パークウェイ に関する公開一覧

パークウェイ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「パークウェイ」の詳細情報や、「パークウェイ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「パークウェイ」の意味・用法はこちら

1〜5件を表示(5件中)1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】フレーム上に取り付けることができ、(A)カートリッジが不作動である延伸位置まで付勢され、(B)前記延伸位置から前記流動性物質を前記軸を介して吐出するために前記カートリッジが作動される押込位置まで移動可能である、往復運動可能な製品吐出中空軸を有するディスペンサーカートリッジのための作動システムが提供される。前記作動システムは、前記フレーム上のプランジャ...

    流動性物質吐出システムのための作動システム

  2. 【課題・解決手段】洗剤組成物並びに洗剤組成物の調製及び使用方法を開示する。洗剤組成物は、少なくとも1つのポリカルボン酸ポリマー、コポリマー、又はターポリマーを含むポリマー系と、アルカリ金属炭酸塩を含むアルカリ源と、非イオン性界面活性剤と、水とを含む。洗剤組成物はアルカリ性のpHに適切であり、スケール形成を低減又は防止し、汚れの分散を改善し、有効な洗浄力を提供する。

  3. 【課題・解決手段】本発明は、概して、療法用化合物の分野に関する。特に、本発明は、特定のジ−アルキル−ホスフィノイル−アルカン、つまり、1−ジ(sec−ブチル)−ホスフィノイル−ペンタン(本明細書では「DAPA-2-5」という)に関する。驚くべきことに、そして、予想外に、DAPA-2-5は、非角化重層上皮(NKSE)の感覚的不快感を選択的に、つまり、例えば、構造的に類似...

    非角化重層上皮(NKSE)組織の不快感の治療用局所薬としての1−ジ(sec−ブチル)−ホスフィノイル−ペンタン(DAPA−2−5)

  4. 【課題・解決手段】シリカと溶液製ゴムとを含んだシリカマスターバッチの製造方法が提供される。シリカマスターバッチは、同等の乾式混合組成物で見られるのと同様の物理的特性を有するが、シリカマスターバッチは、乾式混合組成物よりも容易にかつ安価にタイヤ及び他のゴム製品の中に組み込むことができる。シリカと溶液製ゴムとエマルジョン製ゴムとのマスターバッチの製造方法も提供される。

  5. 【課題】抗感染剤として有用なキノロン化合物の提供。【解決手段】キノロン化合物1−(6−アミノ−3,5−ジフルオロピリジン−2−イル)−8−クロロ−6−フルオロ−7−(3−ヒドロキシアゼチジン−1−イル)−4−オキソ−1,4−ジヒドロキノリン−3−カルボン酸またはその薬剤的に許容可能な塩もしくはエステルを含む組成物であって、前記組成物が、二量体不純物である0.40%未満...

    キノロン化合物の製造方法