コリウス に関する公開一覧

コリウス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「コリウス」の詳細情報や、「コリウス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「コリウス」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(109件中)1/6ページ目

  1. 【課題】植物におけるロスマリン酸含有量を増加させることのできる植物の栽培方法及び植物におけるロスマリン酸含有量を増加させる方法を提供する。【解決手段】植物の栽培方法は、シソ科植物又はムラサキ科植物である植物の栽培方法であって、ジエチルジチオカルバミン酸、その塩及びそれらの水和物並びにミリセチン及びその誘導体からなる群より少なくとも1つ選択される化合物を添加する工程を含...

    植物の栽培方法及び植物におけるロスマリン酸含有量を増加させる方法

  2. 【課題】ショ糖エステル組成物が調節され、植物への望ましくない影響が最小限にされた植物の提供。【解決手段】変異植物、天然に存在しない植物またはトランスジェニック植物細胞であって、(i)イソプロピルリンゴ酸シンターゼをコードするポリヌクレオチド;または(ii)前記ポリヌクレオチド(単数または複数)によってコードされるポリペプチド;または(iii)特定の配列もしくはその配列...

    ニコチアナ・タバカムからのイソプロピルリンゴ酸シンターゼならびにその方法および使用

  3. 【課題】簡易な構成で、光栄養生物を効果的に育成することができ、光電変換効率などの電気的な特性にも優れた太陽光発電システムを提供する。【解決手段】光栄養生物を育成する育成空間の少なくとも一部を覆うように設置されており、波長400nm〜700nmの光の少なくとも一部を透過させ、かつ波長700nm〜800nmの光を用いて発電する発電部を備える太陽電池モジュールを含む、太陽光...

    太陽光発電システム

  4. 【課題・解決手段】本発明の水溶性酢酸セルロース系樹脂組成物は、アセチル総置換度が0.4〜1.6である酢酸セルロース(A1)と、ケン化度が50モル%以上であるポリビニルアルコール(B)とを含む。酢酸セルロース(A1)のアセチル総置換度は、好ましくは0.6〜0.9であり、ポリビニルアルコール(B)のケン化度は、好ましくは90モル%以上である。本発明の水溶性酢酸セルロース系...

    水溶性酢酸セルロース系樹脂組成物、被覆製剤、水溶性酢酸セルロース複合体成形品及びその製造方法

  5. 【課題】放射性セシウムを含有する土壌で植物を栽培したときに、植物への放射性セシウムの移行を抑制し得、安全に植物を栽培でき、食することのできる放射性セシウムの植物移行抑制剤の製造方法の提供。【解決手段】 第一鉄及び該第一鉄以外の重金属を含有する硫化鉄鉱床鉱水に、第二鉄塩を添加した後、アルカリを加えてpH3.2以上とし、該pH3.2以上の状態を保持しながら水酸化第二鉄の...

    放射性セシウムの植物移行抑制剤及びその製造方法、並びに植物の生長方法

  6. 【課題】植物病原体又は植物病原性疾患の発生を予防、阻害、或いは処理するための植物の成長及び/又は収量を増強するための微生物株、組成物、およびそれらの使用方法の提供。【解決手段】植物がトウモロコシ植物またはコムギ植物であり、微生物株に人工的に感染させた非天然の植物及びその派生物。下記代表的な微生物が、細菌属バチルス、バークホルデリア、ヘルバスピリルム、パントエア、及びペ...

  7. 【課題】 新規の光安全化処理計画に基づく植物の成長を促進するための方法を提供する。【解決手段】 グリコピラノシルグリコピラノシド及びアリール−α−D−グリコピラノシドを含むグリコピラノシドによる、より詳しくは、随意にケイ素系基材等の1つ又は/複数の光反射及び/又は屈折部材により増強される光の存在下で、末端マンノシル−トリオースを含む1つ又は複数の化合物による新規の...

    ケイ酸塩系基材を使用して植物を成長させ、増強された光合成生産性で栽培し、内因性グリコピラノシル−タンパク質誘導体に対する外因性グリコピラノシドを使用することにより光安全化するための方法及びシステム、並びにその調合物、プロセス、及びシステム

  8. 【課題】容易に(特別な備品なしで)、かつ迅速に(少ない段階で)、エマルションが優れた美容特性を示し、市場で利用可能な従来のすぐに使用できる化粧品と同等の、複雑な形態の製品を作り出すことを可能にする系への要求が存在する。【解決手段】本発明は、 - 有機溶媒または水性溶媒中に分散された形態で、少なくとも1つの油および少なくとも1つのゲル化剤を含む、10質量%未満の水を含...

  9. 【課題】 新規の光安全化処理計画に基づく植物の成長を促進するための方法を提供する。【解決手段】 グリコピラノシルグリコピラノシド及びアリール−α−D−グリコピラノシドを含むグリコピラノシドによる、より詳しくは、随意にケイ素系基材等の1つ又は/複数の光反射及び/又は屈折部材により増強される光の存在下で、末端マンノシル−トリオースを含む1つ又は複数の化合物による新規の...

