アルカリ金属塩 に関する公開一覧

アルカリ金属塩」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アルカリ金属塩」の詳細情報や、「アルカリ金属塩」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アルカリ金属塩」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(40,483件中)1/2,025ページ目

  1. 【課題・解決手段】偏光板と液晶セルとの貼合せに用いる粘着剤として使用した際に、長期間にわたり優れたリワーク性を示し、かつ、耐久性、帯電防止性能にも優れた粘着剤として、アクリル系樹脂(A)、リチウム塩(B)、及び構造中に反応性官能基と、ケイ素原子と結合したアルコキシ基をそれぞれ1つ以上含有するシランカップリング剤(C)を含有する偏光板用粘着剤組成物であって、上記アクリル...

    偏光板用粘着剤組成物、偏光板用粘着剤、並びに粘着剤層付偏光板

  2. 【課題・解決手段】機械特性、耐熱性、流動性、寸法安定性のバランスに優れ、かつ成形時の滞留安定性、成形品外観および塗装性にも優れる熱可塑性樹脂組成物及び成形品を提供する。ポリカーボネート樹脂(I)、ジエン系ゴム質重合体の存在下に芳香族ビニル系単量体及びシアン化ビニル系単量体を含む単量体混合物をグラフト重合したグラフト共重合体(II-1)、又はアクリル系ゴム質重合体の存在...

    熱可塑性樹脂組成物およびその成形品

  3. 【課題】紙製造における抄紙工程での効率的なピッチ障害防止方法を提供する。【解決手段】紙製造における抄紙工程におけるピッチ障害防止方法であって、白水及び調整水の少なくともいずれかにガスを曝気する曝気工程と、白水及び調整水の少なくともいずれかにピッチコントロール剤を添加するピッチコントロール剤添加工程と、を含むピッチ障害防止方法。

    ピッチ障害防止方法

  4. 【課題・解決手段】がん細胞にプログラム細胞死を誘導する方法、及びそのための医薬組成物の提供。がん細胞内において一酸化窒素の産生を亢進させることを含む、がん細胞にプログラム細胞死を誘導する方法。がん細胞内の一酸化窒素産生を亢進する化合物を有効成分として含有する、がん細胞にプログラム細胞死を誘導するための医薬組成物。がんの予防、改善、進行抑制、及び/又は、治療の方法におけ...

    がん細胞にプログラム細胞死を誘導するための医薬組成物

  5. 【課題・解決手段】(A)エピクロロヒドリン系重合体、(B)架橋剤、及び(C)ハイドロタルサイト類を含有する美容器具用組成物。(B)架橋剤がキノキサリン系架橋剤、チオウレア系架橋剤、トリアジン系架橋剤から選択される少なくとも一種の架橋剤であることが好ましい。また、(A)エピクロロヒドリン系重合体におけるエピクロロヒドリン由来の重合単位のモル比率が60mol%以上であるこ...

  6. 【課題・解決手段】下記式(1)で表される化合物又はその塩、及びそれを含有するインクを提供する。式中、Qはそれぞれ独立にハロゲン原子を示し、R11及びR12はそれぞれ独立にイオン性親水性基で置換されたアルキル基を示し、A1はC1−C3アルコキシ置換アルキルアミノ基等を示す。

    水溶性アゾ化合物又はその塩、インク、及び記録メディア

  7. 【課題・解決手段】本発明の目的は、新たな水頭症の予防又は治療用医薬組成物、及び患者への負担の大きくない診断用キットを提供することであり、また、新たな水頭症の予防及び治療方法、並びに患者への負担の軽減された水頭症の診断方法を提供することである。本発明は、Tsukushiタンパク質を含む水頭症の予防又は治療用医薬組成物、Tsukushiタンパク質のアミノ酸置換又は該置換を...

    水頭症の治療用医薬組成物

  8. 【課題・解決手段】3−メチル−2−チオフェンカルボン酸の製造方法を提供する。3−メチルチオフェンをイソシアン酸クロロスルホニルと反応させ、得られた反応生成物を加水分解することを特徴とする、3−メチル−2−チオフェンカルボン酸の製造方法。

  9. 【課題・解決手段】優れた耐衝撃性を有し、かつ、収縮率の異方性の少ない樹脂組成物の成形品とすることができる新規化合物、これを用いた組成物、オレフィン系樹脂組成物、その成形品および成形品の耐衝撃性の改善方法を提供する。(A)下記一般式(1)、 (一般式(1)中、R1〜R6は、各々独立して、水素原子、ハロゲン原子等を表し、R1とR6が連結してメチレンブリッジを形...

