食卓用器具 に関する技術一覧

「食卓用器具」に関する技術の関連情報です。 「食卓用器具」 の関連技術、「目的、効果(FW)」「食品用具又は特殊食品容器」 など、その他「食卓用器具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「食卓用器具」の分野ページはこちら

食卓用器具に所属する技術動向

食卓用器具の分野に属する技術の状況としては、2015年に81件、2016年に77件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、食卓用器具の分野においては特に近年カバー(FW)の分野における動向が活発であり、他にも組立、製造(FW)や ホルダーの付属部材といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社石野製作所や株式会社くらコーポレーション、株式会社イシダが豊富な実績を残しており、 ゴールドパック株式会社などは、 食卓用器具や包装体といった分野も含め、 キッコーマン株式会社や味の素株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

食卓用器具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】客へのサービスを提供するレストランなどの場において、人手が少なくても注文の受付などの対応を迅速に行えると共に、客に喜ばれるようなサービスも提供できる手段を提供する。【解決手段】サービスロボット1は、移動のための走行部と、周囲の状況を検知する状況検知手段と、現在位置を検知する位置検知手段と、状況検知手段及び位置検知手段からの信号に基づいて目標位置に到達するように...

    サービスロボット及びこれを使用する給仕システム

  2. 【課題】注文者が注文を安易に行うことができ、また、注文者が食したい品物が確実に注文者の元に配達されると共に、注文者の要求する以外のものがコンベアー上に載置されることがなく、更には迅速、確実、容易に会計計算が行える回転すしのシステムを提供すること。【解決手段】注文者が注文をタッチパネルで行えるようにし、タッチパネルを通じて注文した品名が、調理者用表示器に表示されるように...

    回転すしシステム

  3. 【課題】回転寿司店等において、注文した商品が、商品供給場所から商品受け取り場所まで搬送される途中の経過を、商品受け取り場所の順次変化する画像で表示する機能を実現すること。【解決手段】本発明の商品搬送機構では、商品供給場所(厨房)から商品受け取り場所(客席)まで商品を搬送する搬送手段を備えた商品搬送機構において、商品受け取り場所には画像表示手段(タッチパネル式ディスプレ...

    商品搬送機構

  4. 【課題】循環搬送路上に置かれた飲食物を種類ごとにその個数を把握して、不足している飲食物の種類とその不足個数を事前に調理人に知らせることの出来る飲食物搬送装置を提供する。【解決手段】循環搬送路上の表示体に表示された飲食物の種類及び該表示体に続いて循環搬送路上に搭載される飲食物の数を検出する飲食物検出手段と、循環搬送路上の表示体に続いて搭載する飲食物の適正個数を設定する適...

    飲食物搬送装置

  5. 【課題】ストロー包装体を容器から剥離することなく、きわめて簡易にストローを取り出すことができるようにするとともに、ストロー包装体を容器から分離しないでゴミにならないようにしたストロー包装体付容器を提供するとともに、このストロー包装体付容器に最適するストロー包装体を提供する。【解決手段】ストロー3を封入したストロー包装体2を付着したストロー包装体付容器であって、薄い包装...

    ストロー包装体付容器及びストロー包装体

新着の技術

食卓用器具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】保冷対象物を適した温度に素早く到達させる。【解決手段】本発明の蓄熱パック1は、飲食物の温度管理を行なう蓄熱パック1であって、予め定められた温度で相変化する第1の蓄熱材3aが充填された第1の深絞り容器3と、第1の深絞り容器3に積重され、第1の蓄熱材3aの相変化温度で液相状態を維持する第2の蓄熱材5aが充填された第2の深絞り容器5と、第1の深絞り容器3を閉塞する蓋...

    蓄熱パック、熱交換ユニットおよび蓄熱パックの製造方法

  2. 技術 練習用箸

    【課題】早く正しい箸の動きに慣れることができる練習用箸を提供すること。【解決手段】使用者の親指TBが配置される領域に遠箸14と近箸12とを繋ぐ連結部16を有し、遠箸14は、連結部16との接続部24を支点にして、近箸12に対して箸先部と箸頭部が交互に接近・離間するように回動可能とされている練習用箸であって、遠箸14は、連結部16よりも箸頭部10a側に、使用者とは別の大人...

    練習用箸

  3. 技術 保冷部材

    【課題・解決手段】本発明は、被保冷物を所望の温度帯に冷却できる保冷部材を提供することを目的とする。保冷部材10は、被保冷物を所望の時間内で所望の温度帯に急冷する急冷用蓄熱材1aと、急冷用蓄熱材1aを収容する急冷用蓄熱材収容部1bとを備え、被保冷物の周辺部に配置される急冷層1と、被保冷物を所望の時間以上に亘って所望の温度帯に保持する温度保持用蓄熱材2aと、温度保持用蓄熱...

    保冷部材

  4. 【課題】紐付きの菜箸は、使用中紐が絡んで使いにくい。紐を切ってしまうと、また紐を通すのも困難である。紐なし菜箸は、一度に手に取る事が難しく、吊り下げて乾燥する事も出来ない。片方を無くす事もあり、取扱いが不便だった。本発明は、紐が絡まず取り扱いやすい菜箸にする事を目的とする。【解決手段】頂点となる摘み部分から、下方向に左右対称な2本の紐状部分を有し、前記紐状部分の先端に...

    菜箸のつなぎ具

  5. 技術 箸補助具

    【課題】外食産業で主に提供される太さが不揃いな割り箸に対応できる機能とデザインを備えた箸補助具がなく、箸先の状態を維持することを箸補助具部材の弾性に依存した箸補助具はその弾性ゆえに箸先の噛み合いのずれが生じ、かつ、箸先を常に閉じた状態で保持できる箸補助具がなかったので、割り箸を使う食事に対し安定した使用感と利便性のある箸補助具を提供する。【解決手段】左右の箸保持体ケー...

    箸補助具

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

ページトップへ

食卓用器具 ページ上部に戻る