    ケイ酸塩系基材を使用して植物を成長させ、増強された光合成生産性で栽培し、内因性グリコピラノシル−タンパク質誘導体に対する外因性グリコピラノシドを使用することにより光安全化するための方法及びシステム、並びにその調合物、プロセス、及びシステム

  10. 【課題・解決手段】活性剤、増年剤、軟膏基剤、抗菌性防腐剤および乳化剤を含む局所製剤であって、ここで、活性剤はサルビゲニンおよび所望によりアシアチコシドを含む活性剤を含む。

    創傷治癒を促進するための局所製剤

  11. 【課題】活性成分の含量均一性を改善し、かつ十分な硬度を成形体に付与し得る技術を提供する。【解決手段】平均粒子径が30μm未満であり、且つ安息角が55°以上である結晶セルロースと、軽質無水ケイ酸とを含む混合粉末。

  12. 【課題】新規の光安全化処理計画に基づく植物の成長を促進するための方法を提供する。【解決手段】グリコピラノシルグリコピラノシド及びアリール−α−D−グリコピラノシドを含むグリコピラノシドによる、より詳しくは、随意にケイ素系基材等の1つ又は/複数の光反射及び/又は屈折部材により増強される光の存在下で、末端マンノシル−トリオースを含む1つ又は複数の化合物による新規の光安全化...

    ケイ酸塩系基材を使用して植物を成長させ、増強された光合成生産性で栽培し、内因性グリコピラノシル−タンパク質誘導体に対する外因性グリコピラノシドを使用することにより光安全化するための方法及びシステム、並びにその調合物、プロセス、及びシステム

  13. 【課題・解決手段】植物性素材を制御可能に加熱して所定気化量の薬剤を気化させることによって気化を実行し、植物性素材中の少なくとも1種の所定気化量の少なくとも1種の薬理学的活性薬剤を被験体に肺送達するための定量吸入装置を備えるシステムを提供し、;当該システムは更に、被験体において当該薬剤が誘導する少なくとも1種の薬力学的効果を示すデータに基づいて所定気化量を制御するように...

    活性薬剤肺送達のための方法、装置及びシステム

  14. 【課題】植物の美しさを引き立てつつ、しかもそれに見劣りしない風格と美と癒し効果を有する観葉植物の装飾品を提供する。【解決手段】植物を固化培土中に植栽すると同時に発音装置13或いは、及び発光装置を組み込み、固化培土を所望の形に形成し、その後、紐、縄、綱等を用いて固化培土14を巻き付け、装飾する。植木鉢が不要で、観葉植物11の生育を楽しむと共に癒し効果のある手毬風装飾品1...

    手毬風装飾品

  15. 【課題】放射性セシウムを含有する土壌で植物を栽培したときに、植物への放射性セシウムの移行を抑制し得、安全に植物を栽培でき、食することのできる放射性セシウムの植物移行抑制剤及び植物の生長方法の提供。【解決手段】水酸化鉄と硫酸塩を含有する固形分を含む放射性セシウムの植物移行抑制剤である。前記水酸化鉄が、Fe(OH)3である態様、前記硫酸塩が、CaSO4、K2SO4、Na2...

    放射性セシウムの植物移行抑制剤及びその製造方法、並びに植物の生長方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、(a)植物生命体;(b)シーズン中続くパフォーマンスを提供するための超大量の緩効性肥料;及び(c)生育培地を有する植物生育系に関する。植物生育系は、水分調節剤又は植物保護剤を含んでいてもよい。生育系の高EC値にもかかわらず、生育系を構成する材料の組合せはなお、より緑色の濃い、より健康そうな葉;優れた生育、充満(fill)、拡張(spread...

    超大量の緩効性肥料を含有する植物生育系及びその使用法

  17. 【課題】植栽した植物が生長した際に希望する視覚的なイメージが実現されるように、花壇のデザインを設計することができるように支援する。【解決手段】生長した複数種類の植物の各々を花壇の正面から目視して得た外形形状に応じて分類し、分類毎に外形形状に応じて定めた基準骨格画像を予め記憶し、基準骨格画像からの選択指定及び当該選択指定された基準骨格画像の配置位置を指定する位置指定を受...

    花壇デザイン設計支援装置及びプログラム

  18. 【課題】安定的に吐出が可能なインクジェット用の草木染め用染料液、媒染液、及びそれらを吐出するインクジェット法を用いた染色方法、並びにそれらを吐出するインクジェット法を用いた草木染め染色物の製造方法を提供する。【解決手段】本発明の1つのインクジェット用の染料液は、主要溶媒の水と、乾燥速度調整用としてのアルコールと、天然物から抽出された色素分子とを含んでいる。加えて、この...

    • 公開日:2014/02/13
    • 出願人: 杉山歩 、...
    • 発明者: 杉山歩 、...
    • 公開番号:2014-028871号
  19. 【課題・解決手段】一側面において、本発明は、植物においてミュラー管抑制因子を産生する方法であって、植物においてタンパク質顆粒の生成を誘導する、融合タンパク質パートナーを含むミュラー管抑制因子融合タンパク質をコードする核酸配列を含むか、それからなるか、または本質的にそれからなる核酸構築物が導入またはインフィルトレーションされた植物をインキュベートするかまたは生育する工程...

    植物においてミュラー管抑制因子を産生する方法

  20. 【課題】効率の高い右円偏光光源から高い光量の右円偏光を照射することができ、また効率の高い左円偏光光源から高い光量の左円偏光を照射することができる円偏光照明装置、及び該円偏光照明装置を用いた植物の成長促進又は成長抑制を効率よく制御できる植物の成長制御方法の提供。【解決手段】発光光源と、該発光光源からの入射光の一方の偏光成分を透過し、他方の偏光成分を反射する反射型偏光板と...

    円偏光照明装置及び植物の成長制御方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6