スイープ音 に関する公開一覧

スイープ音」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「スイープ音」の詳細情報や、「スイープ音」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「スイープ音」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(152件中)1/8ページ目

  1. 【課題】アンテナ利得の向上を図ること。【解決手段】無線通信端末は、互いに異なる第1周波数及び第2周波数で無線通信する。無線通信端末は、第1アンテナ素子2Aと、第2アンテナ素子2Bと、無線回路と、を備える。無線回路は、第1アンテナ素子2A及び第2アンテナ素子2Bを介して、無線信号の送信及び受信の少なくとも一方を行う。第1周波数で無線通信する場合、第1アンテナ素子2Aが、...

    無線通信端末、火災警報器、及び管理システム

  2. 【課題】複数の検知グループ間における通信の設定作業に関する作業性の向上を図ること。【解決手段】検知システム100は、複数の検知グループG0を備える。各検知グループG0は、1つ以上の検知器1と、中継器R1と、を有する。検知器1は、防災の対象となる事象が発生したことを検知して、事象の検知に基づく検知信号を送信する。中継器R1は、検知器1から受信した検知信号の中継を行う。複...

    検知システム、中継器、処理方法、及びプログラム

  3. 【課題】複数の検知グループ間における通信の設定作業に関する作業性の向上を図ることができる検知システムを提供する。【解決手段】検知システム100は、複数の検知グループを備える。各検知グループG0は、1つ以上の検知器1と、中継器R1と、を有する。検知器は、防災の対象となる事象が発生したことを検知して、事象の検知に基づく検知信号を送信する。中継器は、検知器から受信した検知信...

    検知システム、中継器、処理方法、及びプログラム

  4. 【課題】避難時間の短縮を図りつつ、消費電力の増加の抑制を図ること。【解決手段】音響装置1は、構造体に設置される。音響装置1は、制御部10と、第1出力部11と、第2出力部12と、を備える。制御部10は、特定事象に関する情報を受けて特定事象が発生したか否かを判定する。第1出力部11は、制御部10にて特定事象が発生したと判定したときに、特定事象の発生を報知するように音を出力...

    音響装置、制御方法、及びプログラム

  5. 技術 音響装置

    【課題】外観上の見栄えが損なわれることを抑制しつつ、避難時間の短縮を図ること。【解決手段】音響装置1は、制御部と第1出力部11と第2出力部と筐体4と、を備える。制御部は、特定事象に関する情報を受けて特定事象が発生したか否かを判定する。第1出力部11は、特定事象の発生を報知するように音を出力する。第2出力部は、照明光を出力する。筐体4は、構造体C1に固定される基部と、基...

    音響装置

  6. 【課題】避難時間の短縮を図りつつ、利便性の向上を図る事が出来る住警器(音響装置)、制御方法及びプログラムを提供する。【解決手段】音響装置1は、住宅内の居室、寝室、階段、廊下等の構造体に設置される。音響装置1は、制御部10と、第1出力部11と、第2出力部12と、操作部3と、を備える。制御部10は、特定事象に関する情報を受けて特定事象が発生したか否かを判定する。第1出力部...

    音響装置、制御方法、及びプログラム

  7. 【課題】避難時間の短縮を図ることができる住警器(音響装置)、制御方法及びプログラムを提供する。【解決手段】音響装置1は、住宅内の居室、寝室、階段、廊下等の構造体に設置される。音響装置1は、制御部10と、第1出力部11と、第2出力部12と、を備える。制御部10は、特定事象に関する情報を受けて特定事象が発生したか否かを判定する。第1出力部11は、制御部10にて特定事象が発...

    音響装置、制御方法、及びプログラム

  8. 【課題】報知に関する信頼性の向上を図ること。【解決手段】警報器1は、構造体に設置される。警報器1は、機器検知部6と、制御部10と、報知部8と、を備える。機器検知部6は、警報器1自体に関する内的事象に対応する第1情報を検知する。制御部10は、第1情報を受けて内的事象の発生の有無を判定する。また制御部10は、警報音の発報対象となる外的事象に関する第2情報を受けて外的事象の...

    警報器、制御方法、及びプログラム

  9. 【課題】所定の周波数特性で音波を出力する音波出力装置において、出力する音波の周波数特性のずれを検知して、所定の周波数特性となるように調整することができるようにする。【解決手段】音波出力装置は、所定の周波数特性で音波を出力する音波出力装置であって、前記音波を発生する振動板の第1部分を保持する固定部と、前記振動板の前記第1部分と対向する第2部分を保持する可動部と、 前記...

