スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム に関する技術一覧

「スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム」に関する技術の関連情報です。 「スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム」 の関連技術、「変換器の細部」「可動接極子型または可動鉄片型の変換器」 など、その他「スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム」の分野ページはこちら

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムに所属する技術動向

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムの分野に属する技術の状況としては、2017年に1,612件、2018年に1,305件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムの分野においては特に近年可変抵抗型変換器の分野における動向が活発であり、他にも可動接極子型または可動鉄片型の変換器や 磁わい型変換器といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはヤマハ株式会社やパナソニック株式会社、京セラ株式会社が豊富な実績を残しており、 パイオニア株式会社などは、 スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムや記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録といった分野も含め、 東北パイオニアEG株式会社や最上電機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 小型で電気エネルギと運動エネルギとの変換効率が高く、エレクトレットの劣化も防止できる静電誘導型変換素子を提供する。【解決手段】 エレクトレット10は、絶縁材料の表面付近に電荷を注入して形成されており、2つの導体12、14の間に配置されて、エレクトレット10に対向する少なくとも一方の導体12に対して相対的に運動して電気エネルギと運動エネルギとの変換を行うよ...

    静電誘導型変換素子

  2. 【課題】検知領域を広くとりながらも比較的小さいエネルギで駆動することができる3次元センサを提供する。【解決手段】送波装置10は発熱部の温度変化を媒質の膨張収縮に変換することにより媒質を伝播する粗密波を生成するものであり、媒質の単発的な圧力変化による粗密波が生じるように送波制御部11により駆動される。受波装置20は複数個の受波エレメント21を備え、各受波エレメント21か...

    3次元センサ

  3. 【課題】快適、高音質な音響再生が可能で、使用環境への高適応性、高利便性を有する携帯端末装置を提供する。【解決手段】携帯端末装置1の音響再生システムにおいて、携帯端末装置に少なくとも2つの音響用スピーカ2a、2bが設けられ、前記少なくとも2つの音響用スピーカは、同時に駆動され、互いの再生音響を補助し合う。

    携帯端末装置の音響再生システム及び方法

  4. 【課題】使用者から見た画像が表示される位置と音が放射される位置とが同じであるスピーカシステムを提供する。【解決手段】本発明のスピーカシステムは、画像を表示する表示パネルと、表示パネルに表示された画像が透けて見えるように配置された透明パネルと、振動板を有し、電気信号に応じて振動板を振動させることにより音を放射する電気機械音響変換器と、表示パネルと透明パネルとの間に形成さ...

    スピーカシステム、携帯端末装置および電子機器

  5. 【課題】本発明は音響機器に使用されるスピーカ用振動板、スピーカ、電子機器および装置に関するものであり、精度の高い特性つくり、音つくりが課題であった。【解決手段】本発明は、少なくとも樹脂材料27Aとパルプ材料27Bとを混入した材料を射出成形してスピーカ用振動板27を構成することにより、振動板の物性値設定の自由度が大きい紙振動板の利点と、耐湿信頼性や強度が確保でき、外観に...

    スピーカ用振動板およびこれを用いたスピーカならびにこのスピーカを用いた電子機器および装置

新着の技術

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、車両用オーディオシステムでオーディオ信号を生成するための方法に関する。【解決手段】当該方法は、運転席に結合された第1のヘッドレストスピーカに接続され、且つ、助手席に結合された第2のヘッドレストスピーカに接続可能とされる車両用オーディオシステムのために、オーディオ信号を音源から受信するステップと、第2のヘッドレストスピーカが車両用オーディオシステムに接...

    モジュール式ヘッドレスト埋込型オーディオシステム

  2. 【課題・解決手段】メディア再生システムに関連付けられたマイクロホンデバイスによって受信された音声コマンドを備えた第1のメッセージが受信され得、メディア再生システムは、各々が1つ又は複数の再生デバイスを備える1つ又は複数のゾーンを備える。音声コマンドに応答して、オーディオ応答を再生するオーディオ応答ゾーンが、1つ又は複数のゾーンから選択され得る。選択されたゾーンの1つ又...

    オーディオ応答再生

  3. 【解決手段】本発明は、フロントカバーに固定極板を構成する導電材料層が設置され、振動部は振動膜の一方の側に固定されたフレキシブル回路板を含み、フレキシブル回路板の中央に可動極板を構成する金属層が配置され、固定極板はフロントカバー半田パッドに設けられた外部接続端子を介して外部回路と電気的に接続され、フレキシブル回路板はスピーカシステムの外部に延在し、外部回路と電気的に接続...

    ムービングコイルスピーカシステム

  4. 【課題】振動板の耐熱性、耐久性や音響特性を向上させることのできるスピーカの振動板を提供する。【解決手段】スピーカの振動板1を、シリコーンゴム層2の両面にポリエーテルエーテルケトン樹脂製のフィルム層3をそれぞれ積層することにより形成する。耐熱性、耐候性、難燃性、音質特性、圧縮特性等に優れるシリコーンゴム層2に一対のポリエーテルエーテルケトン樹脂製のフィルム層3を積層して...

    スピーカの振動板

  5. 【課題】タイマ機能を実装しない簡易な構成で、適切なオフセット電圧の監視を常時行う。【解決手段】ボリューム指定部400から送られたボリューム指定値VLSに基づいて、オフセット判定部120Aが閾値VTH0を決定する。検出部110Aが、パワー増幅器320の出力信号S1及び出力信号S2の検出電圧値の検出、各検出電圧値と基準値との大小関係の検出及び閾値VTH0を各検出電圧値が超...

    オフセット電圧監視装置及びオフセット電圧監視方法

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムの詳細カテゴリ一覧

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステムの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム ページ上部に戻る

その他の分野

スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器,補聴器,パブリックアドレスシステム』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。