エスシタロプラムシュウ酸塩 に関する公開一覧

エスシタロプラムシュウ酸塩」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「エスシタロプラムシュウ酸塩」の詳細情報や、「エスシタロプラムシュウ酸塩」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「エスシタロプラムシュウ酸塩」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(32件中)1/2ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、治療剤(複数可)の制御された持続送達のための絹ベース薬物送達組成物、ならびにこれを作製および使用する方法を対象とする。一態様では、本開示は、治療剤の送達用絹ベース薬物送達組成物を調製するための方法を提供する。本方法は、絹フィブロインから絹チューブを形成するステップと、絹チューブに治療剤を装填するステップと、治療剤がその中に封じ込められるよう...

    薬物送達のための絹リザーバー

  2. 【課題】被検動物のうつ症状を検出するシステムを提供する。【解決手段】システムは、安静時の健常とうつ状態の哺乳動物の各々の脳内の複数の所定領域における脳活動を示す信号を脳活動検知手段により時系列で測定した信号から分類器を特定する情報を記憶する記憶装置を備え、分類器は、機械学習によりうつ症状の疾患ラベルに関連するスパース正準相関分析により抽出された所定領域間の機能的結合か...

    哺乳動物におけるうつ病の病態プロファイルを検出するバイオマーカーとその利用

  3. 【課題・解決手段】エスシタロプラムを有効成分として含有する、医薬として保存安定性(光安定性、熱安定性)が担保された新規な医薬組成物を提供することを主な課題とする。本発明として、例えば、エスシタロプラムまたはその塩と酸化鉄とを含むことを特徴とする医薬組成物、平均粒子径D50が40μm以下のエスシタロプラムまたはその塩の粒子とマンニトールとを含む混合物を造粒する工程を含む...

    エスシタロプラム医薬組成物

  4. 【課題・解決手段】本発明は、物質乱用障害および依存を治療するための組成物と方法を示す。特に、本発明は、低用量のベンゾジアゼピン系薬例えばオキサゼパムと組み合わせた、低用量のコルチゾール合成阻害剤、例えばメチラポンからなる配合剤を示す。本発明の組成物と方法は、動物およびヒトを治療するのに安全かつ有効である医薬組成物と方法を包含する。

    物質乱用障害の治療用組成物および治療法

  5. 【課題】光学純度の極めて高い(1S)-4-[4-(ジメチルアミノ)-1-(4'-フルオロフェニル)-1-ヒドロキシブチル]-3-(ヒドロキシメチル)-ベンゾニトリルヘミ(+)-ジ-(p-トルオイル)酒石酸塩、及び当該酒石酸塩より得られる光学純度の極めて高いエスシタロプラム及びその塩を提供することを目的とする。【解決手段】(1S)-4-[4-(ジメチルアミノ)-1-(4...

  6. 【課題・解決手段】製造中に大きく、かつ/又は重いフィルムストリップ又はシートの形態で成形でき、続いて一様な投薬単位に切断でき、それぞれの投薬単位が含量で一様であり、かつその中に分布された線状多糖、例えば、プルラン、可塑剤、及び活性成分を有する、経口送出に特に適した、フィルム製品。

    線状多糖をベースとするフィルム製品

  7. 【課題】十分な硬度と崩壊性を有する口腔内崩壊錠を得る技術を提供する。【解決手段】医薬有効成分と、微粉グレードの低置換度ヒドロキシプロピルセルロースと、結合剤と、を含む口腔内崩壊錠の製造方法であって、微粉グレードの低置換度ヒドロキシプロピルセルロースを含む粉体組成物を、水を含む結合液を用いて湿式撹拌造粒して顆粒を得る工程と、前記顆粒を含む顆粒組成物を打錠する工程と、を含...

    口腔内崩壊錠の製造方法、およびそれに用いる顆粒

  8. 技術 新規方法

    【課題・解決手段】本開示は、精神病または統合失調症の残遺症状の治療用医薬としての特定の置換複素環縮合γ−カルボリン化合物の使用を提供する。本開示は、また、特定の置換複素環縮合γ−カルボリン化合物の新規持効性注射用製剤および精神病または統合失調症の残遺症状の治療のための該持効性注射用製剤の使用を提供する。

    新規方法

  9. 技術 新規方法

    【課題】統合失調症の急性期および残遺期の治療における一次的治療または補助的治療としての医薬および医薬組成物の提供。【解決手段】遊離形態または医薬上許容される塩形態の式Iで示される化合物。(X:−O−、−NH−、−N(CH3)−。Y:−O−、−C(R2)(OH)−、−C(R3)(OR1)−、−C(O)−(R1:−C1−6アルキル、−C(O)−C1−21アルキル。R2、R...

    新規方法

  10. 【課題】 エスシタロプラムを有効成分として含有する、医薬として保存安定性(光安定性、熱安定性)が担保された新規な医薬組成物を提供することを主な課題とする。【解決手段】 本発明として、例えば、エスシタロプラムまたはその塩と、D−マンニトールまたは結晶セルロースとを含む核粒子の外側に、エチルセルロースを含む被覆層を有することを特徴とする顆粒やその顆粒を含む医薬組成物を...

