サイドフロート に関する公開一覧

サイドフロート」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「サイドフロート」の詳細情報や、「サイドフロート」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「サイドフロート」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(2,439件中)4/122ページ目

  1. 技術 苗移植機

    【課題】 従来苗移植機は、部分条クラッチの個数と同じ個数のスイッチを運転席前方に設けているが、部分条クラッチに対して各々スイッチを設ける必要はなく、無用のスイッチを設けることによりコストが増大する問題がある。また作業者が誤って全てを「切」にするという誤操作をするという問題がある。よってこれらの問題を解決する苗移植機を提供することが、本発明が解決しようとする課題である...

    苗移植機

  2. 技術 苗移植機

    【課題】 本発明は、苗を載置する苗載台と、苗載台を左右方向に移動させる横送り装置と、苗載台に載置した苗を取って植え付ける複数の苗植付装置とを備える苗移植機において、苗載台上の苗送りベルトの苗送り及び苗載台の左右移動の伝動を円滑に行うと共に、この伝動構造を簡単にすることを課題とする。【解決手段】 苗載台46が左右移動端に移動したとき、回転する駆動側アーム63の駆動が...

    苗移植機

  3. 技術 作業車両

    【課題】 植付部が停止する際に衝撃や振動が加わらず、苗植付部の昇降タイミングが遅れないと共に、後進操作をしても接地部材が圃場面から離間しない間に走行車体の後進が始まらない作業車両を提供する。【解決手段】 走行車体の後部に昇降リンク装置を設け、昇降リンク装置を昇降させる昇降油圧シリンダ46を設け、昇降リンク装置に作業装置4を設けた作業車両において、昇降油圧シリンダ4...

    作業車両

  4. 技術 苗移植機

    【課題】 本発明の課題は、肥料の量が多くても肥料の積込作業を容易に行うことができる苗移植機を提供することである。【解決手段】 作業資材を積載する積載部材(76)を、機体の前側または側方外側に突出する積込作業位置と、施肥装置(5)に向かって突出する補充作業位置と、予備苗枠(38)の下方に位置する収納位置に切替自在に構成した苗移植機とした。これにより、積込装置(66)...

    苗移植機

  5. 技術 作業車両

    【課題】 植付部が停止する際に衝撃や振動が加わらず、苗植付部の昇降タイミングが遅れないと共に、後進操作をしても接地部材が圃場面から離間しない間に走行車体の後進が始まらない作業車両を提供する。【解決手段】 走行車体の後部に昇降リンク装置を設け、昇降リンク装置を昇降させる昇降油圧シリンダ46を設け、昇降リンク装置に作業装置4を設けた作業車両において、昇降油圧シリンダ4...

    作業車両

  6. 技術 苗移植機

    【課題】 本発明は、ロックボルトで延長苗載台を苗載台に連結する際、ロックボルトが施肥ホースに干渉しない苗移植機を提供することを課題とする。【解決手段】 走行車体に苗植付部と施肥装置を設け、苗植付部は、苗を積載する苗載台51と、苗載台51に積載した苗を下方に移動させる苗送りベルト51bで構成し、施肥装置5から圃場に肥料を案内する施肥ホース62を苗載台51の前側に設け...

    苗移植機

  7. 【課題】本発明は、操縦席に座った作業者が安定した操縦姿勢を保持出来るようにするとともに、エンジンの上部を開放し易くしてメンテナンス作業を行い易くすることを課題とする。【解決手段】走行車体2の前後略中央に操縦座席28を設けた乗用型農作業車において、走行装置を装着するメインフレーム7にエンジン10を搭載し、該メインフレーム7を前後に連結するシートフレーム12L、12Rでエ...

    乗用型農作業車

  8. 【課題】圃場の平面形状を効率良く自動制御装置に認識させて自律走行に役立てることができる自律走行作業車を提供する。【解決手段】圃場内を自律走行して農作業を行う自律走行作業車1において、圃場を周回して出発地点Sと第一曲点Aと第二曲点Bの経緯度を測位してこの三点で囲まれる平面を第一圃場面ABと認識し、第三曲点Cの経緯度と出発地点Aと第二曲点Bを結ぶ線に囲まれる三角平面BCを...

    圃場の自律走行作業車

  9. 技術 苗移植機

    【課題】操作性を向上させる苗移植機を提供すること。【解決手段】左右に設けられた走行輪を有する機体と、前記機体に設けられ、圃場に苗を植え付ける苗植付装置と、前記走行輪への動力伝達状態を、入り状態、および切り状態に切り替える主変速レバーと、前記機体の走行モードを切り替える副変速レバーと、前記圃場の凹凸を検知する検知部と、前記検知部によって検知された前記圃場の凹凸に応じて、...

    苗移植機

  10. 技術 作業車両

    【課題】簡素な制御で自動旋回を行うこと。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車輪と、ステアリング装置と、モータと、位置取得装置と、制御装置とを備える。走行車輪は、走行車体に取り付けられる。ステアリング装置は、走行車輪の操舵量を調整する。モータは、ステアリング装置を駆動する。位置取得装置は、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて機体の現在の位...

