に、該接着剤組成物を含む積層体を提供することにある。【解決手段】 本発明は、ポリカルボン酸及びまたはその誘導体とポリオールとを反応して得られるポリエステルを含有する接着剤組成...

  7. 【課題】品質劣化しにくいフリーズドライ食品由来調味料の製造方法の提供。【解決手段】フリーズドライ食品と食用オイルとを含む調味料原料をミキシングするミキシング工程を有する、フリーズドライ食品由来調味料の製造方法。フリーズドライ食品が破砕及び/又は粉砕前の食品であって、ミキシング工程が調味料原料に含まれるフリーズドライ食品を破砕及び/又は粉砕する工程であることが好ましい。...

    フリーズドライ食品由来調味料の製造方法

  8. 【課題】分散性に優れ、塩やイオンを含む溶液に添加しても、粘度の低下が抑えられる、改質されたキサンタンガムを提供する。【解決手段】メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び 該混練処理物を押出し処理する工程 を含む、改質キサンタンガムの製造方法。

    改質キサンタンガムの製造方法及び改質キサンタンガム

  9. 【課題】赤身肉の退色及び/又は変色を抑えることができる等の品質保持効果に優れた、赤身肉の品質保持剤、赤身肉の品質保持方法、及び赤身肉の品質保持剤の製造のためのニゲロオリゴ糖の使用を提供する。【解決手段】ニゲロオリゴ糖を赤身肉に用いることで、赤身肉の退色及び/又は変色を抑え、ドリップを抑制し、生臭さ及び/又は不快な味を抑制する等の、優れた品質保持効果が奏される。よって、...

    赤身肉の品質保持剤、赤身肉の品質保持方法、及び赤身肉の品質保持剤の製造のためのニゲロオリゴ糖の使用

  10. 【課題】穀粉特有の粉っぽさがなく、パン粉のサクサクとした食感と具材のジューシー感に優れ、衣が油脂加工されていない、油脂含量の極めて低減された、パン粉付けノンフライ焼成食品を得ることができる、焼成調理用パン粉付けノンフライ食品及びパン粉付けノンフライ焼成食品の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】上記課題は調理具材の表面を1.0Pa・s以上の粘度を有し、且つ穀...

  11. 【課題】変わり塩のようなキレのある風味を呈し、なお且つ、旨味にも優れた粉末醤油を提供する。【解決手段】この粉末醤油は、油脂の含量が1質量%以下であり、乳化剤を0.025〜1質量%含有する。全体の30質量%以上が65メッシュ(開口210μm)にオンする粒度であることが好ましい。また、掛け用、付け用、及び/又はトッピング用に用いられることが好ましい。また、この粉末醤油を他...

  12. 【課題・解決手段】本発明の目的は、π共役系の難溶性又は不溶性物質の水への可溶化能又は水分散性を向上させる組成物を提供することである。π共役系の水難溶性又は水不溶性物質と共にカロテノイド配糖体及び/又はクロセチンを共存させることにより、π共役系の水難溶性又は水不溶性物質の水への可溶化能又は水分散性が格段に向上し得る。

    π共役系の難溶性又は不溶性物質の可溶化又は分散化組成物

  13. 【課題】摩砕こんにゃくを利用した加工食品の製造。【解決手段】磨砕こんにゃくに、該磨砕こんにゃくとは異なるなめらかな舌触りを有する、摩砕こんにゃくのアルカリ分を少なくとも中和できる量の酸性素材を混合してペースト状食品材料とし、そのペースト状食品材料を加熱処理することを特徴とする摩砕こんにゃくを含有する加工食品の製造方法。【効果】機能性食品としてのこんにゃくの利用を拡大・促進する。

  14. 【課題・解決手段】本発明は、水性媒体に対して不溶である固形分及び/又は非混和である液状成分の分散性を向上、又は安定化する効果を奏する分散安定剤を提供すること課題とする。前記課題は、ウェランガムを含有する、分散安定剤によって解決される。

    ウェランガム含有組成物

  15. 【課題】本発明の目的は、酸性条件下での加熱後にも色調を安定に維持できるクチナシ青色素、及びその製造方法を提供することである。【解決手段】クルミペプチド、ニガウリペプチド、及び/又は大豆ペプチドと、ゲニピンとを、溶媒中で酸素を含むガスの非供給下で反応させる第1工程、及び前記第1工程で得られた反応液に対して、酸素を含むガスの供給下で処理する第2工程を行うことにより酸性条件...

  16. 【課題】きわめて平易な手段による、チルド温度帯であっても新規の食感を有する餅様食品の提供。【解決手段】A)pH5.0〜6.5であり、油脂及び蛋白質を含む水中油型乳化物、及びB)澱粉性原料、を含む餅様食品。A)の水中油型乳化物は、油脂含量2.5〜40重量%、蛋白質含量3〜10重量%であり、餅様食品に5〜50重量%含有することが好ましい。【効果】チルド温度帯で、新規の食感...

  17. 【課題】食品及び医療分野における、微細藻類の新規用途を提供することを課題とする。【解決手段】コッコミクサ属の微細藻類の抽出油を有効成分として含む脂質吸収抑制剤が提供される。当該脂質吸収抑制剤は、過剰な脂質の吸収を抑制することに有用である。

    脂質吸収抑制剤

  18. 【課題】本発明の目的の1つは、食品添加物の別途添加や酵素処理を行うことなく、ポリフェノールを改質して、水中での沈殿や濁りの発生を抑制する技術を提供することである。【解決手段】ポリフェノールを含む溶液に対して酸素ガスを供給することにより、水に対する溶解性及び安定性が向上した改質化ポリフェノールが得られる。

    改質化ポリフェノールの製造方法

  19. 【課題】食品の美観を高めるために、また、食品が持つ本来の風味や食感に大きな影響を及ぼすことなく、簡便に食品の照り艶を保持させる方法の提供。【解決手段】食品にウェランガムを含有させる、食品の照り艶を保持させる方法。

  20. 【課題】3〜8℃前後でのチルド状態での保存時及び電子レンジ加熱時に、具材の偏り、具材からの離水や離油、増粘によるゲル化等が起こらず、3〜8℃前後のチルド時における見た目が、電子レンジ加熱後すなわち喫食時の見た目と変わらず、加熱直後のフレーバーリリース及び口腔内に入れた瞬間の味と香りの放出が良好で、先味が良い食品を提供する。【解決手段】60℃における[降伏粘度/静値粘度...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9