スロットル開度 に関する公開一覧

スロットル開度」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「スロットル開度」の詳細情報や、「スロットル開度」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「スロットル開度」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(36,301件中)1/1,816ページ目

  1. 【課題】従来よりも演算負荷の小さい代替指標により路上走行試験時に予め定められた走行モードが実現されているかどうかをリアルタイムで評価できる路上走行試験装置を提供する。【解決手段】車両Vに搭載されるものであり、路上走行中の前記車両Vから排出される排ガスの成分を分析する排ガス分析計3と、路上走行中の前記車両Vから少なくとも車速又は加速度を取得する走行データ取得部51と、前...

    路上走行試験装置、路上走行試験方法、及び、路上走行試験装置用プログラム

  2. 【課題】入力パラメータの一部の値に異常が生じている場合であっても比較的正確に出力パラメータの値を算出する。【解決手段】内燃機関の制御装置は、入力パラメータの値を取得するパラメータ値取得部81と、入力パラメータの値が入力されるとニューラルネットワークを用いたモデルを用いて出力パラメータの値を算出する演算部82と、算出された出力パラメータの値に基づいて内燃機関の運転を制御...

    内燃機関の制御装置

  3. 【課題】スロットル開度の変化量が過剰又は不足することを防止することができ、運転者のシフト操作力の強弱に応じて運転者の意思をより細かく反映した変速を行うことができる駆動力制御装置を提供する。【解決手段】駆動力制御装置1は、クラッチ状態検出部2がメインクラッチの接続を検出している状態において変速操作検出部3がドッグ式トランスミッションの変速操作を検出し、かつ、変速段検出部...

    駆動力制御装置

  4. 【課題】アイドリングストップ制御におけるエンジン再始動時に、エンジンの燃焼状態やバッテリの充電状況に応じたバッテリの充電制御を行い、耐ストール性の向上、バッテリ上がりの抑制を図る。【解決手段】アイドリングストップ制御におけるエンジン再始動時に、ECU8により、バッテリ5を充電するオルタネータの発電制御において徐励制御に加えて徐変制御を行う場合に、ECU8により、バッテ...

    車両制御装置

  5. 【課題】内燃機関の排気制御装置に関し、フィルターの再生効率及び排気ガス性能をともに向上させる。【解決手段】内燃機関1の排気通路2にフィルター4を介装させ、内燃機関1から排出される粒子状物質を捕集させる。フィルター4に捕集された粒子状物質を焼却する再生制御を、制御装置10に実施させる。制御装置10は、再生制御において、リーン焼却制御とストイキ焼却制御とを併用する。リーン...

    内燃機関の排気制御装置

  6. 【課題】オイル希釈状態において、排気浄化装置の触媒の温度上昇を抑止しながら、燃料噴射装置による燃料噴射を停止する燃料カットを実施させることができる、内燃機関の燃料噴射制御装置を提供する。【解決手段】本発明の燃料噴射制御装置は、燃料カットの実施状態から燃料噴射装置による燃料噴射を再開させる復帰条件(復帰回転速度)を、潤滑油への燃料の混入度合であるオイル希釈度合が高いほど...

    内燃機関の燃料噴射制御装置

  7. 【課題】ACCモードの実施中に運転者がアクセルペダルの踏込操作を行った場合でも、運転者の加速要求を適切に満たすことができる車両の制御装置を提供する。【解決手段】先行車両(100)との車間距離が目標車間距離となるような第1アクセル開度(AP1)に基づいて駆動力及び変速比の制御を行う前車追従走行モードと、運転者のアクセル操作子(111)の操作による第2アクセル開度(AP2...

    車両の制御装置

  8. 【課題】第2動力伝達経路にて動力を伝達して走行することが可能な第2走行モードでの走行中において、蓄熱量が増加することによるシンクロメッシュ機構の機能低下を抑制する。【解決手段】ベルト走行モードでの走行中において、噛合式クラッチD1が係合状態であるときにシンクロ機構S1における蓄熱量Qs1が第1所定蓄熱量Aを超えている場合にはシンクロオフが禁止される一方で、蓄熱量Qs1...

    車両用動力伝達装置の制御装置

  9. 【課題】入力パラメータの一部の値に異常が生じている場合であっても比較的正確に出力パラメータの値を算出する。【解決手段】制御装置は、内燃機関1の運転状態を示す入力パラメータの検出値を検出複数のパラメータ値検出手段と、入力パラメータの検出値が入力されると学習済みモデルを用いて出力パラメータの値を算出する演算部82と、算出された出力パラメータの値に基づいて内燃機関の運転を制...

    内燃機関の制御装置

  10. 【課題】吸気弁モデル、推定吸気管圧および実吸気管圧に基づいて筒内吸入空気流量を推定する場合において、吸気弁に付着したデポジットに起因する推定精度の低下を抑える。【解決手段】吸気弁流量特性の変化を学習する。学習処理では、推定Ga2の計算条件が成立する場合、推定Ga1および推定Ga2が算出される。計算条件は、内燃機関10の出力がハイブリッド車両100の走行に用いられずモー...