    音波出力装置、音波出力装置の制御方法、及びプログラム

  10. 【課題】鹿を近づけたくない場所から鹿が確実に遠ざかるように逃げることができ、鹿の侵入を防止したい場所から鹿を容易に忌避することができる忌避装置を提供する。【解決手段】鹿を忌避する忌避装置1において、鹿が警戒する際に発する第1音声と、犬の鳴き声を含む第2音声と、を発生させる音声発生部2を有する。

    忌避装置及び忌避方法

  11. 【課題】 使用環境によらず、出力する音声を聞き取りやすくすることである。【解決手段】 スマートウォッチにおいて制御部1は、音声出力部8から出力する音声を、そのスマートウォッチを携帯する人物が聞き取ることの困難さの度合いを特定し、この困難さの度合いに応じて、出力する音声に異なる倍音を加える加工を行って当該音声を変更する。例えば、基音fが700Hzであれば、2.1KH...

    音声出力装置、及び音声出力方法

  12. 【課題】一連のピッチング動作における重要な運動状態が生起した時点の相対的な時間関係をフィードバックとして提示することができる運動状態時間情報提示技術を提供する。【解決手段】第1カメラの画像領域を撮影した第1入力映像から、前足が接地した時点である時点Aを抽出する第1時点抽出部110と、第2カメラの画像領域を撮影した第2入力映像から、体幹が水平回転を開始した時点である時点...

    運動状態時間情報提示装置、運動状態時間情報提示方法、プログラム

  13. 【課題】実際の設置環境下においても、使用者や周囲にいる人に迷惑を掛けることなくアコースティックエコーキャンセラのチューニングを行うことが可能な電話機を提供する。【解決手段】可聴周波数領域および可聴周波数領域外の周波数の音を入出力および処理することが可能なマイク11、スピーカ13および処理部12と、各種の環境下において可聴周波数領域および可聴周波数領域外の音を出力した際...

    電話機およびアコースティックエコーキャンセラチューニング方法

  14. 【課題】 この発明は、制御に伴う電源変動やノイズの影響をうけることなく、安定的に無線通信を行う無線通信システムを得ることを目的とする。【解決手段】 所定周期でビーコンを送出する上位の無線通信装置と、前記ビーコンを受信する下位の無線通信装置は、ビーコンで規定される共通の通信スロットを介して通信し、前記ビーコンに基づいて、初期値から所定値迄の計時周期を繰り返し計時する...

    無線通信システム

  15. 【課題】掃除ロボット等の外部ネットワークを経由した通信機能を利用して、遠隔に設置されている複数の警報システムを連携させることでシステム機能を強化し、信頼性と安心感を向上可能とする警報連携システムを提供する。【解決手段】住宅15A,15Bに、住警器24−11〜24−22と中継アダプタ26−1,26−2の火災警報システムを配置すると共に、スマート掃除ロボット10−1,10...

    警報連携システム

  16. 【課題・解決手段】トーンが異なる複数パターンの音で構成の共通化を図ることが可能な発音装置、警報装置、及び感知器を提供する。発音装置(1)は、発音部(4)と、信号生成部(2)と、を備える。発音部(4)は、トーンが異なる複数のパターンの音を発生可能である。信号生成部(2)は、複数のパターンのうちいずれかのパターンに対応した信号を発音部(4)に出力する。発音部(4)は、信号...

    発音装置、警報装置、及び感知器

  17. 【課題】 複雑な形状を有する対象物に付着した液体を非接触で滴下除去する音響滴下除去装置を提供することを目的とする。【解決手段】 液滴Dが付着した対象物10に対向するスピーカ34と、スピーカ34から対象物10の共振周波数を含む周波数範囲をスイープするスイープ音20を放射するためのスイープ駆動部31と、対象物10から液滴を離脱させる衝撃波をスピーカ34から放射するため...

    音響滴下除去装置及び音響滴下除去方法

  18. 【課題】ユーザが電子機器の所定のパラメータの値を変化させる操作を行っている間に、操作音からパラメータの値の変更内容を認識可能な音出力システムを提供する。【解決手段】音出力システム1は、出力装置10と、出力装置10の出力を変化させるパラメータの値の変更指示を受け付ける操作部2と、ユーザによる操作部2の操作に連動して、操作音を発する音出力部4と、パラメータの値の変更に応じ...

    音出力システムおよび音出力プログラム

  19. 【課題】防災の対象となる事象の発生場所に対する認識性の向上を図ることができる検知器及び検知システムを提供する。【解決手段】検知システム100において、検知器1は、防災の対象となる事象が発生したことを検知する。検知器1は、少なくとも検知器1が設置される設置場所に関連する場所情報を保持する保持部H1を備える。検知器1自身が場所情報に応じた報知を行うか又は検知器1の場所情報...

    検知器、検知システム、検知器管理システム、制御方法、及びプログラム

  20. 【課題】機器の利便性が損なわれる可能性を低減しつつ、機器の状態に関する情報の早期通知化を図ること。【解決手段】制御システム100は、機器1と通信可能に接続される制御システムである。制御システム100は、取得部51と、出力部52と、を備える。取得部51は、機器1から、機器1自身に発生する内的事象に関する機器情報を取得する。出力部52は、機器情報に基づいた内的事象の発生予...

    制御システム、機器管理システム、制御方法、及びプログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8