食卓容器 に関する技術一覧

「食卓容器」に関する技術の関連情報です。 「食卓容器」 の関連技術、「対象物」「特徴筒所」 など、その他「食卓容器」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「食卓容器」の分野ページはこちら

食卓容器に所属する技術動向

食卓容器の分野に属する技術の状況としては、2015年に66件、2016年に75件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、食卓容器の分野においては特に近年蓋、栓のタイプの分野における動向が活発であり、他にも使用状態や 目的といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはサーモス株式会社や株式会社吉野工業所、三信化工株式会社が豊富な実績を残しており、 紀伊産業株式会社などは、 粉未状化粧料用容器または付属品や陳列棚といった分野も含め、 株式会社サントリー・ショッピング・クラブやサントリーマーケティング&コマース株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

食卓容器』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】耐熱変形性、且つ、耐抽出性に優れた樹脂組成物であって、しかも透明性も良好な材料の提供。【解決手段】アイソタクチックペンタッド分率が0.960以上であり、分子量分布(Mw/Mn)が4.5以下であるポリプロピレン系樹脂100重量部に対して、ソルビトール系核剤及びリン酸塩系核剤から選ばれる少なくとも1種の核剤0.01〜0.50重量部とジアルキルヒドロキシルアミン、ヒ...

  2. 【課題】容器胴部材に窓が設けられた構造の飲料用カップを提供する。【解決手段】胴部材と底板部材とからなる紙製カップにおいて、前記胴部材の外壁面上に印刷された文字、記号、図形及び/又は模様の少なくとも一部分を打ち抜いて窓を開設すると共に、カップ胴部材の内面及び/又は外面に、ポリエチレンテレフタレート、エチレン・ビニルアルコールコポリマー、ポリプロピレン及びアイオノマー樹脂...

    窓付き飲料用カップ

  3. 【課題】工業的あるいは日常において頻繁に利用される金属、ガラス、セラミックス製品等の抗菌・防黴・防藻性を付与した抗菌・防黴・防藻性物品およびその製造方法に関し、抗菌剤が表層部に集中して分布し、しかも短期に消耗しないようにすることを課題とする。【解決手段】抗菌・防黴・防藻性成分を物品表面から物品表層部の内部に拡散させるように構成する。

    抗菌・防黴・防藻性物品およびその製造方法

  4. 【課題】成形品の耐熱性や外観光沢を高めることができ、また成形品の塗装性を向上することができる食器類用ポリエステル成形材料を提供する。【解決手段】ポリエチレンテレフタレートとポリブチレンテレフタレートの2種の樹脂と、全量に対して1〜15質量%のメタクリル樹脂と、全量に対して5〜30質量%の無機フィラーを含有する。無機フィラーの配合によって耐熱性を高めることができると共に...

  5. 【課題】飲料用ストローの刺通に際して、飲料容器内の封止膜の切片が封止膜から切り離されて飲料に落下することのない飲料用ストローおよびこの製造方法ならびに飲料入り飲料容器を提供する。【解決手段】傾斜面21の後退側には切断防止部23が形成されている。この切断防止部23は、飲料用ストロー15を構成する筒状材の端面を丸めた(R加工した)ものであり、先鋭部22に隣接して形成されて...

    飲料用ストローおよびこの製造方法ならびに飲料入り飲料容器

新着の技術

食卓容器』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、折り畳み式コップに関するものであり、一重構造にして紙の消費量を減らし、多数回に亘って繰り返し使用が可能であり、水や飲料水などの内容物を入れた状態で長時間使用したときでも、堅固な状態を保持することができる紙コップを提供することにその目的がある。【解決手段】コップの周方向に折り曲げられ、上下方向に荷重を支えるようになっている一つ以上の支持軸線を有する前面...

    折り畳み式コップ

  2. 【課題】飲食物の装飾が手軽に行え、しかも、比較的安価な粉体振掛け装置を提供すること。【解決手段】装飾対象物である飲食物を設置する空間が形成された台座部10と、台座部10の上に設けられる本体部20とを備え、本体部10は、下面に網が張設され飲食可能な粉体Bを収容する粉体収容容器23と、所定の模様27aの通し穴を有し網24の下面に接して設けられるステンシルプレート27と、鉛...

    粉体振掛け装置

  3. 技術 刃物類

    【課題】 本発明は、食品や非食品などの対象物を切断するための刃物類に関するもので、引く動作では切断しない対象物の切断面を、引く動作でも切断を可能とする刃物類を提供することを目的とする。【解決手段】 刀身の波形刃部における1つの波形刃面を前部3と後部4とに区分し、異角度に成る2つの円弧刃形面により1つの波形刃面を形成し、対象物に対する押す動作と引く動作とによる同一接...

    刃物類

  4. 【課題・解決手段】本発明は、底を通じて飲料の注入がなされる飲料容器に関するもので、ビールなどの液状飲料を飲用する時に用いられる飲料容器において、飲料容器の底に具備された注入口を通じて飲料容器収容部の下部から飲料が満たされるようにすることによって、飲料をつぐ時に落差によって泡が過剰発生することを防止するとともに、空気との接触を最小化して飲料の味を最大限維持できるように底...

    底を通じて飲料の注入がなされる飲料容器

  5. 技術 食器

    【課題・解決手段】手先が不自由な老人や障害者にとっても、あるいは怪我等で手先が自由に使えない人にとって、片手で効率よく食器内の食物を残すことなく食べることができる食器を提供することを目的とする。底面(10)および底面(10)を囲む周壁(13)とからなり、前記底面(10)の外周に沿って凹部(12)が設けられた食器(1)と、柄部(21)と柄部の先端に設けた食物のすくい部(...

    食器

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

ページトップへ

食卓容器の詳細カテゴリ一覧

食卓容器の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

食卓容器 ページ上部に戻る