    新規化合物、これを用いた組成物、オレフィン系樹脂組成物、その成形品および成形品の耐衝撃性の改善方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、式(I):(式中、 環Aは、R1、R2およびR3で置換されていてもよい、N原子を1個以上有する6員のヘテロアリール基であり; Zは、置換されていてもよいアルコキシ基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよいヘテロシクロアルキル基または置換されていてもよいヘテロアリール基であり;および R1、R2およびR3は、各々独立して、水...

    抗マラリア活性を有する新規ピリミジン誘導体

  11. 【課題・解決手段】高透過率及び高偏光度を有する偏光素子並びにこれを用いた偏光板及び液晶表示装置を提供することを目的とする。式(1a)又は(1b)で表されるアゾ化合物又はその塩と、式(2)で表されるアゾ化合物又はその塩とを含有する偏光素子を提供する。

    偏光素子、並びにこれを用いた偏光板及び液晶表示装置

  12. 技術 複合部材

    【課題・解決手段】含フッ素樹脂を含む部材と熱可塑性樹脂を含む部材とを有し、接着性に優れる複合部材を提供する。熱可塑性ポリウレタン及びポリアミドエラストマーを含む第一部材と、含フッ素樹脂を含む第二部材とが、直接接触してなる複合部材である。

  13. 【課題・解決手段】凝固剤の残留量が、10重量ppm以上、10,000重量ppm以下であるアクリルゴム、および、該アクリルゴムを用いたゴム架橋物を提供する。本発明によれば、耐圧縮永久歪み性、および耐水性に優れたゴム架橋物を与えるアクリルゴム、およびこれを用いたゴム架橋物を提供することができる。

  14. 【課題・解決手段】滑剤を含有するアクリルゴムであって、前記滑剤が、燐酸エステル、脂肪酸エステル、脂肪酸アマイド、および高級脂肪酸から選択される少なくとも1つであるアクリルゴムを提供する。本発明によれば、乾燥時の取り扱い性、およびロール加工性に優れたアクリルゴムを提供することができる。

  15. 【課題・解決手段】アニオン性乳化剤の含有量が、10重量ppm以上、4,500重量ppm以下であるアクリルゴム、およびこのようなアクリルゴムを用いたゴム架橋物を提供する。本発明によれば、引張強度が高く、耐圧縮永久歪み性、および耐水性に優れたゴム架橋物を与えるアクリルゴム、およびこれを用いたゴム架橋物を提供することができる。

  16. 【課題・解決手段】本発明は、希少疾患である血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AITL)を含む各種腫瘍の治療剤等を提供する。本発明は、ダサチニブ、若しくはそのプロドラッグ、又はそれらの薬理学的に許容し得る塩、あるいはそれらの水和物若しくは溶媒和物を有効成分として含む、VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤等に係るものである。

    VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤

  17. 【課題・解決手段】第三角法に基づく投影図の正面図、平面図及び側面図の全てが楕円であり、(1)扁平部の長径(L)の平均(LAV)が、0.13≦LAV≦500μm、(2)扁平部の短径(D)の平均(DAV)が、0.1≦DAV≦250μm、及び(3)長径(L)と短径(D)とから算出されるアスペクト比(L/D)の平均(P1AV)が1.3<P1AV≦50である扁平楕円球状ポリマー...

    皮膚化粧料

  18. 【課題】防錆性及びインデックスマッチング層に対する接着性に優れるタッチパネル用電極の保護膜を形成できる感光性樹脂組成物、感光性エレメント、及びタッチパネル電極用の保護膜の製造方法を提供すること。【解決手段】バインダーポリマーと、光重合性化合物と、光重合開始剤とを含有する感光性樹脂組成物であって、バインダーポリマーがカルボキシル基を有し、かつバインダーポリマーの酸価が8...

    感光性樹脂組成物、感光性エレメント及びタッチパネル用電極の保護膜の製造方法

  19. 【課題】水への膨潤率及び溶出率が低く、耐水性に優れる感光性樹脂組成物を提供する。【解決手段】不飽和カルボン酸又はその誘導体に由来する二重結合を側鎖に有する変性ポリビニルアルコール(A)、光重合開始剤(B)及び化合物(C)を含有する感光性樹脂組成物(D)であって;化合物(C)が、共役二重結合を有し、かつ該共役二重結合を構成する炭素原子に結合した水酸基を2つ以上有する化合...

  20. 【課題】 従来のセルロース繊維とオレフィン系樹脂を含む繊維含有樹脂組成物は、セルロース繊維は同方向に配列される傾向があることから機械特性が異方性を有し、ある方向においては高い機械特性を示すものの、別の方向においては機械特性が不十分である場合がある。そこで、本発明は、方向性によらず高い機械特性を有する組成物を提供することを目的とする。【解決手段】 ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2025