    作業車両

  11. 技術 作業車両

    【課題】簡素な制御で自動旋回を行うこと。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車輪と、ステアリング装置と、モータと、位置取得装置と、制御装置とを備える。走行車輪は、走行車体に取り付けられる。ステアリング装置は、走行車輪の操舵量を調整する。モータは、ステアリング装置を駆動する。位置取得装置は、測位手段から測位情報を受け取り、受け取った測位情報に基づいて機体の現在の位...

    作業車両

  12. 【課題】直進走行の負担を軽減する圃場作業車両を提供する。【解決手段】走行車輪(11)の舵角を調整するステアリング装置(35)と、機体が走行する方向の方位を検出する方位検出装置(HK)と、方位を表示するモニタ(86)を備え、ステアリング装置(35)により旋回操作を開始すると、方位検出装置(HK)により旋回操作前の方位を記録する記録装置(KS)を設け、記録装置(KS)によ...

    圃場作業車両

  13. 【課題】直進走行の負担を軽減する圃場作業車両を提供する。【解決手段】走行車輪の舵角を調整するステアリング装置(35)と、該ステアリング装置(35)を回動させ、操舵角を調整するステアリングモータ(95)と、機体が走行する方向を検出する方位検出装置(CC)と、方向の情報を表示するモニタ(86)を備え、前記ステアリング装置(35)により旋回操作を開始すると、前記方位検出装置...

    圃場作業車両

  14. 技術 作業車両

    【課題】GPS受信装置の受信障害を軽減すると共に、作業性や安全性も考慮された作業車両。【解決手段】走行車体(2)のエンジン(10)と、機体を操作する操作部(30)に備える開閉可能なフロントカバー(31)と、位置情報を取得する受信アンテナ(121)と、該受信アンテナ(121)を支持するアンテナフレーム(122)を設けた作業車両において、前記受信アンテナ(121)と前記ア...

    作業車両

  15. 技術 苗移植機

    【課題】不適切な設定内容を受け付けない、又は、不適切な設定を生じさせない苗移植機を提供すること。【解決手段】走行車体2と、走行車体を走行させる前輪10と後輪11と、走行車体に連結され、圃場に苗を植付ける植付装置52と、植付装置52による苗の植付け間隔を切り替え可能な第2HST70と、第2HST70から供給される回転動力を得て、植付装置52の植込杵55aの回転動作の不等...

    苗移植機

  16. 技術 作業車両

    【課題】トラニオンアームの位置を正確に検出すること。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、走行車体と、作業機と、操作部材と、静油圧式の無段変速機構と、制御部と、トラニオン検出部材とを備える。走行車体は、駆動源から動力が伝達可能な走行車輪を有する。作業機は、走行車体に設けられ、駆動源から動力が伝達可能である。操作部材は、走行車体に対する停止を含む車速調節を行う場合に操作...

    作業車両

  17. 技術 苗移植機

    【課題】本発明は、機体に搭載したエンジンの動力で走行駆動輪と植込杆を駆動する苗移植機において、株間を従来よりも細かく変更できるようにすることを課題とする。【解決手段】機体2側の主伝動ケース40内に設ける株間変更クラッチ105で変速した植付駆動軸98の動力をベベルギヤ伝動部100から苗植付装置3の植付伝動軸85に伝動して苗植付装置3の植付機構31を駆動する苗移植機におい...

    苗移植機

  18. 【課題】本発明は、乗用田植機を安全に畔越えさせることが出来るようにすることを課題とする。【解決手段】走行車両1上に操縦席20とステアリングハンドル16と変速操作レバー17を設け作業者が搭乗して苗の移植作業を行う乗用田植機において、機体前側にフロントアーム88を起立姿勢から前に張り出す前倒姿勢に切り換え可能に設け、前倒姿勢にすると変速操作レバー17の変速を低速前進に切り...

    乗用田植機

  19. 技術 施肥装置

    【課題】試し繰り出しに掛かる手間を低減する施肥装置を提供する。【解決手段】肥料を貯留する貯留部と、貯留部の下方に設けられ、貯留部から肥料を繰り出す繰出部と、繰出部を回転させて肥料の散布を行う第一動力源と繰出部を回転させて肥料の試し繰り出しを行う第二動力源Bを設け、第一動力源から第二動力源Bへ及び、第二動力源Bから第一動力源へは回転動力は伝達をせず、第一動力源は機体の走...

    施肥装置

  20. 技術 苗移植機

    【課題】部分条クラッチの誤操作を防止すること。【解決手段】実施形態に係る苗移植機は、植付装置と、部分条クラッチと、指示部と、制御部とを備える。植付装置は、3つ以上の複数であり、走行車体の左右方向に並び、圃場に苗を植え付ける。部分条クラッチは、複数であり、それぞれ対応する植付装置に対する動力伝達の入切を行う。指示部は、複数であり、それぞれ対応する部分条クラッチに対する入...

    苗移植機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 122