    エスシタロプラム医薬組成物

  11. 【課題・解決手段】本発明は、薬効発現に必要な脳内TSPO占有率を達成し得る特定の用量で、(1S)−2−アセチル−1−(4−クロロ−2−メトキシフェニル)−5−フルオロ−1,2,3,9−テトラヒドロスピロ[β−カルボリン−4,1’−シクロプロパン]を投与することを特徴とする、ストレス性疾患の予防および/または治療用の医薬に関する。

    ストレス性疾患の予防および/または治療用医薬

  12. 【課題・解決手段】本発明は、排出阻害剤組成物ならびに排出トランスポータータンパク質(例えば、乳癌耐性タンパク質(BCRP)およびP−糖タンパク質(P−GP))の活性が標的組織(例えば、脳、脊髄、神経、脳脊髄液、精巣、眼球、網膜、内耳、胎盤、乳腺、肝臓、胆道、腎臓、腸管、肺、副腎皮質、子宮内膜、造血細胞および/または幹細胞)への薬剤の効果的な送達を阻害する病態の治療にこ...

    排出阻害剤およびこれを用いる治療法

  13. 【課題】有効成分等の物理的性質及び含有量に影響され難く、口腔内での速やかな崩壊性と高い錠剤強度とを兼ね備え、更に結晶セルロースを実質的に含まない口腔内崩壊錠の提供。【解決手段】(a)有効成分、(b)アミロースの含有量が20〜30質量%かつアルファー化度が10%未満のデンプン、及び、(c)ケイ酸マグネシウム、ケイ酸カルシウム、及び合成ヒドロタルサイトからなる群から選択さ...

    口腔内崩壊錠

  14. 【課題】 エスシタロプラムを有効成分として含有する、医薬として保存安定性(光安定性、熱安定性)が担保された新規な医薬組成物を提供することを主な課題とする。【解決手段】 本発明として、例えば、エスシタロプラムまたはその塩と酸化鉄とを含むことを特徴とする医薬組成物、平均粒子径D50が40μm以下のエスシタロプラムまたはその塩の粒子とマンニトールとを含む混合物を造粒する...

    エスシタロプラム医薬組成物

  15. 【課題・解決手段】本発明は、神経毒性診断、及び化学化合物のリスク層別化のための毒物学的評価の分野に関する。具体的には、本発明は神経毒性を診断する方法を開示する。本発明は、化合物が、対象においてそうした神経毒性を誘導する能力があるかどうかを判定する方法及び神経毒性を治療するための薬物を同定する方法にも関する。さらに本発明は、神経毒性を診断するための装置及びキットに関する。

  16. 【課題・解決手段】一態様では、本発明は、式(I)(式中、R1〜6は、明細書に定義されている通りである)の化合物、または薬学的に許容されるその塩に関する。式Iの化合物は、セロトニンおよびノルエピネフリン再取込阻害剤である。別の態様では、本発明は、このような化合物を含む医薬組成物、このような化合物の使用方法、ならびにこのような化合物を調製するためのプロセスおよび中間体に関...

    3−フェノキシメチルピロリジン化合物

  17. 【課題】直接圧縮するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を提供すること。【解決手段】少なくとも40μmの粒度を有するエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子が開示される。前記結晶性粒子の製造方法、及び前記結晶性粒子を含む薬学的組成物も開示される。

  18. 【課題】公知抗うつ薬エスシタロプラム、すなわちS-1-[3-(ジメチルアミノ)プロピル]-1-(4-フルオロフェニル)-1,3-ジヒドロ-5-イソベンゾフランカルボニトリルの十分な強度を有する速崩壊錠の提供。【解決手段】エスシタロプラム遊離塩基を溶剤から固体形態で沈殿させて、溶剤から分離し、場合により1回またはそれ以上再結晶化させ、該精製塩基の引き続く変換で得られるシ...

  19. 【課題】ドライアイの予防又は治療に有効な、角結膜障害の予防又は治療剤として有用な、涙液分泌促進組成物の提供。【解決手段】脳内セロトニン濃度を上昇させる化合物を有効成分として含有する、涙液分泌促進組成物。該脳内セロトニン濃度を上昇させる化合物としては、セロトニン再取り込み阻害薬又はセロトニン前駆体であることが好ましい。該セロトニン再取り込み阻害薬としては、パロキセチン、...

    涙液分泌促進組成物

  20. 【課題・解決手段】本発明はピペリジン誘導体、例えば2−[4−(4−フルオロ−ベンジル)−ピペリジン−1−イル]−2−オキソ−N−(2−オキソ−2,3−ジヒドロ−ベンゾオキサゾール−6−イル)アセトアミドおよびその薬剤的に許容される塩を投与することによる、アルツハイマー病、不安症、および大うつ病性障害のような中枢神経系疾患を治療するための方法に関する。

  1. 1
  2. 2