    内燃機関の制御装置

  11. 【課題】ブローバイガス還流システムにおけるシリンダヘッドカバーにおいて、シリンダヘッドカバーと吸気経路とを接続するブローバイガス還流用の配管の割れ、亀裂、脱落等を適切に検出することが可能であり、かつ、部品点数と製造工程をより低減することができるシリンダヘッドカバー及びシリンダヘッドカバーの製造方法を提供する。【解決手段】シリンダヘッドを覆うように設けられてブローバイガ...

    シリンダヘッドカバー及びシリンダヘッドカバーの製造方法

  12. 【課題】第1電磁弁および第2電磁弁のうちの少なくとも一方がオフ故障となった場合でも後進走行のための後進段を形成することができる電気制御方式の走行レンジ圧切換回路を備えた車両用動力伝達装置の油圧制御装置を提供する。【解決手段】フェール時油圧PFが第1切換弁110の第2油室110eおよび第2切換弁112の第4油室112eへ供給されると、第1切換弁110および第2切換弁11...

    車両用動力伝達装置の油圧制御装置

  13. 【課題】シフトレバーのポジションセンサがニュートラル位置を検出することを条件にアイドリングストップを行う車両において、ポジションセンサがニュートラル位置を検出しない場合であっても、正常にアイドリングストップを実行することができる車両の制御装置を提供する。【解決手段】少なくともポジションセンサ18によって検出されるシフトポジションがニュートラル位置にあり、車両が停止して...

    車両の制御装置

  14. 【課題】触媒層の酸化機能が活性化する前の炭化水素の外部排出量を抑制する。【解決手段】内燃機関100の排気通路に設けられる排気後処理装置33であって、排気中の炭化水素を吸着する機能を有する吸着層352と、排気流れ方向において吸着層352と同位置又は吸着層352よりも下流側に配置され、炭化水素を酸化させる酸化機能を有する触媒層353と、熱エネルギを発生させる熱エネルギ発生...

    排気後処理装置

  15. 【課題】トルクセンサなどのエンジントルクを検出するセンサを設けることなく、エンジンの異常を判断することができるハイブリッド車両の制御装置を提供する。【解決手段】駆動力源としてのエンジンおよびモータを備え、車両を駆動させるための指令駆動力のうちエンジンに出力する割合と、モータに出力する割合とを変更可能なハイブリッド車両の制御装置において、エンジンおよびモータの出力トルク...

    ハイブリッド車両の制御装置

  16. 【課題】 、クランクシャフトや軸受等の部材を効果的に冷却し、信頼性を向上させたエンジン及びエンジン作業機を提供することにある。【解決手段】 電力により動作する負荷と、前記負荷に電力を供給可能な複数のバッテリと、前記複数のバッテリの各々と前記負荷との接続及び遮断を切り替える制御部と、前記負荷と前記制御部とを備え、前記複数のバッテリが着脱自在に装着される本体部と、を有...

    エンジン及びエンジン作業機

  17. 【課題】ステアリングホイールの車幅方向取り付け位置及びステアリングホイールの操作方向を考慮して車両姿勢制御を行うことで、車両姿勢制御によるドライバの疲労軽減効果を適切に確保する。【解決手段】車両の制御方法は、エンジン4により前輪2が駆動される車両1に適用され、車両1の運転状態に基づき、エンジン4が発生すべき基本トルクを設定する基本トルク設定工程と、車両1に搭載された操...

    車両の制御方法、車両システム及び車両の制御装置

  18. 【課題】ステアリングホイールの車幅方向取り付け位置及びステアリングホイールの操作方向を考慮して車両姿勢制御を行うことで、車両姿勢制御によるドライバの疲労軽減効果を適切に確保する。【解決手段】車両の制御方法は、エンジン4により前輪2が駆動される車両1に適用され、車両1の運転状態に基づき、エンジン4が発生すべき基本トルクを設定する基本トルク設定工程と、車両1に搭載された操...

    車両の制御方法、車両システム及び車両の制御装置

  19. 【課題】段差の乗り越し走行時に、後方車両の走行に悪影響を与えることを防止する。【解決手段】車両走行制御装置50は、進行方向前方の路面の段差を検出する段差検出器51と、段差検出器51により検出された段差の形状に応じて段差到達時の目標車速を設定する目標車速設定部401と、段差到達時に車速が目標車速以下まで減少するように変速機用アクチュエータ61およびスロットル用アクチュエ...

    車両走行制御装置

  20. 【課題】騒音に対する音声生成の応答遅れによる音声不適合を防止し、運転者が音声を聞き取りやすくする。【解決手段】乗物の音声システムは、運転者が乗物外部に露出した状態で運転する乗物の音声システムであって、騒音発生要因に関する情報に基づいて将来の騒音状態を推定する騒音推定部と、前記推定された騒音状態に応じて、運転者に向けて出力する音声の属性を変更する音声制御部と、を備える。

    乗物の音声システム及び音声出力方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1654